足首 あざ。 捻挫の内出血の対処方法!メチャクチャ変色しても焦らない!

足に異常が現れる6つの怖い病気、50代からが特に危険!

足首 あざ

知らず知らずのうちに足に赤い斑点が出来ていたことはありませんか?身に覚えのない症状だと急に不安になったり、「何かの病気かも?」と心配になる人もいると思います。 赤い斑点が出来てしまう症状に合わせて、痒みが発生している場合や痛みが発生したり、むくみが発生しているなど、いくつかの症状によってなんの問題が足に発生しているのかを判断することが出来ます。 今回はこの足の赤い斑点について、症状と症状ごとの原因を詳しくまとめました。 少しでも心配な人はぜひこの記事を読んで、不安の解消の参考にしてみてください。 発生している症状ごとに対策法や解消法についても紹介していますので、症状の改善法を知って慌てずに適切に症状を治療していきましょう。 早く症状を改善し、慢性的な問題に発展しないようにしていきましょう。 この記事の目次• 足に赤い斑点ができるのは? 足に赤い斑点が発生しいるときは、何かしらのトラブルが起きている可能性があります。 その他の症状だったり、原因をしっかり判明させて適切に対処する必要があります。 早い段階であれば、症状が進行する前に治療することが出来ますが、すぐ治るだろうと思い込んでしまって放置してしまうと、取り返しのつかない事態になる場合もあります。 まず足に斑点が発生してしまった場合は症状の状態や原因について明確にしていき、自己治療を行うのか、病院に行くのかを素早く判断しましょう。 病院へ行く場合は、皮膚科で診てもらうのが良いですが、近くにない場合は総合病院へ行くようにしてください。 経過観察を行う場合は3日〜1週間以内の観察で、また病院にかかるかの判断をすることが望ましいでしょう。 症状が軽くとも体内に原因がひそんでいる場合は、小さな自覚症状でも大きな問題が体内で発生していて、どんどん進行していってしまう可能性があります。 注意しましょう。 足に赤い斑点が発生する病気 ではさっそく、足に赤い斑点が現れる症状のある病気を紹介します。 その他の症状と合わせて確認して、適切な対処をとるようにしてください。 心当たりのある原因から病気を特定してみましょう。 病気の可能性がある場合には早めに病院を受診し治療を行っていきましょう。 うっ血性皮膚炎 うっ血性皮膚炎というのは、 下半身の血流が悪くなることが原因で起こる病気です。 症状としては主に足首から膝にかけて、 むくみや皮膚が赤くなったりします。 特に 長時間の立ち仕事をされる方や、中高年の女性に多く見られる病気 皮膚炎 です。 血液の循環が悪い人もこの病気にかかることがあるので、そのような人は注意が必要です。 たまにかゆみが出てくるケースもあり、進行していくと次第に楕円形の紅斑がいくつも現れ大きくなっていきます。 決してかゆみが出るわけではないので、かゆみだけで病気を判断することはしないで下さい。 ・対策方法 予防策として、血流の流れを良くすることが大切なので、マッサージをしたり、女性の方でしたらむくみ解消用のストッキングを着用するなどしましょう。 しかしこれらはあくまでも予防策なので、このような症状を感じたらすぐに専門の医師に相談しましょう。 溶連菌感染症 溶連菌感染症は手の指、手のひら、腕などに発生しやすい湿疹に似ている症状になりますが、足に発生してしまう場合もあります。 皮膚の変化としては、表面のザラザラ感や乾燥、皮がごわつく、皮が向けるなどの症状が引き起こります。 この症状は子供に発生しやすい症状で日本の様な湿気の多い地方に多く発生しやすい病気でもあります。 発生しやすい季節としては12〜3月の乾燥しやすい時期に発生しやすく、夏場には発生しにくい傾向があります。 特に発症する年代としては4歳頃のお子さんから小学生までの子供になります。 家族間での感染も多く発生していて、子供の看病をしている内に大人に感染してしまうことも多くあります。 溶連菌感染症に感染してしまった場合、これらの皮膚症状だけでなく、喉や粘膜への菌の感染で発熱や喉の痛み、リンパの腫れ、中耳炎、舌が赤く染まりブツブツが発生する苺舌などの症状を併発してしまうことが特徴的です。 発疹には痒みを伴う場合があります。 足に症状が発生している場合は足の甲や足首、足の指に症状が認められ、更にふくらはぎや太ももに広がっていきます。 目に見えるこれらの症状が確認された場合は溶連菌感染症の可能性がありますので、皮膚科や内科での診断を行いましょう。 対処法 感染が行われてから2〜3日後ほどに症状が発生するする様になります。 まずは症状が確認され熱や皮膚症状が現れた段階で病院での検査をして治療を始めることで早めに症状を回復させることが出来ます。 抗生物質を飲むことで簡単に菌をなくして、治療することが出来るので、病院での治療が最も効果的です。 発疹などが発生している場合には抗生物質の他に軟膏などの皮膚用の塗り薬が処方される場合もあるでしょう。 発疹が発生している場合は、通学や通園などは控えさせたほうがいいでしょう。 子供間で感染してしまう危険性がありますので休みを取りましょう。 風邪のような症状だと甘く見て長期間症状を放置してしまうとしてしまうと皮膚症状が強くなり、完治までの期間が長くなります。 溶連菌感染症の症状は個人差が強く、自然治癒してしまう場合もありますが、腎炎などの症状に繋がってしまう可能性もあり、高い危険性が潜んでいる場合もありますので病院での治療が最も安全で確実でしょう。 単純性紫斑病 単純性紫斑病 たんじゅんせいしはんびょう とは、 手足に米粒大の大きさの点状の出血斑が現れる病気です。 20代の女性に多く見られ、詳しい原因はわかっていません。 一説では、疲労や毛細血管が弱かったり、月経などが関係しているとも言われています。 紫斑病にはいろんな種類のものがありますが、一般的に症状として現れる紫斑病はこの単純性紫斑病が多いです。 症状として、かゆみや痛みが全くありません。 ふっくらと膨れ上がることもなく、ただ出血斑が現れるというものです。 特に何かにぶつけた記憶はないのに主に四肢や臀部に紫斑が現れ、色素沈着が起こる場合もあります。 ・対処方法 普通は特に処置をしなくても、数週間もあれば自然に紫斑が消えてなくなります。 比較的心配しなくてもよい病気と言えるでしょう。 もしどうしても気になる場合は病院に行ってみましょう。 血管を強くするビタミンCの薬を服用してくれます。 注意すべき項目として、激しい運動などは控えたほうがいいでしょう。 過度な運動は血管に負担をかけてしまい、紫斑が更に酷くなってしまう事があります。 一度症状が回復してもぶり返してしまうことも多く、血管を丈夫にするためにしっかり栄養を摂取して体調を整える必要があります。 ピロリ菌を除去することで発生頻度を押さえることも可能です。 血小板が少なくなってしまうことで発生してしまう(血小板減少性紫斑病)こともあるのでピロリ菌を除菌すれば血小板が増加し正常な値になるのでこの問題が発生しにくくなります。 アレルギー性紫斑病(アレルギー性紫斑症) アレルギー性紫斑とは 主に5歳から15歳ぐらいの子供に多い病気です。 別名アナフィラクトイド紫斑病やヘノッホ・シェーンライン紫斑病などとも呼ばれています。 血管が炎症を起こしてしまい、血液が漏れることにより紫斑ができます。 傾向として、男の子の方に多く発症されることが確認されています。 発症者の男女比は2:1となっています。 初期症状として手足や臀部などに青紫色のあざが出てきます。 数日経つとそのあざが盛り上がってきて次第に硬くなってきます。 その後、関節痛や神経症などの症状が見られるようになり、次々とあざが増えていきます。 小児患者の場合は関節痛も合わせて発症してしまう事もあります。 腎臓病を併発してしまう可能性もありしっかり治療して言うことが重要になります。 食物や薬物からのアレルギー反応で腸内にむくみなどの症状は発生した場合には皮膚症状よりも前に腹痛を強く感じることがあります。 潜伏期間が1週間ほどあり、感染が発生してから1〜3週間後に症状が発生するようになります。 ・対処方法 この アレルギー性紫斑は「あれ、おかしいな」と思ったらすぐに病院に行って専門医に診てもらうようにしましょう。 必要のない場合は自然に治っていきますが、場合によってはステロイドなどの投与が必要です。 腸や腎臓の血管が出血すると血便や血尿の症状がみられるので、そのような症状が出たら早めに診てもらうことをお勧めします。 急性期には運動制限などが必要になります。 治るのに数ヶ月かかることもあり、再発の可能性もある病気なので注意が必要です。 しっかり経過を診て、しっかり治すことに専念しましょう。 蕁麻疹 蕁麻疹の可能性もあります。 蕁麻疹は 突然かゆみとともに全身、または体が赤くなって盛り上がり腫れたようになる病気です。 症状としては患部がムズムズしたり、チクチクしたりを繰り返し不快感を感じます。 原因としては食べ物や薬、植物や昆虫などのアレルギーが挙げられます。 他にもストレス、細菌、ウイルスなども原因として考えられます。 特にアレルギー症状では免疫力が低下している場合に普段はなんら平気な物質に対しても許容量がすぐいっぱいになってしまうことで症状を発症してしまう場合もあります。 ・対処方法 蕁麻疹は自然に治る病気ですが、ここで注意してほしいのはアレルギーの原因をしっかり突き止めることです。 ここで原因がはっきりしないと自分になんのアレルギーがあるのか分からないまま生活することになり、再発の可能性があります。 また、蕁麻疹で済めばいいですが、中には呼吸困難になったりするようなアレルギー反応もあるので原因をきちんと判明させておきましょう。 蕁麻疹などの症状は比較的アレルゲンに接してから早い段階で発症しやすく、アレルゲンを摂取したり触れることで1〜4時間以内に症状を発症するケースが多くなっています。 アレルギー性の湿疹などは痒みが強く発生しますがかかないことも対策の一つになります。 掻きむしってしまうことで皮膚症状が悪化してしてしまうので冷やすなどして対策したほうが有効になります。 蕁麻疹を発生させるアレルゲン アレルギーを発症してしまう代表的なものについて知っておきましょう。 症状を発症しやすい物質について紹介します。 これらの物を直近に摂取したり触れたりしていないか確認してみてください。 アレルゲンとなる代表的な食品 そば、たまご、乳製品、ナッツ類、小麦、あじ、鯖、甲殻類、肉類、果物類(もも、キウイ)、食品添加物 特にそば、卵、ナッツ類、乳製品、小麦は症状を引き起こしやすいものになります、重症化しやすい性質もありますので要注意です。 呼吸性のアレルゲン 花粉、ハウスダスト(ほこり)、ダニ、動物の毛や羽根、虫の鱗粉など 薬物でのアレルゲン 非ステロイド炎症鎮痛剤(NSAID)、抗生剤・ペニシリン系抗生物質、アセチルサリチル酸製剤などがあります。 皮脂欠乏性湿疹 皮脂欠乏性湿疹とは 肌が乾燥した状態で掻いてしまうと湿疹になってしまう皮膚の病気です。 足の場合は主に太ももやスネにかけて激しいかゆみが現れ、粉を吹いたようなカサカサした亀裂が入ることもあります。 皮膚が乾燥しやすい高齢者の方に多くも見られる病気です。 ・対処方法 治療法としては皮膚の乾燥を塗り薬で抑えることが第一となります。 また、かゆみがひどい場合には抗ヒスタミン剤を服用するケースもあります。 皮膚の乾燥を抑えるためにボディークリームやローションなどを使用して症状を予防することも有効な方法になります。 特に足の乾燥が発生しやすいのはスネの部分になります。 スネはすぐ下が骨になっていて皮膚が薄い部分ですので乾燥しやすい傾向があります。 入浴で温めるのもいいですが、熱すぎるお湯に入っている人は逆に乾燥を招いていしまっている可能性もあります。 40度以上のお湯では毛穴を開きすぎてしまい乾燥してしまう原因になりますので、注意しましょう。 脱毛、血行不良、冷え、日焼けなどが主な原因になりますのでこれらの原因を予防して対策していくことが有効でしょう。 ダニ ダニに噛まれた場合も赤い斑点ができます。 ダニの場合は一週間ほどかゆみが続き、噛まれた箇所に赤い斑点ができます。 ダニは一年中布団の中に生息しているので、特にこの時期に発症するというのはありません。 アレルギー性の湿疹などを引き起こす可能性もある害虫になります。 アレルギーの場合には基本的にはダニの死骸によって引き起こされますが、大きめの出来物や腫れなどが発生している場合は噛まれてことによる症状の可能性が高いでしょう。 ・対処方法 自然に治るので我慢すれば問題ないですが、かゆみが気になる人は病院に行きましょう。 布団やマットなどを洗濯・クリーニングに出したりこまめに干すことによって、ダニはだいぶ少なくなります。 普段からの予防が何より大切です。 干すことが中々出来ない場合はレイコップなどの布団用の掃除機などを使用すると、それでもダニやホコリなどを軽減することが出来て、問題を軽減することが出来るでしょう。 肌カビ 症状としてかゆみがあり、毛穴が盛り上がって周りが赤くなります。 この原因は マラセチア菌と呼ばれる菌が原因です。 カビと聞くと少し嫌な感じがしますが、この菌は誰の皮膚にでもいるいわゆる「常在菌」と呼ばれるものなので気にする必要はありません。 この病気は 汗がたまりやすいところできる傾向があります。 汗をかいたらしっかりその都度拭くことが何よりの予防になります。 拭かずに自然乾燥させるとカビが次第に広がる原因になるので注意が必要です。 また、お風呂で肌を強くゴシゴシ洗ってしまうのも肌カビにかかってしまう危険性をあげてしまう行為です。 適度な力加減で洗うように心がけましょう。 対処法 肌カビの対処法としては肌の状態を常に正常な酸性の状態に保つことが重要でしょう。 常在菌からの感染を防ぐために肌は常に酸性の状態を維持しています。 しかし石鹸などで体を洗いすぎることで表面がアルカリ性に近づき常在菌からの感染が発生しやすい環境になってしまう可能性が高まります。 もし症状が既に発生してしまっている場合は抗菌タイプのボディーソープを使用し、菌を除菌していきましょう。 商品が手元に届くまでは石鹸で洗いすぎないこと、蒸れを防ぐ、脂っこい食事を控えるなどを心がけて行きましょう。

次の

足首周辺のあざの原因|みんなの介護コミュニティ

足首 あざ

Q 2~3ヵ月程前からでしょうか?気が付いたら、足首の外くるぶしに茶色っぽい痣がありました。 心当たりはなかったですが、そんなこともあるかな~と思って全く気にしていなかったのですが、だんだん大きくなっている気がします。 痛みは全くなく、むしろ触ってもあまり感覚がありません。 これはもしかして壊死というやつですかね?だとしたらヤバいんじゃ…ということに今更ながらに気が付きました。 ネットで調べていたら、血栓症とか、糖尿病の可能性もあって場合によっては切断…とかもあるみたいなので、正直今半泣き状態です。。。 ちなみに、私は子宮内膜症でルナベルを処方してもらってます。 この薬は血栓症になることもあるようなので非常に心配です。 4~5ヶ月前からまったく同じような症状でさきほど皮膚科に行き、 帰ってきたところです。 痛くもかゆくもなく、なんかすべすべしたような かさかさしたようなあざではないですか? 「特発性色素性紫斑」ではないかと言われ、よくわからないのでネットで「足首のあざ」と検索したらこの質問にあたりました。 皮膚科の先生によると「特に原因もなく、内出血した部分が色素沈着する 症状で、内出血を防止するビタミンCを三週間分出します。 静脈瘤のときにできることもあります。 特に大きな問題はありませんが、見た目がよくないですよね。 」 との診断でしたが、なんとなく釈然としません。 私も10年前ですが静脈血栓で手術をしたことがあり その影響もあるのかもしれません。 皮膚科でも「内科的な心当たりがありのなら静脈などをしらべて もらったほうがいいですよ」と言われたので、血管の専門医を 受信してみようとおもいます。 血栓症の症状ですが、私の場合はあしの付け根にできた腫瘍が太い静脈を圧迫してその部分に血栓が発生し、血液が心臓に戻るのを邪魔していたため、左足(今回あざができた方)が右足の1. 5倍くらいの太さになりました。 痛みもだるさもありませんでしたが受診したら「頭や肺に飛んだら大変」と即刻入院・手術となりました。 すぐに「壊死・切断」はないと思いますが、 念のために血管系のお医者さんに行かれた方がいいと思いますよ。 以下の静脈瘤症状の中にあてはまるものもあります。 webry. html 私のことかとおもいました。 4~5ヶ月前からまったく同じような症状でさきほど皮膚科に行き、 帰ってきたところです。 痛くもかゆくもなく、なんかすべすべしたような かさかさしたようなあざではないですか? 「特発性色素性紫斑」ではないかと言われ、よくわからないのでネットで「足首のあざ」と検索したらこの質問にあたりました。 皮膚科の先生によると「特に原因もなく、内出血した部分が色素沈着する 症状で、内出血を防止するビタミンCを三週間分出します。 静脈瘤のときにできることもあります... A ベストアンサー 違うかもしれませんが、滑液包炎(かつえきほうえん)ではないかと思います。 正座をよくする人がなりやすいそうです。 病院が始まったら整形外科で診てもらってください。 腫れの大きさにもよると思うのですが、水が溜まっているので、その水を注射器で 抜いてもらうことになると思います。 昨年秋に、私も左足のくるぶし辺りが腫れ、水が溜まったようにぷにぷにしてきて、 内出血したのか、足の甲全体が青くなってしまい、整形外科に行きました。 私は注射器で水は抜かないで、サポーターで押さえて腫れを治しました。 (他に大病を持っているので、念のために…とのことでした。 sankei. html Q 日曜日にバイクで転倒し、足首をバイクの下敷きにしてしまいました。 地面とバイクの間に右足を挟んだような格好です。 当初はぶつけたくるぶし辺りが大きく腫れ上がり、歩くのも困難なくらい痛みがありましたが、4日経った本日では痛みもだいぶ引き、普通の歩行ならば問題ない程度です。 心配なのは、痛みがあるくるぶし部分よりも、周辺に青あざが広がっていることです。 実際、くるぶし部分はなんともきれいなものなのですが、足の指先や外側のライン(土踏まずの反対側)、くるぶしよりもだいぶ上の部分など、ぶつけてもいなければ、痛みもない部分が青くなっています。 しかも、靴下の跡などにそって青あざの模様にパターンができているような・・・。 これって普通のことなのでしょうか。 それとも心配すべき状況なのか、教えていただければと思います。 A ベストアンサー 心配いりません。 怪我で内出血を起こした場合、皮膚の中で血管から出てしまった血液は骨・筋肉などの間を、 重力に従い下の方へと移動し、皮膚に近い場所で青あざとして確認されます。 例えば鎖骨を骨折したときなど、鎖骨本体からの出血が下に移動し、胸はいうに及ばず、 下腹の当たりまで、まるで肩からインクをこぼされたように、一面の青あざになる事もあります。 もし、骨折などで足くびからの出血が多ければ、それよりも低い部分にある足の指部分まで、内出血で腫れあがる事もあります。 靴下のゴムや包帯で締め付けられている皮膚の部分には、押しのけられる形で血液成分が寄りませんので、 靴下の模様、包帯の跡などに一致した形でアザが片寄ります。 やったことはありませんが、一円玉でもはさんでいれば恐らく一円玉の跡がつくかもしれません。 いったん血管から流れ出た血液はふたたび血管から戻る事はなく、やがて破壊し、 マクロファージなどの「体内のお掃除屋さん」により処理されます。 内出血が続いている間は青~赤紫色ですが、内出血が収まってくると青いあざはやがて茶色く変色し(これが直るサインと言えます)、その後速やかに吸収されて消えます。 心配いりません。 怪我で内出血を起こした場合、皮膚の中で血管から出てしまった血液は骨・筋肉などの間を、 重力に従い下の方へと移動し、皮膚に近い場所で青あざとして確認されます。 例えば鎖骨を骨折したときなど、鎖骨本体からの出血が下に移動し、胸はいうに及ばず、 下腹の当たりまで、まるで肩からインクをこぼされたように、一面の青あざになる事もあります。 もし、骨折などで足くびからの出血が多ければ、それよりも低い部分にある足の指部分まで、内出血で腫れあがる事もあります。 靴下のゴム... Q 50代の女性です。 25~6年前くらいから、右膝や左右の足首が腫れます。 その都度、大学病院や開業医等に受信しました。 しかし、明確な原因もわからず、漫然とした治療がなされ、 通院するのに根負けした頃に自然とよくなります。 最近は腫れても通院はしていません。 腫れ始めは、足の甲が少し腫れます。 それから日に日に腫れていき、くるぶしやアキレス腱が分からなくなるほど腫れます。 ひどい時は、朝立ち上がれず、這ってトイレに行きます。 でも、トイレから出るときは、どうにか足をつく(足裏全体に体重は載せれず、踵や足裏側面) ことが出来るようになります。 階段も一段ずつしか降りれません。 座る椅子によっても立ち上がってからの調子が違います。 時々で違いますが、病院に行かずに完治するのに10日位から1か月・3か月・2年とまちまちです。 勿論、完治したら普通に飛び跳ねできます。 臀部や太ももに湿布をすると調子がいいです。 ところが、腫れた部分に湿布を張るとひどくなります。 今回は、整体に行ってみました。 腫れが半分になりましたが、その後は何回通っても変化がありません。 何か良い対処方法はないでしょうか? 50代の女性です。 25~6年前くらいから、右膝や左右の足首が腫れます。 その都度、大学病院や開業医等に受信しました。 しかし、明確な原因もわからず、漫然とした治療がなされ、 通院するのに根負けした頃に自然とよくなります。 最近は腫れても通院はしていません。 腫れ始めは、足の甲が少し腫れます。 それから日に日に腫れていき、くるぶしやアキレス腱が分からなくなるほど腫れます。 ひどい時は、朝立ち上がれず、這ってトイレに行きます。 でも、トイレから出るときは、どうにか足をつく(足裏全体に... Q 質問させて頂きます。 昨日、ふと、左のくるぶしの下の方が腫れているような感じになっているのに気付きました。 痛み、痒み等は全くなく、触ると、ふにふに、としているような、むくんでいるような感じです。 高さはあまりなく、どこからどこまでが膨れているのか、という境界もいまいち曖昧ですが、直径は6センチ程度あるようです。 インターネット等で調べたところ、脂肪腫、ガングリオン、といったものなのではないか、と思うのですが、悪性ではないかととても心配です。 病院へ行くつもりなのですが、仕事の都合上、数日は行けそうにないです。 緊急を要するかどうか、お伺いしたくて今回質問をさせて頂くことにしました。 ちなみに、いつ頃からその腫れ(脂肪腫)が出来てきたのか良く覚えていないのではっきりとは言えないのですが、小さい腫れから少しずつその直径が大きくなってきた、というよりは、いきなり直径6センチ程度が盛り上がってきた、というような感じです。 関係はないとは思いますが、腫れ(脂肪腫)の中心から少し上と少し下に、何かに刺されたような、ぽつん、という小さな赤い痕もあります。 脂肪腫、ガングリオン、脂肪肉腫以外の可能性もありますでしょうか? お知恵を拝借出来たらとても嬉しいです。 よろしくお願いいたします。 質問させて頂きます。 昨日、ふと、左のくるぶしの下の方が腫れているような感じになっているのに気付きました。 痛み、痒み等は全くなく、触ると、ふにふに、としているような、むくんでいるような感じです。 高さはあまりなく、どこからどこまでが膨れているのか、という境界もいまいち曖昧ですが、直径は6センチ程度あるようです。 インターネット等で調べたところ、脂肪腫、ガングリオン、といったものなのではないか、と思うのですが、悪性ではないかととても心配です。 病院へ行くつもりなのですが、仕事の... Q 先週の土曜日に普通に歩いていて、左足がなんだか痛い、、、と思っているうちに、とうとう痛みがひどくなり歩けなくなってしまいました。 左足の外側の甲が痛んでいる気がしたので、その部分のレントゲンをとりますが、骨には異常なしとのこと。 筋肉などが痛んでいるのでは、とシップしたりして様子をみることになりました。 が、痛みがおさまらず5分の距離も何度も立止まったりしないと歩けないようになってしまいました。 整体の先生にもみてもらいましたが、どうやら足首が腫れているとのことで、再度足首を中心にレントゲンを撮ってもらうことにしました。 (まだ時間がなく2回目のレントゲンのために病院へいっていません。 ) 足をくじいた、とか捻挫で足がはれている、とかそういった見た目の症状も今のところみられず、どのように治療すればよいのか本当に困っています。 この痛みというのが、鋭い痛みが走るというよりは、歩き出してしばらくしたらどんどん痛みが増していくようなものです。 これは亜脱臼というものにあたるのでしょうか? どなたかアドバイスいただけますでしょうか? 宜しくお願いいたします。 先週の土曜日に普通に歩いていて、左足がなんだか痛い、、、と思っているうちに、とうとう痛みがひどくなり歩けなくなってしまいました。 左足の外側の甲が痛んでいる気がしたので、その部分のレントゲンをとりますが、骨には異常なしとのこと。 筋肉などが痛んでいるのでは、とシップしたりして様子をみることになりました。 が、痛みがおさまらず5分の距離も何度も立止まったりしないと歩けないようになってしまいました。 整体の先生にもみてもらいましたが、どうやら足首が腫れているとのことで、再度足首... A ベストアンサー 日本を離れていらっしゃるとはわからずに失礼しました。 お薬ですが、湿布にもたぶん消炎鎮痛剤が入っているものが多くなっていますが、たとえ入っていても炎症を和らげる効果(消炎効果)を発揮するだけの薬の量は皮膚の奥深くまではおそらく届きません。 したがって湿布に害はありませんが(かぶれることはありますが)、それほどの根本的な効果は期待できないと考えるべきでしょう。 できればジクロフェナックナトリウム(ボルタレン:1日3回の錠剤、2回のカプセル、坐剤)あるいはロキソプロフェン(ロキソニン:1日3回の錠剤)などのしっかりとしたお薬が望まれます。 どうしてもそれらが手に入らなければ、アスピリン(バファリン)などでも効果は期待できます。 もちろん副作用がないという前提でですが、数日以上(5~7日)程度連続して服用することで炎症を和らげて、その結果として痛みをおさえてゆくことを目指すべきであると考えます。 「運がよいと・・」と書きましたのは「逆に運がわるいと何ヶ月もくるしめられる可能性があるかもしれません」という程度の意味で「一生、不自由な体になる」などの意味ではありません。 もしあれば細菌感染なども考えなくてはなりませんので念のためおたずねしました。 すこしでも早く痛みがとれると良いですね。 日本を離れていらっしゃるとはわからずに失礼しました。 お薬ですが、湿布にもたぶん消炎鎮痛剤が入っているものが多くなっていますが、たとえ入っていても炎症を和らげる効果(消炎効果)を発揮するだけの薬の量は皮膚の奥深くまではおそらく届きません。 したがって湿布に害はありませんが(かぶれることはありますが)、それほどの根本的な効果は期待できないと考えるべきでしょう。 できればジクロフェナックナトリウム(ボルタレン:1日3回の錠剤、2回のカプセル、坐剤)あるいはロキソプロフェン(ロキソ... Q 1月末頃に、家の階段で3段落ちて、お尻と右の足首を打撲しました。 けっこー痛かったのですが、次の日にスノーボードに行ってしまいました・・・。 そして、2月にも行きました。 ボードをしている時も痛みなどは気にならなかったので、そのままほおっておきました。 でも、最近右足だけが、けっこー太いことに気がついて(腫れている)気になってきたので、接骨院に行きました。 レントゲンを撮ってもらったところ、骨に異常は無いとこのこで、ぷっくりと膨らんだ部分の水?を注射器で抜いてもらいました。 「また水が溜まるかもしれないので、抜きにきてください」と言われたので、 「抜かないとどうなるんですか?」と聞きましたら、 「とくにどうなりもしない」との返答でした。 そのまま家に帰り、いま1週間くらいたちますが、 痛みが前よりもあり、明らかに同じ部分が腫れています。 (靴が当たって痛かったり) また水が溜まったんだと思うのですが、注射器で抜くのが非常に痛かったので、自然治癒するまで待とうとも考えています。 先生も「必ず水を抜いた方がいい」みたいなことは言ってなかったし・・・。 ですが、このまま腫れがひかないのも怖いので、行った方がいいのでしょうか? それとも、あと1ヶ月くらいしたら、水が散っていって 腫れはひくのでしょうか? 詳しい方、よろしくお願いします。 病名?はとくに先生に言われませんでしたが、 たぶん滑液包炎だと思います。 1月末頃に、家の階段で3段落ちて、お尻と右の足首を打撲しました。 けっこー痛かったのですが、次の日にスノーボードに行ってしまいました・・・。 そして、2月にも行きました。 ボードをしている時も痛みなどは気にならなかったので、そのままほおっておきました。 でも、最近右足だけが、けっこー太いことに気がついて(腫れている)気になってきたので、接骨院に行きました。 レントゲンを撮ってもらったところ、骨に異常は無いとこのこで、ぷっくりと膨らんだ部分の水?を注射器で抜いてもらいました。 A ベストアンサー 勤続10年の整形外科医です。 しかし、実際にあなたの足を見ている訳ではありませんので、あくまで、投稿にあることからの推察による回答です。 実際には診察してもらった診療所での先生に確認して下さい。 外傷を機会に起こっている足首の腫れで、水が抜けたというのなら、No1さんと同様に滑液包炎という診dなんになるのでは?と考えます。 しかし外傷~スノボをされているということなので、その滑液胞炎以外の捻挫などの腫れもあるかもしれません。 特に水を抜かないとどうなるわけでもありませんが、 あまり腫れが大きいとそこが靴などに当たったりして 新たな炎症を引き起こすことになります。 とりあえず、安静と冷やすことと鎮痛剤の服用をおすすめいたしますが・・・ 気になるのなら、必ず病院で再度診て頂いて下さい。

次の

捻挫の内出血の対処方法!メチャクチャ変色しても焦らない!

足首 あざ

派手な転び方をしたわけでもないのに、膝のアザが2週間ほど治らない。 みみず腫れのようなものもあったのですが、「治りが遅いのは年齢のせいか。 もう若くないしな〜」と特に気にせず過ごしていました。 忘れもしない、2017年3月23日。 その日も、いつものように仕事を終えて帰宅。 お風呂上がりにパンツ一枚で部屋を歩いていると、僕の後ろ姿を見た友人が「 二の腕にアザがある よ」とひと言教えてくれました。 しかしこれが、自分ではどうにも確認できない位置だったので、写真を撮ってもらうことに。 よく見ると、たしかにそこには500円玉ほどのアザが…。 二の腕なんてぶつける場所でもないし、ぶつけた記憶もない。 おかしいな?と思いつつも、深くは考えていませんでした。 ちょうど母からLINEがきていたので、面白半分で「 なんか全身アザだらけになってる(笑)」と送ったほど、軽い気持ちで考えていたのです。 しかし、検査を終えた先生の反応は想定していなかったものでした。 「炎症を抑える軟膏を出すことはカンタンなのですが…ちょっと待ってください」と、ずいぶん慌てた様子の先生。 内線電話を取りだし、なにやら「今、すぐに見ていただきたい方がいまして…よろしくお願いします」とボソボソ伝えている…。 「 病院の先生ってこんなに慌てるもの?」「 もしかして大変なことになったのか?」という嫌な予感を、この時はじめて感じました。 そして、言われるがままに血液検査などひと通りの検査を終えると、内科の診察室に呼ばれました。 先ほどとはうって変わって、こちらの先生は落ち着いています。 でも、やはり様子がおかしい。 次の瞬間、先生が涙をこらえながら血液データを見せ、ゆっくりと口を開きました。 「 通常の方の数値に対して白血球数が15倍、血小板数は10分の1、ヘモグロビンも基準値以下です。 次の瞬間「この病気はですね…」と言いながら、分厚い冊子を机の上に置き、先生は教えてくれました。 「 急性リンパ性白血病です」 「蝦名さんの今後を考えて率直に申し上げますと、 白血病の末期、つまりかなり深刻な状態です」 この後は会社に行くはずだったし、今日は打ち合わせの予定でビッシリ。 一体、僕はこれから、どうすればいいのだろう? 考えれば考えるほどに、頭の中は真っ白になっていきました。 とはいえ、何も持たずにパジャマのまま病院にきていたので、「自転車でPCと充電器だけ取りに帰ってもいいですか」と気軽な気持ちでたずねると、先生は必死の形相でこう訴えたのです。 「 今の蝦名さんが自転車で転んだりしたら、即死します! 絶対にダメです」 即死…この言葉にショックを受けた僕は、もうなにかを言い返す余力は残っていませんでした。 これが、生まれて初めて経験する病の宣告でした。 約5ヶ月 に及ぶ治療を終え、 無事 寛解。 しかし、白血病という病はそんなに優しいものではありませんでした。 治療後、 わずか104日。 定期健診の後、僕は先生に呼ばれます。 それは、 再発の宣告でした。 初発と再発では治る確率が天と地の差の白血病。 つまり、再発してしまったということは、完全に諦めるしかない状態であることを意味します。 ここまで、治療も耐え、会社を休み、またいつもの毎日を過ごせることを楽しみに頑張ってきたのに…。 白血病発症以来、できるだけ前向きに考えようと心がけていた僕ですが、この時ばかりはそうもいきませんでした。 「 残された時間はあと3ヶ月。 本当に他に方法はないのだろうか…」 そう思った僕は、迷わず主治医以外の見解を知りたいと思いました。 つまり、 セカンドオピニオンを受けてみようと考えたのです。 しかし、僕はこの小さな無菌室から出ることができません。 こんな状態で、一体どうやって病院を回ればいいのか…。 そこでサポートしてくれたのが、家族でした。 とはいえ、僕も家族も、白血病という病と向き合うのははじめて。 病気に関する知識なんてないに等しいのです。 この状態では、どれだけ権威と呼ばれる先生に話しを聞いたとしても、高度なディスカッションをするのは不可能でした。 そこで、まずは 僕自身で白血病についての治療方法や、自分の血液データをすべて調べ、家族に勉強してもらうための資料を作ることにしました。 この資料を読んでもらい、白血病を理解してもらう。 そして、無菌室から出ることのできない僕の代わりに、病院に行ってもらうという計画を立てたのです。 家族は寝る間も惜しんで勉強し、病院を回ってくれました。 兄のアイデアで、僕は 無菌室からすべてのセカンドオピニオンに電話で参加することに。 ところが、セカンドオピニオンの見解は想像よりも、残酷なものでした。 電話越しで両親の泣く声が聞こえるたびに、「 親不孝者で本当にごめん」と、悔し涙が止まりませんでした。 父や兄には、これ以上仕事を休んでもらうわけにはいかない…。 でも、僕は生きつづけることを諦めたくない。 そんな絶望と葛藤のなか、ある情報を入手しました。 それは、 関西のとある病院であれば助かる可能性があるかもしれないということ。 もしかしたら、これが本当に最後の希望かもしれない。 そう感じた僕は、7回目のセカンドオピニオンを家族に託すことにしたのです。

次の