清水 イアン。 『Can ART change the world?』ゲスト③ 清水イアン

静岡県

清水 イアン

日本らしい考え方で、環境意識を高めていきたい DOWELL編集部: CO2をたくさん排出して温暖化を引き起こしているのは先進国ですが、被害を受けているのは温暖化に加担していない貧困国が多いというのが現状です。 先進国がそうした温暖化の責任をとって問題を改善していこうという「クライメート・ジャスティス」の観点が日本には欠如していると指摘されているようですが、その点はどう思われますか。 清水さん: 「クライメート・ジャスティス」は非常に大切だと考えています。 排出するところが益を得て、そうでないところに被害が出る。 明らかに公平ではなく、矛盾が存在しています。 しかしながら、この「クライメート・ジャスティス」という考え方が日本になかなか浸透していないというのは事実でしょう。 ではなぜ浸透しないのか? 横文字であることからわかるように、この概念は日本発のものではありません。 思うに古くからの日本人の気質というものが少なからず影響しているものと考えます。 DOWELL編集部: ということは、この先も改善していくのは厳しいのでしょうか。 清水さん: 日本では、キリスト教圏などでは一般的な「ジャスティス(=正義)」という概念にはあまり馴染みがなく、しっくりこないのかもしれません。 でも、日本には和を重んじる文化があります。 平穏を守っていくとか、和を乱さないという観点においては結束できるのです。 だから、温暖化問題の解決に向けては、「クライメート・ジャスティス」というアプローチを変えて「地球の温暖化問題は人々の和を乱す問題」と位置づけることを提案したいです。 いわゆるフレーミングの問題だと思うのですが、「温暖化は、日本や世界で平和に暮らしている人々の、まさに和を乱すもの」と発信していけば、日本でも共感を得ていく可能性は高まると思いますよ。 DOWELL編集部: なるほど、「正義」でなく「和」。 日本人にはより身近に感じられ、働きかけやすいように思えます。 これから日本人が環境問題に関わっていくためには、どのような意識や行動が必要だと考えていますか? 清水さん: 置かれた立場でやれることが異なってくると思います。 政府には科学的根拠に基づいた政策で、国民の幸せを最大限に維持していくことを期待しています。 企業は経済を動かす大きなエンジンですが、地球の資源の再生速度に適合したスピードでのビジネスを心掛けていただきたいですね。 一方で個人では、やれることに限界があるように見えますが、実は政府の活動も企業の活動も、根本的に支えているのはここです。 環境問題に真剣に取組んでいる政治家に票を投じるとか、環境を破壊しない企業の商品を選択するとか、周りを見渡せば身近に取組めることがたくさんあるのではないでしょうか。 気軽に参加できるプラットフォームの構築を目指す DOWELL編集部: これから清水さんが、特に力を入れていこうとしている取組みはどのようなものですか? 清水さん: 冒頭でも軽く触れましたが、『weMORI』ですね。 このシステム自体はとても単純なものです。 森林の保全と再生をしている団体が世界中にあるのですが、そういう人たちとユーザーを直接つなげるプラットフォームです。 温暖化と生物多様性の減少が、環境問題において大きなウエートを占めているのですが、そのふたつを同時に解決に導けるのが、実は森林の保全と再生なんですよ。 ユーザーには、関心を持った団体の活動に寄付をしてもらうというアクションを促すわけですが、100円、1ドルといった少額から参加できるのが特長。 まるで一杯のコーヒーを飲むように、気軽に環境問題に取組むことができるのです。 DOWELL編集部: なるほど、100円で環境問題に参加できるのは魅力ですね。 寄付をすると「ありがとうございました」というメールが送られてきて終わり、という団体は多々ありますが、やはり自分が寄付したお金がどのように遣われたのか気になるじゃないですか。 「何平方メートルの森を守った」「何本の木を植えた」「CO2の貯蔵にこれだけ貢献した」といったように結果を可視化して伝えることで、自分ごとになると思うんですね。 あとアプリの中に計算機が組み込まれていて、自分の二酸化炭素の排出量が算出できます。 たとえば、自ら出している二酸化炭素が毎年10キログラムだとかわかると、その分をアプリ内の寄付で相殺するなど、アクションしやすいのです。 DOWELL編集部: すぐにでも使ってみたいアプリですね。 ちなみに私たちが提唱している「Do well by doing good. 」活動は、「いいことをして世界と社会をよくしていこう」というもの。 そのひとつとして「食のよいサイクル」という、生産者の自立と消費者のよろこびを同時に実現する事業を進めていますが、どのように思われますか。 清水さん: 大変共感します。 生きていくには消費をしていかなければならないので、そこでできる限りベストな選択をしていくことは大切ですよね。 これまでの消費システムがもたらした結果のひとつが環境破壊です。 でもこれ以上自然環境が壊されてしまうと、私たちの平和・平穏な生活が維持できなくなります。 これからは「地球環境の再生」を意識し、消費をする必要があると思いますし、寄付を通して地球環境に「お返し」していくという発想でやっていかないといけない。 企業やその商品が生産地域の環境も改良していく「食のよいサイクル」は、必然的に環境問題の改善にもつながっていくのではないでしょうか。 DOWELL編集部: ありがとうございます。 では最後に清水さんの「Do well by doing good. 」についてお聞かせください。 清水さん: また『 weMORI』の話になってしまうんですが、 6月中旬にクラウドファンディングを予定しています。 アプリの開発資金を得ることが課題なのですが、直接寄付を募るのでなく、もっと自然に、森を守りたいという気持ちになってもらいたいと考え、オリジナルのリターンを制作中なんですよ。 実は、以前に教育のプロジェクトでご一緒した詩人の谷川俊太郎さんに、森をテーマに詩を書いていただけることになったんです。 その収益でアプリの開発が進められたら、素晴らしいと考えています。

次の

「日本の銀行が環境破壊に加担する事実」を知らない日本人へ。25歳のアクティビストが提案する解決策とは

清水 イアン

今の時代は、物で溢れかえっていて欲しいものがあれば何でも手に入り、知りたいと思うことは、図書館に行かなくても、インターネットを通じて何でも調べられる時代ですよね。 それでも1日は24時間で、その沢山ある情報量を全部受け止めることができなくて、色々見落としがちな時代なのかなって思います。 その様な中、世界の何処かで起きている事はこれですよって、文字だけでいきなり並べられたとしても、読みたくないのは自然な事ですよね。 但し、もしその後、興味を持って頂いたなら、とことん調べてくださいね!! 埼玉県生まれ。 イギリス在住のコスチュームデザイナー。 CentralSaint MartinsCollege 卒業、カイリー・ ミノーグやポール・マッカートニーの衣装製作やディズニー映画、ハリーポッターのシアタープロダクション製作チーム等に参加し経験を積む。 再生可能エネルギーや持続可能な社会に興 味をもち、アップサイクル=リサイクル可能な材料を使用して衣装を制作している。 イギリスやドイツで行われるファッションウィーク・サステナブル部門で発表を続ける。 2015 ブライトンファッションウィーク(イギリス)、2015 エシカルファッションカレッジ(日本)、2015-2018 (ドイツ)、2017-2018 イギリスにある太陽光、風力発電所 のイベント参加。 またSecret Cinema やミュージックビデオなどの衣装の制作・作品提供など様々なアーティストとコラボレートしながら表現の幅を広げている。 長年、フリーランスとして映像制作業を仕事としてきました。 そうやって一歩踏み出すと縁は縁を呼ぶもので、環境アクティビストの清水イアンと知り合い、環境に関するクリエイティブを手がけるユニット『NEWW』を結成。 そして本作の制作に繋がっていきます。 神奈川県生まれ。 POPかつ奇抜な作風で知られる、映像作家、映像ディレクター。 モーショングラフィックス・アニメーション・実写映像・ゲーム・VR映像など様々な制作方法を身につける。 MV、企業用PR映像を中心に商業映像制作、近作ではサザンオールスターズのアニメーションMV。 2018年より環境問題に関するクリエイティブチーム「NEWW」を環境アクティビストの清水イアンと立ち上げる。 オリジナル作ではニコニコ動画で話題となり、文化庁メディア芸術際入選まで果たした「アホな走り集」、世界初の「沈む」Webサイトが発表された。 このプロジェクトに関して、最初は興味本意で参加しようと思ってましたが、色々聞いてみるとコスチュームデザイナーのクミさんが、環境アートとして「混獲」をテーマとしてドレスを作るっていうので、一体「混獲」とは??? って気持ちで参加しました。 実際漁業の問題となってる混獲。 世界中で問題視されてます。 それを演技とドレスで見事に表現しています。 こういったプロジェクト発信で色々な環境問題に少しでも協力できたらなと思いました。 神奈川県生まれ。 2002 年から、独学でビデオ撮影を開始。 自身のskateboard 映像を作成する傍ら、海外のレーベルにも多くの映像を提供する。 ペインターRei とのコラボレーションによるDVD『TIME TUNNEL』発表をきっかけに、ジャンルを問わず、様々なフィールドでの映像作成を行う。 特に、私自身が漁網で覆われた時、身動きが取れないということを実際に体感しました。 私は、今回のプロジェクトが注目され、さらなる活動へ結びついてくれることを心より願っています。 Before I became involved in this project, I had heard of bycatch. However, it was only a vague understanding and something I didn't have full realisation of. Researching and creating the movement has led me to a deeper understanding; particularly through working with the nets and discovering how difficult it is to move with them covering you. I hope that this project can highlight this issue and bring further awareness. スコットランド生まれ。 世田谷区在住。 過去の出演歴:Royal Opera, Sophie Adams Ballet Company, Ballet Ensemble London, Divine Company, Dolce and Gabbana, Anya Hindmarch, Cartier, Jo Malone, Paloma Faith, The Charlatans, CIPRO 他• 生活している土地、吸っている空気、飲んでいる水、食べているもの、着ている服、移動手段、すべては環境に直結しています。 つまり、この世に環境と関係ない人はいません。 文京区生まれ。 編集長。 認定NPO法人ふくしま30年プロジェクト理事。 ヒップホップを起点とし、骨太文化の研究と実践に勤しみながらアーティスト、ライターとして国内外で幅広く活動。 2013年度日本協同組合学会実践賞受賞。 生活を前衛として、表現活動に取り組んでいる。 主な個展:2016「ビオクラシー」、グループ展:2017 「原子の現場」「If Only Radiation Had Color: The Era of Fukushima」、2018「ビオクラシー」「清山飯坂温泉芸術祭」。 著書にはホセ・ムヒカ元大統領へのインタビュー記事掲載の『福島』『虚人と巨人』『農の再生と食の安全』など。 今回監督の大月さんに本作のプロジェクトに誘ってもらい、テーマでもある混獲問題について初めて知りました。 映像制作をする上でいろいろな方と話してみて、どうやって伝えるか広げるかをこういう切り口で表現するのは大変なチャレンジだと思います。 本作が大きなムーブメントを起こす一つの役割になることを期待しています。 奄美大島生まれ。 広告、ミュージックビデオや映画撮影などで活動。 この企画で、実際に漁業で使われている漁網を使用した衣装を着て、また、漁網を使 い、振り付ける作業をしましたが、漁網の重さと、網にも様々な種類があることに驚きがありました。 重さのあるものはロープのようなずっしりとしたもの、網の 種類については細くて引っかかりやすいもの等違った質感の中で動きも変わっていくことを体験することで新しい表現ができたと思っています。 アートには様々な表現の形がありますが、その中で私たちが認識しなければならない問題提起をすることはアーティストとしても興味深い内容であるし、アートであるからこそ影響力があるかもしれないと思っています。 アーティストとしてできることとして、企画の参加にお声をいただき、感謝しています。 またこういったプロジェクトができることを楽しみにしています。 千葉県生まれ。 11 歳から18 歳までクラシックバレエを習う。 2007 年イギリスへ留学、Roehampton Universityにてダンス学専攻。 大学卒業後、大学院に進み、University of Chichester でダンスパフォーマンス科を専攻。 大学院卒業後は、コンテンポラリーダンスのスタイルを主に、イギリスでフリーランスダンスアーティストとして様々なダンスプロジェクトに参加。 2014 年7月、日本に帰国。 その後日本でも、響カンパニーメンバーとして、またフリーランスダンサーとしてプロジェクトに参加する他、ダンス講師としてもワークショップなどを通して活動を広げている。 今回のプロジェクトに関わったことをきっかけに混獲についてを知り、グリーンピースの方たちの人柄やその活動を知りました。 生活するうえでは目の前に現れた問題解決に夢中で、環境問題のことについて特別意識することなく過ごしているのですが、生活に取り入れて改善につながることはなにか、仕組みや大勢の生活が変わるためにはなにができるかなど、影響は感じづらいけど関わっている問題について考えはじめるきっかけになりました。 今回の映像が、混獲だけに限らずなにかを知り始めるきっかけとして一役かってくれると嬉しいです。 神奈川県生まれ。 映像作家、映像ディレクター。 18 歳まで野球に明け暮れる。 東洋美術学校在学中に独学で映像制作を開始。 実写、モーショングラフィックス、3DCG、グリッチ、など様々な手法で映像を制作する。 MV、ライブ映像、CD ジャケット、企業向けの広告映像を手がける。 環境問題のことを口にすると「意識高い」と言われたり、まさか何か行動している「普通じゃない人」と思われたり 笑 、これまで環境問題はクローズドな世界だったかもしれません。 もっと誰でも話せて、みんなが行動できるものに変えていくのが、私たちにできることなんじゃないかと感じています。 海を守りたいという気持ちを伝染させていけば、混獲もプラスチック汚染も終わらせられると思います。 埼玉県生まれ。 国際環境NGOグリーンピース・ジャパン パブリックエンゲージメント部所属。 今回の混獲の問題を伝えるためのキャンペーンのプロジェクトリーダーを担当。 酸素、魚、遊び場。 海は私たちに多くを与えてくれています。 そんな海の生態系が、温暖化、プラゴミ、農薬の流入、乱獲など様々な理由で危機に瀕しています。 環境問題の多くが目の届かない場所で起きていますが、乱獲・混獲の問題はその最たる例だと思います。 知っていましたか?ニホンウナギが絶滅危惧種であること。 今こそ、人類と海の関係性を見直す時です!このビデオが「食卓に並ぶ魚の背景」と「食卓に魚が並ぶまで」を考えるきっかけになることを願います。 Say no to destructive fishing practices! Say yes to sustainable fishing! グリーンピースの活動を応援します。 大阪生まれ。 環境アクティビスト。 日本支部の立ち上げに貢献。 そこで気候変動の啓発、コミュニティオーガナイジングに3年間注力。 現在は映像作家の大月壮と立ち上げた「環境に関するクリエイティブチーム」NEWWでプランナーとして活動。 2018年8月に世界初の「沈む」ウェブサイト、を発表。 J-wave Morning Radio(代演)などでラジオパーソナリティも務める。

次の

★イアン・ホワイト★世界最大の巨人俳優・スタントマン

清水 イアン

今の時代は、物で溢れかえっていて欲しいものがあれば何でも手に入り、知りたいと思うことは、図書館に行かなくても、インターネットを通じて何でも調べられる時代ですよね。 それでも1日は24時間で、その沢山ある情報量を全部受け止めることができなくて、色々見落としがちな時代なのかなって思います。 その様な中、世界の何処かで起きている事はこれですよって、文字だけでいきなり並べられたとしても、読みたくないのは自然な事ですよね。 但し、もしその後、興味を持って頂いたなら、とことん調べてくださいね!! 埼玉県生まれ。 イギリス在住のコスチュームデザイナー。 CentralSaint MartinsCollege 卒業、カイリー・ ミノーグやポール・マッカートニーの衣装製作やディズニー映画、ハリーポッターのシアタープロダクション製作チーム等に参加し経験を積む。 再生可能エネルギーや持続可能な社会に興 味をもち、アップサイクル=リサイクル可能な材料を使用して衣装を制作している。 イギリスやドイツで行われるファッションウィーク・サステナブル部門で発表を続ける。 2015 ブライトンファッションウィーク(イギリス)、2015 エシカルファッションカレッジ(日本)、2015-2018 (ドイツ)、2017-2018 イギリスにある太陽光、風力発電所 のイベント参加。 またSecret Cinema やミュージックビデオなどの衣装の制作・作品提供など様々なアーティストとコラボレートしながら表現の幅を広げている。 長年、フリーランスとして映像制作業を仕事としてきました。 そうやって一歩踏み出すと縁は縁を呼ぶもので、環境アクティビストの清水イアンと知り合い、環境に関するクリエイティブを手がけるユニット『NEWW』を結成。 そして本作の制作に繋がっていきます。 神奈川県生まれ。 POPかつ奇抜な作風で知られる、映像作家、映像ディレクター。 モーショングラフィックス・アニメーション・実写映像・ゲーム・VR映像など様々な制作方法を身につける。 MV、企業用PR映像を中心に商業映像制作、近作ではサザンオールスターズのアニメーションMV。 2018年より環境問題に関するクリエイティブチーム「NEWW」を環境アクティビストの清水イアンと立ち上げる。 オリジナル作ではニコニコ動画で話題となり、文化庁メディア芸術際入選まで果たした「アホな走り集」、世界初の「沈む」Webサイトが発表された。 このプロジェクトに関して、最初は興味本意で参加しようと思ってましたが、色々聞いてみるとコスチュームデザイナーのクミさんが、環境アートとして「混獲」をテーマとしてドレスを作るっていうので、一体「混獲」とは??? って気持ちで参加しました。 実際漁業の問題となってる混獲。 世界中で問題視されてます。 それを演技とドレスで見事に表現しています。 こういったプロジェクト発信で色々な環境問題に少しでも協力できたらなと思いました。 神奈川県生まれ。 2002 年から、独学でビデオ撮影を開始。 自身のskateboard 映像を作成する傍ら、海外のレーベルにも多くの映像を提供する。 ペインターRei とのコラボレーションによるDVD『TIME TUNNEL』発表をきっかけに、ジャンルを問わず、様々なフィールドでの映像作成を行う。 特に、私自身が漁網で覆われた時、身動きが取れないということを実際に体感しました。 私は、今回のプロジェクトが注目され、さらなる活動へ結びついてくれることを心より願っています。 Before I became involved in this project, I had heard of bycatch. However, it was only a vague understanding and something I didn't have full realisation of. Researching and creating the movement has led me to a deeper understanding; particularly through working with the nets and discovering how difficult it is to move with them covering you. I hope that this project can highlight this issue and bring further awareness. スコットランド生まれ。 世田谷区在住。 過去の出演歴:Royal Opera, Sophie Adams Ballet Company, Ballet Ensemble London, Divine Company, Dolce and Gabbana, Anya Hindmarch, Cartier, Jo Malone, Paloma Faith, The Charlatans, CIPRO 他• 生活している土地、吸っている空気、飲んでいる水、食べているもの、着ている服、移動手段、すべては環境に直結しています。 つまり、この世に環境と関係ない人はいません。 文京区生まれ。 編集長。 認定NPO法人ふくしま30年プロジェクト理事。 ヒップホップを起点とし、骨太文化の研究と実践に勤しみながらアーティスト、ライターとして国内外で幅広く活動。 2013年度日本協同組合学会実践賞受賞。 生活を前衛として、表現活動に取り組んでいる。 主な個展:2016「ビオクラシー」、グループ展:2017 「原子の現場」「If Only Radiation Had Color: The Era of Fukushima」、2018「ビオクラシー」「清山飯坂温泉芸術祭」。 著書にはホセ・ムヒカ元大統領へのインタビュー記事掲載の『福島』『虚人と巨人』『農の再生と食の安全』など。 今回監督の大月さんに本作のプロジェクトに誘ってもらい、テーマでもある混獲問題について初めて知りました。 映像制作をする上でいろいろな方と話してみて、どうやって伝えるか広げるかをこういう切り口で表現するのは大変なチャレンジだと思います。 本作が大きなムーブメントを起こす一つの役割になることを期待しています。 奄美大島生まれ。 広告、ミュージックビデオや映画撮影などで活動。 この企画で、実際に漁業で使われている漁網を使用した衣装を着て、また、漁網を使 い、振り付ける作業をしましたが、漁網の重さと、網にも様々な種類があることに驚きがありました。 重さのあるものはロープのようなずっしりとしたもの、網の 種類については細くて引っかかりやすいもの等違った質感の中で動きも変わっていくことを体験することで新しい表現ができたと思っています。 アートには様々な表現の形がありますが、その中で私たちが認識しなければならない問題提起をすることはアーティストとしても興味深い内容であるし、アートであるからこそ影響力があるかもしれないと思っています。 アーティストとしてできることとして、企画の参加にお声をいただき、感謝しています。 またこういったプロジェクトができることを楽しみにしています。 千葉県生まれ。 11 歳から18 歳までクラシックバレエを習う。 2007 年イギリスへ留学、Roehampton Universityにてダンス学専攻。 大学卒業後、大学院に進み、University of Chichester でダンスパフォーマンス科を専攻。 大学院卒業後は、コンテンポラリーダンスのスタイルを主に、イギリスでフリーランスダンスアーティストとして様々なダンスプロジェクトに参加。 2014 年7月、日本に帰国。 その後日本でも、響カンパニーメンバーとして、またフリーランスダンサーとしてプロジェクトに参加する他、ダンス講師としてもワークショップなどを通して活動を広げている。 今回のプロジェクトに関わったことをきっかけに混獲についてを知り、グリーンピースの方たちの人柄やその活動を知りました。 生活するうえでは目の前に現れた問題解決に夢中で、環境問題のことについて特別意識することなく過ごしているのですが、生活に取り入れて改善につながることはなにか、仕組みや大勢の生活が変わるためにはなにができるかなど、影響は感じづらいけど関わっている問題について考えはじめるきっかけになりました。 今回の映像が、混獲だけに限らずなにかを知り始めるきっかけとして一役かってくれると嬉しいです。 神奈川県生まれ。 映像作家、映像ディレクター。 18 歳まで野球に明け暮れる。 東洋美術学校在学中に独学で映像制作を開始。 実写、モーショングラフィックス、3DCG、グリッチ、など様々な手法で映像を制作する。 MV、ライブ映像、CD ジャケット、企業向けの広告映像を手がける。 環境問題のことを口にすると「意識高い」と言われたり、まさか何か行動している「普通じゃない人」と思われたり 笑 、これまで環境問題はクローズドな世界だったかもしれません。 もっと誰でも話せて、みんなが行動できるものに変えていくのが、私たちにできることなんじゃないかと感じています。 海を守りたいという気持ちを伝染させていけば、混獲もプラスチック汚染も終わらせられると思います。 埼玉県生まれ。 国際環境NGOグリーンピース・ジャパン パブリックエンゲージメント部所属。 今回の混獲の問題を伝えるためのキャンペーンのプロジェクトリーダーを担当。 酸素、魚、遊び場。 海は私たちに多くを与えてくれています。 そんな海の生態系が、温暖化、プラゴミ、農薬の流入、乱獲など様々な理由で危機に瀕しています。 環境問題の多くが目の届かない場所で起きていますが、乱獲・混獲の問題はその最たる例だと思います。 知っていましたか?ニホンウナギが絶滅危惧種であること。 今こそ、人類と海の関係性を見直す時です!このビデオが「食卓に並ぶ魚の背景」と「食卓に魚が並ぶまで」を考えるきっかけになることを願います。 Say no to destructive fishing practices! Say yes to sustainable fishing! グリーンピースの活動を応援します。 大阪生まれ。 環境アクティビスト。 日本支部の立ち上げに貢献。 そこで気候変動の啓発、コミュニティオーガナイジングに3年間注力。 現在は映像作家の大月壮と立ち上げた「環境に関するクリエイティブチーム」NEWWでプランナーとして活動。 2018年8月に世界初の「沈む」ウェブサイト、を発表。 J-wave Morning Radio(代演)などでラジオパーソナリティも務める。

次の