口内炎 イソジン 原液。 ハチミツが効く!口内炎を早く治す方法

口内炎ができてしまったときには緑茶が効くってホントなの!?

口内炎 イソジン 原液

先日でケナログが口内炎に効くとか書いたのですが、大ウソでした。 個人差があるんでしょうが、私には全然効きませんでした。 まあ、以前の口内炎は一週間ほどで自然治癒したのですが、何と完治した次の日に思い切り唇を噛んでしまいました。 嫌な予感は的中し、噛んでから2日後に上唇の裏にアフタ性口内炎が発症。 ただ、小さかったので安心していました。 ところがその日のうちに同じ場所を今度は犬歯が肉に埋もれたと感じるほどの勢いで噛んでしまったのです。 当然大流血で、何とか止血した翌日、案の定より大きくなったアフタ性口内炎が出現・・・。 せっかく治ったのに、ガッカリです。 そしてさらに次の日、何と口内炎の2mmほど隣接する場所に2つ別のアフタ性口内炎が・・・。 しかも、全然関係ないはずの下唇にも1つ出来ていました。 合計4つ。 もううんざりです。 今は上唇の3つのうち2つが合体し、全部で3つになっています。 もちろん合体するほどなので、口内炎は成長中。 恐らく上唇の残り2つも合体するでしょう。 痛みはそれでも前回ほどひどくはないのですが、ないわけではありません。 今日の昼、口内炎は痛いけど、どうにも麻婆豆腐を食べたくなってしまいました。 辛いのが口内炎にしみるとは思いましたが、誘惑に負けて食べました。 食べ始めは口内炎に麻婆豆腐があたる度に激痛が走ったのですが、次第にそれがなくなっていったのです。 食べ終わった頃には、いくら舌で口内炎をなめ回しても全く痛くありません。 口内炎には唐辛子がいいのでしょうか。 ただ、予想していたとは言え、1時間もするとまた痛みが戻ってきました。 どうやら、あえて激痛を加えることによって感覚が麻痺し、一時的に痛みを抑えることが出来るようなのです。 そこで、アフタ性口内炎の民間療法の1つである、 イソジン(等のうがい薬)を綿棒などでアフタに塗り込むというやつを試してみる気になりました。 これで治りが早まるとは思いませんが、少なくとも痛みを抑えられるはずだと予想したのです。 早速会社にあったうがい薬の原液を綿棒に垂らし、それを口内炎に塗り込みました。 結果は大成功。 痛みが綺麗に消え去りました。 塗り込むときの痛みも思ったほどではなかったので、今後は治るまで定期的にうがい薬を塗り込む民間療法を続けてみたいと思います。

次の

口内炎にうがい薬のイソジンを塗る効果とは

口内炎 イソジン 原液

長年口内炎に苦しみ続けてきた私が、ようやくたどり着いた最後の砦・リステリン紫。 これを知って以来、あれほど悩まされ続けてきた口内炎ができることはほぼなくなりました。 たまにできてもリステリン紫を使えば次の日にはもう治っているのですから・・・ トータルケアに辿り着かなかったらと思うと本気でゾッとします。 ただ・・・ですね。 そんな リステリン紫をもってしても治らない口内炎 というものが存在します。 これを知った時には愕然とし、絶望すらしました・・・ でも大丈夫! もしリステリン紫が効かない口内炎ができても治す方法があります! その覚悟があるなら、ですが・・・ どんな口内炎がリステリン紫で治らないのか 私の出来る口内炎は主に「頬の内側」「舌」です。 中には喉の奥に口内炎ができる人もいるようですが、私は頬の内側と舌以外にできたことはありません。 舌でできる場所は「舌の先」と「舌の両側」。 それに比べ、頬の内側にできる口内炎はありとあらゆる場所にできますが、特に多いのは「歯に沿った皮膚」でしょうか。 そう考えると、「歯が当たる部部の刺激」によって口内炎ができることもありそうです。 中には下唇の内側などは、一度口内炎ができて皮膚が膨らんでいる部分を思いっきり噛んでしまったりすることもあり、まさに「泣きっ面に蜂」状態。 ただそれらの口内炎はできてしまってからでもリステリン紫で何度も治してきました。 これらの部位に関しては100発100中といっても過言ではありません。 しかし、 上唇の裏側 にできた、しかも小さな小さな口内炎が、何度リステリン紫を使っても治らないことがまれにあります。 上唇の裏側だけでなく、下唇の裏側の口内炎も治るものがあればしつこく痛み続けることも。 これらの口内炎の、「何が治って何は治らないのか」は未だにわかっていません。 リステリン紫で治らない口内炎の治し方 この口内炎になったらもう諦めるしかありませんでした。 しかもこのタチの悪い口内炎は、 何日も何日も痛んで苦しめられるのです。 リステリン紫を使い続けても治らない口内炎は一週間痛み続けたことがありました。 口内炎の苦しみからやっと逃れられたと思っていたからか、またしても永遠に続く新たな苦しみが始まったのか・・・と本当にがっかりしたものです。 痛くて痛くて会話もままならないそんな状況にもうやけになり、自分をうんと痛めつけたいという気持ちが沸きあがってきて、 衝動的に「イソジン」を口内炎に塗ったのです!• その痛みたるや・・・口内炎に悩まされている方にはよくわかると思います。 正直、口内炎の痛みに耐えている方がはるかに楽です。 しかし・・・不思議なものです。 「痛みはより強い痛みで制す」とでもいうのでしょうか、塗った瞬間に意識する間もなく涙が溢れ出てくるほどの痛さにもかかわらず、それが過ぎ去った時の感覚と言ったら! 不思議なほどに口内炎の痛みが弱まってくるのです。 その後数回ほど、イソジンの原液を口内炎に直接塗れば、次の日にはかなり楽になっていることを感じるでしょう。 リステリン紫を使った時ほどの即効性はありませんが、しぶとい口内炎にはこの方法が効果的です! 口内炎は辛いです。 その痛みは私もよくわかっています。 リステリン紫は最強のアイテムですが、それでも治らないしぶとい口内炎の時は、ぜひこの方法を思い出してください。 でももう一度言います。 かなり、痛いです。 でも一週間痛みと共に過ごすなら、イソジンを使ってみる価値もあるかも?ですよ。

次の

うがい薬だけじゃない。「イソジン」の秘密★

口内炎 イソジン 原液

うがい薬で有名なものといえば、「イソジン」。 この商標をもっているのは米国の製薬会社であるムンディファーマですが、 日本での販売... うがい薬で有名なものといえば、 「イソジン」。 この商標をもっているのは米国の製薬会社であるムンディファーマですが、 日本での販売を担っているのは明治です。 この2社が契約を解消し、ムンディファーマが新たに契約を結んだ塩野義製薬から イソジンが販売されることになりましたね。 (2015年12月の報道より) ところで、このイソジンは、 含まれている「 ポピドンヨード」という成分の殺菌消毒作用が高いことで有名ですが、 どうやら 原液でうがいをすると治りは早い だとか 口内炎に原液を直接塗ると良い といった情報が少なからず出回っているようです。 こういった情報が本当に正しいのかどうかも分からずに実践してしまう人がいては危ない… そんな思いから 今回は、これらの方法に本当に効果があるのかどうかリサーチしてみました! イソジン原液に手を出そうとする前に、一度ごらんください。 この記事の目次• イソジン原液をうがい・口内炎に塗るのは意味ナシ!粘膜にも悪影響? 殺菌効果はイソジンに含まれる「ポピドンヨード」にある 1956年にアメリカのShelanski H. らによって開発された医薬品(ヨウ素剤)。 日本では「イソジン」の商品名で販売されている。 うがい薬から外科手術時の消毒まで幅広く使用され、 特に殺菌の持続効果は他の消毒剤と比較して高く、 そのため、手術前の皮膚消毒や患部の消毒などに用いられている。 イソジンを原液で用いることについてネット上では… ネット上には、イソジンを原液で用いる場合として、こんな情報があります。 喉が痛くて、イソジンの原液でうがいをすると速攻で治ると聞いた (引用元:) 口内炎を治すのにはイソジン、という民間療法があります。 イソジンの殺菌・消毒作用で口内を清潔に保ち、口内炎を治そうというわけです。 イソジンを入れてうがいをするという方法の他に、イソジンの原液を直接患部に塗るという方法も。 (引用元:) 鏡で見ると白くただれていて痛い私の症状に効果的な方法です。 誰にでも合うかわからないので自信はなしにします。 その方法は「イソジン原液うがい」です。 原液をのどの奥にいきわたらせたあと、水で「軽く」すすぎます。 数時間してスースー感がなくなったら繰り返します。 強力な殺菌効果があるので一晩で痛みとハレがなおりました。 絶対効くとはいえないのでご参考まで。 (引用元:) 「痛みはより強い痛みで制す」とでもいうのでしょうか、 塗った瞬間に意識する間もなく涙が溢れ出てくるほどの痛さにもかかわらず、 それが過ぎ去った時の感覚と言ったら! 不思議なほどに口内炎の痛みが弱まってくるのです。 その後数回ほど、イソジンの原液を口内炎に直接塗れば、次の日にはかなり楽になっていることを感じるでしょう。 (引用元:) 〈スポンサードリンク〉 イソジン=ポピドンヨードの濃度が高ければ高いほど殺菌作用は高い? 上に挙げたネットの情報は、 イソジン、つまり ポピドンヨードの濃度が高ければ高いほど、殺菌作用も強いはず、 という前提に基づいてイソジン原液を使用しているのだと思います。 しかしながら、ポピドンヨードの濃度と細菌に対しての効果について、 すでに以下の図のような研究結果は報告されています。 (引用元:) 引用元のサイトでも詳しく解説されていますが、 この研究結果から、 ポピドンヨードの濃度が高いからといって、 細菌への効果は決して高くないことがハッキリと示されています。 それどころか、 粘膜への為害性(粘膜に異常や害を及ぼす可能性)が高いことを示しています。 口腔(口の中)で粘膜は最大の防御機構であり、これが損傷を受けてしまうと、 細菌の侵入を許し、他の炎症が生じる恐れもあるという… つまり、 イソジンを原液で用いる意味は全くないばかりか、 粘膜にダメージを与えてしまっているのです。 イソジンの原液使用はやめておこう! 以上のことから、 イソジンの原液を用いたうがいや口内炎への塗布はやめておいた方が賢明です。 口内炎ならば、専用の市販薬を用いる、うがいならば用法・用量を守ったうがい薬の使い方をしましょう! どうしても治らなければお医者さんへ… 変な情報は鵜呑みにせず、まず調べてみることをオススメします。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 ではでは、今回はこのへんで!.

次の