ソフトバンク 乗り換え おすすめ。 【比較】大手3社で乗り換え(MNP)がお得なのは?(2020年7月版)

ソフトバンクから格安SIMへのMNP(乗り換え):格安SIMとスマホ比較

ソフトバンク 乗り換え おすすめ

携帯乗り換え時に考慮しておきたいこと 画像引用元: 携帯の乗り換え、つまりキャリアを変更することって普段あまりないですよね?そうなってくると、いざ乗り換えしようと思っても「どの時期がいいんだろう?」と疑問に感じてしまうものです。 実は、 お得に携帯の乗り換えをしたい時に、考慮して欲しいことは大きく分けるとたった2つしかありません。 乗り換え時にかかる費用はどれくらいか?• 料金など日割りが可能かどうか? この2点をしっかり検討することで、お得に携帯を乗り換えることができる最高の時期を見つけることができるのです。 まずは、この2つが具体的にどんなものなのかチェックしてみましょう。 携帯乗り換えにはどれくらい費用がかかる? 携帯を乗り換える際にかかってくる 実際の費用を把握しておきましょう。 キャリアによって多少名称に違いはありますが、だいたい以下のような諸経費が発生します。 MNP転出手数料• 契約解除料(解約金、違約金)• 契約事務手数料• 機種代金(端末代金) 1つ目は、「 MNP転出手数料」です。 携帯を乗り換える際に、多くの方がMNPで乗り換えしますよね。 その際の手数料がこれに該当します。 MNP転出手数料は、キャリアによって異なりますが、およそ2,000円〜3,000円程度かかってきます。 2つ目が、「 契約解除料」。 一般的に、解約金や違約金と呼ばれるものです。 3大キャリアで携帯を契約している場合、ほとんどのケースで二年間の長期契約をしているのではないでしょうか。 いわゆる、「2年縛り」なんて呼ばれている契約です。 この2年縛りの契約が更新される 「更新月」以外に契約を解除すると発生してくる料金となります。 どのキャリアも9,500円程度かかってくるでしょう。 3つ目が、「 契約事務手数料」です。 これは解約時ではなく、乗り換えをして新たに契約するキャリアやMVNOに対して支払う必要がある料金です。 3大キャリアだと、一律で3,000円。 MVNOだと初月無料キャンペーンや割引があったりするので、まちまちです。 4つ目が、「 機種代金 端末代金 」です。 携帯本体そのものの料金です。 通常、2年契約の場合は、2年間で割引を受けながら毎月決まった料金を分割して支払います。 例え乗り換えをしたとしても、残りの携帯本体の料金は支払う必要がありますよね。 残金を一括で支払うことも出来ますし、そのまま分割での支払いに対応しているキャリアもあります。 以上の4つの中で、今回もっとも重要になるのが「契約解除料(解約金、違約金)」です。 きちんと 「更新月」を抑えておけば、契約解除料はかからずに済むからです。 お得に乗り換えることが可能ですね。 携帯料金は日割りされる?解約時期も重要 更新月に乗り換えをすれば契約解除料は発生しない、というところまで分かりました。 では次に、更新月のいつに乗り換えるべきか?という点に注目してみましょう。 例を挙げて考えてみます。 例えば、あるキャリアから他社に乗り換えを考えていて、更新月が2018年の7月だったとしましょう。 7月は1日から31日まであります。 いったい何日に乗り換えるのがお得なのでしょうか。 多くの場合、1日に解約して他社に乗り換えたとしても、解約したキャリアの締め日を1日でも過ぎていたら、日割が効かず、 その月の分の携帯使用料金が発生してしまいます。 例で言うと、7月1日に乗り換えても、7月分の料金が発生してしまうということになるでしょう。 乗り換えた方の新しいキャリアでも、もちろん7月1日からの料金が発生してしまうため、極端な話し、二重で支払うということになってしまいますね。 それを考えると、更新月である7月いっぱい ギリギリまで既存のキャリアを継続させて、月末に解約、それと同時に乗り換え先の新しいキャリアで契約する。 というのが二重で発生する期間も少なく、お得に乗り換えらえられる方法と言えるのではないでしょうか。 この辺の 更新月や、締め日は各キャリアによって異なるので、次項でより詳しく解説いたします。 各キャリア別、得する最高の携帯乗り換え時期 少しおさらいしておきましょう。 得する最高の時期に乗り換えを実現させるために、抑えておきたい点は以下の2つです。 更新月を把握し契約解除料を発生させない!• 携帯使用料金をなるべく二重発生させない! 2年縛りの結果、更新月がいつになるのか、あるいは締め日によって変わってくる料金発生のタイミングなどはキャリアによって異なってきます。 そのあたりを各キャリア別に解説していきますので、 ご自身の状況と照らし合わせ、最高の乗り換え時期を探していきましょう。 NTTドコモのおすすめ乗り換え時期 画像引用元: まずはNTTドコモからチェックしていきます。 NTTドコモの更新月と契約解除料は以下の通りとなります。 1ヶ月未満の日数分についてはカウントされません。 カウントは、契約した日の翌月から1ヶ月単位で数え、24ヶ月目が契約満了月となります。 その翌月から2ヶ月間が「更新月」に該当します。 例を挙げて考えてみましょう。 例えば、2016年7月10日にNTTドコモを契約したとします。 カウントは契約した月の翌月からなので、2016年8月からスタート。 24ヶ月目が2018年7月になるので、7月が契約満了月になりますね。 そうすると、翌月から2ヶ月間が更新月に該当するため、2018年8月と9月が「更新月」となります。 つまり、2018年の8月から9月の間に契約を解除して、乗り換えを行えば、 「契約解除料」の9,500円は発生しないということが分かります。 ただし、例外もあるので注意してください。 NTTドコモと契約した日が「1日」だった場合はカウント方法がやや違います。 念の為解説しておきましょう。 1日に契約した場合は、1ヶ月目のカウントが契約した月からスタートとなります。 例えば、2016年7月1日に契約した場合、2016年7月からスタート。 24ヶ月目は2018年6月なので、6月が契約満了月、翌月の7月と8月が「更新月」となります。 2018年7月と8月に乗り換えを行えば、同様に契約解除料は発生しないというこになるでしょう。 次に、 更新月のいつに契約解除した方がいいのか?という点を見ていきましょう。 NTTドコモの場合、カケホーダイやカケホーダイライト、パケットパックなどは日割りが効きません。 つまり、単純に更新月だからといって、更新月の1日に契約を解除してしまうと 丸々1ヶ月分料金が発生してしまうのです。 契約を解除するということは他社に乗り換えもしますよね。 そうするともちろん、1日から他社の料金も発生してしまい、二重で支払わなくてはならないという事態が発生します。 そう考えると、 更新月の月末ギリギリまでNTTドコモを利用してしっかりカケホーダイやパケットパックなどを使い切ります。 そのうえでMNPや新規での乗り換えを行うのがもっとも良いタイミングだと言えるのではないでしょうか。 auのおすすめ乗り換え時期 画像引用元: 続いてauをチェックしていきます。 auも基本的な更新月などのルールはNTTドコモと同様になっています。 カウント方法も同じです。 契約した翌月からスタートし、24ヶ月目が契約満了月。 25ヶ月目と26ヶ月目が更新月となります。 したがって、この2ヶ月間の間であれば、解約しても契約解除料は発生しません。 乗り換えタイミングを狙う期間としてはこの更新月が良いでしょう。 更に、更新月の2ヶ月間のうち、いつがもっともお得に乗り換えができるのかもチェックしておきます。 auもピタットプランなど定額制のサービスは基本的に解約時の日割りが効きません。 月の途中で乗り換えても、その月の分は1ヶ月分請求されてしまいます。 となると、やはり 更新月の月末ギリギリまで粘って、定額制サービスを使い切る。 それからMNPや新規契約などで乗り換えるというのが二重請求を最小限に抑えることができ、もっともお得に乗り換えできるベストな時期だと言えるでしょう。 なお、auの場合、かつては「月初(1日)に解約すると、その月の利用料金がかからない」という決まりになっていました。 これが有効であれば、1日に解約するのがもっとも良いタイミングだったのですが、残念ながらこのルールは2016年末で変更になっていますのでご注意ください。 ソフトバンクのおすすめ乗り換え時期 画像引用元: 続いて、ソフトバンクでお得に乗り換えられる時期を解説していきます。 ソフトバンクはNTTドコモやauとはやや異なるため 注意が必要です。 ソフトバンクの更新月と契約解除料は以下の通りとなっています。 契約満了月の翌月から2ヶ月間というのはNTTドコモやauと変わりがありませんが、実は ソフトバンクは締め日が「末日、10日、20日」の三種類もあるのです。 今月が更新月だから乗り換えようと思って解約したけど、実は締め日が20日で、解約したのが25日。 締め日を過ぎてしまっていたのでそこから1ヶ月分請求されてしまった、なんてことになりかねません。 もう少し詳細に例をあげて考えてみましょう。 7月が更新月に該当する場合は、締め日による違いは以下のとおりです。 ソフトバンクの締め日• 末日締め:7月1日からの2ヶ月間• 10日締め:7月11日からの2ヶ月間• 20日締め:7月20日からの2ヶ月間 なお、2011年4月以降にソフトバンクと契約した場合は、すべての人が「20日締め」となっているようです。 詳細はソフトバンクの「My Softbank」で確認するようにしてください。 ソフトバンクは締め日が三種類あることが分かりました。 では、 いつ乗り換えするのがもっともお得になるのでしょうか?ソフトバンクの場合も、NTTドコモやauのように、定額制サービスでは日割りが効きません。 なので、締め日を1日でも過ぎて解約してしまうと、丸々1ヶ月分が請求されてしまいます。 ソフトバンクも締め日ギリギリまで定額制サービスを使い切り、締め日に解約するのが二重で請求される金額を最小限に抑えることができるでしょう。 ベストな時期での解約が難しいときは? NTTドコモとau、ソフトバンクと3大キャリアそれぞれの契約解除料(解約金、違約金)がかからない更新月、そして更新月の中でも、二重で請求される期間を最小にする時期を解説してきました。 しかし、普段お仕事をされていたり、プライベートが多忙であったりした場合、 どうしてもベストな時期での乗り換え(解約)が難しいといったケースも出てくるのではないでしょうか。 そんな時に利用したい方法も少しお伝えしておきます。 事前に「 料金プランを変更しておく」という方法です。 「乗り換えの手続きが月初しか出来ない!だから1ヶ月分は二重で支払わなくてはならないんだよな」という場合に有効な対策です。 例えば、NTTドコモを使っていて、乗り換えを予定していると仮定しましょう。 NTTドコモの場合は前述した通り、更新月の月末ギリギリまで定額サービスを使い切ってからの乗り換えがもっともお得ですよね。 ですが、乗り換えられるタイミングが更新月の月初しかなかったとします。 そんな時は、 更新月が来る前に、「料金プラン」を安価なものに変更しておくのです。 こうすることで、仮に二重で請求されたとしても、NTTドコモへの支払いを既存の料金より安くすることが可能になります。 いざという時のために、この方法も視野に入れておくと良いでしょう。 MNPで携帯を解約する際の注意事項 乗り換えする場合に、ほとんどの方がMNPを利用し、既存の電話番号を変えないようにしますよね。 MNPでの乗り換えの場合に注意して欲しいことがあります。 MNPを利用した解約手続きは、「 乗り換え先のキャリアに転入したタイミング」で解約完了となるのです。 したがって、例えば更新月の月末ギリギリまで利用したうえで、翌日にMNP予約番号を発行し乗り換えを行った、という場合、1日過ぎてしまって二重で請求されるということも考えられます。 そうならないためにも、 解約予定日よりも早めにMNP予約番号を発行しておき、乗り換えする日すぐに新規キャリアに転入できるよう準備を済ませておくことをおすすめします。 携帯の乗り換えをするならお得な時期を狙おう! 画像引用元: 3大キャリアを活用している多くの人が、いわゆる「2年縛り」の契約を使って、月額料金を安く抑えていますよね。 2年縛りはそういったメリットも大きいのですが、2年経過した頃には契約解除料の存在を忘れてしまっていたりして、「 どう乗り換えればお得になるのか?」という点が曖昧になってしまいがちです。 携帯の乗り換えには得する最高の時期がある!というのをもう一度、しっかり把握しておき、せっかく乗り換えをするなら可能な限りお得になる時期に実施しましょう。 この記事を読んだ人におすすめの記事• ドコモでスマホを新規契約しようと考えている方の中には、なにからはじめればいいかわからない方もいるでしょう。 まずは、新規契約でお得になるキャンペーンを確認しておくといいでしょう。 ドコモでは、スマホ購入時に格安で購入できたり、毎月の利用料金が割引になるサービスがあり […]• ここではスマホ機種変更でかかる事務手数料を0円にする方法を詳しく解説しています。 ドコモ・au・ソフトバンクのスマホをお使いで、そろそろ機種変更を考えている方も多いのではないでしょうか。 スマホを機種変更する際は本体の代金以外にも費用が必要となりますが、その中でもよ […]• ここではスマホ機種変更でかかる頭金を0円にする方法をご紹介しています。 現在ドコモ・au・ソフトバンクのスマホを使っており、そろそろ機種変更を考えている方も多いのではないでしょうか。 しかし、ゲームや動画視聴をするならスマホにある程度のスペックも必要ですし、高性能な […]• auオンラインショップの新規契約や乗り換え MNP で使えるキャンペーンについて2020年3月の最新情報をお届けします。 auオンラインショップは他の大手キャリアと同じように、24時間利用可能・一定額以上で送料無料など様々なメリットがあります。 普通に利用するだけで […]• 大手3キャリアでiPhone SE 第2世代 に最安購入方法で乗り換え MNP ると、最大7万円お得になります。 2020年4月20日より、大手3キャリアのドコモ・au・ソフトバンクにて、 iPhone […].

次の

【ソフトバンク】更新月と解除料を徹底分析!賢く乗り換えられる時期はいつ?

ソフトバンク 乗り換え おすすめ

Softbankユーザーの一部の方が「契約が二重にされていた!」とか「つながらない!」等、不満を感じていらっしゃる方がいるようです。 2019年7月1日から、他の光コラボへの乗り換えがとても簡単になったので、お気軽にソフトバンク光から変更できるようになりました。 しかも工事費無料です。 そんな訳でSoftbank光ユーザーに おすすめの光回線 の乗り換え先について紹介します。 は? Softbank光まじか? auひかりのときはこの時間帯60Mbps出てたのに!!! あの営業〜!! 光BBコムユニットの話一切出さずに100Mbpsは余裕っすよとか言ってたのに 調べたら光BBコムユニットないとあかんやつやん クソ、auひかりもう解約しちゃってるやん — ヒロアキ hiroaki200191 ソフトバンク光はセキュリティやらなんやらオプションが多いプロバイダーです。 なので、 「余計なオプションに加入しなくてもOK」 「月額料金が安め」 というプロバイダーを紹介します。 おすすめ先の結論を書くと、、、 Contents• auスマホユーザーは安くなる「DTI光」 ドリーム・トレイン・インターネットの「DTI光」は月額料金が比較的安いです。 料金は 4,800円 戸建て 3,600円 マンション もちろん速度の速いIPoE回線が無料で利用できます。 以前はIPoEはV6プラスでしたが、現在はOCNバーチャルコネクトになっています。 夜でも安定した速度でインターネットが利用できます。 また、auのスマホを持っている人はもっと安くなります プランによって割引額が異なります。 500円、1200円引き。 でも、auの割引がなくても十分安いです。 プロバイダーのメールが貰えて、しかも月額料金が安い「ぷらら光」 もう一つのおすすめは「ぷらら光」です。 月額料金は、 4,800円(戸建て) 3,600円 マンションタイプ DTI光と同じ料金です。 他のコラボは月額5000円越えしているものがほとんどで、4000円台ってなかなか無いんですよね。 2年縛りも無し。 もちろん違約金もありませんので、いつ辞めても大丈夫なので安心です。 ぷららはエキサイトと違って、 プロバイダのメールアドレスが1つ無料で貰えます。 通販を利用しているとたまに「プロバイダのメールでお願いします」と言われる時があるので、そういう時に非常に重宝します。 ちなみに、こちらも速度は1Gbpsです。 その上、 無料で無線LANルーターをレンタルすることができます。 レンタル提供される機器は・・・ ソフトバンクの携帯を持っている人は、「ホワイトコール24」 Nuroひかり電話とソフトバンク携帯間が24時間いつでも無料になる が利用できます。 もちろん、「Nuro光でんわ」 月額500円 を申しこむ必要があります。 それと、「スマート値引き」も使えるようになります。 また、NURO回線開通したあとにホワイトコール24を申し込むと、 ソフトバンクのスマホやiPadなどのパケット定額料金が最大で毎月2000円安くなります。 その上、 Nuro光が開通するまでWifiルーターをレンタルできるサービスも利用できます。 月額3,980円で、1日単位でのレンタルも可能です。 引っ越し先で開通までのつなぎとしても使えます。 ただし1つ注意が必要なのが、今のところエリアが 北海道・関東・東海・関西・九州だけなので、東北地方や北海道、沖縄に住んでいる方は利用できません。 縛りがなくてめちゃめちゃ安い「enひかり」 最近、知名度が上がってきた「enひかり」。 月額料金の安さと縛りがないというシンプルなサービス内容に人気が出ているようです。 月額料金 4,300円 戸建て 3,300円 マンション DTI光やぷらら光と違って、IPoEを利用する際はオプション申込みが必要です。 しかし、月額180円なので合計しても 3,480円と非常に安くなっています。 また、こちらも縛りがないので解約時は違約金がかかりません。 サポートがしっかりしていて、70Mbps以下になった場合は相談ができるという点が安心だと思います。 他のプロバイダーのサイトにはそのような記述はないので、自信があるのでしょうね。 あまり大きくない会社ですが、ユーザー目線で定評があります。 詳しくは別記事でまとめているので参考にしてみて下さい。 2019-11-10 21:57 まとめ 月額料金 最大速度 縛り 工事費 キャッシュバック DTI光 3,600円 1Gbps なし 0円 0円 ぷらら光 3,600円 1Gbps なし 0円 0円 NURO光 4,743円 2Gbps 2年毎 0円 45,000円 enひかり 3,480円 1Gpbs なし 0円 0円 マンションタイプの場合です。 nuroは戸建てとマンションどちらも4,743円です。 ソフトバンク光から事業者変更をする場合は工事費はかかりません Nuroは工事費が毎月割引されますので実質無料です。 enひかりの月額料金はIPoEオプション V6プラス が含まれています そんな訳でおすすめ光サービスを4つ紹介してきましたが、期間が限定されてしまう割引制度無しで、3000~4000円台でずーーっと使い続けられるが特長です。

次の

【7月最新】ソフトバンクからの乗り換え絶対選ぶべきおすすめ格安スマホSIM5選!

ソフトバンク 乗り換え おすすめ

auからソフトバンクに乗り換える方へ。 必要な書類を用意したら、ショップに行こう…なんて思ってませんか? それ… かなり「損しています」!!! 昨今当たり前となっている 「更新月が近いらしいから、ショップに行こう~」 「携帯買い替えたいから、とりあえずショップに行こう~」 という流れ。 この時点で「損な携帯乗り換え」に一歩踏み出してしまっているのです! 携帯料金が大幅「割引」になったり… 人気のandroid機種やガラケーが「一括0円」になったり… あの「iPhone SE(第二世代)」や「iPhone 11シリーズ」が、もっとお得になったり!!! 人によっては数万円という「損」になる可能性も… そのためauからソフトバンクをもっともお得に乗り換えたいのであれば、 これからお話する「3つの注意点(落とし穴)」を事前に知っておく必要があります。 ということで、今回はSoftbank公式サイトでは教えてくれない、おすすめの乗り換え方法をご紹介! これを読んで、もっとお得に携帯を乗り換えちゃいましょう! 目 次• 1auからの乗り換えはソフトバンクがおすすめ(料金を比較) そもそもauから乗り換えるのに、ソフトバンクって本当にお得なのでしょうか。 参考までに月々の料金がどれくらい変わるのか、各社2020年最新のプランを参考に比較してみました。 iPhoneに関するキャンペーンやサービスが豊富• その理由は、iPhoneに関するキャンペーンやサービスが充実しているから。 48回分割を組むこと• そもそも、一番はじめにiPhoneを取り扱ったのもソフトバンクといわれています。 ほかのキャリアと比べて、iPhoneに関しては一日の長があるかもしれませんね。 たとえば「下取りプログラム(のりかえ)」は他社のスマホや携帯を下取りに出すことで、以下の対象機種に応じて割引が受けられるキャンペーン。 さらに今ならその特典を「PayPayボーナス」で受け取ることも可能。 auからソフトバンクへ 乗り換える前に知ってほしい「3つの注意点(落とし穴)」をご紹介します。 2【注意点1】携帯乗り換え(MNP)には「手数料」がかかる! auからソフトバンクへ乗り換える前に知っておきたい、注意点の一つ目は 「乗り換えにかかる費用」です。 残念ながら携帯乗り換え(MNP)には手数料がかかります。 まずauからソフトバンク乗り換え(MNP)にかかる「費用」を見てみましょう。 MNP転出手数料• (あれば)違約金(解約金・契約解除料)• (あれば)機種分割の残り 解約金(違約金・契約解除料)は、更新月以外の乗り換えであれば別途かかるため注意しましょう。 「機種分割の残り」は 「そのまま分割を続ける」こともできれば「一括で支払う」こともできます。 どの携帯会社も手数料は一律 「3,000円」。 auのMNP転出手数料は? いわゆる乗り換えにおける「手数料(転出料)」ですが、キャリアによって異なります。 ドコモ:2,000円(税抜) au:3,000円(税抜) ソフトバンク キャリア MNP転出手数料 ドコモ 2,000円 au 3,000円 ソフトバンク 3,000円 auはご覧の通り、3,000円です。 MNP転出手数料の請求は、 最終請求時に含まれます。 各種手数料を0円にする方法• ソフトバンクのキャンペーンを使う• web代理店のキャンペーンを使う 上記いずれかになります。 たとえば当店もそのひとつ。 モバシティについてはコチラをご覧ください。 今本当に乗り換えても大丈夫?という話ですね。 ところで、auからソフトバンク乗り換えの「ベストタイミング」っていつだと思いますか? 3月から4月にかけての学割シーズン? いえいえ。 答えはご存じ 「更新月」です。 どんなにキャンペーンが豊富に出ているお得な「月」でも、解約金を考えるとベストタイミングとは言い難いでしょう。 更新月以外に乗り換えれば 解約金(違約金・契約解除料)「9,500円」を別途支払わなければいけません。 が、2019年10月以前にauを契約した方は、この9,500円の解約金が適用されてしまうため、やはり注意しなくてはならないのです。 また2019年10月の法改正以前は2年契約をしないと、数千円月額料金が上がるため、ほとんどの方は「2年契約(通称、2年縛り)」をしているはず。 ちなみにauの「契約月」は 「24ヶ月目~26ヶ月目」の「3ヶ月間」。 たとえば、契約開始が1月1日でも1月31日でも、「2月」が1ヶ月目です。 この場合の更新月は2年後の「2月1日~4月30日の3ヶ月間」。 もちろん、更新月前にはしっかりauから連絡がくるのでご安心ください。 ただSMSで来ることが多いようなのでメールを見忘れていた!なんてことがあるかもしれません。 なので、一番確実なのはで更新月を確認することです。 以下の方法をぜひお試しください。 にログイン• 上部にある 「スマートフォン・携帯電話」をタップ• 「ご契約情報」に進む• 「料金割引サービス」の 「次回更新年月日」で確認できます もし更新月がまだまだ先という場合は、• 2年契約を10月以降のものに変更する(「2年契約N」に変更)• Web販売店の特典を利用する のがおすすめです。 「2年契約N」への変更は「無料」。 これだけで、万が一更新月以外の解約でも、解約金は「1,000円」のみ。 またWeb販売店を利用すると 解約金を全額負担してもらえるというメリットもあります。 そうです。 最初にお話しした通り、Web代理店の特典は魅力的で実用的なものばかり。 つまり利用しないと、とても損なのです。 このWeb代理店というものについては、次でくわしくご紹介しましょう。 4【注意点3】auから乗り換えるならキャッシュバックのある「Web代理店」! 注意点の三つ目は 「乗り換える場所(乗り換える方法)」です。 冒頭で喝を入れたように、 「とりあえずショップに行く」は損! ただ「Web代理店って?」という方にとっては、ネットで乗り換えをするのは少々不安ですよね。 なので、まずはWeb代理店がどのようなところなのかというお話をしましょう。 「Web代理店」とは? 「Web代理店」とは、店舗を持たずに携帯会社の代理店として携帯手続きを行っているネット店舗です。 利用できるプランや契約内容・キャンペーンは、 ショップで契約するものと同じ。 つまりweb代理店だからといって、変なプランに契約させられたり、キャンペーンが利用できなかったりという 「損」は一切ありません。 そんなweb代理店の強みが 「独自のキャンペーンや特典」です。 「Web代理店」にはどんな特典がある? 一例として当店の特典をみていただきましょう。 高額「現金」キャッシュバック• 月額料金の「大幅」割引• スマホやガラケーの一括0円プレゼント• 解約金や乗り換えに伴う各種手数料の「負担」 とくに注意いただきたいのが、これらのほとんどは ショップにはない特典ということ。 ではなぜ「Web代理店」ならできるのでしょうか。 一つは「店舗を持っていない(持っていても少ない)」という点にあります。 ショップではお客様がいてもいなくても日々、光熱費や設備費といった諸経費がかかりますね。 私たちはそれらがかからない分、お客様に還元しているのです。 ほかにも、契約が取れた際のマージン(契約金)をお客様に還元することもありますよ。 とどのつまり利益も出て、お客様がより乗り換えしやすい仕組みを作ることで、ショップにはできない特典をつけられるのです。 auでMNP予約番号を取得する• ソフトバンクのショップや代理店で新規契約をする それぞれをかんたんに説明していきましょう。 「電話」で取得する方法 待ち時間はあるものの、やはり一番ラクなのは電話です。 ネットで予約番号をとるのが、不安という方にもおすすめ。 音声ガイダンスの【1】を押す…「(音声例)速やかなご案内のためご契約の確認にご協力ください…auをご契約済みのお客様は…」• オペレーターからいくつか説明があり、通話終了後 「SMS(ショートメール)」へ予約番号が送られます。 スマホの場合、お客様専用サイトからMNP予約番号の発行が可能です。 にログイン• 画面上部の「スマートフォン・携帯電話」を押す• 「MNPご予約」で番号を発行 ガラケーの場合「Ezweb」から予約番号の発行が行えます。 トップメニューもしくはauポータルトップ• auお客様サポート• au携帯番号ポータビリティ それぞれ最後まで進むとMNP予約番号が表示されるので、メモしましょう。 「店舗(ショップ)」で取得する方法 店頭でのMNP予約番号の取得は、 時間がかかる点にご注意ください。 各店舗で受付時間も異なります。 MNP予約番号の発行に関して、よりくわしい内容はこちらをご覧ください。 おすすめはもちろん 「Web代理店」です。 ちなみに携帯乗り換え(MNP)であればソフトバンクの手続きを行った時点で「解約」されるため、 予約番号発行後に別途、解約手続きの必要はありません。 MNPの注意点 MNP予約番号には 15日の有効期限がありさらに、ソフトバンクへMNPするのであれば、11日間の「残日数」が必要です。 つまり発行してから、 4日間以内にMNP転出手続きをしなくてはなりません。 6まとめ auからソフトバンクに乗り換えることで、料金も安くなることがわかりましたね。 またショップではなくWeb代理店を利用することで、もっとお得に契約ができるのは知らない方も多いと思います。 ただ、Web代理店もいろいろありますよね。 そこで最後に、どんなWeb代理店がおすすめ?という話をしましょう。 7安心して利用できる「Web代理店」は…? 何よりも、信頼のできるWeb代理店が良いですよね? その判基準として、みていてだきたいのが 「正規代理店」かどうかです。 正規代理店はソフトバンク本社が直にサイトをチェックし、合格をもらった代理店にしか与えられない称号といっても良いでしょう。 サイトを見まわして この画像があれば、そこはソフトバンクの「正規代理店」ということになります。 高額「現金」キャッシュバック• 月額料金の「大幅」割引• 解約金(違約金)や各種手数料の負担• テレビ通話での相談も、このボタンを押すだけ。 ただ一番好評だったのはやはり 「現金キャッシュバック」。 10月の法改正の影響で、Web代理店でも 行っているところは限られています。 そんなキャッシュバックを当店で 10万円以上を受け取ったお客様も、過去にいらっしゃいました。 契約されたすべてのお客様が、 少なくとも数万円のキャッシュバックをかならず受け取っています。 だからこそ、auからソフトバンクへ乗り換えるのなら… もっと特典もらいませんか。 多くのお客様が「自分のキャッシュバックはいくらか?」とお気軽に電話くださいます。 無理なお引止めや長話は行っていないため、スキマ時間にぜひ下記からお問い合わせください。 すぐ特典がほしい! のであればぜひ お気軽に、30秒で入力できる「かんたんメールフォーム」からお問い合わせください。

次の