イップマン 完結。 『イップ・マン 完結』7月3日公開へ ドニー・イェンのインタビュー含むメイキング映像も|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ブルース・リーのヌンチャク姿も 『イップ・マン 完結』日本版予告公開|Real Sound|リアルサウンド 映画部

イップマン 完結

ドニー・イェン主演「イップ・マン」シリーズ最新作 c Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved. 『イップ・マン 序章』(2008)『イップ・マン 葉問』(2010)『イップ・マン 継承』(2015)から続く、宇宙最強の ドニー・イェン主演の映画『イップ・マン4 完結篇(原題)』が、中国公開決定を受け、日本でも近日公開と決定しました。 映画『イップ・マン4 完結篇(原題)』は、「イップ・マン」シリーズの聖地でもある 新宿武蔵野館をメイン館として、新2020年7月3日(金)より公開を予定しています。 あわせて日本でも 解禁となった海外版ティザー予告編(日本語字幕付)でその世界観をご堪能ください。 ティザー予告の解説 解禁されたティザー予告では、これまでのシリーズ、戦時下の日本軍との闘いを描いた『イップ・マン 序章』、英国統治下のイギリス人との闘いを描いた『イップ・マン 葉問』、詠春拳同士の戦いを描いた『イップ・マン 継承』での孤高な闘いを振り返ります。 そして本作の紹介へと移るティザー予告。 最愛の妻と死別したイップ・マンが、ブルース・リーの招待を受け息子とサンフランシスコに渡米、その後チャイナタウンで繰り広げられる米海軍との闘いに立ち向かう姿を紹介。 ドニー・イェン演じるイップ・マンの新たな闘いに期待せずにはいられない内容となっています。 ティザー予告最後に浮かび出る「 さよなら イップ・マン」という文字に、思わず「だめ!さよならしない!ずっと続けて!」と叫んでしまいました。 イップ・マン(葉問)は、1893年10月1日生まれの香港の中国武術家。 詠春拳葉問派の宗師で、ブルース・リーの師匠でもある 実在の人物です。 彼の波乱に満ちた人生を、 脚色しつつアクションドラマとして作り上げたのが映画「イップ・マン」シリーズです。 ドニー・イェンの 穏やかで優美、それでいて 俊敏な身のこなしが、イップマンをよりカリスマに満ちた存在にしました。 リン・ホン(熊黛林)演じる 強く美しい妻には頭が上がらないというギャップも魅力のひとつ。 単品映画としても楽しめますが、本作『イップ・マン4 完結篇(原題)』はそんな愛する妻を失った失意の幕開け。 シリーズを通して観ていれば、キャラクターへの思い入れが強まり、イップ・マンの悲しみにより共感できるはずです。 映画『イップ・マン4 完結篇(原題)』の作品情報 c Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved. 【日本公開】 2019年(香港映画) 【原題】 葉問4 完結篇(英題:IP MAN4 ) 【監督】 ウィルソン・イップ(葉偉信) 【アクション監督】 ユエン・ウーピン(袁和平) 【音楽】 川井憲次 【キャスト】 ドニー・イェン(甄子丹)、スコット・アドキンス、ルシアン、チャン・クォックワン(陳國坤) 【作品概要】 監督はシリーズ通して撮り続けているウィルソン・イップ。 アクション監督もユエン・ウーピンが続投。 主演イップ・マンを演じるのはもちろんドニー・イェン。 『ドクター・ストレンジ』(2016)のルシアン役も記憶に新しい、英国出身の俳優スコット・アドキンスが、イップ・マンに立ちはだかる米海軍役に扮します。 イップ・マンの愛弟子ブルース・リーは、『少林サッカー』(2001)のブルース・リーなりきりゴールキーパーでおなじみのチャン・クォックワン。 『イップ・マン 継承』(2008)に続き同役を演じました。 さん donnieyenofficial がシェアした投稿 — 2019年 1月月16日午前1時08分PST 宇宙最強ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる「イップ・マン」シリーズ待望の最新作にして完結編、 『イップ・マン4 完結篇(原題)』が新宿武蔵野館ほかにて2020年7月3日(金)より公開。 シリーズを観ていなくても、どこから観ても楽しめる「イップ・マン」ですが、『イップ・マン4 完結篇(原題)』公開までに時間はありますので、今のうちにシリーズをおさらいしてはいかがでしょうか。 映画『イップ・マン4 完結篇(原題)』、 満を持してブルース・リーとの物語が始まります。

次の

ブルース・リーのヌンチャク姿も 『イップ・マン 完結』日本版予告公開|Real Sound|リアルサウンド 映画部

イップマン 完結

激動の時代に誇りを貫ぬいた『イップ・マン 序章』(08)。 イギリス統治下の香港で誇りを守るために闘った『イップ・マン 葉問』(10)。 妻への愛と、未来に繋ぐべき心を描いた『イップ・マン 継承』(15)。 約10年にわたるその感動のシリーズが、ついに完結。 2019年12月20日、中国で公開されるや『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(19)を押さえて堂々の初登場1位を記録、アジアを中心に世界各地に興奮の嵐を巻き起こし、既に前作を超えてシリーズ最大の世界興収を叩き出している『イップ・マン 完結』が、いよいよ日本上陸! 本作の舞台は、『イップ・マン 継承』の物語から5年後の1964年、サンフランシスコ。 描かれるのは、人生の終着点へと向かうイップ・マンの、武術家としての誇りと父親としての思い。 病を宣告され、残される息子への切実な思いを抱きながらも、武術家としての心に従うイップ・マン。 最後の闘いへと向かう彼の覚悟が、観る者の胸を熱くする。 主演は、香港が生んだ本格的アクションスターにして、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)や『ムーラン』(20)への出演などハリウッドでも活躍するドニー・イェン。 シリーズを通して、自らが敬愛するブルース・リーの師匠イップ・マン役で真骨頂を発揮。 詠春拳による迫真のアクションのみならず、達人の心、そして人間的魅力をも体現し、強さと優しさを備えた達人イップ・マンとして世界を虜にした。 そして今、イップ・マンの不屈の魂を渾身の詠春拳で演じ切り、物語を完結へ導く。 監督は、アクションとドラマの感情表現の両方に手腕を発揮、『イップ・マン 序章』を香港電影金像奨(香港アカデミー賞)最優秀作品賞受賞に導き、シリーズ全作品を成功させた俊英ウィルソン・イップ。 音楽は、シリーズ全作品を手掛け、心に残るあのテーマ曲を生み出した川井憲次。 そして、『マトリックス』シリーズ(99,03,03)等の武術振付で知られ、『イップ・マン外伝 マスターZ』(18)では監督も手掛けたユエン・ウーピンが、『イップ・マン 継承』に続いてアクション監督を担う。 キャストも実力派ぞろい。 凶悪な軍曹で接近戦のエキスパート、バートン役には、『ドクター・ストレンジ』(16)のスコット・アドキンス。 太極拳の達人ワンを、第三世代のカンフースターと称される『SPL 狼たちの処刑台』(17)のウー・ユエ。 また、台湾のアイドルグループF4のメンバー、ヴァネス・ウーがブルース・リーの弟子ハートマン役で出演。 そして、前作に続いてブルース・リーに扮するチャン・クォックワンが、イップ・マンとの師弟の絆を体現し、ブルース・リー本人を彷彿させるシリーズ初のアクションで魅了する。 『イップ・マン 葉問』から刑事ポーとして出演するケント・チェンが、同役を人間味豊かに演じる。 今、物語の完結と共に、伝説が生まれる。

次の

「イップ・マン 完結」チャン・クォックワン演じるブルース・リーのヌンチャクアクション映像が解禁

イップマン 完結

激動の時代に誇りを貫ぬいた『イップ・マン 序章』(08)。 イギリス統治下の香港で誇りを守るために闘った『イップ・マン 葉問』(10)。 妻への愛と、未来に繋ぐべき心を描いた『イップ・マン 継承』(15)。 約10年にわたるその感動のシリーズが、ついに完結。 2019年12月20日、中国で公開されるや『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(19)を押さえて堂々の初登場1位を記録、アジアを中心に世界各地に興奮の嵐を巻き起こし、既に前作を超えてシリーズ最大の世界興収を叩き出している『イップ・マン 完結』が、いよいよ日本上陸! 本作の舞台は、『イップ・マン 継承』の物語から5年後の1964年、サンフランシスコ。 描かれるのは、人生の終着点へと向かうイップ・マンの、武術家としての誇りと父親としての思い。 病を宣告され、残される息子への切実な思いを抱きながらも、武術家としての心に従うイップ・マン。 最後の闘いへと向かう彼の覚悟が、観る者の胸を熱くする。 主演は、香港が生んだ本格的アクションスターにして、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)や『ムーラン』(20)への出演などハリウッドでも活躍するドニー・イェン。 シリーズを通して、自らが敬愛するブルース・リーの師匠イップ・マン役で真骨頂を発揮。 詠春拳による迫真のアクションのみならず、達人の心、そして人間的魅力をも体現し、強さと優しさを備えた達人イップ・マンとして世界を虜にした。 そして今、イップ・マンの不屈の魂を渾身の詠春拳で演じ切り、物語を完結へ導く。 監督は、アクションとドラマの感情表現の両方に手腕を発揮、『イップ・マン 序章』を香港電影金像奨(香港アカデミー賞)最優秀作品賞受賞に導き、シリーズ全作品を成功させた俊英ウィルソン・イップ。 音楽は、シリーズ全作品を手掛け、心に残るあのテーマ曲を生み出した川井憲次。 そして、『マトリックス』シリーズ(99,03,03)等の武術振付で知られ、『イップ・マン外伝 マスターZ』(18)では監督も手掛けたユエン・ウーピンが、『イップ・マン 継承』に続いてアクション監督を担う。 キャストも実力派ぞろい。 凶悪な軍曹で接近戦のエキスパート、バートン役には、『ドクター・ストレンジ』(16)のスコット・アドキンス。 太極拳の達人ワンを、第三世代のカンフースターと称される『SPL 狼たちの処刑台』(17)のウー・ユエ。 また、台湾のアイドルグループF4のメンバー、ヴァネス・ウーがブルース・リーの弟子ハートマン役で出演。 そして、前作に続いてブルース・リーに扮するチャン・クォックワンが、イップ・マンとの師弟の絆を体現し、ブルース・リー本人を彷彿させるシリーズ初のアクションで魅了する。 『イップ・マン 葉問』から刑事ポーとして出演するケント・チェンが、同役を人間味豊かに演じる。 今、物語の完結と共に、伝説が生まれる。

次の