セフィロス。 セフィロスとは (セフィロスとは) [単語記事]

セフィロス(ジェノバ)は何者か

セフィロス

セフィロスの生涯や設定などを時系列ごとに整理してまとめています。 FF7のラスボス 愛刀の正宗を持ち、全ソルジャーの憧れだったセフィロスは生まれながらにしてジェノバ細胞を宿した宝条博士の実験成功第1弾とも言える存在です。 人物 神羅カンパニーでかつて行われた『ジェノバ・プロジェクト』によって母である科学者のルクレツィアの胎内にいながら謎の宇宙生物であるジェノバと融合させられた最初の被験体。 父親である宝条博士が実験に携わったものの、幼少期には自分が宝条博士の息子だと言うことは知らされず、また母親であるルクレツィアの事も認識していなかった。 驚異的な身体能力を誇り、神羅カンパニーを代表する『ソルジャー』のクラス1st. として圧倒的信頼と実力を誇り、いつしか『英雄』とまで呼ばれることに。 CCFF7(クライシスコアFF7) 当時のセフィロスは同じソルジャーの1stに所属するアンジールやジェネシスの2人と仲の良い関係であり、お互いに信頼関係を築いて平和とは言えないまでも英雄として普通の人間らしい生活を送っていた。 しかし、ソルジャーの在り方に対して疑問を感じ始めたアンジールやジェネシスが神羅から離れて行き、2人を助けるという目的のためにクラウドの後の親友であるザックスと共に任務を遂行していく。 その後、同じくFF7本編にも登場したニブルヘイムへの任務において、宝条博士の研究資料から自身の存在に大きな葛藤を起こす。 結果的に魔晄炉の調査名目で立ち寄ったニブルヘイムの魔晄炉で自分の母であると信じ込んでいたジェノバの首を取るが、返り討ちを辞さないクラウドの背後からの1撃によってライフストリームの中に落下していった。 宝条博士の資料では自分がモンスターと同じように生まれさせられた古代種であるという錯覚をしていたが、このライフストリームへの落下をキッカケに自分を古代種やジェノバを越える存在だと考える。 復讐を果たす為に古代種が封印していた究極の破壊魔法であるメテオの発動の為に、本体を大空洞に置いたままジェノバを操って黒マテリアの捜索を始める。 神羅カンパニーの発表では死亡したという事になっていた。

次の

採用サイト|セフィロス株式会社

セフィロス

Naturally & Usually 〜「あたりまえ」 と 「普通」 の追求〜 当社は、駐車場の集金やメンテナンス、清掃や接客などをおこなっています。 このような業種のため、一般的な企業のように「売上」や「製品」等の明確な結果や成果が見えることはありません。 普通に利用できてあたりまえ、不具合があったらお叱りを受けるという性格上理不尽な業態に見えるかもしれません。 目立つこともなければ、褒められたり、称賛されることも基本的にありません。 当社は、褒められたり、目立つ活躍をすることが素晴らしいとは考えません。 会社とは、人間の生活を豊かにするための機能であり、役目であると考え、皆様のライフスタイルに溶け込んで、そっとお手伝いしながらも会社自体が常に意識されずに存在できることが会社としての美学と捉えています。 働く皆様も、普通に働けて、あたりまえに給与を振り込まれています。 ですが、この普通に働き、あたりまえに給与が振り込まれ続けることの凄さと大切さは、理解して実感することが難しい時代だと思います。 当社では業態の性格上、普通を維持継続する大切さを実感することが可能ですが、イコール働く皆様が幸せとは限りません。 これからもお客様、関係各皆様の笑顔となる一翼を担えるよう、邁進してまいりますので、宜しくお願いいたします。 セフィロス株式会社 代表取締役 林 賢 僕達の会社『セフィロス株式会社』のふんいき セフィロス株式会社の採用情報ページをご覧いただき、ありがとうございます。 まだまだ、紹介しきれていない個性的なメンバーが沢山います。 とても幅広い世代や趣味が異なるメンバーが多数集まっているということも、セフィロス株式会社の強みだと思います。 そんな思いから、僕が採用情報のアテンダントを引き受けました。 ぜひセフィロス株式会社へのご興味を深めていただき、 お気軽に、お問い合わせ・エントリーをしていただけたら僕も嬉しいです。 セフィロス株式会社 採用情報アテンダント:ススムくん.

次の

【FF7】セフィロス【ラスボス攻略】|ファイナルファンタジー7|ゲームエイト

セフィロス

「何を言ってるのだ? おまえに感情があるとでもいうのか?」 「クックックッ、悲しむふりはやめろ」 「怒りにふるえる演技も必要ない」 「なぜなら、クラウド。 おまえは…」 「なぜなら、おまえは…人形だ」 意外なことなのですが、FF7のセフィロスって、クラウドに対しては特別執着があったわけではないんですよね。 そう誤解させるようなセリフも中にはありますが、それはあくまでクラウドを自身の目的のために利用していた…という印象が強いです。 しかし… その後に発売したFF派生作品での名言のほうがむしろ印象に残り、ゲーム好きやFFファンに広まっているのではないでしょうか? FF派生作品のセフィロス名言集 そのせいで… 「 セフィロスはクラウドのストーカー」とまで言われてしまうほどに、セフィロスがクラウドに対してかなり執着していることが感じ取れます。 FFの派生作品である、 「良い子だ、帰ってきたな私のもとへ」 「絶望に耐えかね、私にすがりに来たのだろう?」 「楽になれ、クラウド」 「お前への贈り物を考えていた。 絶望を贈ろうか?」 「ひざまずけ、許しを乞う姿を見せてくれ」 「お前のもっとも大切な物は…それを奪う喜びをくれないか」 「だが心には私の影が焼きついている」 「また会おう、クラウド。 おまえがおまえである限り何度でもな」 「受け入れろ、お前を導くのは私だ」 「絶望を望むならば、贈ろうかクラウド?」 「輝きを見るたび思い出せ、私の導きで手に入れたことを」 「私は何度でもおまえを導こう」 これが、全部クラウドに対して言ったセフィロスの名言(迷言?)の数々です。 さらには、こんな会話まで。 クラウド「思い出の中でじっとしていてくれ」 セフィロス「私は思い出にはならないさ」 クラウドが どんなにツッコんでも一切聞き入れないセフィロス。 どんだけ、自分を忘れてほしくないのか…? かまってちゃんになってしまっています。 「クラウドには自分が必要」と言いいながら、どう見てもクラウド執着しているのはセフィロスのほうな気がしてしまいます… まとめ ・FF7のセフィロスは、クラウドに執着しているというより利用している印象。 ・しかし、FFの派生作品に登場していたセフィロスはクラウドに執着し過ぎな名言を多く残している。 ・クラウドは、いい加減ウンザリ。 スポンサーリンク.

次の