艦これssドッキリ。 【卯月SS】提督「艦娘に冷たくした結果www」【艦これ】

【艦これSS】提督「加賀ァァァァ!俺だー!結婚してくれ!!」【赤城】

艦これssドッキリ

提督「というドッキリを仕掛けたいんだ」 赤城「それ最後加賀さんに殺されるんじゃないですか?」 艦これのSSです。 アニメ見てないのでキャラの呼称とか違ったりする可能性があります。 あと短いです 提督「マジか」 赤城「ドッキリ大成功!の後で殺されると思います」 提督「流石に死にたくはないな・・・」 赤城「というか何で急にそんな事を?」 提督「ん?いや、こないだ加賀を秘書艦にした時にさ」 ~回想~ 提督「そういや加賀ってどうやってプロポーズされたい?」 加賀「!?」 提督「ほら、やっぱ憧れるプロポーズのされ方とかあるだろ」 加賀「な、な、何故そんな事を」 提督「ちょっと気になっただけだよ」 加賀「・・・」 提督「で、どんな感じ?」 加賀「そんな事考えたこともありません」 提督「んーそうかー」 加賀「で、ですがその、気持ちがこもっていれば誰でも嬉しいかと」 提督「ほほう。 情熱的にされたら嬉しい?」 加賀「・・・まあ、嬉しいですね」 提督「ふむ、なるほど」 ~回想終わり~ 提督「と言われたから、ちょっとやってみようかと」 赤城「へえ」 提督「何だそのやる気のなさは」 赤城「どう答えてほしいんですか?」 提督「まあいい。 実はもうドッキリを仕掛ける用意は出来ている」 赤城「なんですかその準備のよさ」 提督「まあこの看板と、指輪を用意しただけだしな」スッ 赤城「あら綺麗な指輪」 提督「俺の給料三か月分だ」 赤城「それほんとにドッキリなんですか!?」 提督「・・・ばれてしまっては仕方ないな」 提督「そうとも、これはドッキリに見せかけてリアルに結婚を申し込むというドッキリ+サプライズ企画だ!」 提督「この抑えきれん衝動!今こそぶつけるとき!待ってろ加賀ァァァァ!」ダダダ 赤城「・・・なんで私にわざわざそんな話したんですかね」 赤城「一応追いかけよう。 加賀さんが殺ろうとしたら止めに入らないといけないし」 加賀「」ボケー 蒼龍「なんか加賀さん、この間秘書艦やってから様子おかしいよね」 飛龍「何か合ったんだろうとは思うけど・・・」チラッ 加賀(わざわざ提督があんな事聞いたからには何かがあるはず) 加賀(やはり私に・・・) 加賀「いや、ないわね」 加賀(あの人がプロポーズするところが全く想像できないわ) 加賀「いやでも、もしかしたらないと見せかけて・・・」ブツブツ 飛龍「・・・」 蒼龍「なんか声かけにくいよねえ。 これが俺の考えた『情熱』・・・!」 蒼龍(あ、暑苦しい!) 飛龍(ていうかただうるさかっただけのような気が・・・) 提督「加賀、この指輪・・・受け取ってくれないか」 加賀「提、督・・・いいんですか、私で」 提督「お前しかいないんだ。 だが、これは俺の勝手な考え・・・お前が嫌だというなら俺は何も言わない」キリッ 加賀「・・・嬉しい、です。 ありがとうございます、提督」 提督(よし、このタイミングだ!今こそ懐に忍ばせてあるこの『ドッキリ大成功!』の看板を・・・!) 加賀「うっ・・・グス」 提督「!?」 加賀「あの話をされてから、ずっと考えていました。 提督の真意を」 提督「お、おう?」 加賀「ただ気になったから・・・あなたはそう言いましたが、本当にそういうことを考えていて、私に聞いたのか」 加賀「それとも、本当にただふと気になったから聞いただけだったのか・・・」 提督「・・・」 加賀「・・・これが、提督の考えた情熱的なプロポーズだったんですね」 提督「・・・ああ」 提督(い、言えねえ・・・!これは『ドッキリでしたー!』なんていいだせる空気じゃねえ!) 加賀「ちょっと不器用すぎる気もしますけど、一生懸命考えてくれたんだと思うと・・・」グスッ 提督「い、いやその、も、もう泣き止んでくれないかなーって」っハンカチ 加賀「す、いません。 ありがとうございます」 提督「・・・まあその、なんだ」 提督「結婚してもこの戦いが終わるわけじゃない。 これからもうちの主力として頑張ってくれ」 提督「・・・で、戦いが終わったら、一緒に暮らしてくれ」 加賀「・・・はい!」 蒼龍「おめでとう加賀さん・・・!」グスッ 飛龍「いい話だったね」グスッ 赤城「あら、蒼龍、飛龍。 もしかしてそこに提督いる?」 飛龍「あ、赤城さん」 蒼龍「いますよ。 提督が加賀さんにプロポーズして、加賀さんがそれを受けたんです」 赤城「え?ドッキリしなかったの?」 飛龍「え」 蒼龍「ドッ・・・キリ・・・?」 蒼龍「はあ、ドッキリを仕掛けて、呆れているところに本気でするはずだったと」 赤城「そうなんだけど・・・」 飛龍「多分あれ、珍しく提督が空気読んだんでしょうね」 蒼龍「うん。 どのタイミングで言ってても加賀さん泣いて逃げ出してたと思う」 赤城「思った以上に加賀さんに効いたのね、提督の情熱・・・」 赤城「二人とも、これは加賀さんには絶対内緒よ。 加賀さんが聞いたら自殺しちゃうかもしれないわ」 蒼龍「まっさかー!とは言い出せないですあれ見た後だと」 飛龍「だね。 わかりました、この三人だけの秘密にしましょう」 提督「ドッキリを仕掛けようと思っていたが、そんな空気にならなかった・・・」 加賀「?何かいいましたか?」 提督「いや何も。 加賀はかわいいな、ってさ」 おわり おまけ 提督「加賀ー、加賀ー」 加賀「なんですか」 提督「今日って何の日だ?」 加賀「急にどうしたんですか?」 提督「いや、別に深い意味はないんだが」 加賀「・・・覚えてますよ、十年前の今日。 提督が私にプロポーズしてくれましたよね」 提督「なんだ、ちゃんと覚えてたのか」 加賀「もちろんです。 大事な思い出ですから」ニコ 提督「・・・そっか」 提督(忘れてたら実はドッキリをしかけようとしてたことを言おうかと思ったんだが・・・) 加賀「でも提督もちゃんと覚えていたんですね。 ふふ、嬉しいです」 提督「忘れるもんか。 俺にとっても大事な思い出、だからな」ニッ 提督(これはもう墓場まで持っていこう) ほんとにおわり ふと思いついた台詞をスレタイにしようと思って、勢いで書いた。 vip2ch.

次の

曙「どこ見てんのよ、このクソ提督!」提督「うっせーぞ、クソ女」【艦これ】 : 艦隊これくしょん SS

艦これssドッキリ

曙「え……」 提督「聞いてねえのかよクソ野郎。 耳にクソでも詰まってんのか」 曙「野郎って男じゃないし……大体、耳にそんなの詰まるわけ」 提督「あ? 聞こえないんですけどー!」 曙「だ、だからっ」 提督「だーかーらー、もっとでけえ声でしゃべれよ!」ガン! 曙「ちょっ、机蹴らないでよ……」 提督「それが人様に物を頼む態度かよ!」ガンガンガン! 曙「お、お願いだから……やめてくださぃ……」 提督「これだからクソ女は」 曙「ご、ごめん……」 提督「あけぼのちゃーん。 もっと大きな声で話そうよ? いつもみたいにさ、言ってごらん。 クソ提督ってさ。 潮「お、落ち着いてよ漣ちゃん……あれ、提督は?」 提督「ここにいます、はい……」 潮「机の下? 一体どうしたんですか?」 漣「どうしたもこうしたも隠れてないで!」 潮「あの、提督が曙ちゃんを泣かせたって聞いて、それで……」 漣「事と次第によっては綾波けしかけますよ! 怒ってる時の綾波はマジでガクブルもんですから!」 潮「提督?」 提督「うゎあぁぁぁっ!? 」 潮「待って、漣ちゃん。 様子が変だよ」 漣「むぅ……とにかく出てきてくださいっての!」 提督「恥ずかしい! 見ないでくださいー!」 潮「ええ……」 夕張「実は提督から、私たち艦娘をどうすればもっと理解できるのかと相談を受けてまして……それで試薬を煎じてみたいの」 潮「つまり夕張さんが原因?」 漣「ほほぅ」 夕張「ちょっ、そんな怖い顔しないでよ。 私だって本当に反省はしてるんだから」 朧「どんな薬を用意したんです?」 夕張「相手の気持ちになりきれる薬で、それが提督の体質には効き過ぎて過剰に効果が出たんじゃないかな」 漣「じゃあボーノのツン、潮の引っ込み思案に漣の言葉遣いがご主人様には移ってたってこと?」 夕張「たぶんだけど」 漣(じゃあ金剛さんのあれは性欲の権化だとか思ってたんじゃ……ううん、よそう。 私の勝手な推測でみんなを混乱させたくない) 潮「どうして、そんな薬を?」 夕張「相手になりきろうとすれば、その相手をもっと理解できると思ったのよ。 役者さんが役に入りきろうとするのと同じで」 朧「つまり提督は曙が嫌いというわけじゃないんですね」 曙「そうなの……?」 夕張「ええ、あれはあくまで提督から見た曙ちゃんを自分でやってるだけだから。 それもツン成分だけマシマシにしすぎて乱暴なだけになった、ってとこじゃないかな」 曙「よかったぁ……よかったよぉ……」 朧「うんうん」 漣「よくはないでしょ。 ご主人様からは曙ってそういう子だって思われてるってことじゃん」 曙「うわぁぁぁぁん!」 朧「傷口に塩を塗り込むような真似はやめなさい」 漣「あ、ごめん……」 朧「確かに世の中、罵られて喜ぶ人ばかりじゃないとは思うけど」 潮「朧ちゃんも言うね……」 曙「ど、どうすればいいの……」 夕張「薬が切れるまでは安静にしておくしかないかな。 朧はマイルドなのに味わい深い」 朧「意味が分からないです……」 提督「朧が飼ってくれるなら提督冥利に尽きるよ……」 朧「そ、そんな情けない提督はベーリング海に沈めちゃいますよ!」 提督「もう死んでもいい」 朧「うう……」 提督「みんなが朧だったら戦争なんてなくなるのに……」 朧「そんな世の中は……すごく退屈ですよ。 あ、戦争が続いて欲しいって意味じゃないですから」 提督「分かってるよ」 朧「本当ですか? 提督が私たちを分かろうとしてくれるのは嬉しいです。 でも表面ばっかり見て分かった気には……ならないでほしいんです。 分かってないのに分かったとも……言わないでください」 提督「……」 朧「漣は曙が泣かされたのを知って提督を怒りに行って、潮はあなたがそんな人間ではないと心配してついていきました。 いつもの提督ならそんなこと起きないし、分かってくれるんでしょうけど」 朧「ううん、そうじゃないですね……分かってくれるはず。 そう思い込んで提督に勝手を押しつけすぎていたんでしょうか?」 朧「私は……提督にこんな事を言ってる自分が一番分かりません」 朧「こんなこと言っても覚えてないかもしれないですけど、どうしても今の提督に言っておかないといけない気がしたんです。 だから来ました」 朧「朝になったらちゃんと話しましょう。 きっともっと話さなくちゃいけないんだと思います。 今日はゆっくり仕事していきましょうか?」 提督「そうだな。 折り入って聞きたいんですけど、私たちをどうお考えですか?」 提督「こっちが恥ずかしくなりそうな質問だな……言わなきゃだめか?」 朧「話さなくちゃいけないと思います」 提督「いやに積極的だな……ま、そんな朧も新鮮でいいか」 提督「よし、たとえば綾波は怒らせちゃいけない。 何故かと言うと、あいつはとても優しいからだ。 そういうやつは怒り慣れてないから、一度火がついちまうと徹底的にやる。 自分が痛くなるのも忘れて、衝動が燃え尽きるまで徹底的にな。 そんな綾波は溜め込みすぎないよう、こっちで注意しなきゃなって思ってる」 提督「敷波は猫だ。 多摩がいるから目立ってないけど、あいつほど猫っぽい艦娘を俺は知らない。 猫は猫でも澄まし顔のシャム猫かな。 本当は甘やかされないけど、露骨な甘やかしは嫌う。 私を軽く見るんじゃないってね。 距離感が未だによく分からないのが悩みどころだ」 提督「漣は色々考えてる子だ。 というか考えすぎるのかな。 だから独特の言い回しで、本音をそれとなく隠しながら立ち回る。 恥ずかしいって思ってるのか、正直になれないタイプなのかはよく分からん。 考えてみると綾波型って本音を伝えるのが苦手なような……不器用なのか?」 提督「潮は感受性の強い子で、もらい泣きをするタイプって言うのかな。 でも芯が強いから自分の不運とか苦労には耐えられる。 漫画の主人公みたいな子だよ。 ヒロインかな? どっちにしても主役みたいな女の子だよ。 鈍感属性もついてるし。 ん? ボノに向かって太ったからやせたいとか、鈍感以外のなんだって話だろ」 提督「朧は……本人の前で言うのか、これ? まあいいけど……朧はマイルドなのに味わい深い。 するめというか噛み煙草的な……意味が分からないって? 残念だけど朧の良さってのは一見しただけじゃ分からない。 素朴すぎるんだな。 そこもいいとこなんだが……本人にこんな話するなんて、どんな罰ゲームだよ」 朧「では曙はどう思ってるんです?」 提督「曙? そうだなぁ……あいつは……」 トントン 曙「入るわよ、クソ提督!」.

次の

【渋谷凛SS】モバP「凛にドッキリを仕掛けてみよう」

艦これssドッキリ

提督「大丈夫だ、問題ない」キリッ 明石「急にどうしたんですか…? 忙しいんですよ? 」イラァ 提督「すまんすまん。 実はな、最近他の鎮守府で『余命ドッキリ』というものが流行っているらしい」 明石「…それでうちもやろうと…? …ハア…馬鹿じゃないですか? 」 提督「辛辣だなおい…いやな、ドッキリで自分が艦娘にどれくらい慕われてるか分かるらしい」 提督「…少し、気になったんだ。 君たちにどう思われているか…知りたいんだよ」 明石「つまり思いつきなんですねうわぁ…」 明石 …みんな好きなのに…鈍感だなぁ… 明石「…ハア~…分かりました、協力します」 提督「マジか!! ありがと!! 明石愛してる!!!! 」 明石「!? 気持ちこもってないし…」 提督「…え? 心の底からの気持ちだが…? 」 提督「隠しカメラを設置してほしい。 もう妖精さんに作ってもらったからあとは設置だけだ」 明石「いつの間に…」 提督「で、ドッキリのネタばらしのときは、『ドッキリ大成功!! 』の看板を持って出てきてもらう」 提督「それまでは作ったモニタールームでドッキリの様子を見てもらうだけさ」 明石「用意周到じゃないですか!? 思いつきじゃないですよね!? 」 提督「それではレッツゴー! 」 明石「スルーですか!?!? 」 不知火編 提督「今日の秘書艦は…不知火だ。 彼女にドッキリをしかけようか」 明石「うわっ…人選が酷すぎる…」 提督「不知火って態度がさ…たまにきついから…嫌われてるのかなって思って…」 明石 …この鈍感…あの子もなのに… 明石「不知火さんは真面目ですから…」 提督「じゃあ、明石はモニタールームで見ていてくれ。 こんな感じというのを見せるから」 明石「分かりました」 提督「どういう反応を見せるかな? 入ってよろしいでしょうか? 」 明石「不知火さん来ましたね…」 提督「!? わっちょっ待って! 」ドタバタ 不知火「? はい…」 提督「ふう…入っていいよ~」 不知火「失礼します」ガチャ 不知火「秘書艦として参りました。 1日、よろしくです」ピシ 提督「よろしく。 それじゃ、書類手伝ってくれるかい? 」スッ 不知火「分かりました。 失礼します」スッ 明石「んー特に必要以上の会話もなく、見ててつまんないですよね~…」 明石「あっお煎餅だ、食べよ」ガサッ ~ 1300 ~ 提督「ふぅ…不知火、どうだい? 」 不知火「…もう少しで終わると思います」サラサラ 提督「分かった。 そろそろ昼時だ、何か取ってこようか? 」 不知火「いえ! わざわざ司令にそんな…」 提督「はは、いいんだよ。 どうする? 何にする? 」 不知火「すいません……不知火は、司令と同じものでいいです」 提督「いいのかい? じゃあ取りにいってくる」ガチャ 明石「提督は出ていきましたね…不知火さんはどうするんでしょうか? 」 ~数分後~ 不知火「…………よし。 …司令が戻ってくる前に、資料整理でも……」 不知火「……? 」ガサッ 明石「あれは…机からはみ出していた…紙? 」 不知火「……ぇ……余命…三ヶ月!? 」 不知火「嘘…そんな…! 」 明石「なるほど、紙に書かれているんですね…」 ガチャ 不知火「!? 」 提督「不知火~持ってきた…ぞ……」 提督「……不知火…まさか、それを…見たのか…? 」 不知火「…どういう、ことですか…」 提督「ッ…」 不知火「…話して、ください…」 提督「……もう、隠せない、か…」 「……実は…末期のガンなんだ…」 不知火「ぇ…」 提督「最近、見つかって…もう、手遅れだって…医者がな…」 明石「提督演技上手すぎじゃないですか!? 不知火さんショックで固まってる…」 不知火「…………………」 不知火「……ぇ………な…………な……! 」 提督「…どれくらい仕事を続けられるか…俺次第、だな……」 提督「…ああ、そうだ…代わりはいるから、今後の執務は大丈b「代わりってなんですか!!! 」 不知火「…代わりは代わりでも…! 司令、あなた自身ではない、です…! 」ギリッ 提督「ッ!!! 」 不知火「あなたの代わりなんて…いません…! 」 不知火「…司令は…私達を、不知火を…置いていくんですか…? 」 提督「…そんなつもりは…! 」 不知火「…ぃ、嫌です…不知火は…嫌、です…! 」ポロ 提督「!? 不知火…お前…! 」 不知火「私は…! 一番大事な、司令を…失うなんて…! 耐えられません! 」ポロポロ 提督「……」 不知火「とても、とても信頼していたのに…! やっと…やっと私は…一番大切な人が、できたのに…! 」ポロポロ 不知火「……グスッ……ッ……ぅぐっ……グスッ…! 」ポロポロ 提督「………不知火」ギュッ 不知火「!?!? 」 提督「ありがとう…そんなに俺のことを、慕ってくれてたのか…」 提督「気付かなかった…俺は馬鹿だ…部下の気持ちも分からないなんて…」 不知火「…グスッ……ぅ……」 提督「そうだよな…俺の代わりなんて、いないよな…そんな当たり前のことを、忘れていた…」 提督「不知火……ありがとう。 こんな俺を、慕ってくれて…」 不知火「ぅっ…グスッ……ぅぁあ、あああ…! 」 提督「いいんだ…落ち着くまで、泣きなさい…」ポンポン 不知火「ヒグッ…ぅっ…ああ…! 」 不知火「ぁぁぁぁぁあぁあああああああ!!!!!!! 」 不知火「…は、はぃ……」 提督「ありがとな…お陰で、元気が出たさ」 提督「余命三ヶ月なんて気にせず、俺は、生きてやるからな! 」ニカッ 不知火「司令…! 」 提督「ハハハ…あ、そうだ。 不知火、君に見せたいものがある。 見てくれるかい? 」 不知火「? …はい、分かりました…」 提督「これだよ…」ガサッ 『ドッキリ大成功!!! 』 不知火「……は? 」 提督「おーい明石ー? 」 ガチャ 明石「やっぱり酷いですよ泣かして! 」 不知火「え? ……え? 」 提督「は!? 別に結果オーライダルルォ!? 」 不知火「司令…? 」 提督「…とにかく、不知火」 不知火「は、はい…」 提督「騙して悪かった。 余命は嘘だよ」 明石「そうなんですよ! ホントにこの男は! 」 不知火「ドッキリ、ですか…」 提督「いやーそれにしても、こんなに俺を慕ってくれてるなんてな。 嬉しかったぞ、不知火? 」ニヤニヤ 不知火「ぇ……ぁ…! 」 提督「んー? 『一番大切な人』だって? 嬉しいこと言ってくれるじゃあないか! 」 不知火「ッ~!!!! 」 提督「…ああ、当たり前だ。 知りたいことは知れたんだ。 ごめんな、不知火」 不知火「はい…! 」ニコ 明石「なんでいい話みたいに終わるんですか…」 ~ 不知火編・完ッ! ~ 榛名編 提督「フハハ! 良いものを見せてもらった! 」 明石「最低…人間の屑ですね」 提督「お前どんどん辛辣になっていくな」 提督「それじゃあ次、明日の秘書艦は…確か榛名だったな」 明石「うわぁ… ドン引き 」 提督「フフ…見たいか? 榛名の泣き顔 」 明石「見たくありませんよ!! ホントに容赦なしですね!? 」 提督「いやな? 流石に慕ってくれてるのは分かる。 俺は、それがどれくらいなのか、知りたいのさ」 提督「俺は知りたいのさ…榛名の気持ちを…」 明石 この男は…! 提督「それに、明日は明石にも手伝ってもらうからな」 明石「………へ? イッタイドウイウコトデスカ!? 執務室から声が… オチツケ…! タノムカラシズカニシテクレ! 榛名 この声は…提督と…明石さん…? アト…アト、サンカゲツッテ…!? ドウシテ…!? 榛名 仕事のことで喧嘩でしょうか…? とにかく仲介しないと… ガチャ 榛名「失礼します。 あの、どうs 明石「余命三ヶ月ってどういうことですか!? 」 榛名「まし……た………………ぇ? 」 バンッ!! 明石「ッ!? 」ビクッ 榛名「ひうっ!? 」ビクッ 提督「……俺だって!! 信じられるわけねぇだろ!!!! 急に三ヶ月しか生きられないなんて言われて!!!!! 」ギリッ 提督「俺は…!! お前たちと、終戦まで…戦いたかった…! それなのに…それなのに…! 」ポロ 明石「提督…! 」 提督「…ッ……………………すまん、言い過ぎた……」 明石「……いいえ、私もでした……ごめんなさい、気が動転してしまって………頭、冷やしてきます……」クルッ 榛名「……」 明石「なっ……!? 」 提督「ッ!?!? 」 榛名「……どういう、ことですか……」プルプル 提督「ぃ、いや、これはだな……」 榛名「余命三ヶ月ってどういうことですか!? 」バンッ! 明石「は、榛名さん…落ち着いて…! 」 榛名「全然元気じゃないですか!! なのに……なんで……! 」ポロ 提督「榛名…」 榛名「なんで…提督が…! …グスッ…提督なんでずか…! 」ポロポロ 提督「…」 榛名「もっど、一緒に…戦いだがったのにぃ…グスッ…笑いあ"いたかっだのに…! …ヒグッ…」 榛名「…ぅぅ……あ……グスッ………ぃ、嫌ぁ……」 提督「……榛名」ギュ 榛名「てい、とく…」 提督「ありがとう……ありがとな、榛名…」 提督「こんなに俺のことを思ってくれて、嬉しい…」 提督「……余命三ヶ月がなんだ……俺は、最後まで、図太く生きてやるからな…」 榛名「提督ぅ…! 」 提督「……榛名…ありがとう…本当にありがとう…」 榛名「でいとぐ…ヒグッ…提督ぅ…! 」ポロポロ 提督「…ありがとう…」ギュー 榛名「ヒッ…うぐっ…! ぁぁぁぁあああああぁぁぁああぁぁぁぁ!!!! 」ヨシヨシ 榛名「グスッ……はぃ……」 提督「よかった……すまんな、突然…」 榛名「いえ、仕方ないですよ……」 提督「…なあ、榛名」 榛名「はい、なんでしょうか…? 」 提督「後ろ、向いてくれ」 榛名「え? ……はい…」クルッ 明石『ドッキリ大成功!!! 』 榛名「……へ? 」 提督「余命三ヶ月と言ったな。 あれは嘘だ」 明石「本当に外道ですよこの男…」 榛名「…………な…! 」プルプル 提督「ん? 」 榛名「…もう"提督なんてっ…! 知りませえええええええん!!!!!! 」ドタタタ 提督「ちょっ!? 」 ビエエエエエエエエン… 明石「あー泣かしたーサイテー」 提督「ごめんな榛名…でも、俺は嬉しかったよ」 明石「ホント最低です! 彼女は本当に慕ってくれていたのに! 」 提督「ごめんな。 部下の気持ちも分からなくて…」 明石「はぁ…罪悪感で胸が一杯ですよ。 だいt ドガァァァン! ドア:大破! 金剛「妹を泣かしたのは、どこのどいつデース? 」 金剛「ヘーイ提督ゥ! 榛名を泣かした責任、どう取りますカー? 」ニコニコ 提督「クソッ…! こうなったら…明石ィ! お前も道連れ…っていない!? 」 金剛「提督ゥ! 覚悟しなさいネー? もうこれに懲りて…」 提督「やめるつもりはないぞ」 明石「………えっ」 ~ 榛名編・完ッ! ~ 球磨編 明石「結局榛名さんとは仲直り出来たんですか? 」 提督「口聞いてくれなかったけど、必死に謝ったらなんとかな」 明石「ドッキリ中にも思いましたが、なんでそうポンポンとでまかせを並べられるんですか…? 」 提督「ああ、あれか? 本心だぞ? たまにキツイ言葉をもらうこともあるし…」 明石「…そんなことないですけどね…」 提督「そうなのか? ではどう反応してくれるか楽しみだ」 提督「今回は、ドッキリ看板を持って出てくる役をよろしく。 ゴホッ! ゴホッゴホッゴボッ! ハァッ…! ゴホッゴホッゴホッ! ゴホッゴホッ……ッ!? ……チッ……シカタナイ…ツカウカ… 球磨 かなり咳き込んでるクマ……大丈夫かクマ…? コンコンコン 提督「!?!?!? 」ビクッ 球磨「失礼するクマ」 提督「!! 今は駄目だ!! 少し後にもう一度来てくれ!! 」 球磨「提督…隠し事クマ…? やめろ!! 見るな!! 」 球磨「無駄だクマ。 隠し事ってなん…だ……クマ…」 球磨「…………ぇ……血……」 提督「ッ……チッ……」 球磨「……何の、冗談だクマ……」 球磨「…何の病気かクマ…」 提督「……もう、隠せない、か…」 提督「……末期の、ガンらしい…」 提督「俺は、あと三ヶ月しか…生きられないんだ」 球磨「ぇ……」 提督「…ギリギリまで、ここで一緒に戦うつもりだ……って、あれ…? 」 球磨「…」 提督「球磨…? 」 球磨「」フラッ バタッ 提督「クマァァァァァァァァァァァアアアア!?!?!? 球磨 ………ここは、どこだクマ…… ッ……グスッ…! 球磨 …? 誰か、泣いてるクマ…? 誰だクマ…? 球磨「…大丈夫かク……マ……」クルッ 明石「…ヒグッ………グスッ………な、なんでぇ……起きて下さいよぉ…! 」 提督「」 球磨「………ぇ………え? 」 提督「」 球磨「な、なんで…起きないクマ……そんな、嫌だ……嫌だクマァッ…! …グスッ…」ボロ 球磨「は、早す、ぎ……グスッ…ヒグッ……早すぎだクマァ…! 」ポロポロ 球磨「まだっ……伝えれて…! …ヒグッ……ないのにぃ…! …グスッ…」 球磨「エグッ…グスッ…! …ぁ、あぁ……うっぁああ、あああ…! 」 球磨「…あぁぁぁあ…! …エグッ…ぃゃ……嫌だ、クマァ…! 」 球磨「クマ"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"!!!!! 」ガバッ 球磨「ハァッ…ハァッ…! ………? 」 提督「大丈夫か球磨!? 」 球磨「………ぇ……てい、とく……な、なんで……」 提督「大丈夫か!? 大分うなされていたが…」 球磨「………あぁ……夢か、クマ……」 球磨「……でも、提督は……あと……」 提督「すまんかった! すべて嘘なんだ! 」 球磨「…………ぇ? 」 提督「明石! 」 バタン! 明石『ドッキリ大成功!!! 』 球磨「……どっ、きり……」 提督「本当にすまんかった! 余命三ヶ月は嘘なんだ! 」 明石「あなたを騙したんですよこの男は! 本当に最低です! 」 球磨「………ぅ、そ………ッ………! 」プルプル 提督「…殴りたきゃ殴れ……殴られて当然だ………」 球磨「…ッ!! よかったクマアアアアアアアアアアア!!! 」ビェェェェン 提督「うおっ!? 」ドサッ 球磨「よかった……よかったクマァ…! 」ギュー 提督「よしよし…ごめんな…」 球磨「うぅ…グスッ…よかったぁ……」 明石「あれー…? また良い感じで終わりそう…」 提督「いいじゃんこれで……球磨。 そこからお前は、立ち直らなければならん」 提督「球磨、お前ならできると信じている。 出来るか? 」 球磨「……なめるなクマ。 意外と優秀な球磨だクマ。 出来ない筈がないクマ」 提督「流石だ。 よろしく頼むぞ! 」 明石「え何この展開」 ~ 球磨編・完ッ! 」 大淀「…」トコトコ 提督「おーい大淀? ちょっといいか? 」 大淀「はい、提督! 何でしょうか? 」 提督「今日の1700って空いてるか? 」 大淀「…はい、大丈夫ですよ? 」 提督「その時に、執務室に来てほしい。 少し、執務のことで相談がある」 大淀「分かりました。 では、後でお伺いしますね」 提督「すまんな。 それじゃよろしく」 大淀「はい! 夕張いるかー? 」 ハーイ、チョットマッテー…キャアッ!? ドガッガラガッシャーン! 提督「おい!? 大丈夫か!? 」 夕張「イタタ……アハハ、工具箱に躓いて転んじゃいました…」 提督「おいおい…怪我ないか? 」 夕張「えへへ…大丈夫です! …あ、何か用ですか? 」 提督「ああ、そうだ。 頼み事がある」 夕張「何か作るんですか? 」 提督「いいや、違う。 今日の1700に、執務室に来てほしい。 話がある」 夕張「えっ…怒られるようなことしたかなぁ…」 提督「怒るときは直接言いにいくから。 別に怒るわけじゃない」 夕張「ふーん…分かりました。 よろしく」 夕張「いいえ~大丈夫ですから! 」 提督「ありがとう……じゃあ、俺は執務室に戻るわ」 夕張「は~い! じゃあ後で~」 提督「おう」スタスタ… 夕張「………何だろう?

次の