ツイッター フォロー 確認。 Twitterで相互フォローのアカウントを簡単に確認・整理する方法!

ツイッターをフォローするときの挨拶の仕方は?Twitter/初リプ

ツイッター フォロー 確認

この章の目次• プッシュ通知が届く プッシュ通知が届く フォローリクエストを受けると、通知設定などで機能をオフにしていない限り、お使いのスマホに図のようにプッシュ通知が届きます。 これによって、自分にリクエストをしているユーザーがいるのを知ることができます。 ホーム画面にお知らせがある 「フォローリクエスト」の項目 サンプルはiPhone版アプリです。 通知機能をオフにして、プッシュ通知が届かなくても、ログインした時のホーム画面に、他ユーザーからフォローリクエストがあるのを知ることができます。 これについては、次章で詳しく説明します。 フォローリクエストが消えてしまった プッシュ通知などでフォローリクエストを受けたけど、ログインしても、そのフォローリクエストが見つからない場合があります。 これは、そのユーザーが、あなたがフォローリクエストの許可・不許可を選択する前に、そのリクエストをキャンセルしてしまったことが原因です。 なので、そのユーザーがもう一度、あなたにフォローリクエストを送らない限り、フォロワーにすることはできません。 リクエストを確認する手順 メニューボタンをタップする Twitterにログインしたら、右上にあるメニューボタンをタップして下さい。 縦に3つの点のアイコンです。 アカウント名をタップする メニューが表示されます。 その中から自分のアカウントのアイコンと名前の項目をタップして下さい。 下にスクロールする 自分のプロフィール画面に移動します。 画面下の方に、ずーっとスクロールしていって下さい。 「フォローリクエスト」をタップする 画面下にメニューがあります。 その中から、「フォローリクエスト」をタップして下さい。 リクエストしているユーザー一覧が表示される あなたにフォローリクエストを送っているユーザーの一覧画面に移動します。 ウェブの場合 フォローリクエストを承認、または拒否する方法を紹介します。 前章を参考に、リクエストしているユーザーの一覧画面に移動しておいて下さい。 リクエストを一度拒否すると、そのユーザーが再びリクエストを送ってこない限り、そのユーザーをフォロワーにすることができなくなってしまうのでご注意下さい。 この章の目次• リクエストを承認した場合 リクエストを承認した場合、相手にプッシュ通知などはいきません。 相手は、フォロワーになったことによって、自身のタイムラインにあなたのツイートが表示されるようになり、それでリクエストが承認されたことを知るでしょう。 または、相手のフォローリストにあなたが加わっていることを確認することもできます。 リクエストを拒否した場合 「フォロー許可待ち」の表示がある リクエストを拒否した場合も、相手に通知がいくことはありません。 ただし、相手はあなたがリクエストを拒否したのを知ることができます。 例えば、これはリクエストを送った側のユーザーが、あなたのプロフィールを見た画面です。 赤枠の部分に「現在フォローリクエスト中」という案内がありますね。 「フォロー許可待ち」が消えてしまう しかし、あなたがリクエストを拒否した以降は、図のように「現在リクエスト中」という案内が消えてしまいます。 これで、相手は、あなたが自分のリクエストを拒否したのを知ることができるというわけです。 リクエストを拒否する時は、相手がそれを知り得るということを認識しておきましょう。 放置も1つの手段 自分が拒否したことを相手に知られるのが嫌な場合は、相手のリクエストを承認も拒否もしないで放置しておくという手もあります。 相手側にすれば、「一度リクエストを自分でキャンセルして再び新たなリクエストを送る」という手段もありますが、そんなことをする人は滅多にいないでしょう。 いたらそれを理由にして、ブロックすることもできますね。 つまり、放置は波風立てないで断れる手段になるということです。 忘れられた頃に拒否手続きをしちゃいましょう。 スポンサーリンク.

次の

Twitter(ツイッター)でフォロー解除したユーザーを確認できるおすすめツール5選!

ツイッター フォロー 確認

Twitter(ツイッター)のフォロー・フォロワー履歴は確認できる? 通常版のTwitter(ツイッター)では、プロフィールの〈フォロー〉〈フォロワー〉の一覧配列から、フォローされた履歴や自分がフォローした履歴を確認できますが、自分をフォローを解除(リムーヴ)したアカウントや自分がフォローを解除したアカウントなどの履歴を確認はできません。 Twitterのフォロワーが減った場合の確認や、フォロワー数が変動している場合の確認をしたい場合には、ツールを活用する必要があります。 フォロー・フォロワー履歴を確認できるツール Twitter(ツイッター)のフォロー・フォロワーの履歴やフォロー解除したアカウント、自分が誰をフォロー解除(リムーヴ)したのかなどを簡単に確認できるツールを紹介します。 各ツールによって特徴が異なるので特徴を理解して、自分のアカウントに合ったツールを選びましょう。 多機能ツール「SocialDog」 「SocialDog」は、Twitter(ツイッター)の運用に役立つ機能が豊富に搭載されている多機能ツールです。 SocialDogを使えば、フォローされたアカウントとフォローしたアカウントの履歴が表示されます。 さらに、フォローバックされていないアカウントや、自分がフォロー返しをしていないアカウント、フォロワーの中でも非アクティブなアカウントも抽出してくれます。 新着のフォロワーや自分をフォロー解除した最新のアカウント情報についても、フォロー管理タブから簡単に確認でき、自分がフォロー解除した数を自動的に算出して表示してくれます。 その他にもSocialDogには予約投稿機能や高度な分析機能など、Twitterの運用を効率化してくれる機能が備わっています。 特に分析機能では、ツイートごとのエンゲージメントを日時に分けてわかりやすく分析してくれたり、フォロワーの属性を分析してくれたりするので、ツイートの内容を作成する際や投稿時間を設定する際に役立ちます。 また、有料機能には「高度なフィルタ」機能があり、フォロワーを検索する際にいいね数やツイート数などで限定できるため効率的に検索できます。 SocialDogは簡単に利用を開始できるので、気になる方はぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。 ひすったー 「ひすったー」では、以下の項目の履歴を確認できます。 フォロー解除した• フォロー解除された• フォローした• フォローされた• ブロックした• ブロック解除した• ブロックされた可能性 「ブロックされた可能性」に関しては、ブロックされたと思われる時期と同じ時期にフォローをリムーヴ(解除)したアカウントも表示されるので正確性はさほど高くないようです。 ひすったーを利用している期間のフォロー・フォロワー・ブロックの数の変動を確認できるため、利用前に解除されたアカウントなどの数は確認できません。 えごったー 「えごったー」は、以下の大きく3つを簡単に確認できるアカウントです。 相互フォローのアカウント• 片思いのアカウント• フォロー解除・ブロックなどを行ったアカウント フォロワーが減ったりブロックされたときに、すぐにそのアカウント名を表示してくれます。 また、「リムられ通知」という機能があり、フォロワーが減った際にメールで知らせてくれます。 350万回以上利用実績を持つえごったーは、Twitter IDを入れるだけで5~10秒ほどですぐにフォロー管理に必要な情報結果が確認できます。 りむられチェック 「りむられチェック」は、えごったーが展開する便利機能です。 リムられチェックにログインするだけで、フォロワーの中から解除されたアカウントを自動で見つけてくれます。 スマホからでも簡単にチェックができます。 フォローチェック for Twitter 「フォローチェック for Twitter」は、Twitter(ツイッター)のフォロー管理専門のスマートフォン向けアプリです。 フォローされた最新のユーザー数やフォロー解除されたユーザー数、ブロック数などをグラフで表示してくれます。 フォローバックされていないアカウントや、自分がフォローバックしていないアカウントなどをフィルターをかけて表示できるので、フォロー管理の効率化が図れます。 アカウントのツイート数や最新のツイート日時なども確認できるので、フォロワーのアクティブ状況なども確認ができます。 Manageflitter 「Manageflitter」は、フォロー解除に特化したTwitter(ツイッター)のフォロー管理ツールで、無料で使用できます。 非アクティブなアカウントやスパムアカウント、初期設定のままのアカウント、外国語のアカウントなどを一覧で表示してくれるので、フォロワーを整理する際にとても役立ちます。 機能の中でも特に、フォローバックのないアカウントを一覧表示する機能が搭載されています。 さらに、アカウントとツイートの分析機能も搭載しています。 フォロー解除(リムーブ)やブロックの通知は受け取れる? フォローをリムーブ(解除)された際に通知される機能は、公式Twitter(ツイッター)には搭載されていません。 リムーブ(解除)された際に通知を設定したい方は、ツールを導入して設定する必要があります。 リムーブ(解除)された際に通知を受け取りたい方は「えごったー」の導入をおすすめします。 えごったーは350万回以上の利用実績のある便利ツールです。 えごったーには「リムられ通知」という機能があり、フォロワーが減ったり自身がブロックされたときなどに通知で知らせてくれます。 ツールを有効活用して運用に活かしましょう Twitter(ツイッター)のフォロー・フォロワーの履歴を確認する方法をご紹介しました。 フォローやフォロワーの履歴やフォロー解除の履歴などを把握しておくことはTwitterのフォロー管理をする上でとても大切です。 ツールを使用することでフォローやフォロワーの履歴を確認できるので、よりフォロー整理を効率的に行えます。 ツールを活用して効果的にアカウントを運用しましょう。

次の

ツイッターをフォローするときの挨拶の仕方は?Twitter/初リプ

ツイッター フォロー 確認

Twitter(ツイッター)の相互フォローアカウントを確認する方法は大きく3種類 Twitter(ツイッター)の相互フォローを確認する方法は大きく以下の3つの方法があります。 公式Twitter• ツール• アプリ 相互フォローを確認する際には、ツールやアプリを使用するのがおすすめです。 相互フォローは公式のTwitterからでも確認できますが、フォローしているアカウントを1件ずつ確認する必要があるため、非常に時間がかかってしまいます。 ツールやアプリによっては、ワンクリックで相互フォローを確認できる便利な機能もあるので、効率的に相互フォローを確認できます。 に ツールで確認する ここでは、ツールを利用して確認するメリットや確認におすすめのツールをご紹介します。 気になるツールがあった場合は、積極的に利用してみましょう。 ツールを利用するメリット ツールのメリットは、公式よりも効率的に調べられるということです。 ツールは、Twitter(ツイッター)アカウントと同期すると、すぐに相互フォローユーザーを検出します。 そのため、プロフィール欄から探し出す手間がありません。 さらに、片思いアカウントを検出して、その場ですぐにフォローを解除できます。 相互フォローを確認するのにおすすめのツール 相互フォローの確認におすすめのツールを5種類ご紹介します。 それぞれのツールごとに搭載されている機能は異なるので、自分に合うツールを見つけて試してみましょう。 SocialDog 「」は、フォロワー管理や予約投稿、分析機能など多彩な機能を搭載した多機能ツールです。 SocialDogを利用すれば、フォローしてくれたアカウント、フォロー返しをしてくれないアカウントを一覧で表示することができます。 また、ツール上からフォローやフォロー解除の操作も行えます。 画像は「一方的にフォローされているアカウント」の一覧です。 「フォロー」をクリックするとフォロー返しができます。 その他にも、SocialDogには予約投稿機能や分析機能などの運用を効率化してくれる便利な機能が揃っています。 特に、分析機能では、自身のツイートについたいいねやRT(リツイート)を日時に分けてわかりやすく表示してくれ、ツイートの投稿時間などを設定するのに役立ちます。 簡単に利用を開始できるので、気になる方は積極的に利用を開始してみましょう! whotwi whotwiは、登録不要で利用できるツールです。 使い方は、whotwiの公式サイトに自分のアカウントIDを入力します。 入力すると、上部に両思い、片思われ、片思いのタブが表示されるので、ここで相互フォロー確認ができます。 自動フォロー機能もあるので、いちいちフォロー返しをするのが面倒だという方におすすめです。 ただし、自動フォローはスパムアカウントも自動的にフォローしてしまうこともあるので、気をつけましょう。 片思いチェッカー 名前の通り、片思いや片思われを見つけてくれるツールです。 アカウントIDを入力すれば、スピーディーに片思い・両思い・片思われのユーザーを表示してくれます。 さらに、片思いチェッカーではユーザーをフォロー数の多いユーザー、フォロワー数の多いユーザー、1ヶ月以上つぶやいていないユーザーに並び替える機能がついているので、フォロー返しにとても便利です。 ただし、片思いチェッカーは片思いや片思われを見つける機能しかなく、SocialDogのように予約投稿や分析機能は備わっていません。 片思いったー 片思いったーは片思いユーザー検索に特化したツールです。 フォローしているのに、フォローを返してくれないユーザーのフォロー解除をするときに便利です。 片思いったーで一気にフォロー解除ができますが、あまりに解除数が多いとアカウントが凍結されるので、1日に解除する人数を20〜30人ほどに決めておきましょう。 片思いったーは無料で使えますが、片思いユーザーを見つける機能しかありません。 もっとアカウントを管理・分析したい場合はSocialDogやwhotwiをおすすめします。 Friend Follow Friend Followも無料で使えるツールです。 ただ、片思いや両思いといった表記ではなく、フォローしているは片思いフォロー、ファンは片思いフォロワーとなります。 ユーザーはアイコンで表示されますが、クリックすればフォロー数やフォロワー数などユーザー詳細も確認することができます。 Friend Followも片思いったーと同じように機能が少なめです。 その分動作が早いのでアカウントを整理するには便利なツールです。 ツールを利用する際の注意点 ツールを利用する場合は、フォロー解除を大量にし過ぎないように注意しましょう。 Twitter(ツイッター)では過剰にフォローやフォロー解除などを繰り返す行為を禁止しており、違反が発覚した場合はスパムアカウントとしてアカウントが凍結される恐れがあります。 注意点を理解して、ツールを使用するようにしましょう。 スマートフォンアプリで確認する ここでは、相互フォローの確認におすすめのスマートフォンアプリやメリット、注意点をご紹介します。 手軽に相互フォローの確認をしたい方はぜひ利用を検討してみましょう。 アプリを利用するメリット スマホアプリを使うことで、ホーム画面から直接アプリを操作できるようになるため、起動までの効率化が図れて便利です。 また、スマホの通知機能を利用して直接通知が表示されるため、Twitterアカウントに関する情報をリアルタイムに確認できることも大きなメリットです。 相互フォローを確認するのにおすすめのアプリ 相互フォローの確認におすすめのアプリをご紹介します。 それぞれの機能について理解して、アプリで確認する際に参考にしてください。 SocialDog SocialDogですが、スマホでも利用できます。 ただし、ツールとアプリで利用できる機能は異なります。 以下は、アプリで利用できる機能です。 予約投稿機能・投稿スケジュール• フォロワー解除通知機能• ダッシュボード(フォロワー数をグラフ表示)• 非アクティブ・片思いアカウントの抽出 アプリでも、ワンクリックで相互フォローのアカウントを確認できます。 手軽に相互フォローを確認したい方は、ぜひ利用してみましょう。 Apple Store: Google Play: フォローチェックforTwitter フォローチェックforTwitterは、ユーザー管理に特化したアプリです。 フォローチェックforTwitterでは、フォローやフォロワーのユーザーだけでなく、ブロックしているユーザーや新しいフォロワーなどユーザーが種類分けがかなり細かくされています。 さらに、最近フォロー解除したユーザーまで確認することができます。 また、フォローチェックforTwitterの最大の特徴はグラフ化機能があることです。 フォロワー数の推移などをグラフで表示されるので、ユーザーの分析に非常に便利な機能となっています。 ただし、フォローチェックforTwitterは、スマホアプリのみの配信です。 アプリを利用する際の注意点 アプリの注意点は、更新が頻繁に行われることです。 新しいバージョンがリリースされる度にアプリが更新されるので、以前の方が使い勝手が良い場合でも、古いバージョンを使うことができません。 アプリの公式HPなどで、アップデート内容をしっかり確認してからアップデートするようにしましょう。 公式Twitter(ツイッター)で確認する ここではツールを使わず、公式のTwitter(ツイッター)を利用して手動で調べる方法をご紹介します。 まず、プロフィール欄からフォローユーザー一覧を表示します。 その際、相互フォローしているユーザーであれば、ユーザーの紹介欄に「フォローされています」と明記されています。 相互フォローは、ツールを使わなくても公式で簡単に調べることができます。 しかし、ユーザー1人1人確認しなければいけないため、フォロー数が多い場合には手間がかかってしまいます。 フォロー数が多い方は、ツールもしくはアプリを使うことをおすすめします。 相互フォローを解除してフォロー整理する方法 相互フォローを確認した後は、必要に応じてフォロー解除を行いましょう。 悪質なアカウントや動いてないアカウントを解除することで、フォローを整理することができます。 ただし、相互フォローの解除にはデメリットもあります。 相互フォロー解除のデメリット フォロー解除を行うと、フォロワー数が減る可能性があります。 相互フォローは、ユーザー同士がフォローし合うことが前提です。 そのため、あなたがフォローを解除した場合、相手はあなたをフォローし続ける意味がないと感じ、相手もフォローを解除します。 相互フォローによってフォローしたアカウントは、フォロー解除でフォロワーが減る可能性があるため注意しましょう。 フォロー解除すべきアカウントの基準 フォロー解除を行う場合、どのアカウントを対象とすればいいのでしょうか? フォロー解除すべきアカウントは、以下の3点が挙げられます。 スパムアカウント• 非アクティブなアカウント• ネガティブもしくは攻撃的なアカウント スパムアカウント 明らかに怪しいアカウントや悪質なアカウントは必ず解除するようにしましょう。 こうしたスパムアカウントをフォローしたままでは、あなたのアカウントのイメージダウンになります。 定期的にフォロー、フォロワーユーザーを確認し、スパムアカウントがないか探すようにしましょう。 非アクティブなアカウント 動いていないアカウントもフォローを解除しましょう。 動いてないということは、そのユーザーがすでにTwitterを使っていない可能性があります。 利用していないユーザーをフォローしても意味がないため、長期間投稿がされていないユーザーはフォローを解除してしまいましょう。 ネガティブもしくは攻撃的なアカウント フォローしているユーザーの中にネガティブもしくは攻撃的な投稿が多いアカウントはありませんか? 直接影響はなくても、相互フォローしていることであなたのアカウントのイメージダウンにつながりかねません。 企業が運用しているアカウントの場合はなおさら気をつけましょう。 相互フォローを解除する時の注意点 相互フォローを解除する場合、何度もフォロー解除とフォローを繰り返すことはやめましょう。 たとえば、アカウントをフォロー解除した後、再び同じアカウントをフォローした場合、相手はあなたのアカウントに不快に思う可能性があります。 最悪の場合、スパムアカウントと見なされ、ブロックされるかもしれません。 フォロー解除をする場合は、慎重に解除するアカウントを選びましょう。 フォロー整理の効果 フォローを整理することで、FF比を改善して自身のファンが増える可能性があります。 FF比は人気度合いを示す比率でもあり、人気の高いアカウントほどFF比が高くなります。 ユーザーは、プロフィールからアカウントをフォローするか判断する傾向にあります。 その際、フォロワー数の多い人気のアカウントは印象が良く、フォローしてもらいやすくなります。 片思いユーザーの一括フォロー解除なら「SNSTOOLS」 SNSTOOLSは、Twitter(ツイッター)以外にも様々なSNS向け機能を搭載しているツールです。 自身がフォローしているユーザーを一括でフォロー解除できる機能を搭載しており、また、片思い状態のユーザーのフォローも解除できます。 一気にフォローを解除したいという方は、利用してみてはいかがでしょうか。 ツールやアプリを活用して、効率的にTwitter(ツイッター)アカウントを運用しましょう 今回は相互フォローの確認方法と相互フォローが確認できるツール、アプリをご紹介しました。 公式でも相互フォローを確認することはできますが、非常に手間がかかってしまいます。 その際、ツールやアプリを活用すれば、効率的に相互フォローが確認でき、さらに片思いアカウントをフォロー解除することもできるので便利です。 フォロー解除する際には、短期間でフォロー解除とフォロー作業を繰り返すことはやめましょう。 Twitter(ツイッター)では、無差別なフォロー、フォロー解除を禁止しており、最悪の場合アカウント凍結が行われます。 アカウントを1日で大きくしようとせず、少しずつフォロワーを増やし育てるように心がけましょう。

次の