君 と メリー バッドエンド。 ¥á¥ê¡¼¥Ð¥Ã¥É¥¨¥ó¥É

メリバとは何の意味?アニメにも頻出の創作に役立つメリーバッドエンド!

君 と メリー バッドエンド

乙女ゲームのバッドエンドが好きな方に質問です 私は乙女ゲームが好きなのですが、バッドエンドのよさがまったくわかりません。 バッドエンドは絶対に見たくないので必ず攻略サイトさんを見 てベストエンドだけを回収しています。 感情移入している主人公や好きになったキャラクターたちが悲しい目に遭うところは見たくないと思うのが普通ではないかと思うのですが、バッドエンド好きの乙女ゲーマーをよく見るので不思議です。 主人公に感情移入するプレイスタイルかどうかも関係しているのでしょうか? ゲームは人それぞれ好きに楽しむものだし、どっちがいいとか悪いとか言いたいわけではなく、純粋に乙女ゲームのバッドエンドが好きな人がどんな感情を持っているのか興味があります。 バッドエンドが好きな理由を教えてください。 ただ、あまりハマれないバッドエンドもあります。 例えば死んで終わりとか別れて終わりなバッドエンドです。 あれは正直つまらないです。 私の好きなバッドエンドは所謂メリーバッドエンドや、片方 特に攻略対象の の主人公を失ったことによる孤独感や喪失感が描かれているものです。 メリーバッドエンドは例え世界の敵になろうとも、世間的に見たら幸せとは言えなくとも、2人が愛し合っているという話に萌えます。 もう片方の方は、ハッピーエンドでは見ることのできない「恋が叶わなかった姿」「愛する人を失った姿」を見ることができ、 より深い愛を感じることができるところがポイントが高いです。 特に偉そうなキャラやあまり素直に感情を出さないキャラがヒロインを失い苦しんでいると、本気で好きだったんだなって思えるんですよね。 私個人がヤンデレ系が割と好きなのもあると思います。 どちらとも「こんなになるまで主人公のことが好きなんだね」って思えるからというのが大きいですね。 あと単純にシリアスや悲恋が好きというのもあります。 幸せにはなれないっていう事実だけで、苦しくなりますけど、そこがイイ!といいますか… 悲恋ものというのは、昔から一定の需要はありますしね…笑 でも私もバッドエンドだけだと流石に辛いです。 幸せになる話が大前提で、なおかつ悲恋が読めるのが楽しいのです。 あと作品にもよりますね…。 バッドエンドに力を入れている作品だと見応えがあります。 逆に正直「このゲームのバッドエンドは見たくない!!」 っていうゲームもあります笑 ちなみにプレイスタイルは第3者目線 ヒロイン=自分とは捉えないです ですが、 感情移入してしまうときも多々あります。 最近は男の方に感情移入することもあるんで何とも言えないですが…。 私はBAD ENDも好き派です。 基本的にHAPPY ENDが別に用意されていることを前提に、IFの世界 別の世界線 としてBAD ENDを見ることが好きです。 私は感情移入をして、主人公になりきって物語を進めていきます。 主人公の名前も自分の名前にしてます。 でもBAD ENDだけは神様的目線?でプレイします。 「あの時にこっちの選択肢を選んだらこうなっちゃうんだ…危ない危ない…」みたいな感じです。 基本的に乙女ゲームは幸せな気持ちで終わりたいので、必ず先にBAD ENDを回収してからHAPPY ENDを回収して幸せな気持ちで終わらせます。 あと、BAD ENDにもよるかもしれません。 主人公が死ぬEND、攻略相手に監禁されるEND、2人で闇落ちするEND、恋愛に発展しなくて友達のままでいるEND…など。 このゲームはBAD ENDがかなりあって、選択肢を少し間違えてしまうとわりとすぐ殺されちゃいます(汗) でも素敵な? BAD ENDもあります。 基本ハピエン派で、バッドはモノによります。 スタンス的には感情移入はしますが、自己投影はしない派で、not夢女子です。 基本的にベスト、大団円のみをプレイして、ノーマルやバッドは最初はスキップで流す派です。 バッドをプレイするのは、バッドやビターエンドに力を入れてる作品か、 回収したスチルorスキップの間に興味を持った場合、 暇な時に気がむけばプレイ、程度。 バッド、ビター、デッドエンドに力を入れている作品の場合、見た方が相乗効果でストーリーをより深く楽しめる作りになっています。 例えば、 ・ハピエンでは明かされなかった、キャラの感情や逆視点。 ・バッド状況 極限状態 だからこその行動や美味しい?展開 ・メリバ系のある意味大団円 ・裏の動きや裏事情 ハピエンでは書ききれなかった部分が挿入される事も多く、バッド嫌いでも見ないのは勿体ないかな、と思います。 代表的なのは、先の方もあげている「剣が君」など。 他、「花まに」「越え花」「大正メビウス」「クロックゼロ」も個人的にはより楽しむために、バッドやビターもオススメ。 ただ、力の入ってないバッドを見る必要はないですね。

次の

¥á¥ê¡¼¥Ð¥Ã¥É¥¨¥ó¥É

君 と メリー バッドエンド

メリーバッドエンドとは、や観客側の解釈と劇中の登場人物側の解釈によって幸福とが入れ替わるの形式をす言葉。 は「メリバ」。 上で生まれた言葉であり、広まるにつれて解釈が変化しつつあるようで意味合いは曖昧かもしれない。 概要 発祥元における狭義では「相互を描いたの悲劇的な結末」という意味で、 側から見るといわゆるであるが、登場人物達からすると(幸福的な結末)であること。 もしくはその逆の結末のことである。 世間的な物の見方をするか、の登場人物の一人になって見るかの違いだろう。 傍から見ればだけど当事者達にとっては、みたいな。 起源と定義 メリーバッドエンド(通称メリバ):過度の相互によって発生する悲劇のこと。 に、本人達だけがに感じて終わり、周りから見たらそれはとても見ていられないようなやるせない気持ちになる悲劇をす。 逆に、本人たちのが結果だけを見たときに世間的にであればそれもメリバ。 この言葉と解釈は独自のもので、に上である人物が発案した言葉である。 なお、に発売されたの2枚の「メリバ」で扱われた「本人や周囲の人にしか分からない(結末)」というを元にした造であるという内容の文章(同年発売の雑誌の)もあるようだが、上記でしたの発言やの書き込みからわかるように、それ以前からこの言葉は上で使われている。 ただ、メリバという言葉が広まるきっかけになったとも考えられるかもしれない。 較的最近に作られた言葉でありながらも、この呼び方と解釈は上のを中心に定着しつつあるようで、・のひとつとして扱われることは多い。 狭義では「相互を描いた」が該当し、散見されるでも基本的にはそのように紹介されていることが多いが、本記事のの書き込みでも伺えるように言葉が広まるにつれて解釈の仕方も変化しているようで、登場人物やの内容に限定されず、単に「解釈が変化する結末」がこのように呼ばれていることもあるようだ。 なお、解釈が変化する結末というの形式は一般的に「」や「-ed」という呼び方が以前から使われている。 (ややこしいことになっているが、の解釈や説明をメリーバッドエンドとして紹介しているも散見される) 関連静画 関連項目• ようこそテナのへ.

次の

君とメリーバッドエンド 最新刊(次は1巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

君 と メリー バッドエンド

メリーバッドエンドとは、や観客側の解釈と劇中の登場人物側の解釈によって幸福とが入れ替わるの形式をす言葉。 は「メリバ」。 上で生まれた言葉であり、広まるにつれて解釈が変化しつつあるようで意味合いは曖昧かもしれない。 概要 発祥元における狭義では「相互を描いたの悲劇的な結末」という意味で、 側から見るといわゆるであるが、登場人物達からすると(幸福的な結末)であること。 もしくはその逆の結末のことである。 世間的な物の見方をするか、の登場人物の一人になって見るかの違いだろう。 傍から見ればだけど当事者達にとっては、みたいな。 起源と定義 メリーバッドエンド(通称メリバ):過度の相互によって発生する悲劇のこと。 に、本人達だけがに感じて終わり、周りから見たらそれはとても見ていられないようなやるせない気持ちになる悲劇をす。 逆に、本人たちのが結果だけを見たときに世間的にであればそれもメリバ。 この言葉と解釈は独自のもので、に上である人物が発案した言葉である。 なお、に発売されたの2枚の「メリバ」で扱われた「本人や周囲の人にしか分からない(結末)」というを元にした造であるという内容の文章(同年発売の雑誌の)もあるようだが、上記でしたの発言やの書き込みからわかるように、それ以前からこの言葉は上で使われている。 ただ、メリバという言葉が広まるきっかけになったとも考えられるかもしれない。 較的最近に作られた言葉でありながらも、この呼び方と解釈は上のを中心に定着しつつあるようで、・のひとつとして扱われることは多い。 狭義では「相互を描いた」が該当し、散見されるでも基本的にはそのように紹介されていることが多いが、本記事のの書き込みでも伺えるように言葉が広まるにつれて解釈の仕方も変化しているようで、登場人物やの内容に限定されず、単に「解釈が変化する結末」がこのように呼ばれていることもあるようだ。 なお、解釈が変化する結末というの形式は一般的に「」や「-ed」という呼び方が以前から使われている。 (ややこしいことになっているが、の解釈や説明をメリーバッドエンドとして紹介しているも散見される) 関連静画 関連項目• ようこそテナのへ.

次の