ノート エアコン フィルター。 日産:メンテナンス|クリーンフィルター

日産ノートのエアコンフィルターの交換方法と手順

ノート エアコン フィルター

(1年又は12,000km毎に交換)ところが工賃込で6,000円以上は高すぎます。 日産ノートはなぜかグローブボックスを取り外さないと交換できない構造となっていて、素人や女性 ではちょっと面倒に感じてしまいます。 ただし、本当に簡単ですので、女性でも十分に交換可能です。 今回購入した外品はAmazonでたったの1,380円でした。 (非常に分かりやすい。 ) 1.グローブボックスの取り外し 1 最初に下側のねじを2本外す。 (グローブボックスの下に左右に分かれて1本ずつ) 2 次にグローブボックスの蓋を開けて、上側のねじを3本外す。 (左側に2本、右に1本) 3 以上のねじをすべて外し、グローブボックスを手前に引くと簡単に外れます。 (グローブボックスの両側面に簡単なツメがありますが、軽く手前に引くだけで外れます。 ) 2.エアコンフィルターの取り外し 1 ガードプレートを止めてある2本のねじを外し、ガードプレートを外す。 2 エアコンフィルターの側板が見えるので、まず上部のツマミを持って手前に1センチほど引き、 その次に下部の引っ掛けツメを外すために全体を上方向に1センチほど持ち上げる。 下部のツメが外れたら手前に水平に引き出す。 3 新しいエアコンフィルターと交換して、外した部品を逆に取り付けていけば終了。 3.その他 今回取り外したエアコンフィルターを良く見ると、3年(30,000km)以上使用したのにも かかわらず、あまり汚れていなかった。 掃除機で埃を吸い取ってから、台所用洗剤と使用済 歯ブラシを利用して洗浄し、30分ほど日干してから台所用アルコール消毒スプレーで除菌 すればほぼ新品同様になりました。 十分に再使用出来そうです。 (2回は使用できる。 これで工賃が約5,000円浮きました。 ディーラーには 悪いですが、自分でやれば部品代だけで済みますので、皆様もぜひチャレンジしてください。 P.S. 車の使用状況にもよりますが、管理人の使用状況(買い物程度にしか使用しない。 )では、 3年(30,000km)は交換しなくても十分OKのようです。 クーラーを入れたときに異臭(カビ臭) がしなければ十分に持ちます。 (通勤使用や、営業車などは定期的に確認・清掃すればよい。 ) その他、日産 ノート についての情報は、をご参照ください。

次の

エアコンフィルターの交換について日産のノートに乗っています。エアコンフィル...

ノート エアコン フィルター

ご提示いただけない場合でも、車両データから品番を特定することは可能ですが、ご購入に際し、品番相違のトラブルを避けるためにご協力をお願いしております。 国産車に関してのお問い合わせも、現車品番のご提示をしたいただければ幸いです。 尚、 現車品番のご提示をしていただけない場合のご購入につきましては、万が一 現車と異なる品番となりましても当店では返品・交換の受付けは出来かねます。 予めご了承をお願い致します。 当キャンペーンは、 DENSOクリーンエアフィルターを含む商品購入金額が3,000円(税込)以上で送料が無料になります。 楽天市場のシステム上、 ご注文時及び楽天市場からの自動配信メールでは送料が一旦ご請求されますが、当社にて注文受付けを行った際に条件を満たしていますお客様は送料訂正を行い、送料を差し引いた金額をご請求致します のでご安心くださいませ。 送付先が 沖縄県・離島地域または佐川急便の中継料金が発生する地域は、送料無料対象外となります。 こちらは佐川急便配送のみでの送料無料企画につき、配送方法はお選びいただけません。 注文確定画面にて、 配送方法を宅配便及び西濃運輸をお選びいただいても、佐川急便での配送 となります。 ただし同梱品によっては、宅配便に変更させていただく場合がございます。 送料無料企画品につき、商品発送後のキャンセル・返品や交換は一切お受け出来ません。 クーポンや他クーポン、および割引サービスとは併用頂けません。 ただし、離島地域または佐川急便の中継料金が発生する地域は、送料無料対象外となります。

次の

フィルター交換|エアコン|内装|ノート(日産)のメンテナンス・整備情報

ノート エアコン フィルター

各種フィルター・ブレーキパッドについて 【エアーフィルター】 エンジンはたくさんの空気を取り入れて、ガソリンを燃やしています。 エンジン内で効率的に燃料を燃焼させるためには、キレイな空気が必要不可欠となります。 汚れたままのエアーフィルター(エアーエレメント)を使用し続けると、出力低下や燃費の悪化を招きます。 オートバックスでは4年又は30,000kmに1度の交換をおすすめしています。 【エアコンフィルター】 掃除や消臭グッズを使用してもなぜか臭いが残ってしまう…。 そんな時はエアコンに原因があるのかもしれません。 エアコンフィルターにカビや雑菌などが付着することが臭いの原因の一つとなっているため、どうしても臭いが消えない時はエアコンのフィルター交換をすることで臭いを解消できる可能性があります。 特に梅雨の時期は、臭いのもととなるカビや雑菌が繁殖しやすいため、梅雨入り前や梅雨が本格化する前に交換しておくことで、臭いのもとを断つことができるでしょう。 施工しなくても一年毎の交換をご検討下さい。 車内のほこり取りだけでなく、花粉対策にも有効です。 【ブレーキパッド】 ブレーキパッドはタイヤと共に回転するディスクローターを、摩擦によって止める重要な役割を果たします。 「ブレーキフルードを交換してから2年または2万キロ経っている」、「ブレーキを踏むとキーキー音がする」という症状が現れたら要注意です。 ブレーキパッドの交換の目安は、50,000km走行毎または残り厚さ2mmです。 オートバックスでは、エアーフィルター、エアコンフィルター、ブレーキパッドの販売も行っていますが、全国のオートバックス店舗では交換作業も請け負っております。 不明点は全国のオートバックス店舗にお問い合わせください。

次の