あつ 森 キク。 花の種類と交配表|【あつ森】あつまれどうぶつの森 攻略ガイド

【あつ森】ピンクのキクの作り方手順と増やし方【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

あつ 森 キク

海岸沿いの段差を活かしたクリエイト おそらくどの島にもあるであろう、海岸沿いの切り立った崖。 画像の左側が海岸です。 アイディアが浮かばず放置していましたが、1段目と2段目の階段の距離がちょうど良い具合なので、ここをいじっていきます。 段差づくり 島クリエイターの崖クリエイトを起動し、緩くカーブを描くように、1段目の崖を削っていきます。 後で全体のバランスを見て調整できるよう、少し広めに残します。 2段目。 階段との距離を意識しながら、こちらも緩くカーブを描くように作っていきます。 3段目は、アイテムを飾ることができませんが、高さの演出として作ると良さそうです。 飾りつけ 最初は段々畑風にしようと、黒土の道を敷いてみましたが、畑に飾れそうなアイテムを思いつかなかったので途中で断念。 DIYで作成できるキクのクッションがあれば、キャベツに見立てて並べることができそうですが、まだ持ってませんでした。 2段目の畑は残して、水路に沿うよう、道を敷きなおしました。 バランスを見ながら、ペグとロープ 柵 、低木、広葉樹を設置し、花とアイテムを置いていきます。 畑に置くものを最後まで悩みましたが、かかし DIY と緑のキクにしました。 手つかずだった最初の画像と比べると、広くなったように感じますね! 海岸沿いってどうクリエイトするか迷いますが、カーブを描くように段差を作っていくこの方法、個人的にはかなりおすすめです。 以上、 段差を活かした海岸沿いの崖クリエイトでした。 斜めを意識した島クリエイトはこちらの記事でも紹介しています。

次の

【あつ森】ファンシーなキクのリースのレシピ入手方法や必要材料まとめ【あつまれどうぶつの森】

あつ 森 キク

キクを効率的に交配する方法 【1】種から赤・白・黄を咲かせる キクの原色である「赤」「白」「黄」は、タヌキ商店やレジの園芸店で種を購入できる。 好きな場所に植えて育るだけなので、一番簡単に入手できる方法だ。 離島ツアーで訪れる島のほとんどに花が咲いており、キクが入手できる場合もある。 スコップで掘り起こして持ち帰れば、自分の島に植え換えできるので、種がなかなか入手できない場合は離島ツアーに行ってみよう。 確率は高めなので、入手は難しくない。 まずは赤と白の種を入手し、島に植えよう。 原色の花が元になっているので、入手は難しくない。 黄色の花は他の色の交配にも使用するので、種は多めに購入しておくのがおすすめだ。 まずは島で咲いた赤と黄色を交配して、さらに黄色を咲かせる。 交配で生まれた赤の遺伝子を持つ黄色同士を交配させると、ごく稀に緑が咲く。 交配の手順が合っていても簡単に咲かないので、効率よく入手するためには赤の遺伝子を持つ黄色を増産して確率を増やす必要がある。 また、黄色のキクが増えると種と交配、どちらで生まれた花なのか見分けが難しくなるため、赤と黄色、黄色と黄色を交配するエリアを分けるのがおすすめだ。 キクの使い道 アクセサリーとして身に付ける 島に咲いているキクの花は、摘むとアクセサリーとして髪の毛に付けられる。 ファッションの一部として花を活用するのもありだ。 マイデザインでアネモネ柄の服を作りオリジナルのコーディネートを楽しむのもおすすめ。 タヌキ商店で売却する キクの花は、タヌキ商店で売却すればベルを入手できる。 レア度が高い花は原色よりも高値で買い取ってもらえる。 特に緑のキクは240ベルと飛び抜けて高く売れる点がメリットだ。 ただし、ベル稼ぎできるほどの値段ではないので、あくまで使い道に困った時の手段と考えよう。 家具のレシピで使用する チューリップの花を使用したレシピが存在しており、入手すれば花をモチーフにした家具をDIYできる。 レシピは風船のプレゼントや海岸のメッセージボトル、どうぶつから貰うなどして入手できる。 同じ花の家具を揃えれば統一感のあるレイアウトが楽しめるのでレシピを入手して家具を集めていこう。

次の

【あつ森】緑色の菊(キク)の作り方【交配表付き】

あつ 森 キク

海岸沿いの段差を活かしたクリエイト おそらくどの島にもあるであろう、海岸沿いの切り立った崖。 画像の左側が海岸です。 アイディアが浮かばず放置していましたが、1段目と2段目の階段の距離がちょうど良い具合なので、ここをいじっていきます。 段差づくり 島クリエイターの崖クリエイトを起動し、緩くカーブを描くように、1段目の崖を削っていきます。 後で全体のバランスを見て調整できるよう、少し広めに残します。 2段目。 階段との距離を意識しながら、こちらも緩くカーブを描くように作っていきます。 3段目は、アイテムを飾ることができませんが、高さの演出として作ると良さそうです。 飾りつけ 最初は段々畑風にしようと、黒土の道を敷いてみましたが、畑に飾れそうなアイテムを思いつかなかったので途中で断念。 DIYで作成できるキクのクッションがあれば、キャベツに見立てて並べることができそうですが、まだ持ってませんでした。 2段目の畑は残して、水路に沿うよう、道を敷きなおしました。 バランスを見ながら、ペグとロープ 柵 、低木、広葉樹を設置し、花とアイテムを置いていきます。 畑に置くものを最後まで悩みましたが、かかし DIY と緑のキクにしました。 手つかずだった最初の画像と比べると、広くなったように感じますね! 海岸沿いってどうクリエイトするか迷いますが、カーブを描くように段差を作っていくこの方法、個人的にはかなりおすすめです。 以上、 段差を活かした海岸沿いの崖クリエイトでした。 斜めを意識した島クリエイトはこちらの記事でも紹介しています。

次の