もん げ ー 意味。 日本語の語尾「もん」の使い方

岡山県の方言。「ぼっけぇ」の意味や使い方!

もん げ ー 意味

<例文>• 「家族と仕事、どっちが大事なんですか?」「 愚問だな、家族が大事に決まっている」• 「 愚問を発するのはもうやめないか。 時間の無駄だ」• 野球選手に「野球は好きですか?」と聞くのは 愚問だ ただし、目上の人からの質問に対して「愚問」は使わないようにしましょう。 なぜなら「愚か」というのは相手をバカにしたり、未熟者として見たりする場合に使う言葉です。 目上の人や取引先に「愚問ですね」と言ってしまうと、相手を怒らせて関係が悪化してしまうかもしれません。 目下の人だからといって相手をバカにして良いわけではありませんが、特に目上の人やお世話になっている人には「愚問」という言葉は使わないようにしましょう。 2-2.自分の質問を「愚問」だと言う場合 相手にへりくだって質問をする時に「愚問ですが」と前置きして使うことがあります。 、目上の人や取引先などに「こんなことを質問してですが…」というを込めて質問をする時に使います。 自分の質問を「愚問」だという場合の例文は以下の通りです。 <例文>• (それは 愚問です)• Your question is silly. (君の質問は 愚問だね)• 「Is effort necessary to succeed? 」 「成功するためには努力は必要ですか?」「それは 愚問ですね」 「stupid」は相手をバカにする度合いが高いため、使わないほうが無難です。 6.愚問をしないための3つのポイント 最後に、あなたが誰かに愚問をしてしまわないようにするためのポイントについてお伝えします。 誰かに対して愚問をしてしまうことで、相手をイラつかせて、人間関係が悪化してしまうかもしれません。 また「あの人は頭が悪いな」と思われて、馬鹿にされることだって考えられます。 円滑な人間関係を構築もしくは維持していくためにも、愚問をしないに越したことはありません。 なので、以下の3つのポイントを意識してみて下さい。 それでは一つずつ見ていきましょう。 ポイント1.質問をする前に調べておく 愚問をしないための1つ目のポイントは、 質問をする前に調べておくということです。 相手に「愚問だ」と言われるような的外れな質問をしてしまう場合は、事前に調べていないケースがほとんどです。 なので、質問をする前にネットで検索したり、人に聞くなりして、事前に調べるようにしておきましょう。 ポイント2.分かりきっていることは質問しない 愚問をしないための2つ目のポイントは、 分かりきっていることは質問しないということです。 事前に調べた結果、答えが明確であるなら、わざわざ質問する必要はありません。 たとえば「御社の飲食店は、現在何店舗あるのですか?」のような質問は、調べればわかることです。 そのように分かりきっていることを質問するということは、相手に「答えさせる」という労力をかけるだけです。 しかし相手にとってメリットがないので「愚問ですね」の一言で終わってしまいます。 なので、調べて答えが分かったのなら、質問しないようにしましょう。 ポイント3.考えても仕方がないことは質問しない 愚問をしないための3つ目のポイントは、 考えても仕方がないことも質問しないということです。 例えば以下のような「過去や未来のたられば話」の質問は、考えても答えが出ません。

次の

かわいい方言の「もんげー」は岡山弁ではない?

もん げ ー 意味

もんげーとは?意味 「もんげー」は 岡山県の方言で「 ものすごい」を意味する。 同じく「ものすごい」を意味する「でーれー」や「ぼっけー」と比べると使っている地域が少ないが、『妖怪ウォッチ』のキャラクターであるコマさんの口癖として使われたことをきっかけに、全国の子どもたちが「もんげー」を使うようになった。 アニメ流行語大賞2014で金賞を受賞した『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』の花京院典明が発した擬音「レロレロレロ」に次ぎ、「もんげー」が 銀賞を受賞した。 左:コマさん 右:コマじろう コマさんは狛犬の妖怪で、コマじろうの双子の兄。 一人称は「おら」、語尾に「〜ずら」と付けるクセがある。 「もんげー」はコマさんの口癖で、驚いたことやすごいことがあった時に「もんげー」と発する。 弟のコマじろうも「もんげー」を使う。 田舎の神社の狛犬に取り憑いていたが、神社が取り壊されため都会にやってきた。 アニメでは第7話「コマさんがきた! 」から、ゲームでは第七章の「ムゲン地獄」に登場する。

次の

もんげーバナナの価格に驚き!無農薬で皮ごと食べれる秘密とは?

もん げ ー 意味

もんげーとは 小さいお子さんをお持ちの方ならすでに、ご存知のことと思います。 テレビアニメの 「妖怪ウオッチ」の人気のキャラクター「コマさん」と「コマじろう」の兄弟の口癖です。 「ものすごい」という意味です。 ちなみに、「コマさん」、「コマじろう」は神社の狛犬の妖怪です。 双子の兄弟で「コマさん」は兄、「コマじろう」が弟です。 妖怪といっても見た目はとても可愛いため、妖怪ウオッチの中でも主人公の「じばにゃん」人気を争っています。 また、この「もんげー」ですが、「もんげー驚いたズラ」のように「ものすごく驚いたよ」の意味で使います。 「ズラ」も方言ですね。 妖怪ウオッチの「コマさん」と「コマじろう」の人気伴って、 全国的に子供たちが岡山べである「もんげー」とか、「ズラ」とかを使っているそうです。 岡山弁ではない説 しかし、ここで「もんげー」は実は岡山弁では無い説が浮上しています。 発端は人気漫才師の「千鳥」です。 「千鳥」は岡山県の出身で、今は岡山観光大使の「おかやま晴れの国大使」となっています。 本当のところはどうなんでしょうか? 実際は方言では良くあることなのですが、年代や地方によって、方言の使い方が違います。 「もんげー」も岡山の一部の地方、年代の方は使っているので、一応、岡山弁でいいようです。 しかし、最近は、「ものすごい」とニュアンスが近い「でーれー」「ぼっけー」に押され、「もんげー」だんだん使われなくなってきているようです。 ここでは「もんげー」は岡山弁であると認定いたします。 日本語は難しいですね。 もんげー勉強になったズラ・・・。

次の