ファイル名が有効ではありません。 ファイルがありません

IE でアップロードする際のファイル名

ファイル名が有効ではありません

しばらくの間、MicrosoftはNTFSファイル名の長さの260シンボルの制限を削除するオプションをサポートしました。 ウェブには何をすべきかを説明する記事がたくさんあります。 ヒット Windowsキー、タイプ gpedit. mscおよびキーを押します Enter。 Enable NTFS long pathsオプションをダブルクリックして有効にします。 ただし、そのようなオプションはありません。 以下のスクリーンショットをご覧ください: Windowsの更新プログラムが不足していますか、それとも別のものですか? 解決に役立つ可能性があるため、以下の回答に記載されている適切なレジストリ設定を変更します。 ビルドバージョンを知る 実行 WINVERして Windows 10のビルドを確認できますが、少し読み上げると、 NTFSの長いパスの有効化が ビルド14352以降で利用できるので、 ビルドリリースがそれよりも古いかどうかを確認してくださいそれ以外の場合、 グループポリシーのオプションではない理由の説明。 更新-新しいバージョンのビルド 警告: Windowsレジストリで作業する前に、まず何かをバックアップすることをお勧めします。 これにより、何か問題が発生した場合に復元のオプションを選択できます。 は、Windowsレジストリまたはそのハイブをバックアップおよび復元するさまざまな方法を示します。 いくつかの最新のWindows 10 Anniversary更新プログラムのレジストリの場所が少し変更されたため、ロングパスがWindows APIファイルのパスと名前を克服できるようになりました。 これは一度有効になりました。 長いパスを有効にするレジストリインポート Windows Registry Editor Version 5. regeditでそこを見るとわかります。 Windows Registry Editor Version 5. これらの設定およびこれらの値を変更するグループポリシー設定などまたはすべてのWindowsプログラムでことが報告されています。 確かにすべての問題が修正されますが、これはこの制限を解決するためのMicrosoftの前進です。 以前のバージョンのビルド 警告: 以下の設定はWindows 10のすべてのビルドで機能しない可能性があるため、バックアップ、チェック、テストなどが必要になりますが、まだ設定していない場合は上記のオプションを確認してください。 HKLMレベルで代わりにレジストリを使用する• Windowsキーを押し、 regeditと 入力してEnterキーを押し ます• 次のレジストリキーに移動します。 右側で、 LongPathsEnabledという名前の 新しい32ビットDWORD値を 作成します。 値のデータを 1に設定します。 Windows 10を再起動します HKCUレベルで代わりにレジストリを使用する• Windowsキーを押し、 regeditと 入力してEnterを押します。 LongPathsEnabledキーを選択するか、存在しない場合はDWORD(32ビット)値として作成します。 値を 1に設定し、レジストリエディターを閉じます。

次の

ショートファイル名としては正しくありません

ファイル名が有効ではありません

トラブルシューティング - エージェント展開 トラブルシューティング - エージェント展開 ERAエージェント展開中には問題が発生する場合があります。 展開が失敗した場合、さまざまな原因が考えられます。 このセクションでは次のことができます。 oERAエージェント展開が失敗した原因を探す o 以下の表に従って考えられる原因を確認する o問題を解決して、展開を正常に実行する Windows 1. ]をクリックします。 展開情報のテーブルが表示されます。 進行状況列には、エージェント展開が失敗した理由を説明するエラーメッセージが表示されます。 詳細が必要な場合は、ERAサーバートレースログの詳細レベルを変更できます。 エージェント展開をもう一度実行します。 失敗したら、ERAサーバートレースログファイルの下にある最新のログエントリを確認します。 レポートには、問題の解決方法が提案されます。 最新のファイルは次の場所にあります。 logと同じフォルダに拡張子なしでダミーファイルの traceAll を作成します。 ESET Remote Administrator Serverサービスを再開します。 これで、 trace. logファイルへの完全なロギングが有効になります。 エラーメッセージ 考えられる原因 接続できませんでした このメッセージはさまざまな問題を示している可能性があります。 クライアントがネットワークで到達できません• クライアントのホスト名を解決できませんでした• ファイアウォールが通信をブロックしています• ポート2222および2223がファイアウォールで開いていません クライアントの送信とサーバーの受信• 有効なFQDNコンピューター名を使用します• ファイルとプリンターの共有が有効ではありません• 受信ポート135、137、138、139、445がクライアントのファイアウォールまたはWindows Firewallで開いていません受信ファイルとプリンター共有例外の許可が使用されていません。 アクセスは拒否されました• ドメインに参加しているサーバーからドメインに参加しているクライアントに展開するときには、ネットワークサービスからERAサーバーサービスを一時的に昇格し、ドメインアカウント管理者の下で実行できます。 サーバーから同じドメインにないクライアントに展開するときには、ターゲットコンピューターのUACフィルタリングを無効にします。 サーバーから同じドメインにないクライアントに展開するときには、管理者の形式で管理者グループのメンバーであるローカルユーザーの資格情報を使用します。 ターゲットコンピューター名が自動的にログインの最初に追加されます。 管理者アカウントのパスワードが設定されていません• 不十分なアクセス権です• 簡易ファイル共有の使用が有効です パッケージがリポジトリに見つかりません• リポジトリへのリンクが正しくありません• リポジトリが使用できません• リポジトリには特定の必要なパッケージがありません - 3. 考えられる原因に応じて、適切なトラブルシューティング手順を実施します。 クライアントがネットワークで到達できません - ERAサーバーからクライアントの接続を確認します。 応答がある場合は、リモートでクライアントコンピューターにログインします リモートデスクトップ経由など。 クライアントのホスト名を解決できませんでした - DNSの問題に対する考えられる解決策には次の点があります ただしこれに限定されません。 oエージェント展開の問題があるサーバーまたはクライアントのIPアドレスおよびホスト名の nslookupコマンドを使用します。 結果はコンピューターからの情報と一致するはずです。 たとえば、ホスト名の nslookupは、 ipconfigコマンドが問題のホストに表示するIPアドレスを解決します。 nslookupコマンドはクライアントとサーバーで実行される必要があります。 o重複するDNSレコードがあるかどうか手動で調査します。 ファイアウォールが通信をブロックしています - クライアントとサーバーの両方で、ファイアウォール設定と、これらの2台のコンピューター間に存在する他のファイアウォール 該当する場合 を確認します。 ポート2222と2223がファイアウォールで開いていません - 上記と同じ。 2台のコンピューター クライアントとサーバー 間のすべてのファイアウォールでこれらのポートが開いていることを確認してください。 管理者アカウントのパスワードが設定されていません - 管理者アカウントの適切なパスワードを設定します 空のパスワードは使用しないでください。 不十分なアクセス権 - の作成時にドメイン管理者の認証情報を使用してください。 ワークグループにクライアントコンピューターがある場合、その特定のコンピューターでローカル管理者アカウントを使用します。 注意 新しいWindowsオペレーティングシステム Windows 7、Windows 8など では、エージェント展開タスクを実行するために、Administratorユーザーアカウントを有効にする必要があります。 管理者グループのメンバーであるローカルユーザーを作成するか、ビルトインローカル管理者アカウントを有効にできます。 Administratorユーザーアカウントを 有効にする 1. 管理コマンドプロンプトを開きます 2. 次のコマンドを入力します。 サーバーのコマンドプロンプトから次のコマンドを発行します。 clientnameはターゲットコンピューターの名前です。 簡易ファイル共有の使用が有効です - アクセスが拒否されましたというエラーメッセージが表示され、ドメインとワークグループの両方を含む混合環境を使用している場合は、エージェント展開の問題が発生しているすべてのコンピューターで、 [簡易ファイル共有を使用する]または [共有ウィザードを使用する]を無効にします。 例えば、Windows 7の場合は次のようにします。 o [スタート]をクリックし、検索ボックスで フォルダ と入力し、 フォルダオプション をクリックします。 表示タブをクリックして、詳細設定ボックスでリストを下方向にスクロールし、 共有ウィザードを使用の横のチェックボックスをオフにします。 パッケージがリポジトリに見つかりません - 通常、このエラーメッセージは、ERAリポジトリに接続していないときに表示されます。 インターネット接続を確認してください。 LinuxとMac OS LinuxまたはMac OSでエージェント展開が動作しない場合、一般的に、SSHの問題が原因です。 クライアントコンピューターを確認し、SSHデーモンが実行中であることを確かめてください。 修正したら、エージェント展開をもう一度実行します。

次の

ショートファイル名としては正しくありません

ファイル名が有効ではありません

トラブルシューティング - エージェント展開 トラブルシューティング - エージェント展開 ERAエージェント展開中には問題が発生する場合があります。 展開が失敗した場合、さまざまな原因が考えられます。 このセクションでは次のことができます。 oERAエージェント展開が失敗した原因を探す o 以下の表に従って考えられる原因を確認する o問題を解決して、展開を正常に実行する Windows 1. ]をクリックします。 展開情報のテーブルが表示されます。 進行状況列には、エージェント展開が失敗した理由を説明するエラーメッセージが表示されます。 詳細が必要な場合は、ERAサーバートレースログの詳細レベルを変更できます。 エージェント展開をもう一度実行します。 失敗したら、ERAサーバートレースログファイルの下にある最新のログエントリを確認します。 レポートには、問題の解決方法が提案されます。 最新のファイルは次の場所にあります。 logと同じフォルダに拡張子なしでダミーファイルの traceAll を作成します。 ESET Remote Administrator Serverサービスを再開します。 これで、 trace. logファイルへの完全なロギングが有効になります。 エラーメッセージ 考えられる原因 接続できませんでした このメッセージはさまざまな問題を示している可能性があります。 クライアントがネットワークで到達できません• クライアントのホスト名を解決できませんでした• ファイアウォールが通信をブロックしています• ポート2222および2223がファイアウォールで開いていません クライアントの送信とサーバーの受信• 有効なFQDNコンピューター名を使用します• ファイルとプリンターの共有が有効ではありません• 受信ポート135、137、138、139、445がクライアントのファイアウォールまたはWindows Firewallで開いていません受信ファイルとプリンター共有例外の許可が使用されていません。 アクセスは拒否されました• ドメインに参加しているサーバーからドメインに参加しているクライアントに展開するときには、ネットワークサービスからERAサーバーサービスを一時的に昇格し、ドメインアカウント管理者の下で実行できます。 サーバーから同じドメインにないクライアントに展開するときには、ターゲットコンピューターのUACフィルタリングを無効にします。 サーバーから同じドメインにないクライアントに展開するときには、管理者の形式で管理者グループのメンバーであるローカルユーザーの資格情報を使用します。 ターゲットコンピューター名が自動的にログインの最初に追加されます。 管理者アカウントのパスワードが設定されていません• 不十分なアクセス権です• 簡易ファイル共有の使用が有効です パッケージがリポジトリに見つかりません• リポジトリへのリンクが正しくありません• リポジトリが使用できません• リポジトリには特定の必要なパッケージがありません - 3. 考えられる原因に応じて、適切なトラブルシューティング手順を実施します。 クライアントがネットワークで到達できません - ERAサーバーからクライアントの接続を確認します。 応答がある場合は、リモートでクライアントコンピューターにログインします リモートデスクトップ経由など。 クライアントのホスト名を解決できませんでした - DNSの問題に対する考えられる解決策には次の点があります ただしこれに限定されません。 oエージェント展開の問題があるサーバーまたはクライアントのIPアドレスおよびホスト名の nslookupコマンドを使用します。 結果はコンピューターからの情報と一致するはずです。 たとえば、ホスト名の nslookupは、 ipconfigコマンドが問題のホストに表示するIPアドレスを解決します。 nslookupコマンドはクライアントとサーバーで実行される必要があります。 o重複するDNSレコードがあるかどうか手動で調査します。 ファイアウォールが通信をブロックしています - クライアントとサーバーの両方で、ファイアウォール設定と、これらの2台のコンピューター間に存在する他のファイアウォール 該当する場合 を確認します。 ポート2222と2223がファイアウォールで開いていません - 上記と同じ。 2台のコンピューター クライアントとサーバー 間のすべてのファイアウォールでこれらのポートが開いていることを確認してください。 管理者アカウントのパスワードが設定されていません - 管理者アカウントの適切なパスワードを設定します 空のパスワードは使用しないでください。 不十分なアクセス権 - の作成時にドメイン管理者の認証情報を使用してください。 ワークグループにクライアントコンピューターがある場合、その特定のコンピューターでローカル管理者アカウントを使用します。 注意 新しいWindowsオペレーティングシステム Windows 7、Windows 8など では、エージェント展開タスクを実行するために、Administratorユーザーアカウントを有効にする必要があります。 管理者グループのメンバーであるローカルユーザーを作成するか、ビルトインローカル管理者アカウントを有効にできます。 Administratorユーザーアカウントを 有効にする 1. 管理コマンドプロンプトを開きます 2. 次のコマンドを入力します。 サーバーのコマンドプロンプトから次のコマンドを発行します。 clientnameはターゲットコンピューターの名前です。 簡易ファイル共有の使用が有効です - アクセスが拒否されましたというエラーメッセージが表示され、ドメインとワークグループの両方を含む混合環境を使用している場合は、エージェント展開の問題が発生しているすべてのコンピューターで、 [簡易ファイル共有を使用する]または [共有ウィザードを使用する]を無効にします。 例えば、Windows 7の場合は次のようにします。 o [スタート]をクリックし、検索ボックスで フォルダ と入力し、 フォルダオプション をクリックします。 表示タブをクリックして、詳細設定ボックスでリストを下方向にスクロールし、 共有ウィザードを使用の横のチェックボックスをオフにします。 パッケージがリポジトリに見つかりません - 通常、このエラーメッセージは、ERAリポジトリに接続していないときに表示されます。 インターネット接続を確認してください。 LinuxとMac OS LinuxまたはMac OSでエージェント展開が動作しない場合、一般的に、SSHの問題が原因です。 クライアントコンピューターを確認し、SSHデーモンが実行中であることを確かめてください。 修正したら、エージェント展開をもう一度実行します。

次の