このツイートは表示できません。 「ツイートを読み込めません」と表示される原因や対処法|アプリ村

【Twitter】「このツイートはありません」がリプに表示される4つの意味

このツイートは表示できません

YoutubeでもAIに誤ってスパム認定されて、動画削除やアカウント凍結があった例を記憶していたので… Twitterのルール Twitterの運営ルールについてはヘルプから確認することができます。 Twitterのルールの中に「信頼性・プラットフォームの操作およびスパム(Authenticity Platform manipulation and spam)」という項目があります。 信頼性 プラットフォームの操作およびスパム: 情報を人為的に拡散または隠蔽したり、Twitterのユーザーエクスペリエンスを操作または侵害する行為に関与したりする意図で、Twitterのサービスを利用することは禁じられています。 詳細はこちらをご覧ください。 Twitterのスパムに関するポリシー 詳細については「プラットフォームの操作とスパムに関するポリシー」に書かれています。 ツイート・リプライについての部分を見てみると… Twitter製品機能の悪用 他者の快適性を損ねる目的でTwitterの製品機能を悪用することは禁じられています。 これには、以下が含まれます。 ツイートとダイレクトメッセージ• 一方的な返信、 ツイート、ダイレクトメッセージを大量、過剰、膨大に送信すること• 同じコンテンツを繰り返し投稿および削除すること• 同一もしくはほぼ同一のツイートを繰り返し投稿すること、または同一のダイレクトメッセージを繰り返し送信すること• 自身のツイートやダイレクトメッセージのほとんどを占めるほど頻繁に、説明を付けずにリンクのみのツイートやダイレクトメッセージを送信すること つまり、「他者の快適性を損ねる目的で、同一もしくはほぼ同一のツイートを繰り返し投稿すること」はTwitterのポリシー違反ということになります。 ポリシー違反に対する処分とは? ポリシー違反に対する処分には以下のものがあります。 アンチスパム対策• リンクのブラックリスト登録• ツイートの削除と一時的なアカウントのロック そのうちのアンチスパム対策とツイートの削除についてみてみると… アンチスパム対策 不審なアクティビティを検知した場合、アカウントをロックし、追加情報(電話番号など)の提供またはreCAPTCHAの解答を求めることがあります。 ツイートの削除と一時的なアカウントのロック プラットフォームの操作やスパムに関する違反が1回きり、または1回目の違反である場合、1つまたは複数のツイートの削除要請からアカウントの一時的なロックまで、Twitterはいくつかの措置を取る可能性があります。 ツイートレベルの対応(比較的軽い処分) ただし、間違えてTwitterルールに違反したアカウントに対して厳しくなりすぎないように、ツイートレベルの対応をしているようです。 ツイートの表示を制限する: Twitter、検索結果、返信、タイムラインにおけるコンテンツの表示を減らします。 やり取りの性質やコンテンツの品質についてのさまざまなシグナルに基づいて、ツイートの表示が制限されます。 ツイートの削除を求める: ツイートがTwitterルールに違反していると判断した場合、Twitterは違反者に違反ツイートの削除を要請します。 違反者は削除するまで新しくツイートすることはできません。 違反ツイートと、どのポリシーに違反しているかをメール通知で違反者に連絡します。 違反者は、違反ツイートを削除する手順を実行するか、Twitterの判断が間違っていると思う場合は異議を申し立てる必要があります。 削除されるまで違反ツイートを非表示にする: Twitterがツイートの削除を要請してから実際に削除されるまでの間、ツイートが公開されないよう非表示にし、元のコンテンツを、Twitterルールに違反しているためツイートを表示できないことを示すお知らせに置き換えます。 このお知らせはツイートの削除後も14日間表示されます。 ここまで読んでも腑に落ちないのが、今回のツイート非表示には「ルール違反になっている」というお知らせが見つけられないことです。 念のため、その方のアカウントの「ツイートと返信」から確認すると該当するリプライを見ることができました。 ご本人にもDMで伺ってみると、特に何の通知もなく通常通り見えるとのことでした。 快くご確認いただきありがとうございました。 シャドウバン(shadow ban) そこで、次に疑ったのが「シャドウバン(shadow ban)」というものです。 シャドウバンの影響はややこしくてざっくり説明すると…• 自力での記事拡散が困難になる。 Twitterからは通知もない• 理由を知る手段はない。 制限の期限も決まっていない。 知らないうちにシャドウバンになると、いくらハッシュタグをつけてツイートしても、フォロワー以外の大多数のユーザーの検索結果に表示されなくなってしまいます。 こうなってしまうと、やり取り用としては使えても、告知用としてアカウントを使えなくなってしまいます。 ちょっと多いですよね…? クオリティと安全性ランキング ちなみに「シャドウバン」というのはTwitter社の用語ではないようで、「」の中の「クオリティと安全性ランキング」という項目が該当するようです。 クオリティと安全性ランキング ホームタイムライン、会話、検索などのTwitterの機能は、快適にご利用いただけるように常に改良が加えられています。 利用者が興味を持ちそうな話題の会話(関連性や信頼度が高く、安全なコンテンツ)を上位表示するようにしています。 … 「他者の快適性を損ねる目的」を機械的に判断することの難しさから、誤ってスパム扱いされてしまったのかなと思いました。 ところが、リプをいただいたアカウントを確認してみると、まったく問題なかったんです。 事件は振出しに戻ります。 そうして、たどり着いた結論が… 技術的な容量制限に達している可能性! なんと、「技術的問題」。 法的問題、質的問題、技術的問題 Twitterによる強制措置や、安全性に関する機能とは関係なく、Twitterに自分のツイートが表示されない、または元のツイートに対する返信が削除されるといった問題が報告されることがあります。 現在対策中の問題には、次のようなものがあります。 返信が表示されない — ツイートの下に返信が表示されない要因として、技術的な容量制限に達している可能性があります。 1つのツイートへの返信の数が多い場合、Twitterではすべての返信は表示されません。 ただし返信した内容が自分のタイムラインに表示されていれば、ほとんどの場合、ツイートした利用者も [通知] タブからあなたの返信を確認できます。 114• 202•

次の

Twitter、「このツイートは表示できません」の詳細を表示へ

このツイートは表示できません

表示できない理由を徹底解説! 他の人のツイートに対するリプの中に 「このツイートは表示できません」と表示されているような 場面は、ツイッターを使っていると 結構出くわすものだと思います。 「ブロックされるようなことしたっけな??」と 思う人もいると思いますが これは、ブロックされていなくても表示されます。 自分に心当たりがあるのであれば話は別ですが 何の心当たりもないのであれば ブロックではなく、別の原因で 表示できない可能性が高いかと思います。 その考えられる理由について、 それぞれ解説していきます。 相手が鍵垢の可能性 一番可能性が高いのはこれです。 と、いうよりも大抵の場合の理由がこれです。 このほかにも理由は考えられますし 下記にまとめてありますが 多くの場合はこれであると考えるのがベストです。 「このツイートは表示できません」となっている ツイートをしたアカウントが「鍵垢」である可能性ですね。 鍵垢は、その人をフォローしている人しか その人のツイートを見ることができません。 そのため、あなたがフォローしている場合を除き、 鍵垢のツイート内容は見ることができません。 なので、このツイートは表示できません と、表示 されるわけですね。 決して、ブロックされているわけではないのです。 鍵垢にしている人は案外多く存在しています。 例えば、あなたのフォロワーAと、 あなたの知らないアカウント(鍵垢)Bが会話していた場合、 あなたが見ると、Aのツイート内容は見えるけれども Bのツイート内容は「表示できません」になる、 ということですね。 ここでもしも鍵垢Bのツイート内容があなたに 見えてしまったら鍵垢の意味がありませんから、 こうなるのは当たり前ですよね。 理由として一番多いのはこれであると思います。 単純に「鍵垢のツイートだから見れない」 それだけのことです。 スポンサーリンク すでに削除されている 「このツイートは表示できません」となっている ツイートが既に削除されている可能性もあります。 削除されていれば、当然、もうそのツイートは 存在しないわけですから表示など 出来るはずがありません。 例えば、AとBが会話していて、 会話が終わった後に、Bがそのツイートを 全て削除した場合、 あなたから見ると、Aの会話は見えますが Bのツイートは全てこのツイートは表示できませんに なっている、ということです。 削除の理由は様々ですが ツイートした本人が消した可能性もありますし ツイートした本人が何らかの原因でアカウントを 削除した可能性もあります。 また、日ごろから問題発言などを繰り返していて アカウントが削除されたりだとか、 色々な可能性が考えられますが、 とにかく、相手がツイートを削除した場合は 表示されない状況になります ブロックされている可能性 当然、相手からブロックされている 可能性も0ではありません。 ブロックされている場合も、 「このツイートは表示できません」と表示されることがあります。 例えば、AとBが会話していて、 あなたがBからブロックされている場合、 Aのツイートは見えますが Bのツイートは「このツイートは表示できません」になります。 この場合、Aのツイートについている 返信先(Bへのリプライ)を選択することで確認できます。 Bのツイッター画面が表示された際に ブロックされています、と出ればあなたが ブロックされているわけですし、 鍵垢なら鍵垢で、ブロックされているわけではありませんし 普通にBのアカウントが表示されているのであれば ツイートを削除等したのでしょう。 もしもブロックされるような心当たりがあり、 自分が悪いと思うのであれば 早めに相手に謝った方が良いでしょう。 心当たりがなかったり、一方的なブロックの場合は 放っておけば良いと思います。 自分がブロックしている可能性 自分自身がブロックやミュートしている相手の ツイートも当然表示されません。 表示されてしまったらブロック・ミュートの機能の 意味が無くなってしまいますからね。 例えば、AとBが会話していて Bのことをあなたがブロック等している場合、 Bのツイートは表示されません。 もしも見たいのであれば ブロックやミュートを一時的に解除するか ツイート自体のURLを自分で選択することで見ることは 可能です。 なお、それに加えて 「ミュートワード」の設定をしている場合、 そのワードに引っかかったツイートは あなたの画面では表示されません。 そうでなければミュートワードの 設定の意味がないですからね。 そのため、もしも気になるのであれば 自分のブロック・ミュート・ミュートワード、 それぞれ確認してみると、 良いのではないかと思います。 スポンサーリンク 対処方法は? 対処方法としては、特に何もする必要は ないかと思います。 つまりは「スルー」ですね。 ツイートが表示されないだらけになっていても 多くの場合は「鍵垢」によるものです。 自分自身が普段から滅茶苦茶なことをしていて 日常茶飯事的に炎上しているような人は 分かりませんが、 そうでなければ多くの場合は鍵垢によるものですから 特別、気にするような必要はまったくないのです。 あ~、表示されないなぁ、ぐらいに 思っておけば良いかと思います。 もしも、相手からのブロックの場合は、 別の連絡手段があったりするのであれば それで相手と話し合ってみても良いと思いますが ネット上だけの関係の相手の場合 あまり深追いせずに ブロックされてしまったら 「あぁ、相性が合わなかったんだな」ぐらいに 思っておくのが一番良いです。 あまりブロックされた!ミュートされた!だとか 気にし過ぎると、ツイッターで今度は疲れてしまう ことになりますから、 あまり気にし過ぎないようにする、 ということが大事になるかと思います。 ちなみに「このツイートは表示できません」が うっとうしい!という人もいるかと思います。 ですが、現時点でこれを表示しないように できる設定は存在しておらず 残念ながら現時点では我慢するしか 方法はありません。 ミュートワードなどに設定しても これはシステム上の方面ですから 効果が無く、結局表示されてしまいます。 なので、現時点できる対策としては 「気にしないこと」です。 目障りに感じる人もいるかとは思いますが ブロックされているケースよりも 鍵垢であることの方が圧倒的に多いですから 思い悩んだりする必要はありません。 気にしないようにするのが一番でしょう。 まとめ 私もツイッターをやってますが、 これはよく見かけます。 フォロワーの方の中には 「ブロックされた」と気落ちしている人も いますが、多くはブロックではなく 鍵垢によるものなので あまり心配したり、悩んだりしたり する必要はありません。 急にある時期から増えたので 驚く人もいるとは思いますが 冷静に対応しましょう。

次の

「このツイートは表示できません」ツイートが表示されない原因と対処方法

このツイートは表示できません

ウィンドウズスクリプトプログラマさん、コメントありがとうございます。 Windows 10 アップグレード後、Internet Explorer 11 上で Twitter のツイートができないということでしょうか。 状況が異なるかもしれないのですが、Windows 10 にしてから Twitter などの文字入力で問題が起こり、Internet Explorer 11 のアドオンを無効にすると正常に利用できるようになったという書き込みがありました。 同じ状況の場合、次のページの回答マークのついた津森のコメントが参考になるかもしれません。 現象が異なる場合、お困りの状況についてさらに詳しい情報があると、さらにアドバイスが寄せられやすくなるかもしれません。 よろしければ次の内容について確認し、追加で書き込んでみてください。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。 こんにちは。 Zesut320 さん、コメントありがとうございます。 ツイートボタンを押しても反応がない状態なのですね。 その後、寄せられたアドバイスは試せましたでしょうか? ほかの Web ブラウザーでは正常にツイートでき、 Internet Explorer 11 でのみツイートができないという場合は、次のページの手順で一度 Internet Explorer 11 をリセットしてみるといいかもしれません。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。

次の