犬 アレルギー 原因。 犬アレルギーの症状! 湿疹がっ! 原因は毛? 汚れ??

食物アレルギー(食物過敏症)|犬の病気事典|アクサダイレクトのペット保険

犬 アレルギー 原因

この記事でまとめたこと• 犬アレルギーの原因は? 犬アレルギーは、犬が持つアレルギーの原因となる物質「アレルゲン(抗原)」が人間の体内に入ると起きます。 体に侵入したアレルゲンを排除するために免疫細胞が過剰に反応して、アレルギー反応が引き起こります。 犬アレルギーの原因となるアレルゲンには、Canf1からCanf7まであり、どれでアレルギー反応が起きるかは人によって異なります。 Canf1 皮脂腺から分泌される物質「リポカリン」で構成されます。 被毛・フケ・だ液に多く存在しますね。 Canf2 Canf1と同じ物質リポカリンで構成されます。 「Canf2」に反応する人は、ネコ・ウマ・ウシなどにも反応しますよ。 Canf3 血清中に多く含まれる物質「アルブミン」で構成されます。 Canf4 犬のフケに多く含まれる物質「脂質輸送タンパク」で構成されますよ。 Canf5 オシッコに多く含まれる物質「アルギニンエステラーゼ」で構成されます。 Canf6 Canf1やCanf2とは異なるリポカリンで構成されますよ。 Canf7 2016年に発見されたばかりで、細胞小器官「リソソーム」に含まれるタンパク質「NPC2」で構成されます。 犬アレルギーの症状は? 初期症状は、気道・鼻の奥・目の周りやまぶた・結膜・皮膚に炎症が起きますよ。 「咳」「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」「目の腫れ・目ヤニ」「充血・涙」「湿疹(しっしん)・かゆみ」といった軽い症状です。 治療せずに放置していると、症状が悪化します。 腸や胃の粘膜に炎症が起きると「下痢」や「おう吐」、低血圧や酸素不足による「めまい」、咳や喘息などを伴う「動悸」、気道の炎症が重症化した「呼吸困難」といった重い症状ですね。 急性アレルギー反応「アナフィラキシー・ショック」でも「呼吸困難」になるとされ、緊急の処置が必要ですよ。 犬アレルギーの症状、赤ちゃんは? 大人に比べて赤ちゃんはアレルギーに反応しやすいです。 肌が弱く敏感なので、アレルゲンに反応しやすいからです。 赤ちゃんは少しの刺激でも耐えられないことが多く、全身を搔きむしってしまいます。 傷口から細菌が入ることでさらに炎症を引き起こすこともあり、注意が必要ですよ。 赤ちゃんの犬アレルギー反応には「くしゃみ」「鼻水」「咳」「湿疹」「目の充血」などがありますよ。 風邪でもないのに症状が出ているときは犬アレルギーを疑います。 重症化すると「呼吸困難」や「喘息」が起きてしまうことがありますよ。 犬アレルギーの検査方法や費用は? 犬アレルギーの検査は、内科・耳鼻科・皮膚科・アレルギー科などでできますよ。 検査には事前に予約が必要な場合があります。 犬アレルギーの主な検査方法は2種類です。 ブリックテスト 皮膚にアレルゲンを触れさせて反応を確認する検査は「プリックテスト」です。 結果は15分ほどで出ますが、血液検査ほど細かい数値ではありません。 アレルゲン1つを検査するごとに、400円程度かかりますよ。 RASTテスト 採血をして血中の抗体値を確認する血液検査は「RASTテスト」です。 検査結果が出るまでに1週間ほどかかりますね。 費用は5000円程度ですが、アレルギー症状が出ている時は保険が適用されますよ。 症状がないときは、全額自己負担となりますね。 犬アレルギーの治療法は? 犬アレルギーは完治することはありません。 治療法は、一般的に薬を服用してアレルギー反応を抑えます。 アレルギー反応がある限り、服用を続けますよ。 ショック症状が出た場合は緊急処置となり、別に処置費用がかかりますよ。 犬アレルギーの治療、薬は? 現在では、アレルギーは不治の病です。 免疫細胞が異物ではないものを異物と間違えて過剰に反応することで起こります。 一度アレルゲンとして認識すると、毎回反応してしまうのです。 犬アレルギーも同様に完治はしないので、薬は一時的に症状を抑えるために使われます。 犬アレルギーに使われる代表的な薬には「飲み薬」「外用薬」「点眼薬」「スプレー剤」などです。 「飲み薬」には、アレルギーを引き起こすヒスタミンがヒスタミン受容体と結合できないようにする「抗ヒスタミン薬」、気管支を広げる「気管支拡張薬」、リンパ球の作用を抑える「ステロイド」の3種類がありますよ。 犬アレルギーの対処法は? 犬アレルギーの対処法は5つあります。 事前のアレルギー検査• 被毛のケア• 掃き掃除• 服を分ける• 免疫力の向上 犬を飼う前に家族みんなで検査をしておきます。 アレルギーを発症する前に検査を受けることで、犬が飼えるかどうか判断できますよね。 愛犬を毎日ブラッシングして定期的にシャンプーすることで、皮膚や被毛の状態を健やかにします。 アレルゲンの発生を抑えることができますよ。 アレルゲンとなる被毛やフケなどが部屋の中を舞わないよう、拭き掃除を中心に部屋の掃除をします。 カーテンにもアレルゲンが付着しているので、定期的に洗うことをおすすめします。 愛犬と触れ合うときの部屋着と、寝る時のパジャマを分けることで、アレルゲンと接する時間を減らすことができますよ。 洗うときも分けることをおすすめします。 アレルギーは免疫力が低下すると発症することがありますね。 免疫力がアップする食材やサプリメントを摂ると良いですよ。 犬アレルギーは対処することができる 犬アレルギー症状が出ると「どうしよう、大丈夫なのかな」と途方に暮れてしまいますよね。 ですが実際には、飼い主さんの努力により愛犬をいっしょに暮らし続けているケースが多いものです。 対処法をきちんと行うことが大切ですよ。

次の

犬の食物アレルギー性皮膚炎の原因、症状、治療法を獣医が解説

犬 アレルギー 原因

愛犬が体を痒がっている、皮膚全体が赤くなっている…そのような状態が見られたら、アレルギー性皮膚炎かもしれません。 犬のアレルギー性皮膚炎にはどのような症状が出るのか、また治療法や家庭でできるケアについて、獣医師の三宅先生にうかがいました。 犬のアレルギー性皮膚炎の原因は? —一般的に、どのようなアレルギー性皮膚炎があるのでしょうか? 代表的なものは、ノミアレルギーと食物アレルギー、そしてアトピー性皮膚炎です。 —最近、アレルギーを持つ犬が増えてきていると聞きますが、実際はどうなのでしょうか? アトピー性皮膚炎に関しては多少増えてきているという印象はありますが、それ以外のアレルギー性皮膚炎に関しては、特に増えているというデータはありません。 室内飼育をする犬が増えたことで、飼い主さんが皮膚の異常などにすぐ気づくようになり、アレルギー性皮膚炎での受診率が上がっているということはあるかもしれません。 また、都市部はコンクリート舗装されているところがほとんどのため、土に比べると花粉などが何度も舞い上がり浮遊しやすい、室内飼育によりハウスダストにつくダニへの接触機会が増えている、という点もあると思います。 室内飼育により、飼い主さんが愛犬の肌トラブルに気づきやすくなりました。 ノミアレルギーは、単に「ノミに刺された箇所が痒い」ということではなく、ノミの唾液に反応してアレルギー症状が出て、全身が痒くなります。 予防薬や滴下剤でノミ予防をしていない犬が散歩に行き、その後に全身を痒がるような様子が見られたら、ノミアレルギーの可能性があります。 犬の皮膚炎については、 」 もあわせてご覧ください。 —食物アレルギーは、どのような食品に反応するのでしょうか? 小麦、大豆などの穀類や、牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類などです。 これらは、通常、ドッグフードに含まれている食品です。 —食物アレルギーかどうか、どうやって検査をするのでしょうか? まず、アレルギー対応の療法食をしばらく食べさせてみて、それで症状がおさまるのであれば、また元のフードに戻してみます。 それで再度症状がみられ、再び療法食でおさまるようであれば、食物アレルギーである、という診断になります。 必要に応じて血液検査などでアレルゲンの特定などを行いますが、療法食に変更することで症状が出なくなるのであれば、特に詳細な検査を行わないこともあります。 アレルギー体質は生まれつき? —なぜアレルギー性皮膚炎になってしまうのでしょうか? アトピー性皮膚炎の場合は遺伝的な素因もありますが、特に原因はわかっていません。 清潔な環境で健康的な食事をしている犬でも、何かしらのアレルギー性皮膚炎になることがあります。 —アレルギー症状が出やすい年齢はありますか? アトピー性皮膚炎は生まれつきの体質があるので、6ヵ月〜3歳あたりで発症しやすいと言われています。 食物アレルギーやノミアレルギーについては特に年齢は関係ありません。 アトピー性皮膚炎は若齢で発症しやすいと言われています。 —アレルギーになりやすい犬種はありますか? アトピー性皮膚炎になりやすい犬種としては、柴犬やレトリーバー種、シー・ズーなどです。 食物アレルギーが出やすい犬種は、コッカー・スパニエルやスプリンガー・スパニエル、ボクサー、コリー、ダルメシアンなどの報告があります。 またアトピー性皮膚炎の犬は、食物アレルギーやノミアレルギーであることも多い、という相関関係が報告されています。 —長毛種でも短毛種でも、アレルギー症状に違いはありませんか? なりやすさや症状自体は変わりませんが、長毛種はノミなどがついた場合に見つけにくいという面はあるでしょう。 また短毛種、特にパグやフレンチ・ブルドッグなど短くて硬い毛を持つ品種の場合、毛並みに逆らってシャンプーをすることにより、毛が揺れて、毛穴の中を固い毛が刺激してしまい、そのせいで毛穴を傷つけてしまうことがあります。 そして傷ついた毛穴にシャンプー剤などが入ることで、皮膚トラブルを引き起こすことが多いです。 アレルギー性皮膚炎の治療方法は? —アレルギー性皮膚炎の治療は、どのようなことをするのでしょうか? 治療の目的は「痒みのコントロール」になります。 まず、痒みが出ている場合は、痒みを止める内服薬を飲みます。 その後は、ノミアレルギーであればノミ予防薬を処方したり、食物アレルギーであれば、原因物質を食べさせないようにして療法食を出すなど、アレルゲンに接触しないための対策を行います。 またアトピー性皮膚炎に関しては、アレルゲンを少しずつ体内に入れて慣らしていく「減感作療法(げんかんさりょうほう)」を行うこともあります。 —アレルギー治療専門の動物病院もありますか? 獣医師には、皮膚の専門医制度があります。 スキンケア方法など、家庭でもできる指導を詳細に受けることもできます。 シャンプーをしっかり泡立ててから、優しくそっと洗ってください。 —飼い犬がアレルギー性皮膚炎になった場合、飼い主さんはどのようなことに気をつければ良いでしょうか? 日常生活の中でアレルゲンとの接触機会を減らすこと、丁寧にスキンケアをすることが大切ですね。 アトピー性皮膚炎の場合は、ハウスダストやダニがアレルゲンになるので、室内を清潔にしておくことが必要です。 散歩時に皮膚を保護する「アレルギースーツ」を着せて、花粉などがつかないようにする方もいます。 食物アレルギーの場合は、食事を療法食に切り替えます。 シャンプー剤の中にはオーツ(大麦)などが含まれるものがあるので、麦系の食物にアレルギーがある場合は切り替えが必要かもしれません。 ノミアレルギーの場合は、ノミ予防をきちんとすることが第一です。 そして散歩から帰ったらすぐにブラッシングをして、ノミがいないか確認してください。 またすべての皮膚炎に言えることですが、シャンプーのしすぎは必要な皮脂まで洗い流してしまいます。 シャンプーをするときは保湿効果の高いものを選び、シャンプー剤を直接肌につけるのではなく、洗面器などで泡立ててから優しく洗ってあげるようにしましょう。 犬のシャンプーについてはで詳しくご紹介しています。 愛犬が体を痒がる様子が頻繁に見られたら、アレルギー性皮膚炎の可能性があります。 愛犬の皮膚の状態を観察し、必要に応じて獣医師の診察を受けてくださいね。

次の

犬の皮膚病は治るの?原因・症状・治療法はどうするの?

犬 アレルギー 原因

愛犬が体を掻いている!下痢している!吐いている!・・・。 よくある症状ですよね。 普段食べている食事やおやつ、ガムなどが、その原因になっている場合があります。 食べたものでこの様な症状が出る場合を食物有害反応と言って、専門的には下図のように分類されますが、今回はその中の食物アレルギーについてお話します。 その子によっては皮膚症状がなく、慢性的な下痢・軟便や嘔吐だけの時もあります。 よって、的確に食物抗原を特定することが重要です。 症状がひどいときは一時的にお薬で緩和することも可能です。 現在でもこの方法は大変重要ですが、療法食は現在 20 種類以上あり、その療法食に食物アレルギーを獲得している子も確認されています。 また、食物アレルギー以外の食物有害反応の可能性も否定できません。 現在では血液検査でどの食物抗原に反応しているかを調べることができますので、その結果に基づいて食事内容を検討することができます。 ただし、原因となる食物抗原を特定するための血液検査には大きく 2 種類あり、一つは IgE という抗体を測定する検査、もう一つはリンパ球という白血球の仲間を測定する検査です。 IgE 検査はヒトの食物アレルギーの検査には有効ですが、犬の食物アレルギーの場合、この IgE によって引き起こされるアレルギーは約3割、リンパ球によって引き起こされるアレルギーが約7割と言われています。 よって、両方の検査を行わなければ的確な食物の選択はできないことになります。 ただし、減量用や体重管理用の食事は排便回数や量が増えます。 以上の項目から 1 つでも当てはまることがあれば動物病院に相談してみましょう! また、最近人気のあるフレンチブルドックは好発犬種と言われていますが、柴、ダックスフント、チワワなど、どの犬種でも食物アレルギーは報告されています。 いかがでしたでしょうか? タンパク質と言えば一般的に肉類(家畜・家禽・魚肉含む)を想像すると思いますが、普段与えているフードの中に含まれる大豆や小麦、米、トウモロコシ、ジャガイモデンプンなどの植物にもタンパク質は含まれており、それによる食物アレルギーも起こっているようです。 アレルギーの診断は基本的にはアレルギー以外の痒みの原因(細菌や真菌、寄生虫などの感染症等)を順序立てて否定していくことが重要です。 血液検査だけではアレルギーの診断はできませんのでかかりつけの動物病院に相談してみましょう!.

次の