ポケモン go サカキ の 倒し 方。 GOロケット団したっぱ炎の倒し方攻略法(ガーディ、キュウコン、ヘルガー)

【ポケモンGO】サカキ攻略の厳しさよ。手応えあるバトルは楽しい。

ポケモン go サカキ の 倒し 方

世界に危険が迫っています! GOロケット団のリーダー、「クリフ」「シエラ」「アルロ」が、活動を開始したようです。 世界中のトレーナーが遭遇することになるでしょう。 彼らは新たなシャドウポケモンを引き連れているだけでなく、ウィロー博士が以前から懸念していた、GOロケット団のボスであるサカキの登場を示唆しているのです。 GOロケット団のリーダーたちとサカキは、新しい技術を用いてアジトの場所を隠しているようです。 ウィロー博士、スパーク、ブランシェ、キャンデラが一緒に作った新しいデバイス「ロケットレーダー」を使って探索し、GOロケット団リーダーと戦い、サカキを探し出し倒すための「スペシャルリサーチ」を進めましょう。 スペシャルリサーチ「隠された真相をあぶり出せ!」 — ウィロー博士が新しい「スペシャルリサーチ」で、世界中のトレーナーに協力を求めています。 GOロケット団リーダーとサカキを見つけ出し、ウィロー博士の手助けをしましょう。 「ふしぎなパーツ」を見つけよう — GOロケット団のしたっぱは、バトルで負けると「ふしぎなパーツ」を落としていきます。 これらを集めて、隠れているGOロケット団リーダーを探すのに必要な「ロケットレーダー」を組み立てましょう。 「ロケットレーダー」を組み立てよう — GOロケット団リーダーもポケストップに身を隠しているようです。 「ふしぎなパーツ」を6個集めると、彼らを見つけるための「ロケットレーダー」を作ることが出来ます。 それ使って、周りにGOロケット団リーダーが潜んでいないか調べてみましょう。 GOロケット団のリーダーと戦おう — クリフ、シエラ、アルロが活動を開始したようです。 バトルに向けてチームを準備して、「ロケットレーダー」を用いてアジトを探し出しましょう!彼らに打ち勝ち、シャドウポケモンを助け出してください! 彼らの手持ちのシャドウポケモンは、何か特別である可能性があります。 そして、「ロケットレーダー」を持っているトレーナーのみが彼らのアジトを見つけ、戦いを挑むことが出来ます。 「サカキ」に挑むためのスペシャルリサーチを完了しよう — GOロケット団リーダーを倒し、優秀なトレーナーであることを証明することで、ウィロー博士から「スーパーロケットレーダー」を受け取るための「スペシャルリサーチ」を託されます。 「スーパーロケットレーダー」はサカキの居場所を探し出すために必要な道具です。 しかし、こちらの動きに気づいているものもいるようで、サカキになりすましたGOロケット団のしたっぱが紛れ込んでいるかもしれません!気をつけてください。 また、サカキはシャドウポケモンとなってしまった伝説のポケモンを繰り出してくるという報告も上がっています! ウィロー博士はどうやってチームリーダーたちと一緒に「ロケットレーダー」「スーパーロケットレーダー」を完成出来たのでしょうか? をご参照ください。 GOロケット団リーダーとサカキに打ち勝つため、できるだけ多くの勇気あるトレーナーの力が必要になります。

次の

【ポケモンGO】ロケット団幹部やサカキとの遭遇方法 / ふしぎなパーツとロケットレーダーの使い方

ポケモン go サカキ の 倒し 方

ドサイドン• エンテイ• ペルシアン• 上記以外 攻撃性能が超高いドサイドン 2体目に登場する可能性のある「ドサイドン」は種族値の高さに加えてノーマルアタックが高威力であり、 非常に攻撃性能が高いです。 タイプ耐性もなく耐久力も高くないポケモンでは「ドサイドン」のノーマルアタックを数発受けるだけで倒されてしまうこともあるため、タイプ耐性を高めて耐久力の高いポケモンで挑むことがおすすめです。 ほのおのキバが厄介なエンテイ 3体目にでてくる「エンテイ」も強いです。 攻撃性能の高さに加え、2重タイプ弱点もないため大きくダメージを与えることも難しいです。 特にノーマルアタックが「ほのおのキバ」だった場合は高威力で大ダメージを受けるため、こちらもタイプ耐性を耐久力が高めのポケモンがおすすめです。 ペルシアンがなかなか強い 1体目に出てくる 「ペルシアン」が「シールド」を使うこともあり倒すのに時間がかかる上、なかなかの攻撃性能を持っています。 ノーマルアタックの威力も高いため、2体目以降へ余裕を持ってバトルを進めるには、「ペルシアン」から受けるダメージを抑えることができるポケモンがおすすめです。 ー 「ハガネール」は非常に耐久力が高いため、確実に弱点を突いて攻撃したいところです。 弱点を突くポケモンの中では、 「ハガネール」の強力なノーマルアタック「かみなりのキバ」に耐性のある 「じめん」タイプのポケモンがおすすめです。 「じめん」タイプ最強の「グラードン」、覚える技構成が優秀な「ラグラージ」が非常におすすめです。 「ガブリアス」は「ハガネール」のノーマルアタックが「ドラゴンテール」だった場合に弱点となりますが、それ以外の技の場合は非常に有利にバトルができます。 お手軽に入手できるところでは、 「 」から進化入手できる「ドリュウズ」、「 」から進化入手できる「ガマゲロゲ」もおすすめです! ドサイドン対策 ー 2重弱点の「くさ/みず」タイプで一気に攻めたいところですが、 相手の攻撃も非常に強力なため攻め切る前に倒される可能性も高いです。 「ビリジオン」は「ドサイドン」の強力なノーマルアタック「うちおとす」と「どろかけ」どちらにもタイプ耐性があり耐久力も高めなため、互角以上のバトルができます。 「ラグラージ」は覚える技構成が速い&超強力なため、やられる前にやる戦法で「ドサイドン」の2重弱点となる「ハイドロカノン」で一気に攻めましょう。 上記2体以外で単独勝利は非常に難しいです。 ノーマルアタックが「うちおとす」の場合は2重耐性のある 「コバルオン」、「どろかけ」の場合は 耐性&攻撃も強力な「くさ」タイプでの攻めでも善戦できます。 「ドサイドン」は非常に強いため、 どうしても勝てない場合は違う場所の「ドサイドン」を出してこない「サカキ」を見つけて、バトルをするのがおすすめです。 ー 「エンテイ」はノーマルアタックの「ほのおのキバ」が非常に高威力です。 「ほのお」タイプに耐性があり、かつ弱点を突いて攻撃ができるポケモンを選出します。 「パルキア」は「みず/ドラゴン」で「ほのお」タイプに2重耐性があり、ダメージをかなり抑えることができるためおすすめです。 「ドサイドン」は「ほのお」タイプ耐性に加え、強力な技「がんせきほう」で効率よくダメージを与えることができます。 「ドサイドン」と同じ「いわ」タイプから、「テラキオン」と「バンギラス」も活躍できます。 また耐久力が低く安定した勝利は難しいですが、 「ほのお」タイプに2重耐性のある「オムスター」も善戦できます! 勝てないポケモンとのバトルは避ける 手持ちのポケモンが揃っていなかったり、十分に強化できていないなどで 「このポケモンには勝てない」という状況もあります。 そのような場面では、無理に何度もバトルをせず あきらめて別の場所の「サカキ」を選んでバトルをしましょう。 同じ「サカキ」でも場所が変われば、2体目に出してくるポケモンが変わったり、撃ってくる技も変わります。 (偶然同じになる場合もあり) おとり要員もいるため探すのに少し時間がかかるかもしれませんが… まずは自分が勝てるポケモン・勝ちパターンを把握しつつ、ポケモンを育成して勝利につなげていきましょう! GOロケット団対策となる、「したっぱ」とリーダー3名の対策ポケモンは以下にまとめています。

次の

【ポケモンGO】サカキ対策&倒し方!シャドウフリーザーはいつまで?12月はシャドウサンダー

ポケモン go サカキ の 倒し 方

「ストーンエッジ」は消費エネルギーが多いのでシールド破壊には向かないが、EPTの高い「ロックオン」で 短いスパンで連発可能だ。 ドラゴン技はペルシアンに等倍相性だが、DPTが高い「りゅうのいぶき」でゴリ押ししつつ、省エネの「ドラゴンクロー」で シールド破壊も余裕で、2番手がガブリアスの場合はそのまま投入できる。 W耐性とはいえ、技の性能が良くないのでギリギリの戦いになることもあるだろうが、シールド破壊とペルシアン撃破の役割は遂行可能。 悪やフェアリーには耐性を持つが、フェアリーが弱点となるので、こちらも シールドを温存せずに使って良いだろう。 耐久性は若干劣るが、省エネのスペシャル技「ブレイズキック」によりシールド破壊はしやすい。 ただし、 地面技が弱点になるので2番手にまで出張るのは難しくなってる。 バシャーモと同じく地面技が弱点ではあるが、攻撃力が上がった状態であれば、 被弾を最小限に抑えながら突破するポテンシャルを持つ。 「れいとうパンチ」を解放しておけば2番手のカバルドン対策にも。 レガシー技の「ハイドロカノン」を覚えていない場合は、次戦のライコウ戦にも使える「じしん」でも良いが、ゲージ技の発動による硬直頻度が下がるので安定性も下がる。 単純に高い種族値の伝説ポケモンなので、ゴリ押すことができるだろう。 「ゆきなだれ」はカバルドンに効果抜群なので、ハガネールでなかった場合も様子見や、そのまま勝ちにいくこともできる。 グラードンと同じく高種族値なので、等倍相性の通常技であっても受けながらゴリ押し可。 「ソーラービーム」が一発でも当たればほぼ勝ち確定なので、ペルシアンでシールドを使わせておこう。 地面技にも耐性があるので、ドダイトスが「どろかけ」を使ってきても問題ない。 ゲージ技の使用スパンは長く、通常技は効果抜群ではないが、それだけでも十分エンテイのHPを削れる。 最大CPが3000にも満たないため、育成不足の場合は他のポケモンで少しでもエンテイのHPを削っておきたい。 攻撃力ダウンは4回で下限に達するので、それ以降は余裕があれば少し威力が高い「みずのはどう」がおすすめ。 ラグラージを投入する前に他のポケモンでHPを減らしておかないと、シールドが残っていても厳しい面があるため、交代硬直も狙うのがおすすめ。 「でんきショック」のEPSが高いので硬直を狙いやすい。 「りゅうのいぶき」は相性等倍であるものの、与ダメージ効率がとても高い技。 シールドがないと厳しい戦いになるのは他と同様だが、あれば安定して勝つこともできる。 通常技は効果抜群タイプではないものの、省エネの草技「リーフブレード」がささる。 サカキのライコウ対策 サカキの場合も他のリーダー対策の例にもれず、1番手のペルシアンでシールドを使わせるのがセオリー。 なお、ここではギラティナをパーティーにいれていますが、ペルシアンが「だましうち」型の場合はシールドを使わせるのもままならないので、その場合は カイリキーやルカリオなどで入り直しましょう。 キングラーへは素早くゲージ技を使用でき、硬直を狙いやすいジュカインがおすすめ。 キングラーは危なげなく攻略できるものの、続くエンテイには相性不利。 そのまま瀕死になるまで戦うのではなく、 交代して硬直を狙うと良いでしょう。 最後のエンテイは高火力高耐久なため、弱点を狙うのはもちろん、炎技に耐性を持つポケモンで必ず戦いましょう。

次の