オタフク デーツ。 デーツの食べ比べ・味のメモをしたい

デーツの食べ比べ・味のメモをしたい

オタフク デーツ

オタフクとデーツの出逢い オタフクソースとデーツの出逢いは1975年。 コク深い甘みをもつ果実としてお好みソースの原料として使い始めました。 さらに、デーツの持つ栄養価にも着目し、以来40年以上にわたり、お好みソースの原料として大切に使い続けてきました。 今ではソースのみならず、酢の原料としても使用しています。 厳選したデーツの一部は、手間ひまかけて自社でペースト状に加工もしています。 また、実のままでその良さを味わっていただけるよう、デーツも販売しています。 オタフクにとって、デーツは欠かせない大切な果実。 今後もデーツにこだわり、商品づくりを続けてまいります。 デーツの栄養成分 デーツの高い栄養価 デーツは砂漠の過酷な条件で生育し、その生命力の強さから「生命の木」と呼ばれています。 また、デーツは栄養価として、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルや食物繊維が含まれ、中でも、食物繊維とカリウムが豊富に含まれています。 その他のミネラル類(リン、亜鉛等)やビタミン類(E・B1・B2・B6・ナイアシン、葉酸、パントテン酸等)など、デーツ一粒にさまざまな栄養素が含まれています。 また、デーツに多く含まれる糖の成分は、吸収の速いブドウ糖・果糖なので、運動や仕事・勉強中の即効性の高いエネルギー補給として適しています。 さまざまな栄養素 デーツのチカラ ・砂漠を移動するキャラバンでは、何日もデーツとラクダの乳で飢えをしのぎ、旅を続けていました。 ・イランでは、妊娠中の女性が毎日2~3個のデーツを食べると、生まれてくる子が丈夫に育つと言われています。 ・ラマダン(断食月)明けには栄養補給としてジュースにして飲まれることもあります。 デーツの生理機能に関する研究 デーツは世界中で食され、特に中近東諸国では必要不可欠な食品です。 海外では以前からデーツに関する研究が盛んに行われています。 近年では動物や細胞を使った試験等により、健康への効果が期待される結果も得られているようです。 近年特に、スーパーフードや健康食品としても注目されています。 デーツ(実)の食べ方 デーツは、ドライフルーツで、干し柿や黒糖に似た甘みがあります。 手軽にそのまま召し上がっていただけます(中に種があります)。 まずは、ぜひそのままでお楽しみください。 朝食時やおやつに、刻んでヨーグルトやスムージーに混ぜるのもおすすめです。 チーズやナッツとよく合うので、デーツを半分に切って種を抜いて、チーズやナッツをはさむ食べかたもぜひお試しください。 キーマカレーに刻んで加えたり、焼き菓子の材料としても自然の甘みとコクを楽しめます。 商品のご紹介 女性にうれしい栄養素を含む、甘くておいしい、わたしのミカタフルーツ! オタフクソースのデーツ部が厳選した、デーツ。 <2020年3月2日新発売> 大粒のマジョール種を選別、サウジアラビアから冷蔵輸送し、国内で丁寧に加工・包装。 ぜひ、そのままコク深い甘みをお楽しみください。

次の

【楽天市場】【全国送料無料】【メール便】 オタフク デーツ なつめやしの実 150g [郵便受けへの投函です][同梱不可]:O9ショップ【オーナインショップ】

オタフク デーツ

中東とかアフリカとかで食べられている木の実で、大体ドライフルーツになっている。 日本でも手に入るので食べようと思えば食べられる。 しかしもともといろんな味があるというか、ひとつひとつ違いがあるみたいだ。 せっかくだからいろいろ食べ比べて、ここにメモしていってみようかな。 ということで手に入れて食べるごとに更新しようと思います。 他にもデーツについての興味深いページなどを文末にくっつけておきます。 東京ジャーミィでいただいたデーツ 「東京ジャーミィ」というモスクがありまして、そこで2019年11月にトルコバザールがあったのですよ。 当日は雑貨を買ったり、モスクの敷地内をうろうろしたり、食品の出店で食べ物を買って食べたりしました。 1階のエントランスの所にある休憩コーナーに、「ご自由にどうぞ」のデーツが置かれていたのですよ。 種を入れる紙コップもあったりして…… そこで初めて食べてみたのです。 まんが「サトコとナダ」で「干し柿みたい」という知識を得ていたので、「なるほど確かに干し柿みたい……」と確認いたしました。 ねっとり系で「食べるジャム」みたいな感じ。 東京ジャーミィの売店でもデーツは売っているので、今度あれも買ってみようかな。 おなじ感じなのかな? アルジェリア土産でいただいたデーツ 先日記事を書いた の2020年1月の回で、たまたま取材のためアルジェリアから帰ってきたばかりだった先生からいただいたデーツ。 枝についているものが高級らしいとか、現地の人はみんな良しあしがわかるみたいで吟味して選んで箱に詰めてもらって買う! などお話を聞く。 いただいたデーツ 前回東京ジャーミィで食べたものとは全然違う!(どちらがいいということではないです)基本的な味は同じだと思うけど、ほっくりサクサクしてて、皮が硬すぎなくて(東京ジャーミィで食べたものは柔らかかったです)ナッツのような味わいで軽いかんじ。 べとっとしてないの。 2020年3月購入。 300円ぐらい。 もぐもぐ。 ちょっと皮がパリッと硬めで、種は抜いてある。 どちらかというとドライな部類に入るのかな?歯ざわりさっくりな感じ。 干し柿……には相変わらず似ているけど、だんだん似たものを思い出してきた。 わが出身地長野県の銘菓「みすず飴」的なところある。 あれはちょっと硬めの寒天ゼリーなんだけど、うん、そんな感じ。 ところで見た目がなんとなく手に取りにくいですね。 これ人の家に行って出されたら「こ、これは……!?」ってなりそう。 でもアラブのお国に行ったらお茶菓子としてお茶と一緒にどんどん出てくるんでしょ。 いつかサウジの友人などができた時の為にも慣れておこう、というかもう平気だけど…… 甘さはなかなかなので、2つずつぐらいで十分満足できる。 確かに刻んでヨーグルトに入れるのはいいかもしれない。 皮がちょっと異物感あるかもな。 いくつか食べたらだいぶ慣れて、無糖の紅茶に合わせると超Goodです。 パッケージは生デーツの写真だけど中身は普通にドライデーツです。 けっこう大粒でそろってて質がいいかんじ。 デーツの種が残っているとちょっとがりっとした食感があるんだけど、これはそういったこともなくて食べやすいです。 カルディのイラン産のものとそんなに違わないかな、でも味が濃くて甘い気もする。 歯触りはさっくりしてて歯切れもいい。 黒糖っぽい甘さのような気がしてきた。 ちょっとしゃりっとしてるね。 裏に「原産国・トルコ」って書いてあるけど、「原材料名・有機デーツ(パキスタン)」って書いてあって、結局トルコなのかパキスタンなのか! たぶんデーツはパキスタンで、それを加工してパッケージに詰めているのはトルコ……ってことなのかな。 あやふやですいません。 オタフク印のサウジのデーツ スーパーで売ってた。 発見した時は「エッ!!!!!」と声が出てしまった…… 150gで1袋900円ぐらいのお値段だったが、買ってしまったよ……買うでしょ…… プレミアムだよ。 デーツだよ。 パッケージの透明な部分から見えるデーツ、 大きい……! 明らかに大粒!! これ!!! ついつい定規で測ってしまったが、5cmを超えている。 種あり、ヘタ有りなので食べるときはその辺を確認してから食べる。 種は超硬くて、もし無意識で噛んでしまったら惨事が避けられなそうなので慎重に。 種は果肉と完全に分離してるし、最初に取らなくても種の周りをもぐもぐかじることができる。 これ……うまい…… 下の方でもリンクしているとおり、オタフクソースにデーツを使用しているとのことで、美味しいデーツのプロ(?)だと思うんですよね。 もちろんほかのデーツだっていい品質のものを選んであると思うんだけど、なんというかより日本人になじめる味というか。 めぐみの果実「デーツ」とは お好みソースのこだわり オタフクソース 食感も味もほし芋に似ています。 さくっと歯切れがよく、甘さがべとっとしていなくて歯ごたえがあり、くっついてこない感じ。 今までのものより皮が浮いてる感じが無くて、それも好みです。 あと香りが……もぐもぐしたときに鼻を抜ける香りが、紅茶みたいでいい…… 原産国はサウジアラビア、マジョールデーツという種類だそうで。 これは……「贅沢だけど食べたいデーツ」ですよ…… amazonでも取り扱いあった! でも1200円かあ……さすがに高いよなあ1000円超えると。 スーパーでもう少し安かったら買う、ぐらいで良いと思いますが。 私ももし1200円で売ってるのを見たらちょっと悩んじゃっただろうなあ。 でもこのページに追加したくなって買ってしまっただろうとも思う。 安いの見つけたらリピろうと思います。 オマーンのクレオパトラのデーツ 2020年6月25日更新。 カルディで、以前品切れで買えてなかった「クレオパトラのデーツ」。 なんかもうパッケージが派手。 小さいのに派手。 100g入り、お値段はお手頃で税込 213円。 こんなに「デーツ」だってことを主張してきたデーツ……今までにない。 オマーン産デーツだそうです。 見た目はイオンリカーのデーツに似てるかな。 色は明るい茶色、1粒の大きさは2. 5cmぐらいで大きくないけど小さいなって感じもない。 種有り。 お味は……うまい!!!! 今まで食べたデーツのいいとこどりで癖がなく、甘すぎず、すっきりどんどん食べられて、えぐみとかも無いな。 他のがエグイというわけではないんだけど、独特な後味とかを感じるんだけどそれがない。 オタフクの肉厚のデーツみたいにもっちりしてないのがむしろどんどん行けちゃう理由かも。 アルジェリアのお土産でいただいたデーツに結構似ているかも。 あっさり、お芋のようなちょっとほくっとして……あ、でもちょっとしっとりしてるかな。 安納芋的な? あんまりザラザラもしてない。 種の剥がれもすんなり。 種有りデーツ、どれも食べにくくないですけどね。 皮がちょっと存在感があるかな。 でも薄いから、ボンタンアメ食べた時のオブラートみたいに、一瞬「紙っぽい」と思うけどすぐ馴染んで気にならなくなる感じ。 ざっくり知れていいかんじにまとまっております。 さすがwikipedia デーツ買付紀行 第1章:小島屋が行く デーツ畑視察ツアー 小島屋 アメ横のドライフルーツやさんのwebサイト。 アメリカのデーツ畑を視察に行くお話。 こちらのサイトの買付紀行どれも面白いので少しずつ読んでいる。 おすすめ! 『サトコとナダ』ユペチカ ツイ4 最前線 そもそもデーツに興味を持って、その見た目にひるまず食べられる気持ちになったのは「サトコとナダ」を読んだから! デーツもぐもぐ! めぐみの果実「デーツ」とは お好みソースのこだわり オタフクソース 「そんなの食べたことないし全然身近じゃな~い」と思う……かもしれませんが、じつはソースに使われていた!さらに重要なこだわりポイントらしい!必見! 【電子書籍】 著者ページ 【グッズ販売中】 最近の投稿• 2020年6月27日• 2020年6月26日• 2020年6月25日• 2020年6月24日• 2020年6月22日• 2020年6月16日• 2020年6月14日• 2020年6月11日• 2020年6月9日• 2020年6月5日 アーカイブ• 1 カテゴリー•

次の

デーツと栄養価・効果効能

オタフク デーツ

実際のところ、影響はどれほど? 1975年からデーツを使用 オタフクソースでは、1975年からデーツを使っているとのこと。 デーツは干し柿のような食感でコクのある甘さが特徴です。 オタフクソースでは、イランなど中東諸国から年間約300トン輸入しています。 栄養価の高いデーツの魅力を広めようと、19年10月「デーツ部」という専門部署を設置。 今回のイラン情勢の悪化はその矢先のことでした。 オタフクソース・デーツ部の下平さんは、「デーツの栽培農家、農場に被害が出ないか心配しています。 何年もの時間がかかってやっと実をつけるので、1度ダメージを受けてしまうとなかなかすぐに回復が難しいというところがあるかと思います」と話していました。 今後中東全体に影響が及び、物流が滞ることも予想し、北アフリカやアメリカからの調達を検討しているそうです。 もし何かあって供給がストップしてもすぐに困ることはないように十分な在庫量は確保しながら回しているので、すぐに差し迫って問題があるということではないんだそう。 広島のソウルフードに起こったまさかの事態。 担当者は、早く平和に戻ることを願っていると話していました。 オタフクソースとも深い関わりがあることに驚きです。 平和な世界が1番ですね。 (ライター:tama35) 外部サイト.

次の