福岡県高野連。 「がんばれ福岡2020」 福岡地区高校野球大会

高校野球選手権中止で福岡県高野連は独自大会開かずから一転福岡県、代替大会頑張れ福岡2020決定

福岡県高野連

福岡県高野連は12日、福岡市内で常任理事会を開き、独自の代替大会を断念する方針を一転し、開催することを決めた。 5月25日に全国で唯一、開催断念を発表したがその後、国や県が開催を後押し。 球児を取り巻く大きな環境変化に伴い、方針転換に至った。 歓迎の声が多い一方で、引退した選手もおり、高野連はドタバタを謝罪。 試合は7月18日から8月上旬の土日祝日を軸に、4地区に分けて、原則無観客で実施する。 全国で唯一、不開催を発表していたが、福岡にも球音が鳴り響く。 県高野連は新型コロナウイルス感染拡大で夏の甲子園大会と地方大会の中止を受け、5月22日の理事会で代替大会の開催を協議。 消毒液の確保や感染防止マニュアル作成など準備を進めたが、感染リスクを払拭(ふっしょく)できないことなどから開催断念を発表した。 だがその後、国のサポート表明などで球児を取り巻く環境が大きく変化。 今月に入り、県教育委員会から開催要請も受けた。 野口敦弘理事長(58)は「高野連単独での責任と言いますか、医療や学校の授業とかに対する責任だったり、1歩踏み込めないもどかしさがあった。 (県教育委員会に)背中を押していただかなければ、一歩踏み出せなかったのは事実」と説明。 県高野連主催、県教育委員会共催で行うことも明かした。 一方で、すでに引退した部員もいる。 土田秀夫会長(59)は「先の決定を翻したことで野球部員、特に3年生に対しては、何度も決定のたびに気持ちを惑わしてしまい、心からおわび申し上げます」と謝罪した。 再検討にあたり、土田会長と野口理事長は、各校の現状把握のため、福岡、筑後、北九州、福岡中央の4地区を訪問するなどして情報を収集。 その中で、指導者は「もうすでに引退した生徒もいる。 今更困る」「我々でここまで計画を進めています」「代替大会を開いていただけるならありがたい」など反応はさまざまだった。 北九州市で一時感染が再拡大するといった不安も残る中、一本化を断念。 感染リスク抑制も踏まえ、4地区分離の公式大会という苦渋の決断となった。 今月5日には、福岡地区に所属する福岡大大濠や筑陽学園などの監督有志が立ち上がり、福岡市や近郊の33校による「福岡地区高校野球交流戦」を7月11日から行うと発表したが中止となる見込み。 日程は7月18日から8月上旬の土日祝日で検討中。 控え部員や保護者入場は認める方針だが、原則無観客。 ドタバタを経て、3年生に集大成の舞台を準備する。 【菊川光一】 photo• 野球 高津監督、ドラ2吉田大喜を「また来週投げさせる」 []• プロ野球 [7月17日 23:48]• プロ野球 [7月17日 23:27]• プロ野球 [7月17日 23:03]• プロ野球 [7月17日 23:01]• プロ野球 [7月17日 22:53]• プロ野球 [7月17日 22:53]• プロ野球 [7月17日 22:49]• プロ野球 [7月17日 22:47]• プロ野球 [7月17日 22:44]• プロ野球 [7月17日 22:39]• プロ野球 高津監督、ドラ2吉田大喜を「また来週投げさせる」 []• プロ野球 [7月17日 23:48]• プロ野球 [7月17日 23:27]• プロ野球 [7月17日 23:03]• プロ野球 [7月17日 23:01]• プロ野球 [7月17日 22:53]• プロ野球 [7月17日 22:53]• プロ野球 [7月17日 22:49]• プロ野球 [7月17日 22:47]• プロ野球 [7月17日 22:44]• プロ野球 [7月17日 22:39]• 高校野球 中軸担う聖光学院・坂本、3年生の思い込め夏に挑む []• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 19:56]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 19:27]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 19:17]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 19:16]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 19:13]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 19:11]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 18:36]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 18:04]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 17:12]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 11:37]• 大学・社会人 大商大・吉川を9球団が視察「短いイニングなら」 []• アマ野球 [7月16日 19:55]• アマ野球 [7月15日 21:38]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 17:51]• アマ野球 [7月13日 13:43]• アマ野球 [7月10日 17:48]• アマ野球 [7月10日 17:16]• アマ野球 [7月5日 18:29]• アマ野球 [7月2日 17:12]•

次の

【高校野球】福岡県高野連が会見「代替大会」の開催断念を発表…全国初 中止の理由は?

福岡県高野連

福岡県高校野球連盟は12日、選手権大会福岡大会の代替となる独自大会開催断念の方針を撤回し、県教育委員会との共催で開催すると発表しました。 各紙報道によると大会は福岡・筑後・北九州・福岡中央の4地区での優勝校を決める形式で行われ、県大会の開催は現時点では予定していないということです。 日程は7月18日(土)から8月上旬にかけての土・日・祝日を軸に調整し、ベンチ入り人数やタイブレーク制など詳細は今後検討。 原則として無観客とし、部員や保護者の入場は認める方針としています。 これに伴い、福岡地区の監督有志たちが5日に開催を発表した「福岡地区高校野球交流戦」はこの独自大会に引き継がれ、県高野連主催の下、日本高野連のガイドラインに沿って開催されることになります。 ———- 5月25日(月)の記者発表から約3週間。 「新型コロナ感染リスク」「学業への支障」「医療機関への負担」などを理由に独自大会を見送るとしていた県高野連が一転、開催を発表しました。 全県で3年生部員の集大成の場が用意されるようになったことは喜ばしい反面、主体性のない県高野連の迷走ぶりは、選手・指導者・保護者たちに大きな混乱を与える結果となりました。 実際、「加盟137校のうち約10校は3年生の引退などを理由に参加しない」()と言われています。 異例の事態となった今回の動きについて、私見も交えながら検証しておきたいと思います。 国の支援とは「全国大会中止に伴う代替大会の開催に必要な運営経費や新型コロナウイルス感染症対策に係る経費として、主催者に上限1,000万円を補助する」のことです(12日に予算成立)。 (県教育委員会に)背中を押していただかなければ、一歩踏み出せなかったのは事実」()と認めています。 つまり県教育委員会が開催を要請したことで「感染リスク」「学業への支障」「医療現場への負担」などの責任を県高野連単独で負わなくてよくなった、との判断でしょう。 5月の記者発表では代替大会見送りの理由をあれこれ並べてはいたものの、結局は「県高野連単独での責任が取れない」から開催を見送ったということになります。 しかし福岡以外で開催を断念する高野連はなく、続々と代替大会開催を発表していきました。 さらに福岡地区の監督たちも覚悟を持って交流戦の開催発表にこぎつけたことで、県高野連の消極姿勢が一層際立つことになりました。 最終的に独自大会を主催することにしたわけですが、教育委員会との共催。 単独での開催は最後まで避け続けました。 独自大会開催を伝える6月13日付朝日新聞 それでも県高野連が主催することで、各校の大会運営の負担は減るという利点があります。 ただ残念なのは、大会が各地区で完結してしまう点です。 県高野連が主催すると決めたのであれば、各地区の上位2校ずつ計8校による県大会を行い、2020年夏の福岡のチャンピオンを決めるといった舞台が用意できたはずです。 選手たちは全国大会中止決定の後も「甲子園という目標はなくなったけど、この夏の福岡のナンバーワンは自分たちだと証明したい」という気持ちで、代替大会に期待を寄せていたのではないでしょうか。 求めているのは単なる思い出づくりではなく、真剣勝負の場だと推察します。 地区別とした理由は「どこかが感染拡大の影響で中止となった場合でも、それぞれの実情に応じて開催の可否を判断できる利点がある」()ことのようですが、感染拡大のリスクがあることは選手も指導者も重々承知しているわけです。 「感染が拡大した場合は途中で中止となる可能性もあるが、現段階では県大会まで行う予定」という発想にはなれないものでしょうか。 「方針が二転三転して迷惑をかけたが、改めて高野連主催で今夏の福岡のチャンピオンを決める大会を行う。 最高の舞台が用意できるよう全力で準備する」と宣言してくれれば、選手たちのモチベーションも上がっていたのでは…と思います。 本意ではないとは言え、今回は県高野連に対する苦言が並びました。 本サイトでは、福岡の高校野球が活性化し、県代表校の選手たちが甲子園でも活躍し、それを見た子どもたちが地元の高校で甲子園を目指す…という好循環が生まれることを願っていますが、そのためには県高野連と各校指導者の連携や、選手のプレーを見るために球場に足を運ぶファンの存在が欠かせないはずです。 県高野連としても改める部分は改め、各方面への信頼回復に努めてほしいと思います。 そして秋以降、再び素晴らしい大会が開催されることを期待しています。

次の

「がんばれ福岡2020」 福岡地区高校野球大会

福岡県高野連

福岡県高野連は25日、福岡市内で会見を開き、夏の甲子園中止における代替大会の開催を断念すると発表した。 全国初となる。 8月末日まで本連盟主催の大会は一切行わない。 9月以降は状況を見て判断する。 練習試合への3年生部員の参加に制限はない。 【中止の理由】 (1)福岡県の新型コロナウイルス感染症は下火になっているが、終息は見通せないため。 たとえ無観客試合とはいえ、感染防止対策を講じても本連盟加盟校の全部員・指導者・関係者の安全安心の確保に不安が大きいため。 (2)仮に大会を実施した場合、野球部員や指導者は試合後各学校に戻り各教室などに入ることとなり、審判委員は職場に戻ることとなる。 万一選手・指導者・関係者に感染者が出た場合、本人の健康被害はもとより、学校・学校関係者・職場の方々などに多大な迷惑をかけ、さらには野球部員以外の方々に対しても誹謗(ひぼう)中傷を助長するおそれがあるため。 (3)検温の徹底などにより症状の見極めをしていくことになるが、練習不足から選手・審判委員に熱中症やケガが例年以上に多くなることが予想され、大会役員が熱中症による発熱か新型コロナウイルス感染による発熱かを見極めることなどには限界があることなどから、新型コロナウイルスへの感染はもとより、ケガ・熱中症により、医療現場に更なる負担をおわせ、その結果治療に遅れが生じる危険があるため。 (4)各校、学業遅れ挽回策やそれに伴う土曜授業、夏季休暇の短縮などが予想される中で、考査や資格試験などの受験は必須であり、授業日の公欠などが認められるかなど、学校教育上の課題が残るため。 (5)すでに多くの部活動が大会などの中止を決めており、本連盟としても県民や各校の生徒・教師のみなさんと協力してコロナウイルスと戦い、次の目標に立ち向かうことが、本県野球部員の矜持(きょうじ)だと考えたため。

次の