シノアリス コロシアムsp。 ジョブについて【概要】

【SINoALICE

シノアリス コロシアムsp

例)毎週月~金曜日は22:00からのコロシアム 土曜、日曜は23:00から といったことも少々手間はかかるが、設定権限者の操作により可能。 前衛・後衛について 前衛:主に攻撃をすることでイノチを獲得する役割。 ・5人編成 ・前衛職で編成が基本。 後衛:主に前衛を支援、サポートする役割。 ・10人編成 ・後衛職で編成が基本。 前衛・後衛の注意点 ・デフォルト設定ではギルド内総合値上位5名が職種に関わらず前衛になる。 コロシアム中の流れ• 敵前衛を全滅させる• (メンバーステータス画面の詳細、見方はでさらに詳しく) HPの具体的数値、現在の自ギルドメンバーの出欠状況はここでしか確認できない。 また、画像のように、下部メニューボタンから各機能を呼び出せる。 まずは敵前衛陣の全滅を狙うことが基本となる。 制限時間内に撃墜できなかった場合は相手の耐久力は持ち越し、 次回撃墜タイム移行時に続きから耐久力を減らすことができる。 味方前衛が全滅したら蘇生タイムへ移行 味方が全滅すると蘇生タイムへ移行する。 この時相手のギルドはギルドシップ撃墜タイムへ移行している。 いち早く『蘇生アクション』で味方前衛を蘇生することで、 蘇生タイムの時間を短縮、すなわち、相手のギルドシップ撃墜タイム時間を短くすることができる。 イノチとは イノチ獲得の手段は大まかに2つある。 獲得と奪うでは大きく意味が異なる。 所持イノチとは「貯めたイノチ」と考えるといいだろう。 ギルドシップの撃墜で、約30%の相手の所持イノチを奪い、獲得することができる。 (30%についてはある程度ランダム性があり、必ずしもこの限りではない。 ) 例) ギルドシップ撃墜タイム移行時点でのイノチ所持量を 自ギルド 100,000 相手ギルド 100,000 とした場合、 相手ギルドのギルドシップを撃墜すると、 自ギルド 130,000 相手ギルド 70,000 となる。 厳密にはギルドシップ撃墜タイム中にもイノチは加算されるのだが、イメージとしては充分だろう。 コロシアム中のSPについて SPはモノガタリとは異なり、1人最大400に設定されている。 モノガタリ中との大きな違いは、SPが自動回復しない点だ。 回復するためには オソウジをする必要がある。 コロシアム中のオソウジに関してはテクニックも存在するが、 これに関しては別記事にて言及する。 ・大1体につきSP30回復 ・小1体につきSP4回復 通常と異なるのが必殺技使用時のボーナスだ。 必殺技使用で画面内ナイトメアを殲滅するのは同じだが、 必殺技使用時のSP回復量が3倍になる。 必殺技はできる限り大ナイトメアが画面内にいる状態で狙っていきたい。 神魔について コロシアム中には 神魔と呼ばれるものを召還するチャンスが2度訪れる。 神魔は数種類存在し、召還条件も異なる。 条件を満たすことで召還が行えるが、 先に条件をクリアしたギルドにのみ召還恩恵は与えられる。 では、召還をできるとどのような効果があるのか。 ・神魔の種類に対応した武器威力が大幅にアップ ・後衛の支援効果ももちろん大幅アップ この大幅アップというのが戦況がひっくり返るほどの上昇値になっている。 つまり、 神魔を召還できればギルドシップ撃墜タイムへの移行チャンスとなる。 下の画像とともに説明をしよう。 この場合は、 『祈祷/刀剣/長柄武器をギルド全体で50回使用』 が、召還条件となる。 総合値はこの場合問題にはならない。 特に相手との総戦力が拮抗している、または少しの格差ならば、 神魔を召還できるかどうかが勝敗を分けるといっても過言ではない。 つまり、どれだけ総合値が低くても、神魔の発動条件に沿った装備を準備していくこともギルド貢献となる。 当日の神魔発動条件、効果は ホーム画面右上上部、当日のマッチング相手を確認する画面の、『神魔召還情報』から確認を。 このページを読んでいるということは初心者だろうが、まずは習うより慣れろだ。 ギルドごとにも戦略やルールを設けていることが多い。 まずは参加をしてみよう。 コロシアム概要2 へ.

次の

シノアリスのコロシアムについてスイッチとはなんでしょうか?(前衛後衛...

シノアリス コロシアムsp

前衛武器においての強武器 前衛武器 刀剣・打撃・射出・長柄 (魔具も攻撃武器のため前衛武器として扱いたいのだが、初心者向けかと問われると少々疑問が残るため省略させてもらった。 ただし以下の内容は魔具にも通じるものがあるため読んで損はないかと思う。 ) コロシアム補助スキルから見る強武器とは 勇猛果敢 最も注目すべきはコロシアム補助スキルの 勇猛果敢(弐)もしくは 勇猛果敢(参)であろう。 「勇猛果敢(ゆうもうかかん)」は 攻撃時、一定確率で攻撃ダメージが上昇するスキルであり、上昇割合はスキル名の後の数字によりアップする。 ( 壱 いち)<( 弐 に)<( 参 さん) 前衛職を務めるのであれば(総合値・コロシアムメインスキルはここでは置いといて)この補助スキルをどれだけ発動させられるかが火力を左右する。 初心者はこれらの補助スキルを持つ武器は最優先で育成価値があると考えていい。 ただし、過去の一部イベントにて勇猛果敢 弐 を持つ武器が配布されたが、イベント期間を外れた後はスキルはそのままだがステータスが著しく弱体化されたケースがある。 お知らせなどでこのような特殊ケースに該当する武器は様子を見た方がいい。 もちろん勇猛果敢(弐)が足りない場合は装備の候補になる。 乾坤一擲 次いで注目したいのは 乾坤一擲(けんこんいってき)だろう。 こちらのスキルを持つ武器も強武器と言えよう。 その他スキル また、上記のスキル以外にも前衛武器には様々な効果を持つ補助スキルが存在する。 多くが自分自身のステータスにバフ効果のあるものや敵にデバフ効果のあるものだ。 これらは決して弱いわけではないのだが、ステータスに関わる行為は本業の後衛職に任せ、前衛職として火力・イノチ獲得に影響を与えるスキルを持つ武器を装備して行くといいだろう。 ただし、 魔力供給に関してはSP消費量を軽減してくれるため(他の補助スキルに比べれば地味に感じるかもしれないが) オソウジに行く回数が減ることを考えれば連続してスキルを使うことができるためDPSも上がると言えよう。 コロシアムメインスキルから見る強武器 続いてメインスキルに関して解説していく。 前衛武器には単体攻撃に特化した 刀剣・射出(以下「単体武器」)と 複数攻撃武器の 打撃・長柄(以下「複数武器」)に分かれる。 また、前衛武器のメインスキルを大別すると以下のようになる 基本系• 純粋に相手へのダメージ• ダメージを与えつつ自分、もしくは敵のステータスに影響を付与• ダメージを与えつつ自分にSP回復効果• ダメージを与えつつ自分にHP回復効果(通称:吸命武器)• ダメージを与え、条件を満たすことでコンボ数+5(通称:コンボ武器) 特殊系• ダメージを与えるが、条件を満たすことで威力が強化・変化• etc... 順次追加の可能性アリ これらを踏まえたうえで解説していく。 単体武器と複数武器で以下に記述する内容には誤差があるのだが、後に記述する複数武器の解説にはそれら誤差を記述するに留める。 単体武器 スキルの強さ 基本系でのスキルの強さ 上記【基本系】において注目すべきは ローマ数字・漢数字の数の大きさだ。 壱 弐 参 肆 伍 陸 漆 捌 玖 拾• 基本的には威力はこれら数字が大きいほど威力も大きい。 ダメージを出せるのはスキル数字の大きい方だ。 これは現状では• 指定ナイトメアスキル発動中に使用することで威力増加• 指定属性の武器を装備している数によって威力変化• 残りSPでの威力変化(少ないほど増す。 劣勢時に威力増加• etc... (今後さらにパターンが増える予感) これら特殊系は 条件を満たした場合、基本系よりも威力が高くなる傾向にある。 もちろん基本系同様に「スキル数字」が存在するため、このスキル数字が大きいほど威力に期待できる。 これら特殊系を入手した際にはまずは 条件をよく理解することだ。 条件さえ満たしていれば基本系スキルよりも大きな威力が期待できる。 また、現状では問答無用で装備に組み入れたいのが「 劣勢時に威力増加」のスキルだろう。 私ならばこのスキル武器と勇猛果敢持ち武器とで悩んだら前者を選ぶ。 純粋にダメージを与えるスキルがその他よりも威力が優遇• 特殊系でのスキルの強さ こちらに関してはほとんどのスキルの場合が単体武器同様に、 条件を満たした場合基本系よりも威力が高くなる。 ただし、複数武器の場合は「条件を満たすことで(確定の)攻撃対象が増える」スキルが存在するため注意が必要だ。 この場合は威力が高くなるわけではなく、 対象人数が増えることで相手ギルドに対する総ダメージ量の期待値が増える、と考えてもらいたい。 これらスキルは複数武器特有のスキルのため注意しよう。 まとめ 長くなってしまったが一度整理してみよう。 コロシアム補助スキルに着目した時の強武器• 「 勇猛果敢(弐)」「 勇猛果敢(参)」スキル• 乾坤一擲(ただし使い手を選ぶ) コロシアムスキルに着目した時の強武器• 単体武器では「 スキル数字」の大きいスキル• 複数武器では 純粋ダメージスキル• 単体・複数武器どちらも 特殊系スキル(要条件確認) どちらの条件をも満たす武器となると「コスト」が高い武器や、イベントガチャ限定・期間限定だったりと入手難易度が高いものが多い。 あとがき この記事ではステータスや武器種・属性・コストなどの様々な要因を除いて「コロシアム・コロシアム補助スキル」のみに着目し、「強武器」とはどのような武器なのか、を解説したに過ぎない。 実際にコロシアムへ挑む際に手当たり次第に強武器を装備していけばいいのか、と言うとその限りではない。 武器種で絞ったりステータス内容や限界突破回数で解放されるスキル内容が関わってきたりと、初心者には複雑すぎるシステムが広がっている。 今後も(恐らく、いや間違いなく)続くであろう武器のインフレに対応すべく、これを機に「必ずしも必要な武器でガチャを回すべきか否か」の判断ができる手助けになれたらと思う。 あしからず。

次の

【シノアリス】死者の道標の評価

シノアリス コロシアムsp

こんにちは、はる といいます。 ギルドメンバーにシノアリスでどうすれば強くなるかを教える機会があり、そのとき書いた内容がまとまったのでブログを書くことにしました。 今回は、 後衛ジョブの選び方、 育て方についてです。 主に コロシアムに向けた内容を書いています。 コロシアムで後衛を少しやったけど、どうやれば 強くなれるのかが知りたい!といった人向けに書きました。 後衛ジョブの種類から装備の選び方、神魔に向けて装備を合わせる神魔寄せといった内容が知りたい人はぜひお読みください。 後衛ジョブの種類 後衛には、以下4種類のジョブがあります。 主な理由は、 魔具に対応した神魔がないことです。 魔具を使っても神魔中にカウントを稼ぐことができないため、敬遠される傾向にあります。 また、魔具は後衛ジョブが積むことができますが、コロシアムの後方からだと前方にいるときとくらべて 2〜3割のダメージとなってしまうため、数個だけ積むということもおすすめできません。 そのため、後衛職志望の方は、コロシアムでは基本的に 杖、楽器、本のいずれかのジョブや武器を選ぶことになります。 前方で魔具を20個積んで戦う魔具ファイターになるという手段もありますが、実際に魔具ファイターをやっている方のお話を伺うと相当苦労されているようです。 後衛ジョブの選びかた 次に、 クレリック、ソーサラー、ミンストレルのどのジョブを選ぶかですが、特にこだわりがなければ自分の持っている SS以上の武器が多いものを選びましょう。 また、ジョブはハーフナイトメア、精霊シリーズを除いてどのジョブを選んでも武器の効果アップ率は変わりません。 そのため、ジョブを選んだら好きなキャラクターを選んでください。 後衛ジョブの転向 ここで、 ソーサラー・ミンストレルは比較的ジョブの 変更がしやすい傾向にあり、 クレリックは専門職になることが多い傾向にあるということを覚えておいてください。 理由は、各ジョブが得意とするコロシアム補助スキルにあります。 クレリックなら回復支援を、 ソーサラー・ミンストレルなら補助支援を優先的に取ることをおすすめします。 回復支援は回復を行った際の回復量を、補助支援は支援をした際の支援効果を上げてくれます。 効率よくジョブを鍛える為にはクレリックとソーサラー・ミンストレルで分けて武器を集めることが大事です。 バフデバフの支援効果量ですが、武器や杖を振っておまけでバフを撒く攻上・防下などのコロシアムスキルよりも、 補助支援のコロシアム補助スキルの方が効果が高いです。 これらのコロシアム補助スキルは優先的に取ることをおすすめします。 コロシアム補助スキルで次に優先するのが、SP消費量を下げる魔力供給がおすすめです。 魔力供給はコマンド実行を伴う全ての動作で発動するため、武器を降るだけでなくシップを叩いたり味方を復活させるアクションに対しても発動することになります。 ただし、魔力供給は 同時に最大2つまでしかコロシアム補助効果が発動しません。 そのため、装備に 積んでも3〜4個もあれば十分であると考えます。 武器の比率 さて、ソーサラー・ミンストレルは補助支援を共有することができるために、ジョブの転向が比較的容易であるという話をしました。 転向まではしなくても、楽器と本で武器の比率を好きに変えることができます。 なんなら半々でもOKです。 また、上位のギルドになればなるほど ソーサラーとミンストレルはどちらもできることが望まれる傾向にあります。 コロシアム中にバフ、デバフの偏りを見てどこに力をいれるべきかを判断して装備を変更するバランサーと呼ばれる人がいると、試合を有利に進めることができるようになります。 いわゆる ミンソサ、 ソサミンと呼ばれる武器構成となります。 それに対して、クレリックは回復支援の効果を増すために、 杖を最低でも15本以上積む構成が多くなります。 神魔寄せ コロシアムの最中に2度、神魔が現れます。 後衛ジョブの名前をとって杖神魔、本神魔、楽器神魔などと呼ばれることがあります。 神魔をとると、 対応する武器の効果が大幅に上昇します。 大雑把にいうと、対応する武器の効果が3倍ほど上がります。 神魔を取るためには、対応する武器を増やす必要があります。 そのため、 その日の神魔に合わせて装備を変更する神魔寄せといった戦術があります。 ソーサラーやミンストレルの場合、メインのジョブを変えずに、 本多めや楽器多めな装備を用意して神魔対応をしてください。 もちろん、すべて本、すべて楽器といった構成でもOKです。 総合値が17万を越えると、戦っている最中に1〜2度装備を変更できるサブセット機能を使えるようになります。 サブセットを変更できるとどちらの神魔にも対応できるため、 初心者の方はまず総合値17万超えを目指すようにしてください。 クレリックの場合は、 杖以外に3〜5本の楽器や本を積むことで神魔寄せをします。 神魔の気配がする少し前から対応する楽器や本をデッキに残しておき、神魔がきたらカウントが進む間に隙をみて使うようにしてください。 おわりに 今回は、後衛ジョブの種類から装備の選び方、神魔に向けて装備を合わせる神魔寄せまで書きました。 ハーフナイトメアについてはお話していません。 また、私の本職が杖屋なので、クレリック編はそのうち続きを書きます。 それ以外のジョブについてはしばらく書けないと思います。 ご承知おきください。 そのうち他の件についてもまとめようと思います。 皆さまどうぞ楽しいシノアリスライフをお送りください。 質問や内容についての誤りなどありましたら、 Twitterまたはコメントでお気軽にお知らせください。 Twitter:.

次の