ドリーム ランド モノレール。 モノレール

80年代登場施設

ドリーム ランド モノレール

ドリーム交通モノレール ドリーム交通モノレール かつてJR大船駅のすぐ横に妙な橋ゲタが残っていましたがコレは大船駅からドリームランド遊園地までの 5. 3Kmを結んでいたモノレールの残骸です。 このモノレールの開通は昭和41年 1966年 の5月と古く閉鎖は翌年9月 と言うことで何と運営期間がたった16ヵ月間という何とも短命なものでした。 このドリーム交通は途中に小雀信号所があるだけで人の乗り降りする途中駅はありませんでした。 結構アップダウンの激しい路線である事が今回の追尾でわかりましたが廃止となった理由は車両重量の超過問題や 橋桁の耐久性問題が理由だそうで東京陸運局から運転休止勧告を受けたそうです。 ドリームランド側から跡を見ていきたいと思います。 尚、廃線跡調査は2004年に行っていますが現在は軌道跡を探すのも困難な程綺麗になってしまっています。 1970年の地図上にはしっかりモノレール線の記載がなされています。 訪問した2004年1月には既にドリームランド駅は無く更地になっていました。 この更地も整備されバス乗り場となっています。 奥の団地は「ドリームハイツ」と言います。 旧遊園地側から道路へは下り坂が続いていましたが橋桁が残っていました。 奥側はカバーがかけられている様に見える事から撤去寸前ですね。 ボウリング場も懐かしい。 手前側は既に撤去された後で整地されたのが判ります。 当時交差点にあったファミレスの横を抜けて行く軌道跡。 良く見れば複線用の橋桁に レールが1本だけ。 コレは「大船〜ドリームランド」間に開業時1つも駅が無かったので途中駅 を作る計画がありソレ対応に複線用地を確保していた、と聞いた事があります。 また、交差点名は遊園地無き今も「ドリームランド前」となっています。 写真奥が大船方面です。 横浜市立深谷中学校のグラウンド裏手にある「LIVSE戸塚」をかすめる様に モノレールの軌道はありました。 写真では橋桁を撤去している最中の様です。 奥がドリームランドです。 県道403号を超えた辺りの様子です。 なんか強引です 笑 、用地買収とかどうだったんでしょうか。 すっげーギリギリなのが笑えます。 営業していたらまづアウトでしょう。 緩いカーブで軌道は「宇田川」を超え、進路を南へと変えて大船駅を目指します。 軌道の先にはドリームランドと同じ「ドリーム観光」が経営していた「ホテルエンパイア」が見えました。 このホテルは昭和40年開業、平成7年に閉鎖となりました。 最上階21階は回転展望レストランでした。 宇田川沿いに敷かれていた軌道と橋桁。 コレを見ても将来の複線用地確保が 確認出来ますがこの当時で既にボロボロでした。 現在は橋桁も無く道も整備されてしまっています。 宇田川沿いの歩道が突き当たりになった所にある駐車場の敷地の中を行く軌道跡。 奥が大船方。 駐車場を突き抜けていた線路を追い「神奈川県営住宅」横へ歩いて行くと こんな感じで橋桁が残ります。 左のアパート名は「グリーンコーポ」。 新しく家を建てている所でしょうか。 影が家に落ちています。 現在橋桁は無くなり隣の石垣も取り払われて駐車場になっています。 写真奥がドリームランドです。 軌道はそのままカーブをして山の中に消えていきます。 この山の中にも歩道があるのでソレを使い追いかけてみます。 無事に発見です。 しかしとんでも無い所にモノレールが走っています。 完全に個人宅の庭みたいな所なんです。 途切れていますが奥に続きが見えています。 写真奥が大船駅方面です。 ココの現在はです。 住所は神奈川県横浜市戸塚区原宿4丁目。 完全なる住宅街に残っていた軌道跡。 現在橋桁もろとも無くなってますが残っていれば完全にトワイライトゾーンでしょう。 この先軌道はやや右へカーブさせながら国道1号線を跨いでいました。 実はココから時間の関係で写真が飛んでしまっています。 国道1号を超えた軌道はしばらく真っすぐ進み、やがて右手へ緩くカーブをかけて小雀信号場へ。 単線運行のドリームモノレールはこの信号場ですれ違いをしていた訳です。 その後小雀浄水場の北側をなめる様に 走り ここらはジェットコースターばりのアップダウン 山間部へ突入していきます。 写真は丁度「神奈川県鎌倉市玉縄5丁目」くらいからとなります。 撮影した2004年から更に住宅が 増え廃線跡にも住宅が出来ている区間が有りました。 写真の建物は色が変わっていますが健在。 当然軌道は無し。 自然に帰ろうとしている廃軌道。 写真奥が大船駅方面です。 民家の裏手を突っ切る様に延びている。 営業時にまだ住宅は無かったのでしょう。 詳しい場所は判りませんが裏手に繋がる細い道からもこの様な光景が見れました。 終点大船駅も大分近くなって来たところ。 恐らく鎌倉市玉縄2丁目辺りと思われます。 ここら辺も近く造成されてもおかしくなさそうです。 現在「コスモ鎌倉玉縄」の裏手部分です。 撮影時も怖かったですが ココを橋桁の耐久問題を抱えていたあのモノレールが走っていたのだから更に恐怖です。 写真の奥が大船駅方面となります。 既に大船方が開けています。 かなりの絶景だったのではないでしょうか。 下から煽ってみたところ。 大船駅近くに僅かに残っていたモノレールの残骸。 この時既に駅は解体された後であり残された 橋桁も解体待ち。 写真と同ポジの現在の様子はから。 跡地は教習所や住宅などへ転用されているみたいでした。 かなり割愛した廃線レポートとなってしまいました。 このドリーム交通モノレール跡は以外と簡単に線路跡を辿る事が 出来ましたが途中で森の中に入ってしまったり、余りにも雑草が多すぎて今一歩踏み込みたい場所に行けなかったりと 苦労もありました。 途中見失ったルートを探していたら地元の方が教えてくれるという事もありました。 下写真はWikipediaから転用させてもらった大船駅ホームの様子です。 アトラクションの様です 廃止後の物。

次の

ドリーム交通モノレール線 概要

ドリーム ランド モノレール

廃線研究所 ドリーム交通モノレール大船線 おがえもん廃線研究所 調査時期 平成14年12月 関東・神奈川県 ドリーム交通 モノレール大船線 Dorimukoutuu Monoreruoofuna Line 平成14年廃止決定 大船〜ドリームランド間 モノレール大船線とは ドリームランド交通モノレール大船線とは東海道線の大船駅から横浜ドリームランドまでを結ぶモノレールとして昭和41年(1966)5月2日に開通しました。 しかし、東京陸運局から車両重量超過と橋脚の強度不足の問題から運転休止勧告を受け、開通から1年を過ぎた昭和42年9月24日以降、運転を休止し現在まで休止状態が続いています。 あくまでも廃止ではなく、運転再開の道を残した休止の扱いなので施設のほとんどが30年以上も施設は放置されています。 中間駅はなく起点の大船駅と終点の横浜ドリームランド駅のみで中間に小雀信号所がありました。 終点は名前の通りで横浜ドリームランドがあり、遊園地のお客様輸送を目的としたものでありましたが遊園地に併設して団地の造成も行っており、通勤通学輸送も担うはずでありました。 運行休止をうけ付近の住民はバスで40分も揺られ大船駅まで行くことになってしまいました。 モノレールであれば約8分で結ばれるはずでした。 休止後、付近の住民からはモノレールがあるから買ったのにと不満の声も出たそうです。 その後、スーパーのダイエーがドリーム交通を復活させる話が持ち上がり、リニアモーターを使った新交通システム(HSST)にて開業させる話も出ましたが平成のバブル崩壊のあおりを受け平成14年秋、計画中止されました。 旧施設は平成15年にも撤去を開始するそうです。 平成16年に撤去はほぼ完了し、そのほとんどが姿を消しました。

次の

『【廃線跡探し】ドリーム交通のモノレール』戸塚・いずみ野・港南台(神奈川県)の旅行記・ブログ by ツリカケ君さん【フォートラベル】

ドリーム ランド モノレール

ドリームランドモノレールとは に続き、今回はドリームランドモノレールの延伸についてを調査する。 1964(昭和39)年から2002(平成14)年まで開園していた戸塚区俣野町の遊園地、「横浜ドリームランド」と「大船駅」の間を走っていたモノレールにも延伸の話があったという。 このドリームランド線は、横浜ドリームランドの開園に伴い、アクセス手段として開業。 しかし、開業からわずか1年ほどで運休、その後運転が再開することはなく2003(平成15)年に正式に廃止となった。 大船駅付近に残されたドリームランド線の軌道跡。 2002(平成14)年ごろ のを記憶している人も多いかもしれないが、どこへ伸びる計画があったのだろうか? 大船駅(青矢印)とドリームランドがあったあたり(緑矢印、Googlemapより) 大船駅とドリームランド駅。 駅が出来る予定だった場所(青矢印、 Googlemapより) ドリームランド線について『全国鉄道事情大研究 湘南篇 川島令三』によると 「ドリームランド・モノレールは大船~ドリームランド間の5. 3キロメートルの跨座式(こざしき、レール上を走る)モノレールだ。 モノレールブームだった昭和40年前後、各地にモノレール路線が誕生した。 そのころはどこが最初に実用化するか、モノレールの開発競争が進んでいて、日立に後れを取っていた東芝は、1961(昭和36)年に自社方式のモノレールを奈良ドリームランド内に遊具施設として造った。 これをもとに1966(昭和41)年5月に東芝が全面協力してドリーム交通の大船~ドリームランド間が開通した。 3両編成2本により、15分ごとに所要時間8分で結んだ」 ドリームランド線(青矢印)が運行しているころの写真 「うたい文句は『小型軽量で建設費が安い』というものだった。 しかし他社の成功の焦りからか車両が重くなったのに、それに見合った軌道桁に強化すべきところをおこたったため、1年後には各所で軌道桁にひびが入ってしまった。 全線を全面改修する必要性から開業じてわずか1年余りで運休になった。 以後何度か復活の話があったが、再開していない。 この復活はドリームランドへのアクセス路線だけではなく、隣接するドリームハイツ(神奈川県と横浜市の住宅供給公社によって建設された高層団地)やその手前の深谷住宅とを結ぶバス路線の代替としても横浜市や住民から要望されている。 バスは1号線を出たところで渋滞に巻き込まれ、時間がかかるからである。 しかし復活には費用がかかり話が進まなかった」 ドリームハイツ(青矢印)と渋滞で知られる国道1号線の原宿交差点(赤矢印、 Googlemapより) 「ドリームランドを経営するドリーム開発は、大手スーパーのダイエーグループが100%株主になり、ダイエーはこの要望を了解した。 そして日本航空が中心となって開発していたHSSTリニアモーターカーに作り替えることが具体化した」 HSSTは静粛性があり環境にやさしいという そのときにドリームハイツに手渡されたリニアモーターカーの仕様書には 「ドリームランド駅~大船駅 営業キロ5. 3キロメートル 駅数4~5駅 車両形式・磁気吸引浮上式リニア誘導電動推進方式電車 4両固定連結 最高速度時速70キロ 所要時間約10分」などとある。 磁気で浮上するHSST 「許認可を与える運輸省としては、ダイエーグループのような新規事業者が交通事業に参入することに抵抗がある。 また途中駅を作るとなると、平行する神奈川中央交通との経営参加や保証などの調整が必要になり、実現までの問題点は多い」とある。 そして『県ドリームハイツ30年史』には、「阪神淡路大震災で、神戸のダイエーの旗艦店が被害を被り、再開の見通しが困難になった。 そして2002年(平成14)年8月ドリーム開発はモノレール開発の断念を市に申し出た」とある。 ドリームランド線はモノレールの開発競争の中で登場した画期的な路線だったが、初期段階のミスが致命的な問題となったようだ。 そしてドリーム開発が再開を断念するとともに、モノレールもリニアモーターカーの実現もなくなったようだ。

次の