トラネキサム 酸 飲み 合わせ。 【かんたん解説】トラネキサム酸の効果、飲み方、副作用

【のどの痛みに】医療用成分を含むペラックT錠の効果・飲み合わせ

トラネキサム 酸 飲み 合わせ

シミのために必要なビタミンC量 美肌のために推奨されているビタミンCの1日の摂取量は 1500mg ~ 2000mgです。 シナール錠は1錠200mgですので、美肌のために必要な1日量は10錠となります。 量が多くて驚かれる方も多いですが美肌のためには量が必要となります。 私が勤めていたクリニックでは厚生労働省によるビタミンCの安全な上限値である2000mgまでをすすめていました。 ビタミンCはシミを改善するだけではなく、体全体の活動にとっても必要な栄養素となります。 運動をすれば消費しますしストレスを感じればビタミンCは消費されます。 ビタミンCは体内で生命維持に必要な箇所から、優先的に消費されていきます。 そのため、大量に摂取しなければ肌にまでその効力がまわらないというわけです。 シナール錠を飲んでいるけれどいまいち効果がわからないという方はぜひ飲む量を見直してみて下さい。 忙しくてクリニックにいけない場合は市販のビタミンCを利用することもあります。 その場合もビタミンC含有量のチェックはしっかりおこないます。 ビタミンC タケダ ビタミンCはクリニック処方のシナール錠を飲むことが多いけど、小さい子供がいるとなかなか行けなくて切らすことも多いのでタケダのビタミンCも愛用。 第三類医薬品でAmazonで注文するとすぐに届くので助かる。 1日6錠でビタミンC2000mgです。 リプライセル 美容オタクの方に人気のビタミンC「リプライセル」も時々飲んでいます。 リプライセルはビタミンCを細胞と同じレベルのリン資質でできたリポソームに包んであるので確実にビタミンCを血中に取り込むことができると言われています。 人間はビタミンCを体内で合成できないですし、通常のビタミンCサプリメントは「水溶性」なのですぐに体外に排出されてしまい、体に貯蔵しておくことができません。 ですがこのリプライセルの技術ならほとんどが体内に吸収することができると言われています。 口コミを見ていても通常のビタミンCサプリメントよりも効果を実感できる方が多いようです。 こまめにサプリメントを摂取するのが難しいという方にもおすすめです。 ただし、こういった特殊技術の物は長期連用の安全性がわかりませんので、紫外線の強い時期やイベントがある前に集中して飲むようにしています。 ちなみに、リプライセルは美容クリニックでも取り扱っているところはありますが、という自然商品を販売する海外のオンラインショップが一番安く購入することができるので私はこちらを利用しています。 トラネキサム酸の肌への効果 トラネキサム酸は人口合成されたアミノ酸で日本では「トランサミン」などの商品名でも販売されています。 元々は止血剤のお薬で、美白効果があることがわかり最近ではシミの治療には欠かせない治療薬となりました。 トラネキサム酸の効果として有名なのは「肝斑(かんぱん)」というビタミンCの内服や従来のレーザー治療では消すことができなかったシミの種類にも効果があるということです。 シミのために必要なトラネキサム酸量 肝斑以外のシミ治療の場合1日の摂取量は 750㎎〜 肝斑治療では 750㎎以下ではあまり効果がなく、 1日1500mg服用することで効果が明らかになると言われていています。 ビタミンCと同様即効性はありませんので2〜3ヶ月以上飲まれて効果を実感するものとなります。 トラネキサム酸の副作用 やはり止血剤というお薬ということで副作用を気にされる方が多くみえます。 トラネキサム酸は基本的には副作用が少ない成分とされていますが、 止血用に用いられていた成分なので血栓症などで血栓ができやすい人は服用は控えるようにされています。 また、稀にですが食欲不振や吐き気を一時的に起こす人がいるようです。 同成分が配合されている一般薬としては「トランシーノ」という商品がでていますが、 心配な方は医師の診察の上処方してもらうのが一番かと思います。 ちなみに私の知り合いの女医さん(健康な方)は10年以上ずっと飲み続けているけれど特に副作用が出たことはないと言っていました。 本当に効果はあるの? 飲み続けて大丈夫なの? と心配される患者さんが多くいます。 内服療法はすぐに効果がでる治療ではないですし、肌は毎日みているとよけいに変化がわかりにくかったりします。 しかし、私自身10年以上の内服を続けてきて言えるのは 飲むのと飲まないのとでは効果は断然違います。 私は20代前半から内服療法(主にシナール錠(ビタミンC)と トラネキサム酸を服用)してきました。 まだ若かったので肌トラブルもなかったのですが、仕事柄なんとなく飲んだり飲まなかったりを繰り返しながら飲み続けてきました。 25歳まではほとんど効果はわかりませんでしたが、20代後半にさしかかった時に同年代の友人よりシミやくすみが少ないことに気がつきました。 そして30歳になったときには今の自分の肌は今までの内服療法のお陰だとはっきりと気づく事ができました。 肌診断機ではいつも肌年齢が実年齢よりマイナスに出ますし、友人から「シミ対策はなにをしているの?」とよく聞かれるようになったからです。 私の場合は長期の例ですし、他にも色々な治療を併用しているので純粋に内服の効果だけとは言えませんが、クリニックで内服療法のモニターをされていた患者さん達は 内服療法だけでシミやくすみ肌の改善等の効果がでていました。 効果の出方には個人差がありますが、肌のサイクルの事を考えるとシミへの効果が感じられるのは3ヶ月頃からになります。 ですので、3ヶ月以上は内服療法を続ける事が基本となります。 中には飲み続けていたら効果がわからなくなってきたという方もいますが、何かのきっかけで内服をやめるとその効果を実感できたりします。 私も妊娠・授乳と長期に渡って内服をやめた時は、内服の効果の大きさを実感しました。 また、内服を長く続ける事で他の体への影響を心配される方もいます。 長期の内服が心配な方や持病がある方は医師に相談しながら飲む期間を決めてシミ治療をされることをおすすめします。 レーザー治療の効果を高めてくれる シミ治療に来る患者さんの中には、レーザーを当てればシミはすぐに消えてなくなると思われている方が多くいます。 しかし、残念ながらシミはレーザーを照射しただけではキレイには消えないのです。 たとえ一時的にシミが消えたとしてもまた同じ箇所に再発したりなんてことがあるのです。 ですので、私が勤めていた美容クリニックではレーザー治療を行う場合も必ず飲み薬を併用してもらっていました。 レーザー治療の副作用を最小限に抑えるために先に内服治療を開始し、肌のコンディションを整えることも行っていました。 そして、レーザー治療が完了した後も再発防止のために内服治療だけはずっと続けてもらうようにしていました。 それくらいシミ治療にとって飲み薬は重要になるということです。 シナール・トラネキサム酸の効果が感じられない場合 胃腸が弱っている可能性 シナール・トラネキサム酸にかかわらずサプリメントなどの効果がいまいち実感できない場合は自分の体の吸収力が落ちている場合があります。 特に胃腸の調子が悪いとせっかく摂取した栄養素を効率よく吸収することができません。 そのような時は胃腸を休ませて胃腸の働きを回復させることが先になります。 胃腸を休ませる方法としては1週間の夕食断食という方法があります。 漢方薬剤師の方が書かれた「血流がすべて解決する」という本で胃腸がよみがえると書かれていたので私も実践してみたのですが、胃腸が休まるだけでなく体調も良くなるのがわかりました。 長期の断食は医師の指示のもとおこなう必要がありますが、夜だけプチ断食なら自分で調子を見ながらおこなうことができますので取り入れやすいかと思います。

次の

トラネキサム酸錠のニキビ跡への効果と副作用、飲み方!

トラネキサム 酸 飲み 合わせ

美白目的の化粧品はいろいろありますが、「塗る」以外にも皮膚科や美容クリニックでくすみやシミ肌の治療として処方されるシナールというビタミンCの「飲む」お薬があります。 近頃、若い年代の方にも愛飲されている方が多いようですね。 え、本当に飲むだけで消えちゃうの? と疑問に思うかもしれませんが、肌荒れやニキビ、色素沈着などのトラブルは 自分の皮膚を守ろうとする仕組みがうまく働かないことによって起こります。 そう考えると、お肌の機能を正常に整える根本的な解決策として内側からのケアが大切になってくるのは言うまでもありません。 また、シミや肝斑の治療にはシナールと一緒にトラネキサム酸を同時に処方される事が多く、両者の相乗効果を知って個人でも併用される方がいます。 飲むだけで肌質が改善できたら素晴らしい! でも場合によっては、飲んではいけない人もいます。 そこで、正しい知識を得る為に、肌を白くするお薬、シナール配合錠とトラネキサム酸錠の効果や飲み方、副作用などが一目でわかるようにまとめてみました。 是非最後まで読んでみてください。 シナールとはどんなお薬 美白ができる内服薬として有名なのは、シオノギ製薬の「シナール」です。 シナールは、ドラッグストアでも購入できますが、病院でも、ビタミンCの補給や、シミ・そばかすの治療、貧血の鉄剤の吸収をうながすためなどに処方されます。 ビタミンCが主成分の複合ビタミン剤ですが、処方薬と市販薬では、配合成分に少しだけ違いがあります。 また、処方される場合は、トラネキサム酸が一緒に処方されるのが一般的です。 シナールの効果について シナールは、飲み続けると肌が白くなっていきます。 口コミでも評判は上々です。 処方・市販薬どのシナールも次の3つ効果があげられます。 しみ,そばかす,日やけ・かぶれによる色素沈着の緩和• 歯ぐきからの出血、鼻出血の予防• 肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期のビタミンCの補給 参照元: 市販のシナールEXは抗酸化作用が高いので、疲労回復などの効能に重点が置かれており、シナールホワイトは、シミや肝斑、くすみなどに効果が期待できます。 全般的な効能は共通していますが、目的に合わせて使い分けが必要ですね。 シミ予防として長年飲み続けていると、肌が白く、シミやくすみも出にくく、年齢も若く見えるとか。 美白だけでなく、肌の調子が良くなり、ニキビなどの肌荒れも起きにくくなります。 ただ、短期間で劇的な効果が出るわけではありません。 一般的には、約3ヶ月飲み続けて、目に見えて効果が分かるようになります。 シミがなんとなく薄くなったり、全体に肌が白くなったりしてくれば、さらに続けてしっかり効果を出しましょう。 肝斑の治療では、薄い肝斑だと約半年で効果が出て、服用を終了できるという声もあります。 そうは言っても、人によっては効果が出ないこともあります。 もし1か月服用してもまったく効果が出ない場合は、服用をやめるか医師に再度相談しましょう。 処方薬シナール配合錠の主な成分 処方薬は、粉末タイプと錠剤タイプがありますが、どちらにもアスコルビン酸とパントテン酸カルシウムが配合されています。 参照元: 服用方法は、1回1~3錠または、1~3gが目安で1日1~3回服用します。 1錠にアスコルビン酸200mg、パントテン酸カルシウム3mgが配合されています。 成分について詳しくみてみましょう。 ビタミンC アスコルビン酸は、ビタミンCの化学名です。 ビタミンCは、美容に欠かせない栄養素ですが、とくに、皮膚、骨、血管などの繊維成分であるコラーゲンの生成に必要な栄養素です。 シミの原因となるメラニン生成を抑制する効果、体の抵抗力を高める効果もあります。 ところで、シミの元となるメラニンは、もともとチロシンというアミノ酸です。 チロシンは、チロシナーゼという酵素によって酸化を繰り返し、変化していくことで黒色のメラニンが生成されます。 ビタミンCは、還元作用があるので、チロシンが酸化するのを抑制します。 また、できてしまったメラニンを還元することもできるので、無色の状態に戻すこともできます。 ビタミンCを摂ることで、メラニンの生成を抑制するだけでなく、できてしまったシミを薄くすることも期待できるのですね! ビタミンB5 パントテン酸カルシウムの有効成分はパントテン酸で、栄養素としてはビタミンB5です。 糖分、脂質、たんぱく質の代謝をサポートし、皮膚をきれいに保ちます。 ビタミンCと一緒に摂ると、ビタミンCのはたらきを助けます。 アトピーの治療にも使われますが、それは、パントテン酸がステロイドの成分にもなっている副腎皮質ホルモンの自然な分泌をうながす機能があるからです。 以上のように、処方薬のシナールは、ビタミンCとビタミンB5が配合され、肌の調子を整え、シミの予防と改善の効果が期待できるものと言えます。 では、市販薬のシナールには、どのような成分が配合され、どのような効果が期待できるのでしょうか。 市販薬シナール錠の成分と特徴 市販薬は、第3類の一般用医薬品として薬局で販売されています。 効果が期待できて、気軽に購入できるので、病院に行く前に試してみたいという人には便利ですね。 処方薬と市販薬のシナール配合錠の大きな違いは、風邪薬のようにさまざまな種類が販売されている事です。 普通のシナールがタイプ別に3種類、ビタミンEを配合したシナールEXが2種類、美白効果のシナールLホワイトがあります。 この中で、いちばん知られているのは普通のシナールだと思いますが、シナールLホワイトは、シミ対策に重点を置いた配合成分になっています。 そこで、ここでは、シナールLホワイトを中心にご紹介しましょう。 配合成分は、アスコルビン酸、L-システイン、パントテン酸カルシウムです。 市販薬のシナールの中でも、処方薬と同じ成分(アスコルビン酸とパントテン酸カルシウム)が入っていて、さらにL-システインが配合されているのがポイントです。 大人の1日分6錠で、ビタミンCが1,000mg、L-システインが240mg、パントテン酸カルシウムが24mg配合されています。 処方薬になくてこのシナールLホワイトには配合されているL-システインは、美白効果がある成分として知られているものです。 L-システインとは? L-システインは、アミノ酸の一種で、代謝をサポートするはたらきがあります。 そのため、疲れを回復させ、二日酔いを改善する効果もあります。 ビタミンCと一緒に摂ると、美白効果が発揮されます。 まず、過剰なメラニンの発生を抑制します。 さらに、すでにできてしまったメラニンを無色化することもできます。 肌の代謝を正常にするはたらきがあるので、ターンオーバーの周期を整え、肌トラブル全般を改善し、肌に沈着してしまったメラニンを外に排出してくれます。 コラーゲンの生成もうながすので、肌がやわらかくハリが出る効果もあります。 還元力の高いビタミンCと一緒に配合されることで、その効果がさらに高まるので、美白効果がいっそう期待できます。 以上のように、美白に役立つ成分がぎゅっと詰まったシナールLホワイトは、値段もお手頃なので、常備しておいて、日焼けしてしまったという時に気軽に飲むのも良いでしょう。 もちろん、日頃から飲んでいると、自然に肌が白くきれいになっていきますよ。 その他のシナール、種類と特徴 シミ対策としては、シナールLホワイトがおすすめなのですが、ほかのシナールの成分も比べてみましょう。 普通のシナールは、ビタミンCとそのはたらきをサポートするビタミンB2がおもな成分になります。 シナールEXは、ビタミンEが配合され、体を元気にする効果が高められています。 キミエホワイト メーカーは違いますが、 シナールLホワイト錠と同様の成分が配合されている第3種医薬品で、富山常備薬グループが販売している 「キミエホワイト」というものがあります。 ネット注文 180錠入りで、1900円とコスパ的には一番条件がよく、長く続けたい顔、腕、背中など全般的なシミ対策に30代以降の女性から強い指示を受けています。 シナールの飲み方と副作用 7歳以上であれば服用できます。 シナールEXチュアブル錠のみ、3歳以上は1回1錠1日3回服用することができます。 Lホワイトは、成人(15歳以上)の場合、1回2錠を1日3回です。 細粒とカプセルは、1回1~2包(カプセル)を1日2回、錠剤は1回2~4錠を1日3回、顆粒は1~2包を1日2回が用量・用法となっています。 処方薬の場合は、医師の指示に従いますが、市販薬の場合は、1ヶ月程度を目処にしてあまり効果がないようでしたら医師や薬剤師に相談しましょう。 シナールは安全な薬で副作用はほとんどありませんが、ビタミンCの特徴として、摂り過ぎるとおなかがゆるくなることがあります。 また、体に合わない場合、消化器系の副作用が出る事があります。 胃の不快感、悪心、嘔吐、下痢など。 ビタミンCは水溶性で、摂取後数時間で排出されてしまいます。 そのため、1日に数回飲む必要がありますが、反対に、体に長く影響を与えることもありません。 ですから、安心して長く飲み続けられますね! トラネキサム酸の特徴と効果 病院で、シナールとよく一緒に処方される薬にトランサミンがあります。 トランサミンの成分は、トラネキサム酸。 このトラネキサム酸にも、シミや肝斑を改善する大きな効果があります。 では、トラネキサム酸の特徴と効果をみてみましょう。 トラネキサム酸は、アミノ酸の一種です。 効果としては、メラニンの生成を抑制する作用、抗炎症、抗アレルギー、止血効果があります。 病院では、止血剤、抗プラスミン剤として処方されます。 安全性が高い薬なので、幅広く使われています。 トラネキサム酸の特徴は、抗プラスミンの作用です。 肌が紫外線等の刺激を受けると、メラノサイトにメラニンを作るための情報が伝達されます。 その際に、トラネキサム酸は、シミを発生させるプロスタグランジンという物質の伝達を阻害するので、メラニン生成が抑制されるのです。 肝斑の仕組みは、メラノサイトが活性化すると生じると考えられていますが、メラノサイトの活性化を促進させる物質として、プラスミンという物質があります。 プラスミンは、たんぱく質を分解する酵素で、血液を溶かすはたらきがあり、アレルギーや炎症の原因ともなります。 トラネキサム酸は、プラスミンの血液を溶かすはたらきを抑制する効果があり、これが止血作用にもなるのです。 同時に、プラスミンのアレルギーや炎症を起こす作用も抑えるので、アレルギー症状や腫れなどの症状にも効果があり、口内炎や湿疹、じんましんなどの治療に使われています。 このように、そもそもトラネキサム酸は、湿疹やじんましん、出血を止めるための薬として使われていたものでした。 ところが、1979年に、肝斑が改善されたという研究結果が報告されたのです。 そのため、肝斑、老人性色素斑、炎症後色素沈着などのシミ全般の治療に使われるほか、化粧品にも応用され、美白効果のある化粧水にも配合されています。 トラネキサム酸の副作用、服用する際の注意点 トラネキサム酸は、安全性が高い薬で、副作用はほとんどないとされています。 まれに、食欲不振や吐き気が出ることがあるとはされていますが、あまり心配しないで良いでしょう。 ただし、トラネキサム酸は、止血作用があるので、別の止血薬であるトロンビンとは一緒に服用できません。 両方を摂ることで、血栓が生じやすくなるからです。 トロンビンは、胃薬として処方されることもあります。 内科でトロンビン、皮膚科でトラネキサム酸を同時に処方されることのないように注意しましょう。 また、血液が溶けるのを防ぐ効果があるものですから、血栓ができやすい病気の人は気をつけましょう。 心筋梗塞、脳血栓、血栓性静脈炎などの症状がある人、または術後などで日中も寝た状態の人、圧迫止血の処置中の人、腎不全の人も要注意です。 トラネキサム酸の飲み方 トラネキサム酸は、トランサミンとして処方されています。 カプセル、錠剤、散剤、細粒、シロップなど各種のタイプがあり、1日に3回から4回に分けて服用します。 シロップは、0歳児から服用できるんですよ。 いかに安全な薬か分かりますね。 まとめ|肌を白くする方法のポイント 今回は、肌を白くする方法として、シミや肝斑対策に人気のシナールを取り上げました。 ビタミンCの還元力で、予防だけでなく、できてしまったシミも薄くできるというのは嬉しいですね。 根気よく服用すれば、いつの間にか肌が白くなり、シミも気にならなくなっていきます。 さらに、病院で一緒に処方されるトラネキサム酸、市販薬のシナールLホワイトに配合されているL-システインなども、美白効果を相乗効果で高めてくれます。 普通のシナールだけでも効果が実感できる人もいると思いますし、効果が弱いと思ったら、シナールLホワイトを試したり、皮膚科を受診して処方してもらったりするのも良いでしょう。 まずは、手軽に始められる市販薬のシナールから始めてみてはいかがでしょうか。 関連記事:塗ってなおしたい方のケア \ SNSでシェアしよう! / ガールズcare-美容と健康のお悩み解消についてわかりやすく解説する情報メディアの 注目記事を受け取ろう•

次の

トラネキサム酸:トランサミン

トラネキサム 酸 飲み 合わせ

その結果、血栓ができやすい状態になります。 トロンビンははじめから体内に存在する物質です。 しかし止血のため、トロンビンを投与することもあります。 たとえば、外科手術などで出血が多い場合にトロンビンを投与すれば、フィブリンを増やして止血しやすくなるのです。 しかし、このようなケースでトラネキサム酸を服用中だったとしたら、 血栓ができすぎてしまうという危険性があります。 なぜなら、トロンビンを投与してフィブリンを増やしたところに、フィブリンを分解させにくくするトラネキサム酸の作用が加わってしまうからです。 医薬品としてトロンビンを処方されるケースはほぼないため、トラネキサム酸との併用を心配する必要はないでしょう。 ただし、予期せぬケガなどで多量に出血した場合、トロンビンを投与される可能性はあります。 そのため、トロンビンとの併用を避けてもらうには、医師にトラネキサム酸を服用中であることを伝えておかなければなりません。 トラネキサム酸との併用を注意したい医薬品とは? トラネキサム酸とトロンビンが併用禁忌となる医薬品であることはここまで解説したとおりですが、ほかにも併用しないほうがよいとされる医薬品があります。 ここからは、そういった「併用注意薬」について見ていきましょう。 ヘモコアグラーゼ ヘモコアグラーゼはヘビ毒に由来する有効成分をもつ酵素止血剤です。 トラネキサム酸と大量併用することによって、血栓んが作られすぎるという危険性があります。 一般的には処方されない医薬品であることはトロンビンとおなじですが、やはり突然の手術などで大量出血などの事態となれば投与されることがあるため、医師に伝えておく必要があるでしょう。 バトロキソビン バトロキソビンは抗血栓薬であり、トラネキサム酸とは真逆の作用をします。 血栓を分解しやすくする効果があり、バージャー病や閉塞性動脈硬化症といった慢性動脈閉そく症によってあらわれる虚血性諸症状を改善する効果があります。 また、突発性難聴の改善にも効果があるといわれています。 バトロキソビンにはフィブリン・ポリマーを分解する働きがあります。 フィブリン・ポリマーとは、網目のような形状をしたフィブリンの集合体で、血管にできた傷をふさいで出血を防止する役目をするものです。 トラネキサム酸はこのフィブリンポリマーの分解をじゃまする作用があるため、血栓塞栓症をおこすリスクが高まります。 そういった理由から、トラネキサム酸とバトロキソビンは併用注意といわれています。 もし、突発性難聴の治療が必要となった場合は、併用リスクを避けるため、トラネキサム酸を服用中であることを医師に伝えておきましょう。 血液凝固因子製剤 血液製剤の分類 全血製剤 血液そのものを指し、輸血時に使用されるもの。 血液成分製剤 全血製剤をを遠心分離したもので、赤血球や血小板などを分けて別々に投与しやすくしたもの。 血漿分画製剤 全血製剤をを遠心分離して、各種タンパク質などを抜きだしたもの。 上記はそれぞれの血液製剤についてまとめたものです。 なかでも血漿分画製剤は必要とされるタンパク質を分離し抜きだしたものをさします。 この血漿分画製剤のひとつである「凝固因子製剤」を投与する場合、トラネキサム酸を服用中であれば注意が必要となります。 凝固因子製剤を使うケースとしては、血友病患者が大量出血するなどの場合に、止血を目的として使用する場合などがあります。 そのため、血友病患者でなければ併用リスクはないといえます。 しかし、血友病で治療が必要であるなら、トラネキサム酸を服用することのリスクがあるため、慎重に判断する必要があるでしょう。 よく使われる医薬品との併用・飲み合わせは? シミや肝斑治療を目的としてトラネキサム酸を服用するのであれば、1~2か月間は服用を継続しなければなりません。 その間に、風邪などをひいてしまったら、あらたに医薬品を服用してよいのだろうかと併用を心配する人もいるかもしれません。 ここからは、利用者が多いと考えられる医薬品について、併用の安全性や注意点を見ていきましょう。 咳止めや風邪薬との組み合わせは? 風邪をひいて病院にいった場合に処方されるのは、鎮咳薬や痰切りの治療薬、鼻水・鼻づまりの治療薬などでしょう。 医薬品名 効果 アスベリン 咳止め アストミン 咳止め フスコデ 咳止め メジコン 咳止め レスプレン 咳止め アンブロキソール 喉の炎症を鎮める エンピナース 喉の炎症を鎮める ムコダイン 咳止め、痰切り、鼻づまり防止 上記はよくある風邪の症状で処方される医薬品をまとめたものです。 こういった医薬品とトラネキサム酸がいっしょに処方されることがあり、併用してもよいか心配になることがあります。 風邪の一般的な症状としては、のどの痛みや咳、鼻づまり、痰がでる、などが多いため、これらの医薬品を処方された経験があるという人は少なくないでしょう。 また、のどの痛みによってトラネキサム酸が処方されることもあります。 つまり、風邪の症状で処方される医薬品と一緒に、トラネキサム酸が処方されることはめずらしくないのです。 なお、ムコダインは風邪でよく処方される医薬品なので、トラネキサム酸とムコダインが一緒に処方されるのはよくあることです。 いずれの医薬品も、トラネキサム酸と相性の悪いものはなく、併用によるリスクはないと考えられます。 併用が心配だからと、片方の医薬品の服用をやめてしまうと、風邪の治療を遅らせることになるでしょう。 早期に治療するためには、処方された医薬品を、指示どおりに服用することが大切です。 なお、市販薬として販売されているルルやパブロンといった風邪薬についても、トラネキサム酸との併用は問題ありません。 こういった風邪薬にはいっていることが多いのは「アセトアミノフェン」という解熱鎮痛薬ですが、トラネキサム酸との併用リスクはありません。 抗生物質との組み合わせは? 抗生物質を処方されるのは、風邪など細菌性の症状がでている場合です。 抗生物質の種類には フロモックス、メイアクト、クラリス、クラビット、ジスロマック などがあります。 わりと広く使用されているものなので、処方された経験をもつ人は少なくないでしょう。 気になるトラネキサム酸と抗生物質との関係ですが、 併用しても問題ない医薬品どうしといえます。 添付文書を確認しても、併用注意といった記載はありません。 また、風邪の治療薬として、病院で一緒に処方されるというケースもあります。 もし、注意するべきことがあるのであれば、胃腸への負担が大きいということでしょう。 抗生物質には、 胃腸系の副作用がでることが多く、下痢や便秘、胃痛などの症状があらわれやすいのです。 そのため、胃腸に副作用がでやすい人が併用すると、たがいの副作用を強めあい、症状が悪化するケースも考えられます。 そういった体質の人にとって、抗生物質とトラネキサム酸は飲み合わせの悪い医薬品だといえるでしょう。 すぐに併用をやめるようにしましょう。 痛み止めや解熱鎮痛剤(NSAIDs)との組み合わせは? 解熱剤や鎮痛剤についても、ひろく服用されている医薬品といえるでしょう。 なかでも知名度が高いのは、NSAIDsとよばれる鎮痛剤です。 ロキソニン、ボルタレン、イブプロフェン、アスピリン、ポンタール、インドメタシン これらすべての医薬品はNSAIDsのなかまです。 「イブ」や「バファリン」などの市販薬は有名で、知らない人はいないでしょう。 なお、NSAIDsはトラネキサム酸との併用注意とはなっていないため、併用しても問題ありません。 トラネキサム酸を服用中にロキソニンなどの市販薬を服用してもよいのです。 とはいえ、注意すべき点もあります。 それは、抗生物質のケースとおなじように、副作用が消化器系にでやすい場合です。 抗生物質との違いは、NSAIDsの副作用が「胃」にでやすいということです。 具体的には、食欲不振や胃痛といった症状があらわれます。 深刻なケースになると、胃潰瘍になることもあります。 このようなリスクをさけるためには、ロキソニンのような鎮痛剤は食後に服用するというルールをかならず守りましょう。 トラネキサム酸の副作用にも消化器系の症状があります。 NSAIDsによって弱った胃に、トラネキサム酸の副作用が重なれば、たがいの副作用が増幅しあい、ひどい症状へと発展する可能性があります。 頻度としては少ないものの、副作用の可能性は否定できません。 トラネキサム酸を服用中に症状がでている、もしくは症状がでやすい人は、あらかじめ胃腸薬などを服用するなどの対策をとるべきでしょう。 抗アレルギーや花粉症との組み合わせは? 花粉症は多くの人がなやまされている症状です。 花粉の季節がゆううつだと感じる人もたくさんいるでしょう。 アレグラ、エバステル、ザイザル、ポララミン 花粉症になると、上記のような治療薬を服用することになります。 このような抗アレルギー・ヒスタミン剤にも注意が必要です。 なぜなら、抗生物質や痛みどめど同様に、消化器系の副作用があるからです。 もし「アレグラなどを服用するときまって胃腸の調子が悪くなる」というのであれば、それらの薬に弱い体質であると考えられます。 トラネキサム酸と服用することで、症状悪化のおそれがあるため、トラネキサム酸との併用には気をつけなければなりません。 胃腸薬との組み合わせは? 日本人の多くは、なんらかの胃腸障害を抱えているといって過言ではありません。 下痢や便秘、胃もたれや胃痛、胸やけなどのうち、誰でもひとつくらいは過去に悩まされていた、もしくは悩みつづけているのではないでしょうか。 そのため、胃腸薬を服用している人も多いはずです。 ムコスタ、ガスター、タケプロン、パリエット、ネキシウム など 上記は胃腸薬のなかでも処方せん薬といわれるものです。 つまり、胃腸薬としてはほんの一部であり、市販薬をあわせればたくさんの種類があるのです。 このような胃腸薬とトラネキサム酸の組み合わせは問題ないとされています。 トラネキサム酸添付文書を確認しても、胃腸薬の併用について注意をうながすような記載はありません。 なお、抗生物質や痛みどめは、トラネキサム酸と併用することで、消化器系の副作用リスクがあることを解説してきましたが、胃腸薬にはリスクどころか副作用をやわらげるというメリットがあります。 つまり、飲み合わせのよい医薬品どうしだといえるのです。 とはいえ、なんらかの胃腸の症状があって胃腸薬を服用しているのですから、症状によってはトラネキサム酸の副作用の影響をうけることもあります。 そういった場合には、副作用に気をつけたほうがよいでしょう。 抗不安薬や睡眠薬との組み合わせは? 多くの人が服用している医薬品として デパス、ワイパックス、ソラナックス、メイラックス、レキソタン、アモバン、ルネスタ、ロヒプノール、レンドルミン など 上記の睡眠薬や抗不安薬などがあります。 それだけトラネキサム酸と併用するケースも多いということです。 とはいえ、トラネキサム酸と抗不安薬・睡眠薬の相性は悪くありません。 つまり、併用注意ではないため、併用しても問題はないのです。 なお、可能性は低いですが、睡眠薬や抗不安薬にも消化器系の副作用があることを忘れてはいけません。 確率は0. しかし、それほど気にする必要はないでしょう。 睡眠薬や抗不安薬によって胃腸障害が発生するリスクは、NSAIDsなどと比べるととても低いからです。 ピルとの組み合わせは? ピルを服用しているという女性も多いのではないでしょうか。 トリキュラー、ダイアン、ヤスミン、アイピル ピルにはこのようにいくつかの種類がありますが、いずれもトラネキサム酸と併用注意とされるものはありません。 つまり、一般的には、併用に問題のある医薬品ではないといえます。 しかし、血栓症の副作用を起こすピルもあるため注意が必要な場合もあります。 そうしたピルと、トラネキサム酸の血栓を作りやすくするという作用は、相性が悪いといえます。 とはいえ「併用しているけれどとくに問題はない」という人もいるでしょう。 重要なことは、血栓症のリスクをきちんと知っておき、なんらかの異常があった場合はすぐに医師の診察を受けるなど、早めに対処するという意識をもつことです。 ワーファリンとの組み合わせは? ワーファリンは服用している人がそれほど多くない医薬品です。 しかし「併用」という問題においてはたびたび話題になる医薬品でもあります。 ワーファリンは制約が多い医薬品であり、納豆と一緒に摂取してはいけなかったり、妊婦に投与してはいけないとされています。 そのため「トラネキサム酸も併用してはいけないのでは?」と心配になる人もいるかもしれません。 「血栓症」の治療に使用されるワーファリンには、血栓をできにくくする働きがあります。 血栓を作りやすくするというトラネキサム酸の作用とは真逆であることから、飲み合わせが悪いように思えます。 しかし、トラネキサム酸とワーファリンの併用は問題ないとされています。 その理由は、トラネキサム酸よりワーファリンの作用が強力だからです。 もし、トラネキサム酸を服用中だったとしても、血栓を作らない作用のほうが強いため心配することはないのです。 また、ワーファリンを服用しなければならないなら、止血が必要でトラネキサム酸を服用していることはないはずです。 トラネキサム酸の服用が、シミや肝斑対策であったり抗炎症を目的とするなら、ワーファリンを併用することのリスクはないといえます。 万が一、手術をすることになった場合、止血のほうが大切であるため、ワーファリンの服用は中止することになるでしょう。 そういった場合、医師によってきちんと判断されるため、併用について不安を感じる必要はないでしょう。 たとえば、トロンビンやヘモコアグラーゼといった医薬品がそれにあたります。 これらの医薬品は、手術などで止血が必要となるケースや、血友病患者などでなければ投与されないため、通常であればトラネキサム酸との併用はないといえるでしょう。 また、風邪や花粉症の治療を目的とした医薬品はひろく使用されていますが、併用時に注意したいのは消化器系の副作用です。 消化器系の副作用がある医薬品は多く、胃痛や下痢といった症状は比較的でやすいからです。 トラネキサム酸にもおなじような副作用があるため、症状が重なることでより強い症状があらわれることがあります。 とはいえ、そこまで心配する必要はありません。 くり返しになりますが、一般的な医薬品のなかに併用禁忌・併用注意とされるものはないからです。 つまり、基本的には問題がないといえます。 それでも不安なようであれば、併用する前に見出しのなかからその医薬品を探して、問題がないか確認しておきましょう。 もし、なんらかの問題を見つけたなら、事前に医師に確認するようにしましょう。

次の