ピリ辛もやしユッケ。 簡単に作れる♪ピリ辛もやしユッケ

ピリ辛!もやしナムルの簡単レシピ (韓国定番のおかず)

ピリ辛もやしユッケ

みじん切りのにんにく 大さじ2~3• サラダ油(または唐辛子の油) 大さじ2• 水 (7カップ)1400ml• 【牛肉】今回は「切り落とし」のような薄めの肉が良いです。 どの部位でも大丈夫です。 【必須野菜】長ネギとキノコは必須です。 上記野菜以外に「玉ねぎ、里芋の茎」を入れる場合もあります。 【辛いスープ】が好きな方は、生または乾燥した唐辛子を追加してください。 【タンミョン】韓国の春雨です。 詳しくはこちらので紹介しています。 【唐辛子の油】コチュギルム(고추기름)というものですが、ラー油とは少し違います。 代わりにサラダ油で良いです。 唐辛子の油を使わない分、粉唐辛子の量を増やします。 ひと目で分かるレシピ• 1牛肉を一口サイズに切り、鍋に入れます。 分量の水に加えて火をつけます。 2ネギは縦の細切りにします。 もやし、きのこ、ぜんまい、大根も食べやすい大きさに切り、用意します。 にんにくはみじん切りにします。 3沸騰したらアクをしっかり取ります。 ネギの半分、もやし以外の野菜とキノコをすべて入れて火が通るまで煮込みます。 5鍋にネギの半分ともやしを加えてひと煮立ちしたら、プライパンで混ぜ合わせた調味料を加え、3分ほど煮込みます。 6スープの味見をして塩で加減を調整し、好みによって溶いた卵を入れます(卵は形になるまで触らない)。 戻してないタンミョンは、後半に鍋に入れ6分くらい火を通らせます。 戻したタンミョンが残った場合は、冷凍保管後、解凍して使ってください。 参考にした韓国版『きょうの料理』番組 今回は、NHKの『きょうの料理』にあたる位置づけの韓国教育放送の料理番組レシピを参考に作りました。 放送分は3回分でアップされていますが、1番目の動画は主に挨拶と材料の説明、2番目は全体の作り方を、3番目はレシピのまとめと試食の内容です。 さっと作り方を見たい方は、3番目の動画を見てください! 写真付きの詳しい作り方 Step1 牛肉を一口サイズに切り、鍋に入れます。 分量の水に加えて火をつけます。 ロースの切り落としだったので、切る必要はなく、そのまま鍋に入れました。 牛肉を水から入れて煮ることで、よりお肉の出汁が出やすくなるそうです。 より綺麗なスープのために、料理研究家さんは牛肉を流水で軽く洗っていますが、後でアクをとるのでパスしても良いかなと思います。 流水で洗うほか、キッチンタオルで牛肉の血を吸収させたり、牛肉のかたまりを水にしばらく入れておく人もいます。 Step2 ネギは縦の細切りにします。 もやし、きのこ、ぜんまい、大根も食べやすい大きさに切り、用意します。 大根は薄めの銀杏切りにします。 料理研究家は火が通るまで時間がかかるせいか大根を入れていませんが、大根から出る出汁がさっぱりして好きなので入れました。 ネギとキノコは、必須です。 その他の具材は好みによって~。 ネギの白い部分は、包丁の腹で叩いてから切ったほうが食感もよく、美味しい出汁が出やすくなるとのことです。 叩き方や切り方は、2番目の動画も見ると分かりやすいです。 ユッケジャンは、長ねぎの味が大きいのでいっぱい入れます! にんにくはみじん切りにします。 韓国のスープ系は、みじん切りのにんにくを後半にたっぷり入れたほうが美味しいです~。 Step3 沸騰したらアクをしっかり取ります。 とり甲斐を感じさせるくらい、いっぱいアクが出ます。 笑 綺麗なスープのためにしっかり取ります。 ネギの半分、もやし以外の 野菜とキノコをすべて入れて、火が通るまで煮込みます。 火が通るまで時間がかかる野菜と、出汁がよく出るキノコを入れます。 ネギの一部は色味と味のために最後に入れましたが、この辺は好みによって調整してください~。 にんにくは生の味を少し残したほうが良いので、軽く炒めます! 粉唐辛子は焦げると苦い味がするので、予熱で軽く炒めるくらいが良いです。 好みの辛さに合わせて調整してください。 辛いもの好きな方は、粉唐辛子だけではなく、生の唐辛子や乾燥した唐辛子をスープに入れる手もあります~。 Step5 鍋にネギの半分ともやしを加えてひと煮立ちしたら、プライパンで混ぜ合わせた調味料を加えます。 3分ほど煮込みます。 急にユッケジャンの姿に変貌します^^ Step6 スープの味見をして塩で加減を調整します。 スープの味見をしたら、牛肉と野菜から美味しい出汁がよく出ていて、ピリ辛と味付けがばっちりでちょっと感動しました! 塩加減もちょうど良かったので、塩を追加で入れませんでした。 好みによって溶いた卵を入れます。 結局入れなかったのですが、好きな方は卵を。 辛さが和らぎます。 綺麗なスープを保つために、 卵は形になるまで触らないことがポイントです!番組動画では入れているので、参考にしてください。 ユッケジャンには溶いた卵を入れることが一般的ですが、溶かずに半熟も美味しそうですね。 試しに、次回その作り方でやってみようと思っています。 特に今回が油っぽかったわけではないですが、もっとヘルシーに作れそうで。 ユッケジャンにも韓国の春雨タンミョンを入れたりしますが、 30分ほど水で戻したタンミョンを茶碗に入れ、その上に熱いスープをかけることを料理研究家は勧めています。 そうすると、歯ごたえがちょうど良いタンミョンを楽しめるとのこと!3番目動画の試食シーンを見ても確かに美味しそうでした。 鍋の中にタンミョンを入れる人も多いですが、すぐ食べないと歯ごたえがなくなります。 下記の鶏肉料理にタンミョンを入れても美味しいです~。 美男の進行役の方が言った通りに、美味しい店で出てくるユッケジャンのように美味しかったです! 牛肉の代わりに、鶏肉の胸肉で作るヘルシーなユッケジャンも人気ですが、それも今度作ってみたいと思います。 日本のお店でたまに見かける「カルビスープ」というものがありますが、ユッケジャンと味が似ていますね。 お肉が焼き肉用のカルビというところが違いますかね。 私の好きな韓国料理のひとつ、ユッケジャン。 美味しくできて嬉しかったです! ユッケジャンには、やっぱりご飯。

次の

こってり濃厚!玉ねぎと鶏むねのケチャップ炒め

ピリ辛もやしユッケ

卵とニラが入ると彩りがきれいですね。 ゆでたもやしにタレを和えるだけの簡単レシピ。 忙しい日のおかずにも最適です。 たった5分で完成! つくれぽ1800越えです。 チーズ入りで子供も大好き! つくれぽ4900越え。 辛いのが好きならコチュジャンを増量に! 苦手ならコチュジャンなしでもOK! つくれぽ1900越えです。 つくれぽ1300越えです。 つくれぽ7700越えです。 簡単におつまみを作りたいときにもおすすめです。 つくれぽ2000越え。 パリパリの麺ととろりあんかけがよく合います。 ダイエットにも人気の食材です。 こちらはもやし・卵・まいたけで作るデトックススープ! つくれぽ2100越えです。 2人分でもやしを袋の半分使います。 冷やし中華のたれの作り方がわかります。 つくれぽ1800越え。 2~3人分でもやし1袋使うレシピです。 4人分でもやしは袋の半分を使います。 つくれぽ1400越え。

次の

ユッケジャン(牛肉のピリ辛スープ)|韓国料理・グルメガイド|韓国旅行「コネスト」

ピリ辛もやしユッケ

食欲をそそる辛さとたっぷりの具が人気の「ユッケジャン」。 具材は牛肉や長ネギ、ワラビなどシンプルな構成ですが、旨味の秘密は長時間煮込んだスープにあります。 なお、1年で最も暑いとされる「」の健康食のひとつにも挙げられるメニューです。 牛肉 ネギ <ユッケジャンの食べ方> 一緒に出されるご飯は、スプーンですくってスープにつけながら食べても良し。 スープの中にご飯を丸ごと入れて「ユッケジャン」にして食べても良し。 食べ方は自由です。 日本では「ユッケジャンうどん」とも呼ばれますが、ピリ辛いスープが麺によく絡まり、美味しいと評判です。 カルグクスの変わりにを入れると「ユッケジャンラーメン」となります。 ・タロクッパ 韓国中南部の都市・のローカルフードである「タロクッパ」もユッケジャンの一種とされており、こちらには牛の血の塊 ソンジ などが入っています。 ・タッケジャン 「ユッケジャン」は牛肉を使用したメニューですが、牛肉 ユッ の代わりに、鶏肉 タッ を使ったメニューが「タッケジャン」です。 スープは同じくピリ辛ですが、弾力あるさっぱりとした鶏肉の食感が良く合います。 このメニューが食べられるお店.

次の