お 香典 お札 の 入れ 方。 御香典、お札の向きはどっち?お金を包む時の気を付けたいマナーは?

香典袋。お金(お札)の入れ方と渡し方

お 香典 お札 の 入れ 方

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 葬儀に参列する際には、香典を包んで持参するのがマナーです。 香典は、 金銭を袋に入れて持参するものです。 現代のように香典を金銭で包むようになったのは、明治頃と比較的近代になってからと言われています。 それまでの香典は米などの食料を持参することが一般的でした。 元々香典は葬儀を主催する 喪主の経済的負担を少しでも和らげるために、親族や近所の人たちが食料などを持ち寄ったことに由来しています。 香典を受け取ったご遺族は、次回相手の方に葬儀があれば香典を送り返します。 このように香典には、相互扶助の考え方に基づいて現代でも行われているしきたりです。 そのため香典は、マナーを守って渡すようにしましょう。 香典袋を包むということは、お札を香典袋に入れることを指します。 お札を香典袋に入れる際のマナーについて説明します。 お札の向きについて お札を香典袋に入れる際にも、マナーがあります。 香典を準備する際には慌てている場合も多いですが、正しくお札を入れることによってご遺族にお悔みの気持ちを伝えることができます。 入れる方向に決まりはない お札を香典袋に包む場合、お札の向きについては気にする必要はありません。 ただし、複数枚のお札を封筒に入れる際には向きを揃えるのがマナーです。 封筒に入れる際には、 お札の向きを揃えて包むようにしましょう。 表面と裏面について 多くの方がご存知だとは思いますが、お札には表と裏があります。 お札の人物の描いてある面が表面になります。 そして、お札を香典袋に包む際には お札の表面が下を向くようにして袋に入れます。 つまり、人物が下を向くようにして入れるのが正しい入れ方です。 このように入れることによって、 故人を亡くした悲しみを表し、香典を受け取ったご遺族に対してお悔みの気持ちを伝えることが出来ます。 お札を包む際は、まず 向きを揃えて人物の描いてある表面を下にして入れるのが正しい包み方になります。 お札の枚数について 結婚式などの慶事に包むご祝儀の場合、お札の枚数は奇数が良いとされています。 これは、割り切れない奇数の数字の方が縁起が良いとされているためです。 葬儀に包む香典の場合は、枚数に気をつける必要があるでしょうか。 奇数にする 香典に包むお札の枚数も、ご祝儀と同じく 奇数が良いとされています。 これには明確な理由がある訳ではありませんが、 偶数の枚数は縁が切れるとの考え方があり避けた方が良いでしょう。 特に 避けるべき数字は、4と9です。 死や苦しみを連想させる数字として、忌み言葉とされており葬儀の場ではタブーとされています。 9は奇数ですが、忌み言葉になりますから避けた方が良いでしょう。 つまり香典の枚数は、 1・3・5枚とするのが良いでしょう。 五千円の場合 香典を包む際、枚数で悩んでしまうケースが多いのが5千円を包む場合です。 千円札を5枚包むのが良いか、五千円札を1枚包むのが良いか迷った経験のある方もいるのではないでしょうか。 結論から言うと、 どちらでも問題ありません。 1枚でも5枚でも割り切れない数字ですから、ご遺族にとっては失礼にはあたりません。 しかし、千円札5枚だと数えるのが大変なので、できれば五千円札を一枚用意するようにしましょう。 新札・ピン札は使わない 結婚式などの慶事で包むご祝儀は、新札を準備するのがマナーです。 同じように、葬儀に包む香典も新札で包んでも良いのか迷ってしまった経験のある方もいるでしょう。 基本的に香典では、 新札を包むのはマナー違反になります。 新札を包むということは、 あらかじめ死を予想して準備をしていた事になるためです。 香典には新札を包まないようにしましょう。 汚すぎるお札は使わない ただし、新札でなければどのようなお札でも良いという訳ではありません。 泥がついたお札や、破れかけたような ボロボロのお札では失礼に当たります。 香典を受け取る側の気持ちになって考えてみましょう。 新札ではなくても、 比較的綺麗な新しいお札を包むのが正しいマナーです。 新札しか持っていない場合の対処法 万が一新札しか手元になく、他のお札を準備する時間もない場合はどのようにすれば良いでしょうか。 新札しかない場合でも、そのまま包むのではなく 一度折り目を入れてから包むのが正しいマナーです。 時間がなくとも、 新札のまま包んでしまわないように気をつけましょう。 香典を受け取るのはご遺族ですから、ご遺族の気持ちになって考えることが大切です。 香典袋の書き方 お札を香典袋で包んでも、そのまま渡してしまっては失礼にあたります。 香典袋には、表書きや包んだ方の名前を書いてからご遺族に渡すのが正しいマナーです。 ここでは、香典袋の書き方について説明をします。 表書きについて 香典袋には、まず表書きを書きます。 表書きとは香典の表面の上側に書く言葉で、香典では 御霊前などが一般的でしょう。 表書きは本来、包んだ品物を表記する目録のような役割として書かれていました。 しかし現代では香典と言えば金銭を包むのが一般的になってからは、目録というよりも 表書きには宗教的な意味合いを持つようになりました。 表書きの書き方について詳しく解説をします。 宗教による違い 表書きに何と書けば良いかは、 故人の信仰していた宗教によって決まります。 宗教別の表書きの書き方は下記の通りです。 仏教 御霊前・御香典・御香料• 神式 御神前・御玉串料・御榊料・御霊前• キリスト教 カトリックの場合は、お花料・御花料・御ミサ料。 プロテスタントの場合は、御花料・献花料・忌慰料。 宗教がわからない場合 香典を包む場合は、故人の宗教に合わせて表書きを書くのがマナーですが故人の宗教が分からない場合もあるでしょう。 故人の宗教が分からない場合は、 どんな宗教でも使える御霊前と書きます。 御霊前はお通夜でも告別式でも使えます。 御霊前と御仏前の違い 表書きに良く使われる御霊前の他に、 御仏前という書き方もあります。 一見同じように見える表書きですが、この2つにはそれぞれ違った意味があるため、きちんと理解して使い分けることが大切です。 一般的には葬儀や告別式には御霊前を使い、 四十九日の法要以降に包む香典の表書きに御仏前を使います。 これには、仏教における死後の考え方が大きく影響をしています。 仏教では死後、故人は七日毎に七回閻魔様を始めとした神様に裁きを受けると考えられています。 そして最後の裁きにあたる七回目を境に、成仏して極楽浄土へと旅立つとされています。 四十九日の法要以降は、 故人は成仏しているため御霊前ではなく御仏前と書くのが正しいです。 ここでも注意が必要なのが、故人の宗派です。 同じ仏教でも、浄土真宗では故人が亡くなると同時に成仏すると考えられています。 そのため 浄土真宗の場合は、お通夜や葬儀の場合でも御仏前と書くのが正しいマナーになります。 御霊前と御仏前の違いについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。 名前の書き方 表書きを書いたら、次は香典を 包んだ方の名前を書きます。 名前は 香典袋の正面、表書きを書いた下側に書きます。 個人で香典を包んた場合は、フルネームで記載をします。 3人未満の連名の場合 香典は個人で包む場合もあれば、職場関係や学生時代の同級生などのように 連名で包む場合もあります。 香典を連名で包んだ場合の名前の書き方は、 香典を包んだ人数によって書き方が違います。 3人未満の場合は、香典袋の正面に1人で包んだ場合と同じようにフルネームでそれぞれの名前を記載しましょう。 そして、香典を出した方の個人名を フルネームで記載した別紙を用意して、香典袋の中に同封をしておくのが正しい包み方です。 夫婦連名の場合 親族の葬儀など、夫婦で葬儀に参列して香典を包む場合もあるでしょう。 夫婦で香典を包む場合、基本的には名前は 夫の名前のみを記載します。 香典は家単位で包むものとされているため、家を代表して夫の名前だけを記載します。 しかし例外もあり夫婦ともに仲の良かった友人などの場合、お悔みの気持ちを込めて連名で出す場合もあります。 その場合はまず夫の名前をフルネームで記載して、 その隣に妻の名前のみを記載します。 中袋の書き方 これまで香典袋の書き方を説明してきましたが、これは香典袋の外袋の書き方です。 香典袋には外袋と中袋があり、お札を入れた中袋を外袋で包むのが一般的な包み方です。 市販されている香典袋などでは、中袋がセットになっているものが大半です。 金額の書き方 中袋にお札を入れたら、 中袋の正面に包んだ金額を書きます。 金額を書いておくことによってご遺族が確認する際に、確認しやすくするためです。 金額を書く際に気を付けたいのが、 金額は旧字体の漢数字で記入することです。 旧字体は小切手や手形などに金額を書く際にも使われ、 数字の書き間違いや改ざんを防ぐためです。 漢数字の書き方は以下の通りです。 漢数字 1 壱 2 弐 3 参 5 伍 7 七 10 拾 1000 仟 10000 萬 円 圓 1万円を包む場合には、「金壱萬圓也」というように書きます。 住所・氏名について 中袋の裏面には、 包んだ方の名前と住所を書きます。 表書きの下側に名前はフルネームで記載をしていますが、中袋にも書いておくことでご遺族の方が香典を整理する際に確認しやすくなります。 中袋は薄墨では書かない 香典袋へ書く際には、薄墨を使うのがマナーとされています。 これは故人を亡くしてしまった悲しみの涙で墨が薄くなってしまったこと、突然の訃報に驚いて墨を擦る間もなく駆け付けたことを表しているとされています。 ただし中袋へ書く際には薄墨ではなく、 通常のペンで書きます。 中袋への記入はご遺族が香典の整理がしやすくすることが目的ですから、読みやすいペンで書くのが正しい書き方です。 中袋なしの場合の書き方 香典袋の中には、中袋がないタイプもあります。 一部の地域では袋が重なることで、不幸が重なるとして中袋を使わない風習があります。 中袋を使わない場合の書き方について説明します。 中袋が無い場合は、 外袋の裏面に包んだ金額と住所を記載します。 外袋を裏側にして、左下の部分に 名前は書かずに住所と金額を書いておくと良いです。 金額を書く際には漢数字で記入するのは中袋の場合と同じです。 香典に関するその他のマナー 香典にはお札の入れ方や書き方以外にも守るべきマナーがあります。 香典に関するその他のマナーについて説明します。 香典の金額相場 香典を包む際の悩みで多いのが、いくら包めば良いかという事でしょう。 お悔みの気持ちを伝えたいあまり、高額な金額を包みたい場合もあるかもしれません。 しかしあまりに高額な香典は、返礼品を準備するご遺族とってはかえって負担になる場合もあります。 香典は多すぎず少なすぎず適切な金額包むことが大切です。 金額の相場は参列者側の 年齢や、故人との関係性によって決まってきます。 一般的には 故人との関係が近いほど香典の相場は高く、また包む側の年齢が高いほど相場は高くなります。 香典の金額を決める場合には、年齢ごとの相場を確認しながら 故人との関係性を考慮して具体的な金額を決めると良いでしょう。 香典の金額相場についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、香典を包む際には合わせて確認してください。 香典の渡し方について 香典袋が完成しても、まだ安心ではありません。 香典袋は渡す際にもマナーがあります。 香典袋を会場まで持参する場合、そのまま持参するのはやめましょう。 袱紗(ふくさ)に包んで持参するのがマナーです。 袱紗は 紺や紫などの寒色系が弔事用です。 会場についたら、受付で香典を渡します。 香典は渡す直前まで袱紗に入れて置き、受付で袱紗から出して渡します。 香典を渡す際には、名刺を渡すように香典の字が相手からみて正面になるように向きを変え、袱紗の上に香典を乗せるようにして相手に差し出します。 そしてこの際に、 香典袋と一緒にお悔みの言葉を添えましょう。 具体的なお悔みの言葉についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ合わせてお読みください。 香典袋にお札を入れる際には、入れる方向にきまりは無いが複数枚ある場合の向きはそろえ、お札の人物が下を向くように入れること。 お札の枚数は4や9の数字を避け、奇数になることと新札は避けること。 香典袋の表書きは宗教によって違うが、もし故人の宗教が分からない場合はご霊前と書くこと。 御霊前と御仏前では意味が違うこと。 3名以上の連名で包む場合は、別紙に名前を記載して同封しておくこと。 中袋には包んだ金額を漢数字で記載し、名前と住所を記載すること。 中袋が無い場合は外袋の裏面に、金額と住所を書くこと。 香典を包む金額は故人との関係性と包む側の年代によって相場が決まっていること。 また香典を受付で渡す際にはお悔みの言葉を添えるのがマナーであること。 香典はマナーを守って正しく包むことが大切です。 せっかく香典を包んでもマナー違反があっては、お悔みの気持ちも伝わりません。 知らず知らずの内にご遺族に失礼なことをしてしまわないように、今のうちに香典のマナーについて確認しておきましょう。 「終活ねっと」では、他にも香典のマナーに関する記事を掲載しています。 香典を包む際にはぜひ合わせてお読みください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

香典のお札の向き、上下や入れ方、中袋なしで大丈夫?

お 香典 お札 の 入れ 方

Contents• お札の入れ方 香典のお札の入れ方にはマナーがあることをご存知ですか? お札の向きやお札の状態、新札なのかそれともボロボロでもいいのか、いろいろあるんですよ。 最もいい状態はどんな状態なのかをご紹介することにしましょう。 お札の向き お札を入れる向きについては明確なルールがあるわけではありません。 ただ、一般的には中袋を裏にした状態で開けた際に、お札の表面(人物がある方)が上になるように入れてください。 天地は人物を下になるようにします。 お札を複数枚入れる場合には、きちんと向きを揃えるようにしましょう。 向きがガチャガチャでは見苦しくなります。 お札の状態 次に大事なことは入れるお札の状態です。 どんな状態がベストなのかおわかりでしょうか。 若い人は気にしない方も増えましたが、年配の人はまだまだ気にする方がいることも忘れないでください。 ご遺族や関係者が不快になるようでは、何のための香典なのかわからなくなりますから。 ほんの少しの配慮でいいんですよ? 新札はNG? これはご存じの方は多いと思います。 新札ではあらかじめ期待して用意しておいたような印象を与えますから。 年配の方は特に気にするポイントなので注意してください。 しかしだからといってクシャクシャのお札の方がいいのかと言うとそれも違います。 ややこしく思われるかも知れませんが「ほんの少しの配慮」だということを思い出してくださいね。 ボロボロもNG? クシャクシャのお札でもNGなわけですから、ボロボロのお札などは論外ということになります。 お札の端が擦り切れていたり、破れて千切れそうな状態では、お金としての価値が変わってしまう可能性すらあります。 また、クシャクシャやボロボロとは少し違いますが、いわゆる旧札も避けた方が無難です。 現在流通している紙幣を使うようにしましょう。 これが良い状態 新札もクシャクシャもボロボロもダメと言われると、どんなお札を用意すればいいのか、迷われるかも知れません。 ここで再び「ほんの少しの配慮」というキーワードを思い出してください。 まずは新札を用意してください。 「え?新札??」と思われるかも知れませんが、これからご説明します。 新札を丁度お年玉のポチ袋に入れるように三つ折りにしてください。 折り目がしっかり付いたら再び広げます。 そして伸ばしてお札の向きに注意して中袋に収めます。 これがベストの状態なんです。 決して難しいわけではないんですよ。 地域によって異なることも多いので、迷ったら同じ立場の人と相談してみてください。 また、祖父母や父母、兄弟姉妹が故人の場合は自分も遺族ですが、結婚していれば世帯は別ということになるので香典を包むことになります。 香典を連名で包む場合は、故人との付き合いや年齢を考慮して3,000~10,000円ずつ出し合うようにしましょう。 合計の金額が「4」や「9」など悪い数字にならないよう考えてください。 関連記事: 関連記事: 終わりに 最後に香典袋の選び方についてお話しておきます。 香典に包む金額が5,000円以下の場合は、水引が印刷されているタイプで十分です。 包む金額が10,000円を超える場合は、水引が帯紐で結ばれているタイプにしましょう。 これはくれぐれも逆にしないでください。 10,000円を超える金額なのに簡易タイプだとか、金額が5,000円以下なのに香典袋だけは立派というのは失礼にあたります。 常識を疑われてしまいますよ?.

次の

香典のお札の入れ方は?香典を持参する際の正しい作法

お 香典 お札 の 入れ 方

香典を準備する場合には、お札の準備にもマナーがあります。 一般的に「香典に新札を使うのはマナー違反」といわれます。 でも香典の金額は亡くなった人との関係によっても相場が異なります。 場合によっては数万円以上を準備することもありますので、銀行からお金をおろしたときにすべて新札が出てくることもあります。 でもわざわざ銀行からおろした新札を使用済みのお札にすべて変えることが難しいことってありますよね? では本当に香典で新札を使うのはマナー違反なのでしょうか? もしも新札しか準備できない場合は何か対策はあるのでしょうか? 今回はそんなお悩みを持つあなたのために、新札がマナー違反とされる理由や新札しか準備ができなかったときの対処法を紹介します!• 香典に新札を使うのはマナー違反!? ・昔は新札を手にすることは滅多になかった 現在の日本ではわざわざ銀行に行かなくてもコンビニやスーパーにもATMが設置されているので、急なお葬式であってもお金を準備することは簡単にできるようになりました。 でもひと昔前までは金額が大きなお金を準備する場合にはわざわざ銀行に行かなければいけませんでした。 さらにこの時代には新札を手にすることは滅多になく、新札を用意する場合は銀行で交換をしてもらう必要がありました。 今のような便利な世の中では「まさか?」と思うかもしれません。 でもかなり高齢の方が身近にいる人の行動を観察していると、「そういえば…」と思いあたる行動があるはずです。 例えば年末の銀行の窓口を思い出してみてください。 混雑する銀行の窓口の前で、孫やひ孫のお年玉を準備するためにわざわざ手持ちのお札を新札に返る人の姿を見かけたことはありませんか? お年玉を新札で準備する行動の意味にはいろいろな考えがあるとは思います。 お年玉をもらう側からみれば使われているお札も新札もお金には変わりませんし、気になるのは金額の方です。 でも渡す法としては「新年の挨拶」という意味で準備をするのですから、年末の忙しい時期でもわざわざ銀行に足を運んで新札に換えるわけです。 ここでカンの良い人なら香典に新札を使うと縁起が悪いといわれる由来が何となくわかったのでは? そうです!昔は新札を手にするということは滅多にありませんでした。 どうしても新札が必要なときにはわざわざ銀行に行かなければいけませんでした。 ではわざわざ行く理由はどうしてなのでしょう? それは新札が必要だからですよね? つまり新札を香典に使うということは「お葬式があるということを予想してわざわざ銀行に行ってお金を準備していた」ということになるわけです。 現在のような便利な時代では考えつかないことなのですが、昔のお金事情を知ってみるとその理由が分かってきます。 また日本のお葬式では古い慣習が根強く残っているので、「新札を使うことは縁起が悪い」という考え方も今の時代に受け継がれているのです。 ・祝儀の場合は新札が基本 同じフォーマルシーンでも、結婚式のようなカラーフォーマルでは祝儀に新札を使うのがマナーです。 新札を使う意味には諸説ありますが、先ほど紹介した「かつての日本の事情」を考えてみると納得できるのではないでしょうか? まず結婚式は新郎新婦にとって門出の日でありおめでたい祝賀の席です。 ですから準備をするにしても時間をかけて丁寧に進めていきますし、参加する側もあらかじめいろいろな準備をします。 ここでポイントとなるのは「あらかじめ準備する」という点です。 お葬式でも結婚式と同じように大きな金額のお金を不祝儀として準備します。 ところがお葬式は予め日程が決まっているものではありません。 予定が分からないのに大金を自宅に置いておくということはありません。 また慌ただしいスケジュールの中でわざわざ新札を準備するためだけに銀行の窓口に行くことはまずありません。 でも結婚式の場合は違います。 招待される側には招待状が送られますし、招待状が届いてから式当日までは十分に時間があります。 だから手間がかかったとしても新札を準備する時間があります。 このことからも分かる通り祝儀と不祝儀でお札に関する考え方が違うのには「あらかじめ準備する時間があるか・ないか」の違いにあるといえます。 新札でなくてもマナー違反とされるお札がある 香典には新札を使うのはNGと言いましたが、これは新札以外であれば何でもよいということではありません。 新札でなくても明らかに汚れがひどい、シワだらけ、ボロボロなお札はNGです。 その理由もちゃんとあります。 その答えを考えるには香典の意味を知ることがポイントです。 まず考えてほしいのですが、あなたはお葬式で誰のために香典を準備するのでしょうか? 現実的には準備した香典は遺族の手に渡るわけですから、「遺族のために香典を準備する」となります。 でもそれならばなぜ「香典」という呼び方をするのでしょうか? そもそも香典とは「香を供える」という意味があります。 たしかに香を供える行為は、仏様に対してお供えをするということです。 でももっと突き詰めて考えれば死者の霊(亡くなった人)に対してお供え物をしているわけです。 現在では現金をお供えするのですが、かつては現物をお供えするのが一般的でした。 だから神道であれば榊や玉串、キリスト教では生花をお供えしました。 ではこの時代に香典を出すとしたら、あなたはどのように準備をするでしょうか? 家にあった使いかけの線香を寄せ集めたものやパッケージがボロボロになっている線香をもっていくでしょうか? 枯れかけているユリの花や榊を神様へのお供え物として持っていくでしょうか? 答えは「NO」ですよね? つまりそういうことなのです。 香典はあくまでも神仏や死者の霊に対してお供えする大切な品物です。 ですからいくら新札がNGだったとしても、あまりに汚れがひどいお札は「使いかけの線香」や「枯れかけた花や榊」と同じなので香典のお金としてはNGなのです。 スポンサーリンク 新札でも折り方次第でマナー違反とならない!? どうしても新札しか準備ができなかったときでも、ある方法を使えばマナー違反になりません。 まず新札をイメージしてください。 今、あなたはどんな状態のお札を思い浮かべましたか? きっと折り目がついていないまっすぐなお札をイメージしましたよね? それがポイントです。 香典を受け取った遺族も「これ、新札じゃない?」と思う時は折り目がついていないまっすぐなお札を手にしたときです。 ということは折り目がついていないまっすぐなお札じゃなければ新札とは見られないといえますよね? だから新札の場合は真ん中に折り目を折ります。 これで遺族が感じる新札の条件は解消しました! たったこれだけですが、香典に新札を使うのは縁起が悪いといわれるようになった由来を考えてみればこれだけで十分なのです。 ちなみに必要以上に折り曲げる必要はありません。 まして使用感をあえて付け加えるためにお札をグシャグシャにしてわざとしわをつける必要もありません。 逆にこのようにする方がマナー違反ととられかねません。 香典のマナーまとめ 新札を香典に使うのがマナー違反問われるようになったのは、日本の古い慣習がもとにあります。 でもお葬式では古い慣習を未だに受け継いでいる面も多いです。 なおお葬式の参加者のマナーとして「遺族に不快な想いをさせないこと」は大前提にあります。 だからこそこうした古い慣習もきちんと理解してお葬式に参加することはとても大事なことなのです。

次の