精神 障害 者 手帳 3 級 年金。 精神障害者保健福祉手帳を持つメリット・デメリットと障害福祉サービス

精神障害者保健福祉手帳<3級>でお得になることリスト【リンク付】2018年3月現在

精神 障害 者 手帳 3 級 年金

現在、3級を保持しています。 長いので以下では「手帳3級」といいますが、よく混同されるのが3級と手帳3級です。 実は、これらは別々の制度では(旧)が、手帳は府県が運営しています。 全く関係がないわけではないのですが、運営母体が違うため、それぞれ別々に申請しなければもらえません。 障害状態になったからと言って自動的にもらえるわけではなく、わざわざ手帳であれば府県、年金であればに申請しなければもらえないことになっています。 年金の場合受給権も「申請してはじめて発生する」ものなので、たとえ老齢年金でも65歳になったら自動的にもらえるわけではなく、申請しなければなりません(そして、恐ろしく面倒です)。 今回は「手帳」の話です。 手帳には手帳1級、手帳2級、手帳3級の3段階があり、数字が小さいほど重い障害状態を表します。 私は現在、一番障害状態が軽い3級を保持しています。 他にもに付与される、に付与されるがあり、合計3種類の手帳があります。 3等級なのはだけの話であり、、にはもっと階級があり、しかも府県によって異なったりします。 だけは、全国統一で3等級になっています(しかし、こののちどこかの府県が気まぐれで3級を廃止したりと言ったことが皆無とはいえません)。 そして、3種の手帳のうちだけは差別されており、飛行機やJRの割引が受けられません。 と言うと真っ先にJR半額と思う人もいると思うのですが、だけは例外です。 一昨年くらいから、この格差を是正する動きが出てきて、一部のでそれまで差別されていたも同じく割引を受けられるようになってきていますが、相変わらず適用範囲は極めて狭いです。 最大のメリットは27万円の障害者控除を受けられること。 年収にもよりますが、例えば年収500万円だと年2万円ほどの節税になります(も下がるのでトータルではもうちょっと税負担が下がりますし、も若干安くなります)。 しかし、それ以外のメリットは乏しいです。 住んでいる自治体によっては地下鉄無料とか半額といったなかなか使いでのいいメリットがあったりするのですが、田舎の自治体の場合そういうのもあまりありません。 あまりにメリットがないので、手帳3級は取らない人も多いと聞きます。 障害者呼ばわりされて差別される割にはメリットがなさすぎるということです。 しかし、私はメリットはないことはないと思っています。 市営駐車場2時間無料とか地味なメリットを最大限活用しつつ、節税メリットも享受します。 そして、最大のメリットは失業したときに発揮されます。 障害者として求職する場合、ハロワのあのクソ長い行列に並ぶこともなく、2階の別室で個別対応を受けることができます。 障害者の雇用には企業にメリットがあるので(有り体に言うと、1年分の給料はハロワが払ってくれるので、障害者は実質タダで雇えるのです)割とすぐ見つかります。 まあ、私は経験ありませんけど、そういうものらしいです。 企業が雇いやすいのは、また別のメリットに秘密があります。 普通の人は、失業保険は一度給付を受けると、またまとまった期間(5年とか)働かないと給付期間が回復しませんが、なんと障害者は半年働けば360日の給付が復活します!(自己都合の場合3ヶ月の待機期間はある)なので、障害者は半年雇ってもらえたら、クビになってもまた1年失業保険がもらえるのです。 自己都合退職でも待機期間はあるものの、受給期間が短くなったりしません(健常者の場合、自己都合だと期間が短縮される)。 大企業が責任をもって雇ってくれるならあまり役立つことのないメリットなのですが、私は新卒で入社した会社(責任をもって雇ってくれそうな会社)を辞めて、に転職してしまったので、自己防衛のためこの手帳を入手しました。 もう一つのメリットがです。 前述のとおり、と手帳は別制度であり、直接の関係はないことになっています。 しかし、実際には年金3級を持っている人には半自動で手帳3級が付与されることになっています。 そして、を申請する書類には当然のように手帳の等級を記載する欄があり、もちろん手帳のコピーも提出させられます。 年金機構の内部を見たわけではないですが、手帳のコピーが付いていなければ当然審査にもいい影響を与えないだろうと私は思っております。 まあ、な水際作戦である可能性もありますが。 診断書(5000円〜7000円もする)の枚数や時間が余分に必要になりますが、ここでサンクコストを負えないような人には年金受給はおぼつきません。 もちろん、もらえないかもしれませんが、パチンコですったと思えば安いカネです。 もらえたらめっけもん、私はこれらの先行投資はことごとく取り返せて一安心でいま攻勢に出ようとしているところなわけです。 私はどういうわけかサラリーマンとして給料はもらっていますが平日の昼間にある程度自由に動けてしまうという身の上ですので、これらの手続きは全部自分でやりました。 恐ろしく面倒くさかったですが、やったかいはありました。 手帳2級は、家で過ごすくらいなら平気だけど外に出るのはちょっとキツイ・・・、と言った基準になります。 私の現在の病名「一型」であれば、基本的にはこの水準を軽くクリアするはずです。 最初の手帳申請時には医師が手加減して「」という軽い症状で診断書を書いたため、3級にとどまってしまいました。 まあでも、これはこれでよかったかなと思っています。 まだその頃は年収800万円弱もらっていましたからね・・・。 そして、今は年収も順調に下がってきたので2級は十分狙えると思います。 前職で「の末 解雇まがいに退職させられた」というエピソードは、かなり役に立ちます。 同じような境遇の皆さん、開き直りましょう。 人間、誰しも頑張れるときと頑張れない時があるように、頑張れる人と頑張れない人がいます。 頑張れない人は、頑張れる人に助けてもらっていいんです。 それが、人権というものなのです。 頑張れるのに頑張らない人ではなく、頑張れない人は、頑張れる人に守ってもらって当然なのです。 daibutsuda.

次の

障害年金と障害者手帳の関係

精神 障害 者 手帳 3 級 年金

障害年金の請求、障害年金不支給の不服申し立てのツボについて解説し、権利としての障害年金支給をサポートします。 障害年金の基礎 障害年金をもらうのが難しいのは? 電話での無料相談 042-391-2115 無休 8:30〜20:00 厚生年金加入中初診ですが、仕事に行けているのなら障害年金の対象外と医師に言われましたが、本当ですか? 〜精神の障害で3級の程度とは? Q:40代。 そううつ病。 初診日から遡って1年2ヶ月以上は厚生年金に加入。 障害年金申請をしたいと思い病院へ行ったところ、診断書を書くことはできるが受給は無理だろうと言われる。 その理由として、 1)障害年金は、本来障害者手帳を持っていないと受給できない。 2)よほど症状の重い人が受け取るものなので、躁鬱では難しい。 3)わたしの場合、買い物に行くことも銀行へ行ってお金をおろすこともできるうえ、仕事もして自活できている、 と言われる。 ずっと困り続けていることは、まず働くことはできたとしても、続けることができないという点。 だめなときは、文字を読むことも、人の話を理解することもできなくなり、さらにだめだと身動きがとれなくなってしまう。 かと思うと、ささいなことにかっとなって押さえがきかなくなり、上司にひどい暴言を浴びせて帰ってきてしまう。 そのため、月の半分仕事に行くのがやっとの状態です。 医師は障害年金よりも、誰でも貰える生活保護のほうがいいと言うが、年金暮らしの両親に世話になっているため、生活保護は無理。 この年になって両親の世話になっていることが焦燥感となり、病状を悪化させている。 派遣会社経由で勤めているいまの会社は、4月いっぱいで契約終了になるが切れます。 延長はありません。 派遣会社から次の会社を紹介するという話もありません。 医師が無理だと言う以上、受給は無理ですか。 A:医師の間に、障害年金についての誤解が蔓延しています。 障害者手帳がないと障害年金がもらえないということは全くありません。 また、躁鬱病でもらえないということも全くの誤解です。 そううつはもちろん、うつ病であってもたくさんの方がもらっています。 また、経済的保障として、障害年金を飛ばして、世帯収入などを度外視して、可能性がほとんどない生活保護を勧める医師もそれなりに多いです。 これは、精神障害者に対する経済的保障についての医師の無理解から生じているものと考えます。 厚生年金加入中が初診日の場合は、障害厚生年金の対象ですが、国民年金対象の場合の障害基礎年金が2級までで、一般的には仕事ができない状態であるのに対して、障害厚生年金は3級まであり、3級というのは、労働に制限がある状態です。 このことを知らない、知ろうとしない医師も多いです。 等級認定については、医師の診断書と労働能力の程度という2つの条件をともに満たす必要があります。 各等級については以下のとおりです。 ・3級…労働に制限がある程度の診断書+労働に制限があるという事実 ・2級…労働ができず、生活能力がそれ相応に著しく低下しているという診断書+労働不能という事実 労働に制限があるとは具体的にはたとえば以下の場合にその可能性があると考えられます。 ・ 障害者手帳により障害者雇用で就労している。 ・ 就労制限がかかっていて、1日短時間(たとえば4時間)しか働けない。 ・ 遅刻、早退が目に余る。 ・ 休みが非常に多い。 たとえば、月に10日も休んでしまう。 ・ 休職している。 手帳の等級が年金の等級とはなりません。 ただし、逆の場合、つまり障害年金の受給権を得てから手帳の申請をする場合は、年金証書により原則として等級が判定され、新たな診断書の提出は不要です。 Web www. shogai-nenkin. com 安部敬太社会保険労務士事務所 安部敬太 東京都東村山市.

次の

精神障害者保健福祉手帳3級です。障害年金受給出来る?

精神 障害 者 手帳 3 級 年金

障害者控除で所得税と住民税の負担が軽減される 精神障害者福祉手帳の3級を保持していると所得税と住民税より一定額が控除されます。 ざっくりした例をあげてみます。 夫婦2人暮らしでどちらかのみ働いている年収600万円の世帯の場合で、 税の種類 障害者控除前 障害者控除後 減額される税金 所得税 163,500円 136,500円 27,000円 住民税 273,600円 247,600円 26,000円 となる場合もあります。 あくまで一例なので支払う税金にどの程度影響するかは人によって異なります。 そのときに昨年の源泉徴収票か確定申告書の控えが手元にあると便利だと思います。 障害者控除は自動的に適応されるわけではありません。 年末調整時に勤務先に報告するか自分で確定申告をする必要があります。 携帯電話(スマートフォン)の料金が安くなる 大手携帯電話各社では障害者手帳を保持者に対する割引制度が用意されています。 企業名 サービス名称 詳細 docomo ハーティー割引 au スマイルハート割引 softbank ハートフレンド割引 契約しているプランによって異なりますが年間で10,000円以上は携帯電話やスマートフォンの料金が割引される人が多いと思います。 手帳が交付された後、各社の窓口に行って手続きをします。 なおソフトバンクの場合手続きは5分ほどで終わりました。 公共施設や公共交通機関の割引 主に自治体が運営に関わっている施設(博物館・美術館や公園など)で入場料などの減免が受けられる場合があります。 また民間企業でも映画館などを中心に障害者割引を行っているところも意外に多いです。 1回の割引額は数百円程度ですが、病状的にどうしても外出が億劫になりがちな人が外出するきっかけになるというメリットもあります。 なお、施設によっては手帳の保持者だけではなく同伴者1名も割引が適応されるところがあります。 各施設の窓口で手帳を提示する必要がありますが、そのことに抵抗がなければ有効に利用できる場面は多いと思います。 さらに自治体によっては地元公共交通機関やタクシーの割引券を配布しているところもあります。 詳しく知りたい人はお住まいの自治体のホームページを確認するか直接に問合せてみてください。 スポンサーリンク デメリットとして考えらること 精神障害者福祉手帳の申請に必要な診断書を主治医に記載してもらうのに5,000円~10,000円程度かかります。 手帳は2年毎に更新なので、病状によって更新を希望する場合は再度診断書の費用がかかります。 あなたの家族や友人のなかには障害者に差別的な考えをもっている人がいるかもしれません。 またあなた自身が障害者になることに強いストレスを感じるかもしれません。 障害者控除の制度を利用する際に勤務先の人があなたや家族が障害者であることを知る可能性があります。 もちろんそれにより不利益を被ることは許されません。 まとめ 「精神障害者福祉手帳の3級ではあまりメリットがない」という意見もあるようですが、実際には3級でも一定額の経済的なメリットがあります。 うつ病や双極性障害など3級の対象となり得る疾患の患者さんは自立支援医療を利用していても窓口で支払う自己負担分の金額が年間5万円~を超えている方が多いと思います。 また通院にかかる交通費なども負担がある人や病気のために休職を余儀なくされている人にとっては大きな助けになりえます。 以上をまとめると、 経済的なメリットを考えるなら申請した方がいいが、障害者の立場になることが強いストレスになるようになら辞めた方がいいかもしれません。 いずれにしても精神障害者福祉手帳を取得するための申請をするかどうかは患者さんの意思次第ですが、「あまりメリットがないのでは」という理由で申請を見送っていた方は軽減される負担を計算してみてください。 スポンサーリンク.

次の