エクセル 乗数 入力。 乗数表示・べき乗表示がしたい-セルの書式設定

乗数表示・べき乗表示がしたい-セルの書式設定

エクセル 乗数 入力

エクセル IF関数とは?どんなことができる? if関数とは、設定した条件にしたがって、値を変化させるエクセル Excel 関数のことです。 まずはif関数でどんなことができるか、具体例を使ってご紹介します。 たとえば、会社の有志でクリスマス会を開催するために、参加する社員から集金をすることになったとします。 なるべく若手社員の負担を少なくしようと、30歳以上の社員の参加費は1,000円、30歳以下の社員の参加費は500円と決まりました。 それに従い、Excelで以下の名簿を作成しました。 ここでif関数を使えば、それぞれの社員の参加費がいくらになるのか、自動的に振り分けをしてセルに入力できます。 「もしも社員が30歳以上なら1,000円」「もしも社員が30歳以下なら500円」という2つのパターンによって値が振り分けられ、セルへ金額が入力されました。 if関数は他にも、社内の資格試験の合格/不合格を自動的に振り分けるときなどに使えます。 このように「もしも……」と条件を指定して、「この場合はA、この場合はB」と値を変えるのが、if関数にできることです。 エクセル IF関数の使い方 それでは、初めにご紹介した例を参考に、Excelのif関数の使い方を解説します。 まずは条件を決めて値を入力した表を作成しましょう。 こちらの例では、(1)30歳以上なら1,000円、(2)30歳以下なら500円、という引数で表を作成しています。 次に、セルに式を入力します。 if関数で使う式は、以下の通りです。 最後に、オートフィルで式をコピーして完了です。 30歳以上の間宮さん・大橋さん・広瀬さん・槇村さん・角田さんは1,000円、30歳以下の家内さんと栗本さんは500円と振り分けられています。 エクセル IF関数で複数条件を指定する方法 エクセルのif関数では、2つ以上の条件を組み合わせることも可能です。 たとえば、参加費が3パターンに増えた場合の例でご説明します。 まずは条件を決めて値を入力した表を作成しましょう。 40歳以上は2,000円、30~40歳は1,000円、30歳以下は500円とします。 次に、セルに式を入力します。 オートフィルで式をコピーして完成です。 一次試験と二次試験がいずれも90点以上の金井さんと槇村さんが合格に、その他のみなさんが不合格に振り分けられています。 一次試験が90点以上または二次試験が90点以上で合格の場合(OR関数) 1. まずはセルに式を入力します。 オートフィルで式をコピーして完成です。 一次試験か二次試験のいずれかが90点以上の、金井さん・間宮さん・広瀬さん・栗本さん・槇村さんが合格に、その他のみなさんが不合格に振り分けられています。 今回は、Excelでのif関数の使い方をご紹介しました。 基本操作のひとつであるif関数は、ビジネスシーンでも非常によく使います。 Excelの基本として押さえておきたい部分はif関数だけではないので、これを機にしっかりとしたExcelの知識を身につけましょう!.

次の

Excel(エクセル)で分数をそのまま表示、入力する3つの方法|約分しない方法や、分母を強制的に決める方法

エクセル 乗数 入力

エクセルで二乗を表記するには? 数値の2乗をエクセルで入力する場合、左上の小さな数字は素直に打っていては入力できません。 左上の小さな数字は「指数」と呼びますが、これを入力したい場合は書式設定を行う必要があります。 具体的には指数は書式設定の「上付き」で行います。 ただこれにはさらにひと手間必要となります。 まずは実際に5の2乗を表す「52」をエクセルで入力してみましょう。 セルに数値 5 と指数 2 を入力したところ、セルの右に「52」が寄って表示されたと思います。 これは「エクセルが入力された文字が数値だと認識している」からです。 このまま「2」だけを選択して書式設定を行っても上図の「52」に戻ります。 書式設定で文字飾りの「上付き」を行う場合は、セルの表示形式が「文字列」でなければ適用されません。 表示形式とは対象のセルがどのような種類のデータを保持し、どのように表示したいかを決める設定です。 確認方法は以下の手順で行えます。 指定をしていなければ「標準」が選択されています。 これはエクセルが入力されたデータを自動認識する設定です。 エクセルの自動設定では困る今回の2乗を表示したいような場合、この表示形式を設定し直す必要があります。 今回は指数を表記したいため、先ほども言いましたが「書式設定で文字飾りの「上付き」を行う場合は、セルの表示形式が「文字列」でなければ表示されません」。 セルの表示形式に「文字列」を指定すると「52」が文字列として認識され、右側ではなく左側に寄ります。 ただセルの書式設定から表示形式を文字列にするのと、シングルクオーテーションで文字列と認識させるのでは表示に違いが発生します。 以下の図を見てください。 4行目の左上に緑色の三角が表示されていますね。 これはセルの表示がエクセルの認識と異なっているというエラーです。 放っておいてもデータに影響はありませんが、気になる場合は「エラーを無視する」を選択しましょう。 そうすると緑色の三角は消え、3行目と同じ表示になります。 それでは表示形式の設定やエラーを踏まえ、次の手順で「52」を表示してみましょう。 そのため上記のようにまずはシングルクオーテーション方式で入力するほうが、多少は手間を省けるでしょう。 1つ目はべき乗の算術演算子を使う方法、2つ目は関数を使用して入力する方法、そして平方根の場合のみ、2つ目と別に関数が用意されています。 これら3つを確認し、よりよい方法で計算を行ってください。 2-1. もちろんセルを指定することも可能です。 A1の3乗は以下のように表します。 2-2. POWER関数を使って計算する方法 べき乗はPOWER関数を使用して計算することも可能です。 POWER関数は以下のように書きます。 計算結果を調整する 「べき乗計算をしていたら電卓とエクセルで結果が違ってしまう」というような場合の対処法を最後に解説します。 これはべき乗の計算というよりは、電卓とエクセルの表示の仕方が異なることが原因です。 電卓とエクセルで結果が異なる場合、多くが小数点を含むような計算でしょう。 たとえば「177. 86891」となりますが、エクセルでは「5614126. 869」です。 ここで差異が生じていますね。 電卓では「0. 14285714285」と結果が出ましたが、エクセルでは「0. 142857143」と表示されました。 上記の例のべき乗計算と同じく小数点以下の数値に差が出ています。 これは電卓では数値を表示できる最大まで表示し以後は切り捨てているのに対し、エクセルではエクセルが自動的に表示桁数を調整し、最後の桁を切り上げているからです。 このまま計算していくと大幅なずれになっていきます。 この場合どちらかに合わせる必要がありますが、ここではエクセルの計算結果を調整して合わせる方法を紹介します。 エクセルは自動調整するからといって、表示された以降の数値を持っていないわけではありません。 142857143」以降の数値を持っていて、表示する桁数に合わせて切り上げをしているのです。 つまり、エクセルも電卓と同じ桁数まで表示できれば問題ありません。 エクセルの「ホーム」タブにある少数桁数を調整するボタンを押せば、桁数を調整できます。 ただし桁の最後は切り上げとなります。 右隣は桁数を減らす。 また関数を使用する方法もあります。 関数であれば切り捨ても可能です。 ROUNDUP関数で切り上げ、ROUNDDOWN関数で切り捨てを行ないます。 では上記を組み合わせて以下の手順でエクセルの計算結果を調整しましょう。 14285714285」、エクセルでは「0. 142857143」の場合、小数点以下の表示桁数が異なります。 電卓では11桁、エクセルでは9桁です。 そのためまずはエクセルで小数点以下桁数を11桁にします。 「ホーム」タブの「小数点以下の表示桁数を増やす」ボタン(上図の赤枠のボタン)を押して表示桁数を増やします。 これで計算結果が電卓と揃いました。 計算を続ける場合はこの数値を使用しましょう。 このようにべき乗計算だけでなく、電卓とエクセルの計算結果の違いが起こる場合は、計算の数値間違い以外に表示桁数や切り上げ・切り捨てなどエクセルのデータの自動調整について確認しましょう。

次の

【エクセル】2乗、3乗などを求める!累乗を計算する方法

エクセル 乗数 入力

エクセルで2乗の計算をするとき、どのように計算していますか。 数式を知っていればより簡単に2乗の計算ができます。 今回は2乗や3乗といった指数の計算である累乗を簡潔に行う方法を紹介します。 そもそも乗数とは? そもそも乗数とは、掛け算の掛ける方の部分を指します。 「2の2乗は4」「4の2乗は16」といったように、同じ数字同士を掛けることを累乗と呼び、掛ける回数に応じて2乗や3乗という言い方をします。 また、「2の -2 乗は0. 25」というようにマイナスの数字を指数とすることもできます。 ここまでは中学校の数学のおさらいでしたが、エクセルにおいても、このような計算が必要な場面が出てきます。 そのとき、あなたならどのような式を入力するでしょうか。 このやり方は、2乗であれば手間はかかりません。 しかし、「5かける5かける5…」のように、3乗や4乗、それ以上の指数の式が、それも1回や2回ではなく何度も出てくるとしたら、それらすべてをひとつずつ掛け算に当てはめて入力するというのは途方もない時間と手間がかかってしまいます。 では、どのように指数の計算を行うのでしょうか。 なおここでいう「数値」とは計算したい数字、「指数」はそのまま指数のことを指します。 「Shift」キー、「Ctrl」キー、「Alt」キー、ファンクションキーなど同時に押すキーはなく、単純に、キーボードを半角英数字の入力モードにした状態で「へ」のキーを押せば入力されます。 2乗、3乗の計算方法~応用編~ 先にも述べた通り、指数はマイナスで使用することもあります。 キャレット、POWER関数どちらを用いても計算できます。 使い方は基本編と同じです。 また、ルート(平方根)や立方根も計算できます。 また、ルートの計算には「SQRT スクエア 」関数を使用しても計算できます。 エクセルで2乗を表示する方法 エクセルで累乗に利用する指数表示する方法があります。 指数表示とは、たとえば「3の2乗」の「2乗」部分を「3」の右上に小さく表示するということです。 方法さえわかれば簡単にできます。 例として、3の2乗を表示させてみましょう。 表示形式を文字列にするため、最初にシングルクォーテーションを入れます。 セルの中の後の「2」だけをドラッグで選択します。 「ホーム」タブの[セル]グループにある「書式」をクリックします。 表示されたメニューの一番下「セルの書式設定」を選びます。 「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されるので、「フォント」タブをクリックします。 「文字飾り」の「上付き」にチェックを入れて「OK」ボタンを押します。 これで設定から指数表示・累乗表示を行うことができます。 また、この小さい「2」を特殊文字とみなして挿入する方法もあります。 以下の手順で入力できます。 「挿入」タブの「記号と特殊文字」グループにある「記号と特殊文字」を選びます。 「記号と特殊文字」ダイアログボックスが表示されたら、フォントを「メイリオ」や「MS ゴシック」などの一般的なものを選択します。 挿入したい指数をクリックします。 「挿入」をクリックすると選んだ記号・特殊文字がセルに入力されます。 これで指数を表示させられます。 なお、指数表示・累乗表示は文字列として入力されるので計算されず、数式などでは利用できません。 計算したい場合はキャレットかPOWER関数を使用しましょう。 ここまで、エクセルでの指数の計算方法や表示方法を解説しました。 指数の計算が出てくる機会は頻繁ではありませんが、方法を知っておくことに越したことはありません。 ぜひ、この機会に指数の計算をマスターしてくださいね。 監修者:たくさがわつねあき(著者・インストラクター) パソコン教室を運営する傍ら、初心者への直接の指導経験を元に執筆活動を行う。 2008年「これからはじめるパソコン超入門の本」で著書デビュー。 代表作に「これからはじめるエクセル超入門の本」の他、「たくさがわ先生が教える」シリーズ(技術評論社)、「大きな字だからスグ分かる」シリーズ(マイナビ)がある。 内容はiPad、Excel、ショートカット、困ったを解決、デジカメ、安全対策など多岐にわたる。 いずれもメディアで紹介され、好調に売上を伸ばしている。 寄稿に、「孫育てのツボ — デジタル機器を使う」(毎日新聞)、「どうしてる?パスワード&暗証番号」(女性セブン)などもある。

次の