終息 収束 違い。 「収束」「集束」「終息」「終結」の意味と違い

ウイルス流行の「収束」と「終息」 使い分けは?

終息 収束 違い

新型コロナウイルスによる社会的状況(問題や感染状況)などが落ち着いたら「収束」• 新型コロナウイルスを完全制圧できたら「終息」 「収束」は「感染症自体」ではなく、「感染状況」などに使うのがふつうのようです。 ふつう、「(例えば新型肺炎の)問題・感染状況」などについて使うことが多く、「新型肺炎」といった病気自体が「収束する」という言い方(書き方)は、あまりしません(なお、似たことばとして「集束」というものもありますが、これは「光の束が一か所に集まること」を意味する物理学の専門用語です)。 出典: 「新型コロナウイルスの感染の広がりはしゅうそくに近づいている」 この例文の場合、「収束」と「終息」どちらも使うことができますね。 新型コロナウイルスによる問題や感染状況が収まってきた時は「収束」、完全に終わった時は「終息」です。 「終息宣言」が出される日が一日も早く来ますように! 「収束」「終息」の違い、意味や使い分けまとめ 今回は、「収束」と「終息」の意味や使い分けなどをお伝えしました。 以下がまとめになります。 収束・・・おさまりがつく• 終息・・・続いていたことがすっかり終わる 使い分け• 収束・・・状況や事態などが一定の状態に落ち着くこと• 休業できない職種のかたの心労も、かなりのものだと思います。 ですが、悲観してばかりもいられません。 不要な外出を避ける• 人込みを避ける• 家族総出の買い物をしない• マスクを着用•

次の

コトバ解説:「終息」と「収束」の違い

終息 収束 違い

新型コロナウイルスによる社会的状況(問題や感染状況)などが落ち着いたら「収束」• 新型コロナウイルスを完全制圧できたら「終息」 「収束」は「感染症自体」ではなく、「感染状況」などに使うのがふつうのようです。 ふつう、「(例えば新型肺炎の)問題・感染状況」などについて使うことが多く、「新型肺炎」といった病気自体が「収束する」という言い方(書き方)は、あまりしません(なお、似たことばとして「集束」というものもありますが、これは「光の束が一か所に集まること」を意味する物理学の専門用語です)。 出典: 「新型コロナウイルスの感染の広がりはしゅうそくに近づいている」 この例文の場合、「収束」と「終息」どちらも使うことができますね。 新型コロナウイルスによる問題や感染状況が収まってきた時は「収束」、完全に終わった時は「終息」です。 「終息宣言」が出される日が一日も早く来ますように! 「収束」「終息」の違い、意味や使い分けまとめ 今回は、「収束」と「終息」の意味や使い分けなどをお伝えしました。 以下がまとめになります。 収束・・・おさまりがつく• 終息・・・続いていたことがすっかり終わる 使い分け• 収束・・・状況や事態などが一定の状態に落ち着くこと• 休業できない職種のかたの心労も、かなりのものだと思います。 ですが、悲観してばかりもいられません。 不要な外出を避ける• 人込みを避ける• 家族総出の買い物をしない• マスクを着用•

次の

「収束」と「終息」の違いと使い分けとは?宣言するのはどっち?

終息 収束 違い

「終息」と「収束」の違いは? 「終息」と「収束」の違いは• 「終息」は「ものごとが終わること」• 「収束」は「混乱などが落ち着くこと」 となります。 それぞれの意味をみていきましょう。 「終息」の意味 「終息」は「やむこと。 終わること。 絶えること」という意味です。 「しゅうそく」と読みます。 「終」はもちろん「終わる」という字ですね。 「息」も、吸ったり吐いたりする息だけでなく、「休む」「終わる」といった意味があるのです。 「終息」はどちらも「終わる」という意味の漢字から成り立っており、似た意味の漢字を重ねることで 「完全に終わる」という意味を表しています。 【例文】• 長く続いた内戦がやっと終息した。 世間を騒がせた事件が終息する。 インフレが終息する。 「収束」の意味 「収束」は「混乱していたものがまとまって収まりがつくこと」という意味です。 こちらも 「しゅうそく」と読みます。 「収束」は「収まる」「束ねる」という漢字を書きますね。 どちらも物事をまとめる意味の字ですので、こちらの 「収束」は「物事が落ち着いた状態になる」ことを表します。 「収束」には、他にも「数学で、ある値に限りなく近づくこと」「多くの光線が一点に集まること」などの意味もあります。 【例文】• この事態はいつになったら収束するのだろう。 問題は収束したものの、今後繰り返さないように気をつける必要がある。 デモ収束を図る。 「終息」と「収束」の違いまとめ 「終息」と「収束」の違いをまとめると、• 「終息」は「ものごとが完全に終わること」• 「収束」は「混乱などが一定の状態に落ち着くこと」 となります。 例えば、 「この問題が終息する」であれば、完全にその問題が解決して終了することを表します。 「この問題が収束する」であれば、完全に終わったわけではなくても状況がかなり落ち着いたということを表します。 耳で聞いただけでは「終息」なのか「収束」なのか分かりませんし、どちらでも意味が通じるような場合も多いので、発言した人がどのような意味で言っているのかは注意する必要がありますね。 感染症などにはどっちを使う? 近頃の、新型コロナウイルスに関する報道や会話、SNSなどで「しゅうそくしてほしい」とか「しゅうそく宣言」など、「しゅうそく」という言葉がよく使われますよね。 文字で書いてある場合にも「終息」「収束」どちらも使われています。 こうした感染症などについて述べる際の「しゅうそく」は、どちらを使うのが正しいのでしょうか。 結論から言うと、「終息」「収束」どちらも使います。 文脈によってどちらの「しゅうそく」なのか判断します。 「終息」と「収束」の類義語 「終息」の類義語には次のようなものがあります。 終わる• 完結 「収束」の類義語や言い換え表現には次のようなものがあります。 鎮まる• 落ち着きを取り戻す• 沈静化する• 日常を取り戻す 「終息」と「収束」の対義語 「終息」の対義語は次のようなものです。 発生 「収束」の対義語は次のようなものです。 発散 まとめ 「終息」は完全に終わること、「収束」は状態が落ち着いてくることというわけで、二つの「しゅうそく」には意味の違いがありましたね。 口頭で話している時などは、「終息」でも「収束」でも意味が通る場合もよくありますので、どちらの意味で使われているのか注意して聞くようにしましょう。 新型コロナウイルスの流行に関しては、早く「収束」して「終息」を迎えて欲しいところですね。 最後までお読みくださりありがとうございました!.

次の