ベネフィット カフェテリア ポイント。 3大福利厚生サービスを比較検証してみた

カフェテリアプランとは?導入から運用まで覚えておきたい10のこと

ベネフィット カフェテリア ポイント

特定のメニュー利用時にポイントが貯まり、1ポイント=1円で利用可能です。 また「カフェテリアポイント」とは、カフェテリアプランを導入されている企業の従業員を対象に福利厚生として支給されているポイントです。 従業員は、支給されたポイントをあらかじめ企業毎に用意された福利厚生メニューに利用することができます。 アプリにクレジットカードを登録するか、コンビニ・銀行からチャージすることで友人や同僚への送金や、Visa オンライン加盟店でのお買い物などに利用できます。 また「Kyash Visa カード リアルカード 」をご利用いただくと全国の Visa 加盟店でお買い物ができます。 ウォレットアプリ「Kyash」はライフスタイルサービスとして、全国のVisa加盟店での利用できることはもちろん法人・団体内での割り勘などのお金のやりとりにおいても、利便性を向上を目指します。 より一層便利にご利用いただけるよう今後も「より一層快適なキャッシュレス生活」を実現するべく、サービスを拡大してまいります。 【株式会社Kyashについて】 Kyashは「価値移動のインフラを創る」というミッションのもと、カード発行・プロセシングプラットフォームを提供しています。 Kyashが発行するVisaカードは国内外のVIsa加盟店でご利用いただけます。 またスマホ 非接触 決済にも対応しており、全国のコンビニ、スーパー、タクシーなど幅広い店舗で利用可能です。 個人向けにはウォレットアプリ「Kyash」を、パートナー企業へはWeb APIを通じて即座にVisaカードを発行できる「Kyash Direct」を提供しています。 【会社概要】 会社名:株式会社 Kyash(英文表記:Kyash Inc. ) 所在地:〒107-0062 東京都港区南青山5丁目2番1号 代表者:代表取締役 鷹取 真一(一般社団法人 Fintech 協会理事 ) 設立:2015 年 1 月 23 日 資本金:12 億 7,598 万円(資本準備金含む) 主要株主:三井住友銀行、JAFCO、伊藤忠商事、電通イノベーションパートナーズ、みずほキャピタル、SBI Investment 等 業務内容:ウォレットアプリ「Kyash」の運営 URL: 【株式会社ベネフィット・ワンについて】 会員制福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」()を運営。 総会員数761万人、10,217団体(2019年4月時点)に対し、宿泊施設や飲食店、レジャー施設、介護・育児など約140万件のサービスを優待価格で提供しています。 【会社概要】 会社名:株式会社ベネフィット・ワン(英文表記:Benefit One Inc. ) 所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町二丁目6番2号 代表者:代表取締役社長 白石 徳生 業務内容:福利厚生事業、インセンティブ事業、CRM Customer Relationship Management 事業、ヘルスケア事業/パーソナル事業/購買・精算代行事業/旅行事業/ペイロール事業 URL:.

次の

ベネフィットステーションのカフェテリアポイントで本や漫画を買う方法!

ベネフィット カフェテリア ポイント

カフェテリアポイントとは? 「カフェテリアポイント」とは、大企業を中心に採用が進んでいる、「カフェテリアプラン」と呼ばれる比較的新しい福利厚生制度で利用できるポイントです。 ここではカフェテリアプランとポイントについて説明します。 カフェテリアプランについて カフェテリアプランとは、アメリカで生まれた比較的新しい福利厚生制度で、「選択型福利厚生制度」とも呼ばれます。 カフェテリアのように、豊富なメニューから好きな福利厚生サービスを選んで利用することができるのが特徴です。 メニューには住宅、財産形成、医療、育児、介護、自己啓発、レジャーなどのサービスが含まれ、多種多様な従業員のニーズに対応することができます。 カフェテリアポイントが付与されるしくみとは カフェテリアプランは、福利厚生代行サービス業者が提供する福利厚生サービスの1つです。 会社は業者と相談をしつつ、従業員のニーズなどを考慮しながら、利用可能なサービスを組み合わせて独自のメニューを作ります。 これが従業員から見た、カフェテリアプランのメニューです。 従業員に付与するポイントは、会社があらかじめ業者から買い取る形になります。 そうして得たポイントを、会社が各従業員に付与します。 そのため付与されたポイントを余らせてしまうことは、利用者だけでなく、会社にとっても損ということになります。 関連相談• カフェテリアポイントは課税になる? カフェテリアポイントは、付与された時点では課税対象ではありません。 しかしポイントを使用してサービスを受けた際、その内容によっては課税される可能性があります。 課税の場合と非課税の場合がある 上記の通り、課税されるかどうかは利用したメニューによって変わってきます。 例えば、映画のチケットを利用したポイント分だけ安く購入できるメニューを利用した場合は、課税対象となります。 しかし、健康診断の料金負担というサービスを利用した場合は非課税です。 どうやって判断されるのか 課税されるかどうかの判断基準の例として、旅行補助に関しての国税庁の回答を紹介します。 「照会のリフレッシュメニューは、使用者が企画・立案したレクリエーション行事のように従業員等に対して一律にサービスが供与されるものではなく、ポイントを利用する従業員等に限り供与されるものであることから、個人の趣味・娯楽による旅行等の個人が負担すべき費用を補てんするものと認められ、給与等として課税対象となります。 なお、契約施設を利用した場合の一般料金と割引料金の差額については、全従業員等が一律に供与を受けるものである限り、課税しなくて差し支えありません(所得税基本通達36-29)」 カフェテリアプランによる旅行費用等の補助を受けた場合|国税庁 () 税法上、会社が従業員に対し、現金以外で経済的利益を供与した場合も、給料の一部とみなされて課税対象になります。 この場合は、旅行補助としてポイントを使うことで、趣味や娯楽のための旅行費用の一部を会社から補助してもらう(現金をもらう)、と解釈されるため、課税対象となります。 関連相談• 具体的には旅行やレジャー、趣味などに関する、ポイント使用分のキャッシュバックという形で受けられる補助サービスです。 非課税になる使い道とは 健康診断や人間ドックは会社による健康サポートとみなされ、非課税となります。 また医療費控除の対象になる医療費の補助サービスも非課税です。 ただし健康サポートでも、一般に比べて高額な内容のサービスや、利用に何らかの条件を設けていて、一部の人しか受けられないようなサービスに関しては、課税対象とされます。 関連相談• その他カフェテリアポイントで注意すべき点とは カフェテリアポイントを利用する上で、税金以外に注意すべき点を紹介します。 ポイントには期限がある カフェテリアポイントには有効期限が定められています。 期限を過ぎたポイントは失効してしまいます。 少量であれば仕方ありませんが、あまりにも多くのカフェテリアポイントを失うのは非常にもったいないことです。 それを防ぐためにも、あらかじめ有効期限を確認しておくことをおすすめします。 領収書が必要である 多くの場合、サービス利用を申請する際に領収書の提出が求められます。 そのため領収書を受け取り忘れたり、なくしたりしてしまうと申請ができなくなってしまいます。 また提出可能な領収書の条件として、宛名や但し書きの有無が決められている事があります。 その場合、条件を満たしていない領収書は受け取りを拒否されますので、こちらも事前に確認しておくのが良いでしょう。 関連相談• カフェテリアポイントの決済方法について 一般的なカフェテリアポイントの決済方法について紹介します。 ただし実際の利用に関する手続きは、プランを導入している企業が個別に定めている場合がありますので、利用の際は必ずそちらを確認してください。 会員サイトで決済する方法とは 基本的に会員サイトからログインした後、利用したいサービスを選択し、必要な手続きを行う形になります。 決済方法は事前申請や事後申請など、サービスによって変わってきますが、手続きの際にポイントは必ず消費します。 具体的な方法はカフェテリアプランを提供している企業毎に異なりますので、詳細については確認してください。 カスタマーセンター経由で決済する方法とは 電話で利用を申し込む際は口頭で手続きを進めます。 会員IDなど、必要な情報をあらかじめ用意した上で電話をしましょう。 こちらも具体的な方法、必要な情報に関してはマニュアル、担当部署などに確認してください。 メールやFAX、書類での申し込みの場合は、マニュアルに記載されている申請方法を確認してください。

次の

「Kyash」が福利厚生サービス大手「ベネフィット・ワン」と連携ベネポとカフェテリアポイントから「Kyashギフトコード」へ交換開始|株式会社Kyashのプレスリリース

ベネフィット カフェテリア ポイント

特定のメニュー利用時にポイントが貯まり、1ポイント=1円で利用可能です。 また「カフェテリアポイント」とは、カフェテリアプランを導入されている企業の従業員を対象に福利厚生として支給されているポイントです。 従業員は、支給されたポイントをあらかじめ企業毎に用意された福利厚生メニューに利用することができます。 アプリにクレジットカードを登録するか、コンビニ・銀行からチャージすることで友人や同僚への送金や、Visa オンライン加盟店でのお買い物などに利用できます。 また「Kyash Visa カード リアルカード 」をご利用いただくと全国の Visa 加盟店でお買い物ができます。 ウォレットアプリ「Kyash」はライフスタイルサービスとして、全国のVisa加盟店での利用できることはもちろん法人・団体内での割り勘などのお金のやりとりにおいても、利便性を向上を目指します。 より一層便利にご利用いただけるよう今後も「より一層快適なキャッシュレス生活」を実現するべく、サービスを拡大してまいります。 【株式会社Kyashについて】 Kyashは「価値移動のインフラを創る」というミッションのもと、カード発行・プロセシングプラットフォームを提供しています。 Kyashが発行するVisaカードは国内外のVIsa加盟店でご利用いただけます。 またスマホ 非接触 決済にも対応しており、全国のコンビニ、スーパー、タクシーなど幅広い店舗で利用可能です。 個人向けにはウォレットアプリ「Kyash」を、パートナー企業へはWeb APIを通じて即座にVisaカードを発行できる「Kyash Direct」を提供しています。 【会社概要】 会社名:株式会社 Kyash(英文表記:Kyash Inc. ) 所在地:〒107-0062 東京都港区南青山5丁目2番1号 代表者:代表取締役 鷹取 真一(一般社団法人 Fintech 協会理事 ) 設立:2015 年 1 月 23 日 資本金:12 億 7,598 万円(資本準備金含む) 主要株主:三井住友銀行、JAFCO、伊藤忠商事、電通イノベーションパートナーズ、みずほキャピタル、SBI Investment 等 業務内容:ウォレットアプリ「Kyash」の運営 URL: 【株式会社ベネフィット・ワンについて】 会員制福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」()を運営。 総会員数761万人、10,217団体(2019年4月時点)に対し、宿泊施設や飲食店、レジャー施設、介護・育児など約140万件のサービスを優待価格で提供しています。 【会社概要】 会社名:株式会社ベネフィット・ワン(英文表記:Benefit One Inc. ) 所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町二丁目6番2号 代表者:代表取締役社長 白石 徳生 業務内容:福利厚生事業、インセンティブ事業、CRM Customer Relationship Management 事業、ヘルスケア事業/パーソナル事業/購買・精算代行事業/旅行事業/ペイロール事業 URL:.

次の