鼻血 が よく 出る 大人。 「大人の鼻血」は病気の兆候?知っておきたい原因とシグナル

鼻血がよく出るのは病気のサイン!その原因と対処法とは!

鼻血 が よく 出る 大人

Contents• cicolpa. html 泣くと鼻血が出る原因ですが、いろんな原因が考えられるようです。 泣くと鼻血が出る、という方がそこまで多くのないので はっきりと、原因がコレと、調べても断定できないのです。 とりあえず、考えられる原因を書いていきますね。 ・泣きすぎて鼻に力が加わり、毛細血管が切れたから ・泣くと鼻をすすると思いますが「鼻をすすった時」に血管が切れたから ・泣くと血行が良くなり、弱っている粘膜から出血するから ・あなたの血管自体が少し薄いなら、鼻水を排出するため鼻をかんだりするなど、少しの刺激で 血管が傷つけられているから このような理由で、泣くと鼻血が出るという方はいるようです。 私も、泣いて鼻血が出たうちの一人です。 結構大泣きしてしまうと、鼻血が出る事は普通にあるようですね。 まあ、私自身が泣いて鼻血が出たというタイプですので、気になって調べてみたというのもあります。 いろいろ調べてみたところ、 病気という事は無さそうでした。 やはり、先ほど書いたような理由で泣いて鼻血が出るというのが普通の考え方ですね。 ちなみに、泣いて鼻血が出る人についてですが、大人より子供の方が多いようです。 html 大人で鼻血が良く出る人についてですが、病気の可能性も無くはありません。 鼻をほじったり、鼻に物理的に刺激が与えられて、鼻血が出る、という場合は 強い刺激が与えられた、もしくは粘膜が弱くなっているから鼻血が出たというのが 妥当な理由だと思うので、病気という事は考えづらいと思います。 ただ、鼻をほじったり、刺激を与えていないのに、鼻血が頻繁に出る場合は 高血圧からくる鼻血の可能性があります。 他にも 糖尿病、肝臓変、腎不全などの内臓の病気などの可能性も考えられます。 鼻をいじってないのに、あまりにも鼻血が頻繁に出る場合は 病院に行くのもアリだと思います。 後は、鼻にできた腫瘍が原因で出血を起こすこともあります。 特に片方の鼻からだけ、鼻を噛んだときに血が混じる事が続くようなら注意が必要です。 まとめ それでは最後にまとめていきます。 泣くと鼻血が出る原因は様々で、特定する事はちょっと難しいです。 ただ、血管が切れたから、粘膜が弱っている状態だから、などといった理由が主に有力そうです。 病気という可能性もほとんど無いと思います。 大人で鼻をいじってないのに、血が良く出る人は病気の可能性も考えられます。 念のため病院に行くのも良いと思います。

次の

鼻血が止まらない!考えられる病気とは?30分以上続く場合は要注意!

鼻血 が よく 出る 大人

寝起きの鼻血にびっくりして目が覚めた時、原因がわからず、軽いパニックになってしまいがち。 一般的に風邪をひきやすい人は、鼻に炎症が起こり鼻血が出やすくなります。 大人になって急に鼻血が出るのは、脳の病気なのではないかと疑ってしまいます。 寝起きに急に鼻血が出たら、かなりショックで何が起きたのか、わからくて「えっ、どうして?」、とパニックになってしまうかもしれません。 今日は、寝起きに鼻血が出てしまう、メカニズムを紹介します。 目次はこちら• 鼻血の仕組み 鼻腔(鼻の中)はその奥行きが意外に深く、構造も単純な空間ではなく鼻甲介という粘膜のひだで、幾つかの室に仕切られています。 こうした鼻腔を構成している粘膜にはたくさんの血管があり、どの血管が傷ついても鼻血(鼻出血)という症状が出現するのですが、鼻血が出る最も多い場所は、鼻入口部より5mm程深部の鼻中隔に分布する血管網で、ここはキーゼルバッハ部位と呼ばれています。 ちなみに鼻血の80%以上は、このキーゼルバッハ部位からの出血と言われていて、動脈性の出血であることが特徴です。 寝起きに鼻血が出る原因 寝起きに鼻血が出るというより、鼻血が出るためそのことに気づき目が覚める、という表現をした方が良いかもしれません。 例えば日中に鼻血を出してしまったりすると、睡眠中に鼻に違和感を感じて無意識に触ってしまうことがあります。 固まっている傷を刺激して寝起きに鼻血が出てしまうケースが最も多いと言われています。 睡眠中(特に朝方の寝起き前)に体温が上がってしまうことも関係しています。 上昇する体温によって血管が拡張し出血してしまいます。 血圧が高い場合、寝起き前などの早朝に血圧がさらに上がりやすくなりますので、寝起きに鼻血が出てしまいます。 寝起きに鼻血が出やすいのは、幼小児(子ども)と中高齢といわれていて、寝起きに鼻血が出てしまう原因は大きく2つに分けられます。 突発性鼻出血 原因となる病気が特にない場合です。 鼻をほじる、鼻をこする、鼻を強くかむ• 洗顔などの前屈による頭部のうっ血• 温度の変動。 運動時の血圧上昇• 感情激動(興奮) 症候性鼻出血 鼻や副鼻腔に原因疾患が存在する時や、全身性に出血傾向をひきおこす病気がある場合など、何らかの病気がある場合です。 病気は、局所的な原因と全身的な原因に分けられます。 局所的な原因• 炎症性疾患、急性鼻炎など• 腫瘍性疾患、悪性腫瘍、鼻副鼻腔の血管腫など• 外傷、血管異常など• 全身的な原因• 血液疾患 出血性素因のある場合。 たとえば白血病、紫斑病、再生不良性貧血、血友病など• 薬剤性 アスピリン、ワーファリンなど内服による凝固能低下によるもの• その他 肝疾患による凝固系の異常、高血圧など 突発性鼻出血は機械的・物理的刺激によるものです。 寝起きの鼻血はほとんどの場合(8割)、突発性鼻出血といわれていて、まず初めに疑います。 症候性鼻出血を始めとした深刻な病気による寝起きの鼻血はごく少数です。 子どもと大人で寝起きの鼻血にも傾向がある 子どもが寝起きに鼻血を出す原因は鼻炎や湿疹、鼻をいじる癖や外傷、夏場ののぼせなどが多く、鼻の粘膜が弱っているタイミングで起こります。 一方で、大人が寝起きに鼻血を出してしまうのは、高血圧、糖尿病、肝臓の病気、血栓症などの治療に使われる血液の固まりを抑える薬 ワルファリン や、血小板のはたらきを抑える薬 アスピリン などの内服、妊娠や月経、鼻の中にできた腫瘍など、血管が破れやすい状態や出血が止まりにくい状態が原因となり、一般的に鼻以外の全身的な問題が原因となるケースが多くなる特徴があります。 他に考えられる原因• 飲酒や喫煙による血圧の上昇(高血圧)• 寝不足を始めとしたストレス全般による自律神経失調症• 糖尿病による血管異常• 腎不全の前兆• 上咽頭がんの症状 寝起きの鼻血が危険か安全かを見分ける方法 外傷もなく寝起きの鼻血が繰り返す場合は、高血圧、血液疾患、鼻腔内悪性腫瘍などの疑いがあります。 とくに高齢者の鼻血は軽視禁物です。 できるだけ早いタイミングで医療機関(耳鼻科・内科など)を受診しましょう。 また、寝起きに鼻血が出て適切に処置をしたにも関わらず 鼻血が止まらない、あまりにも 大量に出血している場合は動脈からの出血の可能性があり、医療機関で専門的な処置が必要になります。 寝起きに鼻血が出た時の対処 ほとんどがキーゼルバッハ部位(鼻の入り口に近い静脈)からの出血です。 衣服をゆるめ、イスなどに座らせて、ややあごを引いた姿勢になります。 鼻翼(小鼻)を両側からつまんで5~10分くらい圧迫、呼吸は口で行ないます。 洗面器などを用意し、口に落ちてきた血液は吐き出します。 顔面が紅潮していたら、額や鼻の周りに冷たいタオルをあてます。 応急手当5~10分で止血ができます。 出血が止まらない、頻繁に繰り返すときは医療機関(耳鼻科・内科など)を受診しましょう。 横になるときは顔を横向けに、血液を吐かせやすくし、気道への誤嚥(読み:ごえん=誤って飲みこむこと)を防ぎます。 民間療法として知られている、顔を上に向け頸部(けいぶ;首の後ろ)をたたく方法は全く効果がないばかりか、衝撃で出血があおられ、血液も飲み込みやすく、むしろ逆効果で危険な方法です。 絶対にやめましょう。 他には、鼻血は上を向いて血はゴックンなんてのもNGです。 寝起きに鼻血が出ない予防法まとめ• 手の爪を切っておく• 鼻の中を乾燥させない• 血管や粘膜を強くさせる 鼻の中を乾燥させないために、マスクや鼻の入り口にワセリンを塗るなどが効果的でしょう。 血管や粘膜を強くするための栄養素は、• ビタミンC(赤ピーマン・ゆず・パセリなど)• ビタミンB2(レバー・魚肉ソーセージ・納卵など)• たんぱく質(しらす干し・いか・ツナ缶など)• フラボノイド(大豆・ごま・緑茶など)• タンニン(紅茶・くるみ・蜂蜜など) です。 鼻の粘膜が弱いと言う人は、意識的に食事に取り入れると効果があります。 まとめ.

次の

【白血病の症例】1週間前から疲れやすい。鼻血も出て止まりにくい|Open Doctors[オープンドクターズ]

鼻血 が よく 出る 大人

サイト改善に向けた5分程度のアンケート実施中。 回答はから。 患者プロフィール60歳男性。 家族と5人暮らし。 仕事は忙しく、休日も休めない日々が続いていた。 受診までの経緯1週間ほど前から、疲れやすさを感じていた。 ここのところ休暇を取れていないせいかと思っていたが、頻繁に鼻血も出るようになり、しかもなかなか止まらない。 「何か悪い病気なのでは」と心配になり、病院を受診した。 診察・検査診察では、まぶたの裏側が少し白くなっており、だるさなどの症状があるので、まずは血液検査を行うことになった。 血液検査では、貧血に加え、白血球の増加(白血球数2万3000)も認められた。 白血球の詳しい成分の検査結果が出るにはもう少し時間がかかってしまうが、白血球に異常があるかもしれないと言われ、診断のために骨髄検査を行うと言われた。 骨髄検査は、骨髄から骨髄液を抜いて、どのような血球が作られているか調べる検査である。 検査結果によっては、即入院して治療をしなければならないことも考えられると言われたが、「仕事の都合もあるので一度帰らせてほしい」とお願いした。 骨髄検査が終わってから1時間はあおむけになって安静が必要だが、その間に血液検査の結果がある程度出るため、その結果を見て入院するかどうかを相談することになった。 診断・治療方針骨髄検査は、染色をしてから顕微鏡で細胞を確認するので、結果が出るまでに少し時間がかかるということだった。 しかし、すでに血液検査で通常見られないような成熟しきっていない白血球が確認されており、白血病が強く疑われるということであった。 また貧血や血小板の減少もかなり進行しており、緊急の輸血が必要なほどであったため、「緊急入院して、すぐに治療を開始した方がいい」と強く勧められた。 自分の体が思ったよりも悪い状態であることを知り、がくぜんとした。 一度帰るつもりだったが、仕事をしている最中に倒れるのも周りに迷惑をかけるかもしれないと思い直し、入院する決意をした。 入院の手続きが終わり、ベッドに案内されると、すぐに輸血を開始することになった。 初めての輸血で緊張したが、特に副作用もなく治療を終えることができた。 輸血が終わるころには骨髄検査の結果が出ており、やはり白血病細胞というがん化した白血球が観察され、染色を行った際の特殊な染まり具合からも、急性骨髄性白血病であると診断された。 急性骨髄性白血病とは、異常な白血病細胞が増殖してしまうために正常な赤血球や白血球、血小板がうまく作れなくなり、減少してしまう病気である。 今回は、白血病細胞が血液中にまで出てきてしまっており、見かけ上の白血球が多くなっていたということであった。 急性骨髄性白血病の治療は、はじめに「寛解導入療法」として抗がん剤による治療(化学療法)を行う。 首から太い血管にカテーテルを入れて、抗がん剤を7日間ずっと流し続ける治療を行うことになると説明を受けた。 まずはこの治療で白血病細胞をできる限り減らし、病気をコントロールする必要があるという。 治療中は正常な白血球も減ってしまうので感染症にかかりやすくなり、吐き気・便秘・脱毛などの副作用が出ることもあると説明された。 治療の経過1カ月ほどの入院で寛解導入療法を行ったが、白血病細胞の減少は不十分であった。 そのため使用する抗がん剤を変更し「再寛解導入療法」を行ったが、それでも治療の効果が現れず、白血病がコントロールされた「寛解」という状態まで改善することはなかった。 その後も2回違う種類の抗がん剤を使った治療を継続したものの、白血病の進行を抑えることはできず、一度家族も交えて今後の治療方針について相談する機会を設けることになった。 医師によると、「抗がん剤に対して抵抗性がある白血病のため、完治は極めて厳しい状況です」とのこと。 さらに、白血病細胞の増殖により正常な骨髄の機能がかなり抑制されてしまっているため、1週間に1回は輸血が必要な状況なのだという。 今後積極的な抗がん剤治療に耐えられるだけの機能が残っておらず、今までのように強い抗がん剤を続けると、治療による重大な合併症を引き起こしてしまい、治療することが原因で命を落としてしまうかもしれないと言われた。 あと5年は仕事をしたいという目標があったものの、病気が完治する見込みは薄いと言われてしまった。 それならばいっそ、残された時間は家族と一緒に過ごしたいと思うようになり、家族もその意思を尊重してくれたので、どうにか一度自宅に帰ることはできないか相談することにした。 すると、積極的な治療ではないが、見かけ上の白血球の数を下げてくれる飲み薬があるそうで、輸血と診察のために週1回通院することができれば、退院は可能であるという。 早速飲み薬を開始すると、5万もあった白血球が2万以下まで減り、治療後続いていた全身のだるさも落ち着いてきて、退院することができた。 医師からは「熱が出たときや、体の痛みに耐えられなくなったときは、すぐに受診してください」と言われた。 その後は、感染症にかかったり出血がひどくなったりして入院することもあったが、しばらくは自宅から通院して治療を続けることができた。 病状が悪くなったときには気分が落ち込むこともあったが、通院の際に外来主治医が腫瘍精神科の医師を紹介してくれたので、必要なときには受診して、サポートしてもらうことができた。 病気になってから気が付いたが、こんなに家族と長く一緒にいたのは初めてかもしれない。 しかし、飲み薬による白血球のコントロールも限界を迎え、血液中の白血球のほとんどが白血病細胞で埋め尽くされるようになり、病状が急速に悪化した。 退院してから半年後、白血病細胞が全身の臓器に広がり、だるさや息苦しさがひどくなったため入院となった。 その後も白血病の進行を抑えることはできず、家族の希望もあり点滴の麻薬製剤を用いながら症状を緩和する治療をしていたが、治療開始から2年後に亡くなった。 サイト改善に向けた5分程度のアンケート実施中。 回答はから。

次の