兄弟の絆 パーティ。 【ドッカンバトル】「兄弟の絆」カテゴリパーティのおすすめ編成

【モンコレ】兄弟の絆 ヘンゼルとグレーテルの評価とスキル|ゲームエイト

兄弟の絆 パーティ

『兄弟の絆』カテゴリのキャラ・デッキ考察です。 【カテゴリとしての特徴】 【リーダーキャラクター】主要カード 【LR・フェス限キャラクター】主要カード 【通常ガシャ産の特記戦力キャラ】主要カード 【攻撃性能主体キャラ アタッカー 】主要カード 【防御性能主体キャラ】主要カード 【サポート・その他特殊な性能のキャラ】主要カード 【イベント産キャラクター】主要カード 【最適編成一例】 という項目で書いています。 【カテゴリとしての特徴】 ・カテゴリの定義 基本的には『兄弟のいるキャラクター』が所属するカテゴリとなっています。 …が、『悟空とラディッツ』『フリーザとクウラ』のように、明らかに絆の無さそうな兄弟キャラクター達は除外されています。 また『ベジータとターブル』の場合は後々になってから兄弟設定が追加されたので、『Z』『GT』などのベジータには同カテゴリは付与されていませんし、悟飯も『悟天が生まれる前』についてはカテゴリ無しということで、『時代』も加味されて定義されています。 今後、LRキャラクターなんかが更に増えれば猛威も振るいそうなカテゴリです。 ・バラエティに富んだカテゴリ このカテゴリはカード枚数も160枚超え、LRも3体、フェス限も7体で規模も中々ですが、最大の特徴は『これまでにないキャラクターを組み合わせられる』という多様性です。 例えば17号と悟天とビルスと桃白白とダーブラが一同に会するカテゴリなど今後現れないでしょうし、今までとは一味違うコンボも楽しめるカテゴリでしょう。 更にリーダースキル的に『』キャラも使えるので、『編成の自由度』は極めて高い形になっています。 ・リンクが一貫しづらい 前述のように、このカテゴリは多様なキャラクターが集まるので、全体に一貫するリンクスキルというものがありません。 加えて、リーダー・フレンドで2体揃う悟飯&悟天も気力リンクがサッパリなので、気力リンクを一貫させるのはかなり厳しいカテゴリです。 ・特攻イベント 2019年7月現在、同カテゴリが特攻に指定されているイベントはありません。 今後に期待です。 【リーダーキャラクター】主要カード フェス限定LRのリーダーです。 また『』カテゴリのリーダースキルも持っているので、率いれるカード総数は合計400枚以上! 『高倍率下で率いれるキャラクターの数』という観点では、ドッカンバトルでNo. 1という存在でもあります。 【LR・フェス限キャラクター】主要カード ガシャ産LRキャラクターはこの2体です。 悟飯&悟天はターンを追う毎に爆発的な強さを発揮するキャラクターで、気力サポートや気玉変換なんかを入れてやれば早い段階からでもとんでもない性能も発揮出来ます。 この2体を考えても、やはり気力サポートや変換要員は欲しくはあります。 イベント産LRはこの1枚のみです。 性能的にはかなり遅れているのでそこまで有効な戦力でも無いですが、穴埋めには悪くないでしょう。 カテゴリ世代のコスト58フェス限はこの4体です。 最優秀なのは17号でしょう。 元々非常に汎用性の高い性能であるだけに、このカテゴリでも抜群の働きが期待出来ます。 特にこのカテゴリは『気力リンク』に困りがちですから、気力サポートを入れた上で更に種々の役割をこなせるこの17号は、間違いなくこのカテゴリでの最強格の戦力です。 2体のベジータも共に攻守優れた性能で扱いやすく、特にブルーは同名カードと比べてもこのカテゴリでは採用価値は高いです。 コスト48フェス限はこの1体のみです。 こちらはやはり『極限Z覚醒』待ちといった所です。 ATK低下が通るイベントなら、今でも悪くない力は持っていますが。 コスト42フェス限はこの2体、いずれも『極限Z覚醒』が実装されています。 ビルスの方は地力も高く、ビルス&ウイスと組ませれば回復もこなせる非常にバランスの良い性能を発揮可能です。 全体として、『これまで気力がネックで使いづらかったキャラ達が使いやすくなっている』という側面があります。 そういう意味で、これまでにない強さを発見出来るキャラもいるでしょう。 【通常ガシャ産の特記戦力キャラ】主要カード 通常ガシャ産で、単体性能が最も優秀と言えるのはこの3人でしょう。 いずれもが高い防御性能を持ったキャラクターで、高難易度イベント適性も十分に高いです。 特に悟天はリーダーに対して非常に相性が良く、持っているなら使わない手はないでしょう。 18号も技気玉はリーダーにも与えられますし、ヒルデガーンは言うまでもなく防御が厚くて爆発力もあり、カテゴリバトロなんかでも大活躍の3人です。 サポート役としては、この3人がかなり優秀な感じです。 悟飯は『』の特化サポートでこのカテゴリには合致しませんが、リーダー・フレンドの悟飯&悟天にはサポート範囲・リンク共にバッチリ合って特攻もあるので、特攻が効く相手であれば採用価値も十分にあるでしょう。 次点ではこの6人もバランスが取れた戦力です。 特にトランクスは最新のキャラだけあり、気玉さえ安定するなら相当な戦力です。 ベジータ2枚は攻守優秀、特にゴッドの方は特攻持ちでシンプルに強い感じです。 ブルーはパッシブ条件を満たすのがこのカテゴリでは厳しいですが…。 タピオンは本来そこまで抜けている訳でもないですが、虹気玉を作れるというのがこのカテゴリには合っており、18号や悟天がいなければ悪くありません。 18号2枚も、やはりDEFは高めですし中々でしょう。 この3人も、攻守共に中々の水準で悪くない戦力です。 【攻撃性能主体キャラ アタッカー 】主要カード 見所のあるアタッカーはこの辺でしょうか。 特に悟飯はかなり火力も抜けており、リンクもリーダーと合うので中々悪くありません。 サポート前提なら守りも中々です。 17号、ベジータも、DEFもそこそこは出せますが、同名カードが余りにも強過ぎますし、そこまで抜けている訳でもないので微妙な所です。 その他、アタッカーとしてはそこそこの面子は結構いますが、そうそう採用もされにくいでしょう。 【防御性能主体キャラ】主要カード この2人は『HP全回復』の特性を持っており、場合によっては使えるケースもあるでしょう。 この2人は確率ガード・回避で『運次第』な所はありますが、ハマれば強力な防御性能です。 どちらもドッカン覚醒を残しているので、今後にも大いに期待出来るでしょう。 この辺はATK大幅低下や気絶など、デバフ要員です。 状態異常が通り、敵が少ないイベントなら使う価値もあるでしょう。 【サポート・その他特殊な性能のキャラ】主要カード この3人は気力・ATK・DEFを同時補正出来るサポートです。 穴埋めに使っていくにはベストな存在でしょう。 こちらはステータスだけですが、倍率は高めです。 このカテゴリなら気力サポートが欲しいですが…。 【イベント産キャラクター】主要カード 最優秀なのは『極限Z覚醒』しているこのベジータです。 シンプルに攻守優秀で、駒が足りないなら非常に良い戦力です。 同名カードはありますが…。 この辺はデバフや回復などで、局所的に出番があるかなという感じの面子です。 状況によって使い分けましょう。 他にもやら色々と居はしますが、そうそう使う場面は無いでしょう。 【最適編成一例】 1 リーダー ・ 2・ 3・ 4・ 5・ 6・ 7 フレンド ・ かなりバラエティに富んだキャラクターが存在するので、やはりサポートキャラを入れて回しやすくしていきたいです。 この編成ではビルスコンビとLR悟飯&悟天を軸に、17号、18号、悟天のサポートと気玉変換で支えていく感じです。 体気玉が虹気玉と技気玉にドンドン変換されるので、超必殺技まで持っていくのも非常にやりやすいでしょう。 ただ、『LRビルス&ウイス・フェス限ビルス』を1,2枠目で固定してしまうと、今度はLR悟飯&悟天も3枠目に行ってしまいますし、それを嫌うならブルーベジータやアルティメット悟飯を採用しても良いですし、この辺は考え方次第です。 特に『カテゴリ染め』に拘らなければ、『』カテゴリから更に多数のキャラを借りてこれるので、非常に自由度の高い編成が可能になって来ます。 以上です。 中々にクセの強いカテゴリで、実際リンクも通しにくかったりはしますが、その分リーダースキル補正は強烈であり、『』と並列も出来るので、最強には遠いでしょうが、実力は十分に持っているカテゴリではあります。 追加キャラクターは中々増えづらい感じもありますが、今後も『超』時代のベジータ、ブウ編以降の悟飯の新規カードは出て来そうですし、中々に面白いカテゴリではあるでしょう。 単体では抜けている程でもありませんが、『』との組み合わせは非常に強烈なので、そこをしっかり活かしてあげたいです。

次の

愚兄弟と友人の絆を鑑賞する動画とは (グキョウダイトユウジンノキズナブレイクヲカンショウスルドウガとは) [単語記事]

兄弟の絆 パーティ

25倍、それ以外の時は3ターンの間1. 75倍にする 【船長効果】 打突と格闘タイプキャラの攻撃を3倍、体力を1. A:対象が多く強い効果or対象は少ないがかなり強い効果。 B:そこそこな効果。 C:恩恵が少ない効果。 ハロウィン仕様の3兄弟の性能 サボ 一味のスロットを1ターン固定、打突・格闘・射撃タイプキャラのスロットの影響を、一味のスロットに [連]が6つ存在する時、1ターンの間2. 25倍、それ以外の時は3ターンの間1. 75倍で固定され、それ以外の時は1ターンの間チェイン係数が3倍で固定される 一味にかかっている封じ状態を10ターン回復し、1ターンの間格闘と射撃タイプキャラの攻撃を2. 5倍にする ルフィとの発動順で効果を選べる サボはその場のスロット状況で、スロット強化が1ターン2. 25倍か3ターン1. 75倍か変わります。 同様に、ルフィもチェイン係数の固定値が1ターン3倍か3ターン2. 75倍か変わるため、 ルフィとサボの発動順を変えることで瞬間火力か継続火力を選択することができます。 75倍固定 ・スロット固定1ターン状態 ・ 3ターンスロット強化1. 75倍 船員効果も3兄弟で合わせたい 上記のルフィとサボの組み合わせにエースの必殺技も合わせたいです。 能力解放を含めても4ターン回復は大きなデメリットですが、エースのスキルは封じ10ターン回復なのでルフィの封じを解除できます。 船員効果も3兄弟で相性が良い 上記のルフィとの組み合わせにエースの攻撃力強化2. 5倍が加わる上に、サボの船員効果で船長が打突か格闘タイプならば一味は、 [力]スロットも有利スロット扱い、ルフィの効果で一味は [連]有利扱い、エース自身で [心] [知]が有利扱いです。 25倍、それ以外の時は3ターンの間1. 75倍にする 船長効果:死神の掲げるマーク・オブ・ハロウィン 打突と格闘タイプキャラの攻撃を3倍、体力を1. 25倍、それ以外の時は3ターンの間1. 75倍にする 船長効果:死神の掲げるランタン 打突と格闘タイプキャラの攻撃を2倍、体力を1.

次の

【ドッカンバトル】LR親子三大かめはめ波の評価とおすすめパーティ!

兄弟の絆 パーティ

愚兄弟と友人の絆を鑑賞する動画とは、とそのな友人たちの の記録である。 概要 もともとは愚・愚の二人組で、二人でや()をUPしていたが、において、愚の友人(i)が初参戦、以降冒険の大半に同行した。 その後しばしばiがに登場するようになり、特ににおいては愚の友人(o)も参戦、ついに4人が実現した。 最新はこちら。 登場人物 具体的な人物像はの項も参照。 愚 New、では、では、、を使用。 一見善良なだが、に対する執着が強いのか、自分より必要としているがいるにもかかわらず独り占めを行うなど愚行も立ち、「愚」の がつくことも。 愚 New、では気者、では、を使用。 に命を顧みず突貫したり、難しい仕掛けの操作を進んで担当するなど 男気溢れる性格。 ただしなとのに遭うことも多い。 自ら 名前バレするでの。 o Newではバディ(とひやかし)、では、では、を使用。 ピンでを出し、愚を落下させるを持つ。 oの名前の通り場でを発揮するらしく、ではのでのような強さを見せた。 愚兄弟と友人の絆の軌跡 NEWスーパーマリオブラザーズWiiを愚兄弟がまったり雑談プレイシリーズ すべてはここからはじまった。 2の途中である7からiが参戦。 以降一部の集め以外は3人でのとなる。 足の引っり合い、、数えきれないを経験しながら、最後は壮絶な命のの末にを見事撃破。 ほっと安堵した3人に某がさらなる試練を与えるが、最後まで3人のは壊れなかった。 特に終盤で、が居ないとつぶやく愚にiが言った一言は必見。 また、でのiの発言「気まぐれで殺す程度がいい」という精は、以降のでも引き継がれることになる。 愚兄弟と友人がマリオパーティ8を雑談プレイシリーズ とi、そして(つよい)で。 後にiが「性格がひん曲がる」と言うほどの熾な戦いを見せた。 1対3、通称「ゲー」やの活躍など見どころいっぱい。 の説明を見ないなので、のみならずにも高い状況判断がめられる。 みんなもこのを見て、で「状況判断に優れます」と言おう! マリオパーティ9を愚兄弟と非常食が雑談プレイシリーズ oの初参戦作品。 ついに4人でのとなる。 4者4様の、異様に範囲の広いがを飽きさせない。 3人のはこの作品でも健在。 新加入のoも1っかり魅せてくれる。 特にみんな大好きの駆け引きは、の素らしさと醜さを存分に垣間見ることができる。 NEWスーパーマリオブラザーズWiiUを愚兄弟がまったり雑談プレイシリーズ 1から9までは版と同じ3人組が。 は変わっても安定の 殺し合い助け合いが堪できる。 しかし、このの本番は10でoが参戦してからであり、彼の参戦によって版とは一味も二味も違う状況になっていく。 バディやを駆使して3人を混沌の渦へ、をの渦へと巻き込むoは、名実とのを支配すると言えよう。 マリオパーティ10を愚兄弟と非常食が雑談プレイシリーズ およそ1年の時を経て友人2人が。 を感じさせないと安心の率を披露している。 開幕5分のと設定があるが、愚が相変わらずの編集を発揮。 もちろんの説明などかった。 ひとしきり戦った後、4人はそれぞれのを再確認するためにに挑む。 スーパーマリオ3Dワールドをを愚兄弟と非常食が雑談プレイシリーズ 再び1年以上の時を経て4人が集結した現行。 初っ端からので、を感じさせないと愚の編集を実感することが出来る。 なお、の「を」が重なっている気がするが、恐らく気のせいである。 用語集 このが使われる中で、よく使われる用とその意味をまとめてみた。 、 iが操る、のこと。 気まぐれで人を殺し、い粉を同族にめるという。 特に、フラワーでした姿は汚染、汚染フォルムと呼ばれる。 を読まない事に敵、のこと。 名付け親はi。 また、が投げてくるようなの弾は総じて「」と呼ばれる。 ある愚行が連鎖的に別の愚行を引き起こし、大きな犠牲を出してしまうこと。 特に軽い気持ちで蹴りだしたラやなどが悲劇を生みやすい。 後に類似の意味を持つ「色々犠牲にしたけど私は元気です」という言葉も生まれた。 における、5-3のこと。 初めて見る敵(イムシ)や沼に浮かぶ回転する足場が3人を大いに苦しめた。 なお、イムシは3人のになっていたが、後に版でを果たすことになる。 (パラダス) におけるその2、9面のこと。 このの登場はやっとの思いでを倒した3人の心を折る。 特に9-7では…。 ちなみに版の9面呼ばれている。 こちらもかなりで、一場面のがある。 の重な 編の 2内で愚 が が射出されるところを見て発言。 実際に発音してみるとわかるが、妙に感がよく、しばしば使われる。 このからに辿り着いた猛者もいる(の項の参照)など、妙な性がある。 で猛威を振るった。 足がいのに綱渡りのに登場、当然のごとくするという。 ずるい。 あまりに強だったせいか、ではから外れてしまった。 なお、Uでも4人を2連敗させるなど、そのを遺憾なく発揮した。 最 で愚を襲った悲劇。 具体的に言うと3。 「を取った上、に1届かず、に焼かれる」という、考え得る最悪の結果。 次のoが最良である6をしで引いた所が、この悲惨さに拍をかけている。 わずか1の出来事であるが、上下するを見る度に引き合いに出されるなど、4人の心に強く残っている。 Uにおけるoの役割(バディ)。 のが描かれてる足場を任意で出すことによって、3人ののを 邪魔していく。 他にもを動かしたり、戦でひやかし()を召喚するなど、そのは多。 特に3UPムーンを出すは重要で、に見えて3人の機が増えた。 しかし、自身は3UPムーンを殺してもいいというとしか思ってないようだ。 対話 とののこと。 上記の通り、は任意の場所にを出すを持つため、落下しそうになっている憐れなをその御で救い給うことができる。 しかし、如何せん愚行だらけのを救おうとしているためか、その成功率は低い。 さすがの編集 愚が良く言う「するわ」などの編集宣言に対する一般的な反応。 愚からは「どうせしないんだろ」 、iからは「あー、またされちゃうわ(棒」、oからは「不安しかよぎらねぇ」と散々な言われっぷり。 しかし作を見れば分かる通り、愚の編集は中々のものがある。 実際はただ面倒くさいだけのようだ。 関連項目•

次の