郵政 5ちゃんねる。 日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命

【悲報】日本郵政の社員クズが多い 給付金制度の取り下げ返還に応じない・・・

郵政 5ちゃんねる

事件の発端は市島 秀樹 人事部長が長年の仲間である三人の職員を不当に解雇しようとしたことにある。 元々、上田 浩一 事務局長、安藤 誠 事務長、田中 謙二 事務次長、市島 秀樹 人事部長の四人は四人で名戸ヶ谷病院の事務の中心を担っていた。 ところが、市島 秀樹 人事部長は上田 浩一 事務局長の怠惰怠慢事例をかき集め、高野 清豪 理事長に上田 浩一 事務局長の退職の許可を取り、 上田 浩一 事務局長に退職を迫った。 上田 浩一 事務局長は焦って高橋 一昭 副理事長に助けを求め、退職は免れる。 市島 秀樹 人事部長は同様の手段で高野 清豪 理事長の許可を得て、安藤 誠 事務長、田中 謙二 事務次長にも退職を迫る。 安藤 誠 事務長、田中 謙二 事務次長はいずれも高橋 一昭 副理事長に助けを求め、いずれも退職を免れる。 退職を迫られた三人の怒りは市島 秀樹 人事部長に向かい、高橋 一昭 副理事長は怒って市島 秀樹 人事部長に退職勧告を行い、 市島 秀樹 人事部長はこれを承認する。 この一件で高橋 一昭 副理事長と高野 清豪 理事長との間に亀裂が入り、この二人の関係も悪化している。 高橋 一昭 副理事長は 高野 清豪 理事長の管理能力を問題視している。 市島 秀樹 事部長は名戸ヶ谷病院人事部長と社会福祉法人清泉会(アネシス)の理事の両方の退職金を受け取ろうと画策中。 ここにきて、さらに郵政のコンプライアンスを問う呆れた実態が発覚した。 郵政社員を自称するパワー・ハラスメント啓蒙家の男性(静岡県)が、Twitterやインターネット掲示板で郵政の内部資料を流出させているのだ。 問題の男性は「郵政仮面」を名乗り Twitterに内部資料の画像を添付。 氏名や住所といった個人情報は消されているが、郵政内部の者でないと見られない資料ばかりで、関係者を脅すような文面や告発とみられる書き込みもみられる。 流出させているのは、社員の営業成績や顧客の注文状況、パワハラを行っている社員がいるとされる支部局などの情報や資料類。 問題の男性はほかにも大型掲示板・2ちゃんねるや その他ネット掲示板にも書き込みしており、郵政のパワハラを啓蒙する目的で活動していると自称。 いまのところ郵政は問題の男性の行動を把握していないとみられる。

次の

郵便、郵政

郵政 5ちゃんねる

事件の発端は市島 秀樹 人事部長が長年の仲間である三人の職員を不当に解雇しようとしたことにある。 元々、上田 浩一 事務局長、安藤 誠 事務長、田中 謙二 事務次長、市島 秀樹 人事部長の四人は四人で名戸ヶ谷病院の事務の中心を担っていた。 ところが、市島 秀樹 人事部長は上田 浩一 事務局長の怠惰怠慢事例をかき集め、高野 清豪 理事長に上田 浩一 事務局長の退職の許可を取り、 上田 浩一 事務局長に退職を迫った。 上田 浩一 事務局長は焦って高橋 一昭 副理事長に助けを求め、退職は免れる。 市島 秀樹 人事部長は同様の手段で高野 清豪 理事長の許可を得て、安藤 誠 事務長、田中 謙二 事務次長にも退職を迫る。 安藤 誠 事務長、田中 謙二 事務次長はいずれも高橋 一昭 副理事長に助けを求め、いずれも退職を免れる。 退職を迫られた三人の怒りは市島 秀樹 人事部長に向かい、高橋 一昭 副理事長は怒って市島 秀樹 人事部長に退職勧告を行い、 市島 秀樹 人事部長はこれを承認する。 この一件で高橋 一昭 副理事長と高野 清豪 理事長との間に亀裂が入り、この二人の関係も悪化している。 高橋 一昭 副理事長は 高野 清豪 理事長の管理能力を問題視している。 市島 秀樹 事部長は名戸ヶ谷病院人事部長と社会福祉法人清泉会(アネシス)の理事の両方の退職金を受け取ろうと画策中。 ここにきて、さらに郵政のコンプライアンスを問う呆れた実態が発覚した。 郵政社員を自称するパワー・ハラスメント啓蒙家の男性(静岡県)が、Twitterやインターネット掲示板で郵政の内部資料を流出させているのだ。 問題の男性は「郵政仮面」を名乗り Twitterに内部資料の画像を添付。 氏名や住所といった個人情報は消されているが、郵政内部の者でないと見られない資料ばかりで、関係者を脅すような文面や告発とみられる書き込みもみられる。 流出させているのは、社員の営業成績や顧客の注文状況、パワハラを行っている社員がいるとされる支部局などの情報や資料類。 問題の男性はほかにも大型掲示板・2ちゃんねるや その他ネット掲示板にも書き込みしており、郵政のパワハラを啓蒙する目的で活動していると自称。 いまのところ郵政は問題の男性の行動を把握していないとみられる。

次の

【悲報】日本郵政の社員クズが多い 給付金制度の取り下げ返還に応じない・・・

郵政 5ちゃんねる

事件の発端は市島 秀樹 人事部長が長年の仲間である三人の職員を不当に解雇しようとしたことにある。 元々、上田 浩一 事務局長、安藤 誠 事務長、田中 謙二 事務次長、市島 秀樹 人事部長の四人は四人で名戸ヶ谷病院の事務の中心を担っていた。 ところが、市島 秀樹 人事部長は上田 浩一 事務局長の怠惰怠慢事例をかき集め、高野 清豪 理事長に上田 浩一 事務局長の退職の許可を取り、 上田 浩一 事務局長に退職を迫った。 上田 浩一 事務局長は焦って高橋 一昭 副理事長に助けを求め、退職は免れる。 市島 秀樹 人事部長は同様の手段で高野 清豪 理事長の許可を得て、安藤 誠 事務長、田中 謙二 事務次長にも退職を迫る。 安藤 誠 事務長、田中 謙二 事務次長はいずれも高橋 一昭 副理事長に助けを求め、いずれも退職を免れる。 退職を迫られた三人の怒りは市島 秀樹 人事部長に向かい、高橋 一昭 副理事長は怒って市島 秀樹 人事部長に退職勧告を行い、 市島 秀樹 人事部長はこれを承認する。 この一件で高橋 一昭 副理事長と高野 清豪 理事長との間に亀裂が入り、この二人の関係も悪化している。 高橋 一昭 副理事長は 高野 清豪 理事長の管理能力を問題視している。 市島 秀樹 事部長は名戸ヶ谷病院人事部長と社会福祉法人清泉会(アネシス)の理事の両方の退職金を受け取ろうと画策中。 ここにきて、さらに郵政のコンプライアンスを問う呆れた実態が発覚した。 郵政社員を自称するパワー・ハラスメント啓蒙家の男性(静岡県)が、Twitterやインターネット掲示板で郵政の内部資料を流出させているのだ。 問題の男性は「郵政仮面」を名乗り Twitterに内部資料の画像を添付。 氏名や住所といった個人情報は消されているが、郵政内部の者でないと見られない資料ばかりで、関係者を脅すような文面や告発とみられる書き込みもみられる。 流出させているのは、社員の営業成績や顧客の注文状況、パワハラを行っている社員がいるとされる支部局などの情報や資料類。 問題の男性はほかにも大型掲示板・2ちゃんねるや その他ネット掲示板にも書き込みしており、郵政のパワハラを啓蒙する目的で活動していると自称。 いまのところ郵政は問題の男性の行動を把握していないとみられる。

次の