アマゾン・アソシエイト。 【塩対応すぎ!】アマゾンアソシエイトカスタマーサービスの対応がしょっぱ過ぎた件

Amazonアソシエイトの審査に通ったら、参加表明文の記載を忘れずに!

アマゾン・アソシエイト

Associate ID:〇〇〇〇(私のアソシエイトID Comments: 新しくサイトを開設いたしましたので、サイトの追加申請をしたいと思います。 以下が新しいサイトです。 〇〇〇〇(新しいサイトURL)よろしくお願いいたします。 すると、しばらくして、 次のようなお返事が返ってきました。 タカハシ様 Amazon. jpアソシエイト・プログラムにお問い合わせいただき、ありがとうございます。 誠に恐れ入りますが、当プログラムで審査前のURLを参加者様のご判断で「ウェブサイトとモバイルアプリの変更」上に追加・変更いただくことはお断りしております。 URLの追加手順は以下の通りです。 それも2009年って(笑) とはいえ、 このままでは埒(らち)があかないので、もう一度お願いしてみることに。 ここは正直に 「申請時のURLとか忘れちゃったんですけど、そちらで何とかなりませんかね?」 と尋ねてみることに…すると、しらばらくしてこんな ステキなお返事が。 タカハシ様 Amazon. jpアソシエイト・プログラムにお問い合わせいただき、ありがとうございます。 恐れ入りますが、当プログラムにご連絡いただく前にULR情報を更新された場合、正しいURL情報が当プログラムでも把握できない場合があります。 また、以前のURL情報が不明とのため、 今回に限り不問といたします。 このたびのご依頼通り、お知らせいただいた〇〇〇〇(新サイトURL について通常のサイト審査をさせていただき、無事承認となりましたので、既存のアソシエイトID:〇〇〇〇の登録サイトに追加をいたしました。 今後、新しいサイトでのご注文やクリック数などの情報は既存のIDのレポートに計上されます。 なお、 次回以降は必ず前回ご案内させていただいた方法にてご対応くださいますようお願いいたします。 以下省略 今回だけは不問って…まるで魔が差して万引きしちゃったおばあちゃんに対するやさしい店長さんみたいな物言いやないの(分かりにくいわ笑 しかも、 次回以降は先ほどお伝えした方法で申請するようにって… だから、何年も経ったら申請した時のサイトURLなんて忘れちゃうんだってば! いったいどうしろってのよ、まったく。 これが、一応まあまあヘビーユーザーに対する態度かよ。 もう! と文句の一つも言いたくなりますが、 もともとは、 規約をちゃんと読まなかった私に落ち度がある、といえばそうなんですけどね。 次からは、ちゃんとメモしとこ。 ただ、アフィリエイト系のサイトでは、特に 運営側に連絡しなくてもサイトURLを追加できるところがほとんどです。 そんな中、 アマゾンのサイトデザインは、 いかにも誤解を生みやすいのはたしか。 ぜひ早いうちに改善してほしいですね。 なお、 アマゾンアソシエイトでのサイトの追加申請に関しては、 同じようなトラブルを経験されている方も多数いるようで、 「こんな面倒くさいことしなきゃならないんだったら、もうアマゾンアソシエイトとかいいわ。 だってもともとそんなに稼げねえし」 と、さっさとやめちゃったユーザー様もチラホラ…。

次の

Amazonアソシエイトで稼げるの?6つの稼ぎ方&裏技と注意点|クロネのブログ講座

アマゾン・アソシエイト

こんにちは さわです。 先日Amazonアフィリを始めようと思って登録の申請をしたんです。 Amazon. jp サイトへのリンクをあなたのWebサイトやソーシャルアカウントに掲載開始できます。 アソシエイトパートナーはアカウントを維持するために、アカウント作成から 180日以内に少なくとも3つの適格販売(下記「運営規約」参照)が必要です。 3つの適格販売が発生した段階で、当社のチームはアカウントに紐づいているWebサイトまたはソーシャルアカウントをレビューし、Amazonのコンプライアンスに準拠していることを確認します。 Amazonアソシエイト・プログラム運営規約. 適格販売なるものを 3回しなきゃ「 審査しねー」ってことかよ。。 適格販売ってなんなの? の【7. 紹介】の項目に適格販売について記載がありました。 「適格販売」は、 a お客様が乙のサイト上の特別リンクのクリックスルーにてアマゾン・サイトを訪問し、 b 同一の「セッション」中に、お客様が i 商品をショッピングカートに入れ、お客様の最初のクリックスルーから89日以内に当該商品を注文するか、 ii 商品を甲の1-Click注文にて購入するか、 iii 商品がデジタル商品の場合は、アマゾン・サイトから商品をストリームもしくはダウンロードしまたは iv メンバー紹介イベントの場合は、対象のメンバープログラムに登録し、 c 当該商品がお客様宛に出荷され、お客様によりストリームもしくはダウンロードされ、かつその支払いがなされまたは登録が完了した場合に、生じたとみなされます。 引用:Amazonアソシエイト・プログラム運営規約(2020. 27 いや・・こんなんわからんわ 「3つの適格販売」について調べた結果こういう答え辿り着きました。 「 3つの適格販売とは、3つの個別の注文であることを指します。 そのため、複数の商品が含まれている1つの注文は資格対象ではありません。 」 さらに詳しく 3人別々の読者が1つづつ(3つの)商品を買う 1人の読者が3つの商品を買う って事ですわかりました? 合格もしてないのにどうやって商品を売れと?? アマゾンの商品リンクは使用可能です。 Amazonアソシエイトサイトから商品を選べばOKです。 商品リンクの貼り方などはここでは説明しません知りたい方は別でググって下さい。

次の

【審査方法変更?】Amazonアソシエイト180日以内に3つの適格販売せよとは?

アマゾン・アソシエイト

インターネットサイトやブログサイトを閲覧しているとき、商品やサービスの広告が目に入ることがありますよね。 ついつい気になって広告をクリックしてしまうなんてこともあるのではないのでしょうか? これらは「アフィリエイト」と呼ばれ、成果報酬型広告を指します。 すでに取り組んでますという方、また、気になっていてこれから初めてみたいと考えている方、そんな方々へAmazonのアフィリエイトプログラムについてご紹介いたします。 その名も 「」です。 そもそも、成果報酬型広告とは、企業が広告主で売って欲しい商品をアフィリエイター(アフィリエイトに取り組んでいる人)に依頼をし、アフィリエイターは自分が保有するブログサイトなどに企業の広告を掲載します。 ブログを訪れた閲覧者が掲載された広告をクリックし、実際に商品やサービスを購入してもらうことで、成果として報酬が支払われる仕組みとなっています。 この仕組みを踏まえて、 「Amazon アソシエイト・プログラム」とはいったい何なのか、またAmazonと同じくアメリカ出身のグローバルカンパニーであるGoogleが提供する「Google アドセンス」と比較しながら解説していきます。 「Amazon アソシエイト・プログラム」とは? Amazonのアフィリエイト(以下、Amazon アソシエイト・プログラム)は、Amazonの商品を広告することによって、Amazonから紹介料をもらうビジネスモデルです。 「Amazon アソシエイト・プログラム」へ登録しているアフィリエイターは、Amazon. jpの中から広告を掲載したい商品を選び、自身が保有しているブログサイトなどで広告として掲載します。 閲覧者がアフィリエイターのサイトを経由してAmazon. jp で商品を購入した場合、発送済み商品に対して紹介料が支払われる仕組みとなっています。 Amazon アソシエイト・プログラムに加入する 2. Amazon. jpから商品を選ぶ 3. 対象広告をサイト・ブログに掲載する 4. 閲覧者に広告をクリックしてもらう 5. クリックした広告の商品をAmazon. jpで購入してもらう 6. Amazon. jpから紹介料がもらえる Google アドセンスとの違い 「Google アドセンス」もアフィリエイトと同じなんでしょ? と思われることはないでしょうか。 「Google アドセンス」もインターネットサイトやブログにGoogleが提供する広告を掲載することで、収益を得るビジネスモデルです。 Googleから各サイトの内容に合った広告が自動で配信され、ブログ閲覧者が広告をクリックすることで報酬が支払われます。 「Amazon アソシエイト・プログラム」との違いは、 アフィリエイター自身で広告を選ぶ必要はなく、広告をサイト読者にクリックしてもらうだけで収益化できること(商品購入はされなくてよい)です。 では、「Amazon アソシエイト・プログラム」の魅力とはいったい何でしょうか。 「Amazon アソシエイト・プログラム」は、商品1点売れれば数百円の利益に 何と言っても「Amazon アソシエイト・プログラム」の魅力は 無料で利用でき最大10%の紹介料と高い料率です! 例えば、自社サイトに掲載した広告を通じて4000円のメンズジーンズが1点購入された場合、報酬は売上の8%(商品カテゴリー:服)で320円を紹介料として得ることができます。 Googleアドセンスでは1回クリックしてもらうことで30円程の報酬を得られますが、 「Amazon アソシエイト・プログラム」では、さらに高い報酬が期待されます。 法人としても利用可能! 「Amazon アソシエイト・プログラム」では、「Google アドセンス」よりも1回あたりの報酬金額が高く、Amazonブランドへの信頼性からコンバージョン率が高くなります。 商品カテゴリーによっては、1回の販売で売上の10%もの紹介料となります。 そのため、多くのアフィリエイターがAmazon. jpの商品を自分のサイトやブログで紹介しており、紹介してもらえた場合には、Amazon出品者側にとっては大きな宣伝・集客効果が期待できる可能性が生まれます。 そんな宣伝・集客効果を出品者として、アフェイリエイターに取り上げてもらえることを手をこまねいて待っていては勿体ないです! そこで出品者様へ朗報です! 「Amazon アソシエイト・プログラム」は法人向けにも利用できるよう提供しています! と言うことは、 自社サイトやブログなどに無料で広告掲載として盛り込むことが可能なのです。 法人であれば何かしらのインターネットサイトを保有していると思いますで、無料で宣伝・集客効果をアップさせるひとつの方法として利用してみても良いかもしれません。 法人のお客さま向けについて詳しくはをご覧ください。 重要な注意事項としては、 自社サイトやブログに掲載した広告から、自分もしくは法人として購入する「自己購入」は規約違反になりますので、くれぐれもご注意ください! 終わりに・・・ いかがでしたか? 今回は、「Amazon アソシエイト・プログラム」についてご紹介しました。 無料で利用できるため、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。 規約(ルール)に則って気持ちの良い運営をしましょう! 少しでも、本記事が皆様の参考になれば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 取り扱い商品が売れるのかわからない・・・ 他では売れるのにAmazonでは売れない・・・ 検索順位が上がらず集客できない・・・ そんなお悩みを抱えていましたら、 Amazon専門コンサルのパイオニア企業 アグザルファ株式会社へお気軽にご相談ください! — お問い合わせはコチラ — 関連記事•

次の