アド アストラ 意味。 解説・あらすじ

【ネタバレあり】『アドアストラ』解説・考察:偉大なる「アメリカ」にさよならを告げて

アド アストラ 意味

【レビューの前に】『アドアストラ』のざっくりストーリー展開 『アドアストラ』の物語を要約すると太陽系をまたにかけた父と息子の再会を描く作品です。 具体的には以下のように話は進んでいきます。 そう遠くない近未来、大規模なサージ(磁気嵐)が地球を襲う。 この嵐により航空機の墜落や大規模停電が発生。 宇宙飛行士のロイ(ブラッド・ピット)も宇宙観測タワーから落下し重症を負った。 程なくしてロイが所属している宇宙軍から招集を受け、2つの事実が明かされる。 1つ目は、16年前に深宇宙で消息をたった父(トミー・リー・ジョーンズ)が生きていること。 2つ目は、その父親がサージを引き起こした張本人であること…。 クリフォードは地球外生命体の探査プロジェクト『リマ計画』の司令官。 そんな彼がなぜ地球を滅ぼすサージを引き起こしたのか。 軍は事態を収拾するために火星の通信基地から父親にコンタクトを取ってほしいとロイに命ずる。 父と再会するためにロイは地球を旅立つのだが…。 …といった感じです。 大枠のストーリー展開からすると良さげな映画そうですよね。 公式サイトでは以下のような文言もあったので僕はかなり期待していました。 意味不明なシーンがあったためです。 本筋と全く関係ないところで非重要人物が死ぬシーンがやたらあるんですよね。 父親との再会の旅で盛り上がりをつけたかったから、とりあえず加えました感が強いんです。 意味不明なシーン/旅の道中で起きたサル事件 例えば、火星への旅の道中で起きたトラブル。 これが本当に意味不明でした…。 火星へ行く途中にノルウェー籍の宇宙ステーションから救難信号を受けて救助に向かうんですよ。 ロイと船長が救助のために宇宙ステーションに潜入するのですが、人の反応は一切なし。 実はステーション内にいた実験動物(マントヒヒ?)が人間を襲っていたんですよね。 マントヒヒが人間を襲ったのはサージの影響でゲージの電子施錠が解かれたからでしょう。 この猿に一緒に救助に向かった船長が餌食となってしまうんですよね。 ロイはなんとか船長を船に戻しますが、時すでに遅し…。 帰らぬ人になってしまいます。 文字で書くと重大ハプニングっぽいですよね。 ただ、 僕からするとこの展開はまったく盛り上がらなかったんです。 意味不明なワケ/キャラが全く描かれてない船長が死んだから なぜなら、 死亡した船長キャラクターは物語上全くフォーカスされていなかったから。 観客からすると、船長に対しての感情が乗っていないんですよね。 「なんかよくわからないけど、旅の道中で船長が死んだ」 …というレベルの出来事にしか思えないんですよね。 たぶんロイも同じ感覚だったと思います。 船長が死ぬ展開にするのなら、ロイと親交の深いキャラとして見せるべきだったと思いますね。 そうすればロイが船長の死に悲しむ図式が生まれ、観客も「あぁ〜(泣)」となったハズです。 例えば、映画『アルマゲドン』でも隕石に向かう旅の途中でトラブルがありました。 シャトルの燃料を給油するために寄った宇宙ステーションで爆発事故が起きるんですよ。 燃料が漏れ出して徐々に火の手が宇宙ステーションに広がっていくシーン。 逃げ惑うのは主役級のキャラクター達です。 これらのキャラ達は映画の冒頭から登場しており、観客はそれぞれの人物に感情を乗せています。 だからこそ宇宙ステーションのトラブルを観て「なんとかシャトルに逃げて!」と思えるワケです。 でも『アドアストラ』にはそれがなかった。 主人公が乗るシャトルの船長がただ死ぬシーンを描いてしまったのです。 意味不明&不必要な展開だなと思ってしまいましたね。 意味不明なワケ/本筋とは全く関わらないトラブル描写だったから 加えて、 この救助トラブルが本筋と全く関わっていない点も僕としては意味不明でした。 この救助トラブルで「父の謎が解けるヒントを得られる」といった展開もないんですよ。 ただただ火星に行く途中に寄った宇宙ステーションで船長が死んだというだけなんです。 物語的に旅の道中で苦難を乗り切るという展開はアリだと思います。 しかし、その苦難には物語のコアにつながる展開じゃないといけないと思うんですよね。 でないと展開に必然性を感じられず、観客は「何を観せられているの?」となるから。 救助トラブルのエピソードはまさに「何観せられてるの状態」の悪い見本と言えます。 先ほど出した『アルマゲドン』の宇宙ステーション爆発シーンには必然性しかありません。 隕石に向かうためにシャトルの燃料をステーションで給油する必要がありましたからね。 宇宙ステーションの爆発事故は物語の通過点で起きたトラブルといえるワケです。 だからこそ観客はその展開に感情が乗れるんですよね。 でも『アドアストラ』が描いたあの救助トラブルは本筋とは全く関係ない出来事…。 観客からすると「こんなところで血を流さないでとっとと火星へ行け」って感じなんです。 本当、意味のないシーンだと思いましたね。 『アドアストラ』が駄作と感じた最大の原因は予告編だと思う こうした意味不明なシーンがあるため、『アドアストラ』は駄作だと感じてしまいましたね。 ただし、駄作だと思った原因を僕なりに分析するとそれだけではないんですよね。 根本には鑑賞前に抱いていた作品のイメージと実際に大きなギャップがあったからだと思います。 僕はリアルな設定で描かれるSFアドベンチャーだと思ったんですよね。 予告編や公式サイトにもこのようなコピーが並んでいましたからね。 宇宙に消えた父の<謎>を解かなければ、人類は滅びる——• 衝撃の救出ミッションを描く壮大なスペースアクション超大作 こういう感じで観たらSFアドベンチャーかと思うじゃないですか。 ただ実際に観るとイメージにあったSFアドベンチャーというよりかはドキュメンタリーに近い。 壮大な宇宙という舞台で父と息子の再会を描くことをメインにしている作品だったのです。 映画を観始めてから「なんか想像とは違うな…」という思いが強くなっていました。 そのため、違和感のあるシーンに敏感に反応してしまったのだと思います。 もし、ヒューマンドラマ寄りの作品だと知っていたらそこまで違和感なく観れたかもしれません。 配給会社が仕掛けたプロモーションが本作のイメージを大きく変えた悪い例だと思いますね。 これから観る方は本作はヒューマンドキュメンタリー映画だと思って観たほうが良いと思います。 以上、『アドアストラ』特集第2弾でした。 「お前が書いてることよくわかんない!」 「俺はこう思ったぞ!!」と思った方がいましたら、ぜひ投稿お願いします。

次の

『アド・アストラ』の意味とは? 映画タイトルに込められた想いを読み解く

アド アストラ 意味

【レビューの前に】『アドアストラ』のざっくりストーリー展開 『アドアストラ』の物語を要約すると太陽系をまたにかけた父と息子の再会を描く作品です。 具体的には以下のように話は進んでいきます。 そう遠くない近未来、大規模なサージ(磁気嵐)が地球を襲う。 この嵐により航空機の墜落や大規模停電が発生。 宇宙飛行士のロイ(ブラッド・ピット)も宇宙観測タワーから落下し重症を負った。 程なくしてロイが所属している宇宙軍から招集を受け、2つの事実が明かされる。 1つ目は、16年前に深宇宙で消息をたった父(トミー・リー・ジョーンズ)が生きていること。 2つ目は、その父親がサージを引き起こした張本人であること…。 クリフォードは地球外生命体の探査プロジェクト『リマ計画』の司令官。 そんな彼がなぜ地球を滅ぼすサージを引き起こしたのか。 軍は事態を収拾するために火星の通信基地から父親にコンタクトを取ってほしいとロイに命ずる。 父と再会するためにロイは地球を旅立つのだが…。 …といった感じです。 大枠のストーリー展開からすると良さげな映画そうですよね。 公式サイトでは以下のような文言もあったので僕はかなり期待していました。 意味不明なシーンがあったためです。 本筋と全く関係ないところで非重要人物が死ぬシーンがやたらあるんですよね。 父親との再会の旅で盛り上がりをつけたかったから、とりあえず加えました感が強いんです。 意味不明なシーン/旅の道中で起きたサル事件 例えば、火星への旅の道中で起きたトラブル。 これが本当に意味不明でした…。 火星へ行く途中にノルウェー籍の宇宙ステーションから救難信号を受けて救助に向かうんですよ。 ロイと船長が救助のために宇宙ステーションに潜入するのですが、人の反応は一切なし。 実はステーション内にいた実験動物(マントヒヒ?)が人間を襲っていたんですよね。 マントヒヒが人間を襲ったのはサージの影響でゲージの電子施錠が解かれたからでしょう。 この猿に一緒に救助に向かった船長が餌食となってしまうんですよね。 ロイはなんとか船長を船に戻しますが、時すでに遅し…。 帰らぬ人になってしまいます。 文字で書くと重大ハプニングっぽいですよね。 ただ、 僕からするとこの展開はまったく盛り上がらなかったんです。 意味不明なワケ/キャラが全く描かれてない船長が死んだから なぜなら、 死亡した船長キャラクターは物語上全くフォーカスされていなかったから。 観客からすると、船長に対しての感情が乗っていないんですよね。 「なんかよくわからないけど、旅の道中で船長が死んだ」 …というレベルの出来事にしか思えないんですよね。 たぶんロイも同じ感覚だったと思います。 船長が死ぬ展開にするのなら、ロイと親交の深いキャラとして見せるべきだったと思いますね。 そうすればロイが船長の死に悲しむ図式が生まれ、観客も「あぁ〜(泣)」となったハズです。 例えば、映画『アルマゲドン』でも隕石に向かう旅の途中でトラブルがありました。 シャトルの燃料を給油するために寄った宇宙ステーションで爆発事故が起きるんですよ。 燃料が漏れ出して徐々に火の手が宇宙ステーションに広がっていくシーン。 逃げ惑うのは主役級のキャラクター達です。 これらのキャラ達は映画の冒頭から登場しており、観客はそれぞれの人物に感情を乗せています。 だからこそ宇宙ステーションのトラブルを観て「なんとかシャトルに逃げて!」と思えるワケです。 でも『アドアストラ』にはそれがなかった。 主人公が乗るシャトルの船長がただ死ぬシーンを描いてしまったのです。 意味不明&不必要な展開だなと思ってしまいましたね。 意味不明なワケ/本筋とは全く関わらないトラブル描写だったから 加えて、 この救助トラブルが本筋と全く関わっていない点も僕としては意味不明でした。 この救助トラブルで「父の謎が解けるヒントを得られる」といった展開もないんですよ。 ただただ火星に行く途中に寄った宇宙ステーションで船長が死んだというだけなんです。 物語的に旅の道中で苦難を乗り切るという展開はアリだと思います。 しかし、その苦難には物語のコアにつながる展開じゃないといけないと思うんですよね。 でないと展開に必然性を感じられず、観客は「何を観せられているの?」となるから。 救助トラブルのエピソードはまさに「何観せられてるの状態」の悪い見本と言えます。 先ほど出した『アルマゲドン』の宇宙ステーション爆発シーンには必然性しかありません。 隕石に向かうためにシャトルの燃料をステーションで給油する必要がありましたからね。 宇宙ステーションの爆発事故は物語の通過点で起きたトラブルといえるワケです。 だからこそ観客はその展開に感情が乗れるんですよね。 でも『アドアストラ』が描いたあの救助トラブルは本筋とは全く関係ない出来事…。 観客からすると「こんなところで血を流さないでとっとと火星へ行け」って感じなんです。 本当、意味のないシーンだと思いましたね。 『アドアストラ』が駄作と感じた最大の原因は予告編だと思う こうした意味不明なシーンがあるため、『アドアストラ』は駄作だと感じてしまいましたね。 ただし、駄作だと思った原因を僕なりに分析するとそれだけではないんですよね。 根本には鑑賞前に抱いていた作品のイメージと実際に大きなギャップがあったからだと思います。 僕はリアルな設定で描かれるSFアドベンチャーだと思ったんですよね。 予告編や公式サイトにもこのようなコピーが並んでいましたからね。 宇宙に消えた父の<謎>を解かなければ、人類は滅びる——• 衝撃の救出ミッションを描く壮大なスペースアクション超大作 こういう感じで観たらSFアドベンチャーかと思うじゃないですか。 ただ実際に観るとイメージにあったSFアドベンチャーというよりかはドキュメンタリーに近い。 壮大な宇宙という舞台で父と息子の再会を描くことをメインにしている作品だったのです。 映画を観始めてから「なんか想像とは違うな…」という思いが強くなっていました。 そのため、違和感のあるシーンに敏感に反応してしまったのだと思います。 もし、ヒューマンドラマ寄りの作品だと知っていたらそこまで違和感なく観れたかもしれません。 配給会社が仕掛けたプロモーションが本作のイメージを大きく変えた悪い例だと思いますね。 これから観る方は本作はヒューマンドキュメンタリー映画だと思って観たほうが良いと思います。 以上、『アドアストラ』特集第2弾でした。 「お前が書いてることよくわかんない!」 「俺はこう思ったぞ!!」と思った方がいましたら、ぜひ投稿お願いします。

次の

【映画】アド・アストラは面白くない?つまらない理由など評価や感想についても

アド アストラ 意味

『アドアストラ』ネタバレ解説/サージは太陽系規模で起きた磁気嵐 まず、映画『アドアストラ』に度々登場した「サージ」のことをおさらいしましょう。 サージとはずばり磁気嵐のこと。 字幕では電気嵐と書かれていましたね。 多分意味は同じです。 この嵐によって精密機械の電気回路などに過剰な電流が流れる事態が発生。 劇中では、巨大宇宙観測施設の破壊や航空機の墜落、大停電を引き起こしました。 予告編で流れた主人公・ロイ(ブラッド・ピット)が地球に落ちるシーンもサージが原因。 僕の記憶が正しければ数万人が犠牲になったとのニューステロップが劇中にあった気が…。 『アドアストラ』ネタバレ解説/サージ発生の原因は父ではなかった 序盤ではクリフォード(トミー・L・ジョーンズ)がサージを起こしたと考えられていました。 クリフォードは主人公の父親で地球外生命体の探査プロジェクト『リマ計画』の責任者。 数名のクルーと共にリマ号で宇宙へ旅立ったが、16年前に消息不明となっていた。 主人公が所属する宇宙軍が、海王星付近からサージが発生していることを観測。 サージがリマ号のエンジンに使われている反物質から発生していると考えたためです。 しかし、映画の終盤で明かされたサージ発生原因は軍が睨んだ内容とは異なっていました。 ネタバレすると、 父親ではなくリマ計画のクルーによるものだったのです。 ロイは海王星付近にいるリマ号になんとか到着。 16年ぶりにクリフォードと再会を果たし、そこでサージが起きた原因を知るんですよね。 『アドアストラ』ネタバレ解説/探査の続行派と帰還派の争いが原因 ネタバレ解説すると、探査続行派のクリフォードと反対派のクルーとの対立が原因です。 対立からサージ発生までの流れを以下にまとめました。 深宇宙で地球外生命体の探査を行なうも一向に成果が出ない• クリフォードは探査の続行を考える(探査に執着する異常性を見せていた)• クルーの一部から地球帰還の声があがり、クリフォードと地球帰還派で対立が発生• 地球帰還派が反乱(詳細は不明。 地球に探査結果を伝え帰還命令の打診をしたとか?)• 反乱を鎮圧するためにクリフォードがクルーを殺害(施設の生命維持装置を切った)• 最後の反乱者がサージを発生させる。 クリフォードがリマ号最後の生き残りとなる 上記の解説のように、サージ発生の直接原因はあくまでもリマ号のクルーでした。 その背景には地球外生命体の探査に執着してしまった主人公の父親が大きいですけどね…。 ただ、ここで疑問が出てきます。 なぜクルーはサージを発生させたのかという疑問です。 『アドアストラ』ネタバレ考察/SOS代わりにサージを起こした!? 映画ではサージを起きた一連の流れを明かしました。 が、なぜリマ号のクルーがなぜサージを発生させたのか、その詳細は明かしませんでした。 サージは太陽系規模に影響を与え、地球や月、そして火星に甚大な被害をもたらせました。 地球帰還派の最後のクルーがそんなサージを発生させる理由がわかりませんよね…。 ここから僕の考察(100%妄想)ですが、 最後のクルーはSOS代わりにサージを発生させたのではないかと思いました。 地球帰還派はクリフォードにより恐らく地球への連絡手段を封じられていたハズ。 地球側から帰還命令を出されたら、リマ計画の責任者としては都合が悪いためです。 とは言え、どうしても地球に助けを求めたい。 その手段でリマ号の反物質を使ってサージを起こしたのではないでしょうか。 リマ号のクルーは全員選りすぐりの科学者です。 反物質を使えば地球に届くサージを発生させられることも知っていたはず。 事実、サージが発生したことで宇宙軍はリマ号の不穏の動きを察知。 父親の捕獲とリマ号の破壊のために宇宙船を派遣しましたからね。 そう考えれば辻褄が合います。 サージ発生の原因についての僕の結論は以下の通り。

次の